楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

人類の社会が平和な社会になるように私達一人一人に出来ること、それは数分で良いので瞑想をすることです。

皆が1つになって幸せに平和に笑顔でいる場面をありありと思い浮かべるのです。

■瞑想のイメージの例

世界中の人達に貴方の愛の波動を送るのです。イメージしやすくするように、とても綺麗な美しい香りの花びらを貴方から世界中の人達に放射しましょう。

それが世界中の人達に優しく行き渡ります。そして、世界中から戦争や争いがなくなり、皆が幸せに生きられる社会が実現されるようになります。

〜〜★※。.....
L O V E 〜 愛

イスラエルがパレスチナを攻撃する理由
The Reason Why Israel Has Been Occupying Palestina


I get a lot of messages to explain why Israel is attacking Palestine. Here is the answer. This animation video will show you the history & occupation of Palestine!YouTube: http://youtu.be/y0yy-pzoFg0#americanweapons #israel #palestine

Posted by Issam Bayan on Sunday, July 13, 2014



米国・イスラエルは非白人・非ユダヤ人への病原菌世界大虐殺計画中。弥勒菩薩ラエルは戦争の廃止を主張〜エロヒムリークスより

イスラエルのマサダ計画(Masada Project)が人類を滅ぼす!〜弥勒菩薩ラエルの言葉から


2015/08/31(月曜) 23:54
シリア外務次官、「テロは世界にとって深刻な危険」

シリアの外務次官が、テロは世界の平和と安定にとって深刻な危険だとしました。

シリアのインターネットサイトによりますと、シリアのスーサーン外務次官は30日日曜、オランダやベルギーの政治活動家、またオランダ在住のシリア国民委員会のメンバーと会談を行い、「シリアはテロ組織世界の覇権主義国の攻撃目標となっている」と語りました。

スーサーン外務次官はまた、テロは世界平和にとっての深刻な危険だとして、その対策には、国連安保理決議に基づき、国家主権を尊重する中での、国際社会の誠実な努力や真剣な措置が必要であると強調しました。

さらに、一部のヨーロッパ諸国がわずかな利益のためにシリア危機に関与していることに対して、遺憾の意を表明し、「このような政策には、彼らが主張する価値はない」と述べました。

スーサーン外務次官は、誤った政策をただすために、ヨーロッパ諸国の政府に対して圧力を行使するよう求めました。



ISISの出現にアメリカが関与
2015/08/15(土曜) 23:49
http://japanese.irib.ir/iraq/item/57203-ISISの出現にアメリカが関与

アメリカ国防総省の防衛情報の元責任者マイケル・フリン氏が、テロ組織ISISの形成にアメリカが関与したことを認め、「シリアにおける過激主義のグループはアメリカ政府による"意志ある決定"の産物だった」と強調しました。

ファールス通信によりますと、フリン氏は最近、あるインタビューの中で、情報開示法により少し前に一般に公表された文書に基づく表明を行いました。

これ以前、機密事項と格付けされた、2012年8月12日付けのアメリカ防衛情報機関の報告は、中央司令部やCIA、FBI、国務省、国内の治安に関連する機関など、政府系の機関の間で配布されました。
この文書は、アメリカの情報機関が、2012年の初め、イラクでのISISの出現を予想していたものの、それを脅威とするのではなく、アメリカにとって戦略を持ったグループと位置づけたことを示しています。

フリン氏はさらに、「この文書の重要性とその結果を上層部に伝えたが、彼らはそれを意図的に無視した」と述べました。
この文書によれば、オバマ大統領は2011年10月から2012年9月初めまで、リビアからシリアの抗議者に武器が移送されていることを把握しており、国連の対シリア武器制裁にもかかわらず、それを阻止するために措置を講じませんでした。




ブロガー:

やはり、イスラム国はアメリカ政府が意図的に作り出したものでした。その目的は、中東地域に混乱をまねき、そのドサクサに紛れて、中東地域の主要な場所に攻撃をしかけ、占領するためではないでしょうか。

そして、原油関係の工場などを全て盗み出す。

その上、イスラエルの中東征服に寄与するなど・・・

断じて、アメリカの軍需産業には反対です。

日本からアメリカの在日米軍を一刻も追い出すべき。

そして、世界から米軍をなくすべきです。全ての軍隊をなくすべきです。そして、全ての核兵器をなくすべきです。




↑このページのトップヘ