楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

2010年12月

全ての麻薬を合法化にする流れがあります。


全ての麻薬を合法化すべきだと、イギリスの労働党の元内務大臣が述べる
Legalise all drugs, says former Labour Home Office minister

Source: http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/law-and-order/8204123/Legalise-all-drugs-says-former-Labour-Home-Office-minister.html

この記事は、2010年12月16日に出たものですので、もう過去の話になっていますが、以下の記事では、その当日の朝の記事で、ボブ・アインスワース氏が、全ての麻薬の合法化を指示する発表をする予定であると書かれており、政府の再審理で何を彼が発言する予定であるかについて書かれています。

以下、その記事内容です。


2001年から2003年の間、内務省の薬物対策を担当したボブ・アインスワース(Bob Ainsworth) 議員は、麻薬売買を犯罪組織から取り上げて、医師と薬剤師に委ねるべきだと発言する予定です。

アインスワース氏の案によると、麻薬の売買は、最も危険な薬として医師により禁止されるように規制がなされることになります。

昨晩、アインスワース氏はデイリーテレグラフに、「私は自由主義者ではない。街角でヘロインを買って意識を失ってしまうべきだとは思わないですよ。しかし、麻薬を医療問題として取り扱わなければいけない。」と言いました。

今日、国会議員らを前にしたスピーチで、彼は、「麻薬に関しての戦争はまさに災害に他ならない。」と長年心に抱いてきた考えを話すつもりでいます。

今日、英国会議事堂のウェストミンスター会堂での討議で、2001年から2003年までの間、麻薬政策に関わったアインスワース氏は、「麻薬を禁止しても、私たち自身を守ることは出来なかった。」と発言するつもりです。

「麻薬市場を犯罪組織の手に委ねると、個人、地域社会、そして諸国全域に、非常に深刻な不要な害を与えてしまいます。特に、貧しい人たちが最も深刻な被害をこうむっています。私たちは何十億ポンドというお金を麻薬対策で費やしていますが、それにもかかわらず、麻薬の広範囲な入手経路を断つことはできていません。」

「社会をより安全により健康的な場所にするため、特に子供たちのために、失敗に終わった麻薬戦争の代わりに厳密な法的規制のなされたシステムを導入する時期だと思います。」

「私たちは、この取引を組織化された犯罪者から取り上げ、医師と薬剤師の管理下に委ねなければいけません。」

アインスワース氏は、2009年から2010年の間に防衛大臣を務めた頃に、麻薬戦争がまさに不法な取引を長続きさせてしまう条件を作り出してしまう事が分かったと述べる予定です。

「最前列のベンチから退いたことで、麻薬取引に対する最善の策をもって始められた麻薬戦争はまさに完全な失敗に他ならないと言う私の見解を発言する自由が得られました。」

アインスワース氏は、麻薬禁止が効果を発揮していたかどうかを判断するため、1972年に制定された「1972年薬物乱用法」の「影響評価」を新たに行うことを要求するでしょう。

「米国内で13年間禁酒法が施行されたあとに、再度酒類を合法化したのは、降参したという意味ではない。暴力的なギャングの取引を改めて管理するために政府が必要とした実利的な動きであった。」と、彼は発言する予定です。

昨晩、アインスワース氏は、全ての党の首席クラス議員らの支持を勝ち取りました。

トリー議員やピーター・ライリー議員は、根拠に基づいた案として、アインスワース氏の要求を支持しました。

「麻薬への最近の取り組みは、大失敗でした。皆のため、特に若者のため、全ての政治家は、この問題を政治的な駆け引きとして使うことを止める時が来ました。
私は長い間、大麻を合法化して、その一方でハードドラッグは禁止のままにすることで、ソフトドラッグとハードドラッグの間の関係を壊すことを主張してきました。」

「再審理では、現在の麻薬禁止法支持者のアプローチの仕方の賛否を、全ての代替案も考慮に入れながら、広範囲な非犯罪化と法的規制も含めて検討しなくてはならない。」と彼は言いました。

自由民主党議員のトム・ブレイクは、こう述べています。「私は、党の政治的な点数稼ぎをやめて、薬物乱用法の影響評価を通して、全ての選択肢を探っていく、アリンスワース氏の訴えを支持します。」

労働党のポール・フリン議員は、「アインスワース氏の発言は、イギリスの失敗し続けている麻薬戦争の転換点になるでしょう。」、と述べました。

「アインスワース氏は、説得力がある、評判の高い代弁者です。彼は、行政や官庁の要求によって今まで沈黙してきた多くの人達の見解を代弁しています。」

「しかし、昨晩、犯罪防止担当の内務省大臣、ジェームス・ブロケンシャイアはこう述べました。「麻薬は害があり、人生を台無しにします。合法化は答えではありません。」

「麻薬の非犯罪化は、この問題の複雑さを見落としてしまう単純な解決策であり、麻薬の使用が個々人に対して与える深刻な害を無視してしまいます。」


7月、国の法廷弁護士のリーダーは、個人の麻薬使用を合法化するよう要求しました。イングランド・ウェールズ法曹会の議長、ニコラス・グリーン勅選弁護士は「個人の麻薬使用を犯罪の対象からはずす」ことを考慮することは、「理に適っている」、と述べました。

こういった進歩がなされれば、経済的に何十億ポンドというお金が節約されるでしょう。

麻薬関連の犯罪に対し、年間で130億ポンドもの莫大な資金が使われていますが、麻薬が合法化されれば、警察を麻薬捜査から開放し、犯罪は減り、社会の健康度は改善されるでしょう。



麻薬を合法化して麻薬を医師と薬剤師が管理する場合に、その麻薬はどこから来るのかというと・・・
海外の例えばアフガニスタンとか、その他の国
麻薬の栽培を行なっていて収穫された麻薬は現在ギャングなどが違法に入手している状況だと思います。
このような国からの麻薬が、新しい制度では、政府機関が堂々とこの麻薬生産国から輸入するようになるのでしょうか?
うーん・・・まだ、ちょっとぴんときませんね。

その場合には、ギャングは麻薬の売買に手を出せないという事?

なぜなら、マリファナは合法的に個人がお店から買うことが出来るので、ギャングから非常に高い値段で買う必要がない。

ハードドラッグは、新しい制度でも違法なわけですよね。

このハードドラッグには、ギャングはどういう態度で行くのでしょうか?
そのギャングの裏には誰がいるの?

世の中の物事には裏と表があって、裏のことについて言うと、この麻薬取引自体、例えば、アメリカなどの政府が裏で行なっていて、その取引でえられた大金を米国連銀などの機関を使用して浄化し、浄化された資金をCIAなどが無制限に使用してさまざまな機密諜報活動を行なう権利があると、ジョン・コールマンの本に書かれていました。
また、アメリカがアフガニスタンに戦争をしかけてから、アフガニスタンでの麻薬栽培の生産高が遥かに大きくなったという事も書いてあります。
そして、麻薬の売買はギャングがしていますが、そのギャングは実はヨーロッパなどの貴族達が裏でコントロールしている、とか

もし、こういう情報が本当だとすれば、アメリカが麻薬生産に関わる理由は、唯1つお金を稼ぎたいからだと思いますね。ドルは落ちる一方なので。

こういう裏の政府機関の動きを、麻薬を合法化することでどのように解決していくことが出来るのでしょうか?

英国でのこの新しい政策とその結果を見つつ、他国も麻薬に対する取り組み方を再検討する必要があるかもしれません。


参考記事⇒マリフアナ合法化 カリフォルニアが住民投票へ



以下、本の紹介です。

「300人委員会」ジョン・コールマン博士の迫る破局 生き残る道「300人委員会」ジョン・コールマン博士の迫る破局 生き残る道
著者:ジョン コールマン
成甲書房(2001-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る





ビヨンド・コンスピラシー陰謀を超えて 最終段階に突入した「300人委員会」世界支配計画ビヨンド・コンスピラシー陰謀を超えて 最終段階に突入した「300人委員会」世界支配計画
著者:ジョン・コールマン
成甲書房(2009-09-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

UFO? Japan,the sky over boso(2)
日本国内上空にUFOが出現!





アップロードしたユーザーのコメント (katorisenkouful)

i saw this while driving on the chuo heading towards shinjuku just last night around 7pm 22 december 2010. it looked at first like a dim star then it started pulsating, then back to a dim looking star. i thought it was the remains of a star going supernova and i have been trying to search online for this to see if anyone else saw it.

2010年12月22日、夜7:00ごろ、中央道を新宿に向かい運転しているときに、この白く光る物体を見ました。最初は、この光はぼんやりと光る星にみえましたが、超新星の名残ではないかとも思っていました。他に誰かこの物体を見た人がいたら教えてほしいな・・・



他のブログも見てね・・・

宇宙と一つになるとき
宇宙は無限だった~
世界中の人たちへ愛を
無限と一つになるとき
人類は宇宙人に科学的に創造された!

宇宙人エロヒムからのメッセージはこちらまでどうぞ。
宇宙人エロヒムからのメッセージは・・・
宇宙人エロヒム関連のダウンロードはこちら・・・


宇宙人からのメッセージ宇宙人からのメッセージ
著者:ラエル
無限堂(2005-09-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

BuildingWhat? on Geraldo Nov 13 2010

放映日: 2010年11月13日、米国時間
アメリカのニュース番組やトークショーのホストや句で知られているジェラルドさんが、2人のゲストを向かえ、米国でおきた「テロリストによる9.11事件」が実は米国内の誰かが組織ぐるみで計画的に起こした事件であったという事について、話をしていました。

以下はその番組「Geraldo At Large」の収録です。


この番組が放映された日から二年ほど前にさかのぼったとき、ジェラルドが沢山の群集のデモに囲まれて、「9.11は米国内の反抗である」という訴えを聞いている場面が放映されていました。

そして、その二年後に、この番組が放映されました。これは、単なるまやかしではなく、本当に米国政府内の反抗であるからではないかと思います。

この事件のあと、建築の専門家やエンジニアなどが検証した結果、9.11事件でビルが崩壊した件についての政府の説明に対して、専門家達は現実にはありえない崩壊の仕方であり、これはなんらかの爆薬を使用しない限りは、おきない現象である事を公式に発表していました。

それを踏まえて、このビデオの最初で見られた群衆のデモを見ると、これはただ事ではないのだと思い知らされてしまう。

インタビューに応じた2人のゲストの2人のうちの1人は、息子を9.11事件で亡くしたボブ・マクルベーン、そして、機械エンジニアのトニーズ・エンバディー。

話の要点としては・・・

・ワールド・トレード・センタービルが、飛行機が激突した事による火災が原因で、鉄筋が全て解けてしまいビルが一揆に崩壊してしまったという政府の公式説明は、嘘である。

・2.2秒でビルが自然落下で、崩壊しているが、これは現実にはありえない。高層ビルが崩壊する場合、爆薬を使用しない場合は、それぞれの階の柱、壁などが、下に落ちる力への抵抗力となり、ビルが崩壊する速度も緩やかになってしまうからである。

・このビルを崩壊させたのは、なんらかの爆薬のような装置を使用したと思われる。

・この事件にかかわった沢山の警察官や消防士に話を聞くと、彼らの多くが爆薬という言葉を口に出していた。

・9.11対策委員会による説明は嘘である。

・ニューヨーク市役所は、9.11事件の真相について公式に捜査を行なうべきである。(つまりまだしていないという事!)


米国政府は何故、この9.11事件について嘘をついているのでしょうか。
そして、当時の大統領ブッシュは、この事件が起きる前から、ビルに飛行機が衝突することを既に知っていたということになるのでしょうか・・・

何のために?

テロ?

テロが犯人だと見せかけて、何かを実行したかった・・・

そして、テロリストが犯人という口実を作り、イラク、アフガニスタンに戦争を仕掛けたかった。イラクでは石油の採掘権の獲得、アフガニスタンでは・・・。
アフガニスタンの麻薬の栽培は、アフガニスタンへのアメリカの戦争が始まってから、かなり倍増していると報じられていた。それにより利益を得ているのは米国政府かもしれない。

記事掲載元 : UFOHorizon

http://www.gaiasouls.com//magazine/read/extraterrestrial-ufo-are-real-ben-rich-lockheed-ceo-admitted-in-his-deathbed-confession_646.html

宇宙人は実在する:
ロックヒード・シャンク・ワークス(Lockheed Skunk Works)の代表取締役であったペン・リッチ(Ben Rich)は、臨終の告白で宇宙人は実在すると打ち明けました

ベン・リッチについて(ウィキペディア)
Benjamin Robert Rich (June 18, 1925 ~ January 5, 1995) was the second director of Lockheed's Skunk Works from 1975 to 1991, succeeding its founder, Kelly Johnson. Regarded as the "father of stealth,"[1] Ben Rich was responsible for leading the development of the F-117, the first production stealth aircraft. He also worked on the F-104, U-2, SR-71, A-12, and F-22 among others, many of which are still classified.

【訳】
ベンジャミン・ロバート・リッチ(1925年6月18日 - 1995年6月5日)は、ロックヒード・シャンク・ワークス社の副取締役をその会社の設立者ケリー・ジョンソンのあとを引き継いで1975年から1991年まで務めた。「ステルスの父」と認められていたとおり、ベン・リッチは、F-117の開発、そして、ステルス機の最初の生産の責任者であった。彼はまた数ある戦闘機の中でも、F-104, U-2, SR-71, A-12, そして、F-22などの機種も手掛け、その中の多くがいまだに機密情報になっている。

Extraterrestrial UFOs are real : Ben Rich Lockheed Skunk Works CEO admits on his deathbed




 
記事の内容↓
ベン・リッチは、彼の臨終の告白で、「宇宙人のUFOの訪問は現実であり、米国軍は宇宙の星々を旅している」と告げました

Mufon UFOジャーナルの2010年5月版に掲載された記事によると、ペン・リッチは、「ステルス戦闘機-ボンバー(Bomber)の父」であり、ロックヒード・シャンク・ワークス社の前代表であったが、その彼が、かつて一度だけ宇宙からやってくるUFOの訪問が現実のものであり、米国軍は宇宙の星々に行き来していると打ち明けた

ベン・リッチの写真です。

今日の人たちには彼のこの発言は初耳であろう。しかし、1995年1月の臨終のベッドで彼が告白したのです。彼の陳述は、米国軍が宇宙人の飛行船をまねた飛行船を飛ばしているという報告に信ぴょう性を与える。

その記事は、NASAのジェット推進研究所のコンピュータ・システム・アナリスト(分析者)として勤務している宇宙航空エンジニアであるトム・ケラーが書きました。

第一点:「この会社の中では、われわれは熱心に結束力を強くして取り組む小さなグループであり、そのメンバーは、50人ほどの熟練技術者と設計者、100人かそこらの熟練した機械製造者たちと工場の勤務者で構成されています。その強みは、技術的に進みハイクラスの飛行機を、極秘の特別任務としてごく少数製造しています。」

第二点:「われわれは既に宇宙の星間旅行をする手段をもっています。しかし、これに関する技術は極秘プロジェクトに隠ぺいしてあり、この技術を利用して人類に貢献することは神の行為に値するでしょう。貴方が想像することは何でも、私達はすでにどういった方法で出来るのか知っています。」

第三点:「私達は今宇宙人(ET)を地球に連れてくる技術も持っています。それを行うのに人の一生の長さもかかりません。方程式に間違いがあります。私達はそれがなんであるか知っています。私達は今宇宙の星間旅行をする能力を持っています。まず、皆さんに理解しほしいのは、私達は宇宙の星に到達するのに化学作用の推進力を利用するのではありません。次に、私達は新しい推進力の技術を考案しないといけません。私達がしなくてはいけないのは、アインシュタインがどこで間違ったかを見つけなくてはいけません。」

第四点:「リッチが、UFOの推進力の機能の仕方について質問されたとき、

 彼は、『あなたに質問させてください。ESPはどのように働くのですか?』と聞いた。

 質問者は、『すべての時間と空間の点はつながっている?』

 リッチは、それを聞いて、『そうやって機能するのです!』
 と答えた。

・・・途中省略・・・

ベン・リッチの発言によると・・・

1. UFOには二種類あり、ひとつは米軍が創ったもの、そして、もう一つは、宇宙人のものがある。米軍は、この宇宙船の製造方法を、地球に墜落した残骸と、また、実際に回収した「彼らのお下がり」から学んだと説明。

2. 航空宇宙設計者たちのほぼ全員が、ロズウェル宇宙船により影響を受けた

3. ベン・リッチの考えは、一般大衆へこのUFOと宇宙人についての情報を公開するべきではないとしていた。大衆は真実にうまく対処出来ないと、ベンは信じていた。しかし、彼は臨終の間際の数か月の間に、その内容について、この「主題」に対処している国際取締役会は、単なる他の宇宙からの訪問者の話以上に、重大な問題を、米国憲法のもとに米国民の個人的自由に対して公開しなくてはいけないと感じ始めていた。

・・・途中省略・・・

1947年のロズウェルのUFO墜落事故で、米国軍は宇宙人のUFOを回収して、それから反重力の研究が続いている。しかし、その内容については機密事項となっている。

宇宙人が敵意を持っているか?
それは、もし持っていたとしたら、とっくの昔に彼らは地球人を滅ぼしていただろう。しかし、現実はそうしてはいない。
改修された宇宙船からは、人間の体をスキャンして健康状態をみるような機器も見つかった。私達も今そういうスキャンする装置を利用しているが。


Secret UFO Propulsion Systems - Boyd Bushman - Senior
秘密のUFO推進システム - ボイド・ブッシュマン




このビデオに中で、博士は、磁石を使用することで重力の作用をほぼ制御することができたと話している。つまり、重力がなくなった状態を作り出せたと話している。

彼は、UFOの設計図を見せてくれ、それをもとにUFOが製造されたと説明しています。

製造した人も知ってると?

もし、米国軍が反重力装置の技術とか、惑星間旅行を可能にする技術を持っているとしたら、彼らが次にすることは・・・

現在、米国オバマ大統領は合成生命を遺伝子を操作して作りだす研究の奨励を公的に発表しました。

たぶん、新しい生命創造を他の惑星に行って行うプロジェクトを開始するのではないでしょうか?

その時に、しだいに宇宙人エロヒムに遭遇した弥勒菩薩ラエルのメッセージ・・・人類がエロヒムの姿形に似せて彼らから遺伝子を合成して科学的に創造されたということが理解されていくような気がしますね・・・




宇宙人エロヒムからのメッセージの詳細についてはこちらまで・・・



【日本初】エイズ孤児支援 NGO・PLAS とサムライ・インターナショナルが チャリティアプリ「チャリティ・クロック」を無料公開!

AIDS孤児を支援するチャリティ・アプリができたらしい。

最近ドイツの病院で幹細胞移植でHIVが完全に消え、感知した男性の話があったが、この治療法をAIDS孤児たちに、無料で提供したらどうだろう。

それで、たくさんの子供たちが救われるのだから・・・

↑このページのトップヘ