楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

2011年02月



【2月26日 AFP】リビアのアブドゥラマン・シャルガム(Abdurrahman Shalgham)国連(UN)大使は25日、国連安全保障理事会(UN Security Council)で演説し、リビアの最高指導者ムアマル・カダフィ(Moamer Kadhafi)大佐の「残虐行為」に立ち向かうよう安保理に要請した。外交関係者によるとその後、シャルガム氏は亡命したという。

 カダフィ大佐と幼少時代からの友人でもあるシャルガム氏は安保理の演説で、ナチスドイツのアドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)や旧ソ連のヨシフ・スターリン(Joseph Stalin)、カンボジアのポル・ポト(Pol Pot)といった歴史上の独裁者を引き合いに出し、大佐はリビア国民に向かって「おまえたちを支配するか、さもなくば殺すか、破壊するかのいずれかだ」と言っているに等しいと厳しく批判した。そして「同志カダフィに告ぐ。リビア国民に手を出すな」と強く迫った。

 また「国連よ、どうかリビアを救ってほしい。虐殺が起きないように、無実の人びとが殺されないように。われわれは、あなた方の迅速で勇敢な、断固たる決議を要請する」と懇願した。


国連がいよいよリビアの独裁者の殺人をやめさせるために、アドルフヒトラーのようなカダフィ大佐を止めるために動き出しますが、国連が以前のイラクのように米国主導型でリビアに戦争をしかけて、またリビアの資源などの権利をはく奪するようなひどいことをしないようにしてほしいです!

国連安保理、リビア制裁決議を全会一致で採択
http://www.afpbb.com/category/politics


リビア首都でも銃撃戦、61人死亡



反政府デモ、在外リビア人も抗議の声



ビア東部を制圧した反体制派勢力は、デモを強硬に弾圧するカダフィ政権の転覆を主張し、首都トリポリ(Tripoli)に迫っている。政権側は24日、トリポリ西方50キロのザウィア(Az-Zawiyah)まで押し寄せた反体制派に対し軍事攻撃を行い、死傷者が出ている模様だ。

写真は、リビア東部トブルク(Tobruk)で、最高指導者ムアマル・カダフィ(Moamer Kadhafi)大佐を批判する落書きが書かれた壁の前に立ち王政時代の国旗を掲げる若者(2011年2月24日撮影)。(c)AFP/Samer al-Atrush


リビアでは、政府側が反体制派のデモを抑えるために軍事攻撃をして死人が続出しているらしいですが、こんなの日本ではありえない話です。

信じられませんが、これが世界の今の情勢であるのでしょうか。

市民を暴力と権力で押さえつけるような政府は倒れてなくなるほうがいいと思います。

リビア首都 治安部隊、反政府デモ銃撃



ニュージーランドの首相、今回の地震について非常に弱気な発言をしました。

【2月24日 AFP】ニュージーランド南島のクライストチャーチ(Christchurch)で起きたマグニチュード(M)6.3の地震から2日が経過した24日、ジョン・キー(John Key)首相は、倒壊した建物のがれきの下に閉じこめられているとみられる数百人について、救出できるのは「奇跡しかない」と述べ、生存の可能性は厳しいとの見方を示した。

 クライストチャーチ中心部と郊外の一部地域が大きな被害を受けた地震発生から2日経ち、現地警察の責任者は民放テレビ局TV3に「生存者の発見を期待しているが、時間の経過とともにその可能性は薄れている」と述べ、過去24時間、がれきに閉じこめられたと思われる被災者の誰とも連絡が取れていないことを明らかにした。

 過去80年間で同国最悪の自然災害に見舞われ、同地震ではこれまでに少なくとも76人の死者が確認されている。

 行方不明者は現在300人前後とみられているが、キー首相はTV3で「この推計は大きく違う可能性」もあり、「世界のどこでもこのような災害に遭った場合、数日後あるいは何週間も後に生存者を救出したという奇跡のストーリーがある。われわれは希望を捨てることはできないが、同時に(さらなる生存者の発見に)現実的にもならねばなるまい」と述べた。

 ほぼ全壊した地元テレビ局カンタベリーTV(Canterbury TV)の6階建てのビルで、4階に入居していた英語学校キングス・エデュケーション(King's Education)は、生徒やスタッフ48人の所在が確認できていないと発表している。この中には、同校の研修に日本から参加していた富山外国語専門学校(富山市)の10人も含まれている。 

 このビルのがれきには最大100人が閉じこめられているとみられている。CTVビル周辺にある市内で1番高い26階建てのグランド・チャンセラー・ホテル(Grand Chancellor Hotel)が倒壊する恐れがある中、日本の国際緊急援助隊が現場を徹底的に捜索している。
 
 また立ち入り禁止区域とされているクライストチャーチ中心部の数か所でも、豪、英、米、台湾、シンガポールから派遣された援助隊が、地元救助隊約500人を支援し、徹底捜索を行っている。24日には郊外にも緊急援助隊が派遣された。

 がれきの下から救出された人の数は、最初の晩は30人に上ったが、23日にはわずかだった。同日救出された中には、全壊したパイン・グールド・ギネス(Pyne Gould Guinness)ビルで勤務中にデスクの下に入り、そのまま26時間閉じこめられた女性もいた。(c)AFP/Chris Foley


とっても弱気な発言で、正直とっても悔しいです。

本当ならもっと救出してほしいのに。

しかし、僕も以前4年間オークランドに住んでいてわかったことですが、ニュージーランドの古い建物は地震の耐震性が低いのです。作りが弱くて、地震が発生したら全壊を通り越して完全に壊れてしまうと思います。なので、中にいる人たちの被害も大きいというのが予想されます。
被害が少なくても壊れた建物が邪魔をしてなかなか救出までに時間がかかるかもしれません。

それがわかるのでなおさら悔しいです。

世界各地から救援隊も来ているのみたいですね。皆さん、本当にがんばってほしいです。

【NZ地震】家族ら現地へ出発 富山の学生10人不明(11/02/24)


NZ地震、死者98人不明226人


生存学生、救出までの状況語る


この地震で一気に崩れ落ちたビルの中から救出された日本人の学生さん、本当に助かってよかったです。助からなかった人には本当に気の毒だけど、でも、助かったことを大切にして、頑張って人生を生きていってくださいね。

24時間態勢でCTVビル捜索




【2月22日 AFP】中東各国の反体制デモへの弾圧で数百人規模の死者が報じられるなか、自国の国防費削減に苦しむ欧米の軍需企業各社がある見本市で、中東で契約を獲得しようと熾烈な競争を繰り広げている。


中東、リビア、エジプトなどで反政府運度が起き、リビアでは政府側が反政府運動を鎮圧しようとして死者も続出。

リビア首都で銃撃、カダフィ大佐ベネズエラ亡命情報も
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2786647/6849850

リビアで新たな死傷者、犠牲者100人にせまる 反政府デモ
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2786446/6842841

米国は、このようなリビアの反政府デモを暴力は許されないと言って、非難しているが、その一方で、米国の軍需産業関係の企業が新しいビジネス展開を中東で行っているのです。国内では商売がなかなか進まないので、中東の金持ち相手に、軍備増強、コンピュータ化などと、新しいビジネスを展開していこうとしているようですね。

こんな矛盾した態度を取っている米国は信用できません!

これが悪化すると、大きな戦争がまた起きそうな気もする。

米国はどこまでも戦争を追い求めるつもりなのだろうか。感覚がまひしてしまっているのだろうか。

こんな米国とは早く日本は手を切った方がいいと思う。


以下は、リビアで起きている反政府デモのニュースです。
反政府デモ、在外リビア人も抗議の声



日本でとってもユニークな発明品ができたそうですね。自転車をこぐことで湖などから水をくみあげつつ、浄水して飲み水として引用できるようにするらしいです。

 日本ベーシック(Nippon Basic Co.)が開発した自転車搭載型緊急用浄水装置「シクロクリーン(Cycloclean)」の使い方は、簡単だ。川や池、プールなど水のあるところまで自転車をこいでいったら、ホースを垂らし、あとはペダルをこぐだけ。自転車のチェーンが荷台のボックスに収納されているポンプを駆動し、4つのフィルターで浄化しながら水をくみ上げる。1分間に6リットルの飲料水を作り出すことが可能だという。

 勝浦雄一(Yuichi Katsuura)代表取締役によると、日本国内では2005年に1台55万円で発売、これまでに200台を販売した。主に地方自治体が納品先だが、バングラデシュ、カンボジア、中国、インドネシア、ミャンマー、フィリピンからも発注があるという。

 特にバングラデシュでは需要が拡大していることから、同社は前年バングラデシュの自転車メーカーと提携し、販売価格を抑えることも視野に現地生産を開始した。今年4月にも年間100~200台の生産体制が整うという。


このような製品が発展途上国などで普及して、飲み水で困っている人たちがきれいな水を飲めるようになると、その人たちがとっても助かりますよね。アフリカの子供たちなどもきれいな飲み水が飲めないで困っています。このような自転車をアフリカにも販売することはできないでしょうか?

↑このページのトップヘ