楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

2011年06月



プラスチックで放射線検出、新素材開発
記事掲載:http://www.excite.co.jp/News/science/20110629/Kyodo_OT_MN2011062901000162.html

今、日本は福島原発の事故で大変な状況ですが、これをきっかけにして、もっと安全な再利用可能なエネルギーを開発してほしい。
それに、放射能を探知する新しい技術も開発されたりしているので、放射能を除去する新しい技術も開発してほしいですね!

それから、世界中から有害な物質を使った原子力エネルギーを完全に廃止してほしい。

地球に優しいエネルギーを使わないと、人類は自己破滅してしまうよ。

no title


 放射線が当たると発光するプラスチック製の新素材を京都大原子炉実験所の中村秀仁助教らのチームが開発した。福島第1原発事故で関心が高まる放射線測定器に応用可能で、安価なセンサーとして期待できるという。開発したのはペットボトルを改良したプラスチックで、放射線が当たるとその強さに応じて発光する。数センチ四方の薄い板状に切り分け、測定器内部に装着すれば、光を電気信号に変換して放射線量が算出できる。

プラスチックで放射線検出、新素材開発
記事掲載:http://www.excite.co.jp/News/science/20110629/Kyodo_OT_MN2011062901000162.html

今、日本は福島原発の事故で大変な状況ですが、これをきっかけにして、もっと安全な再利用可能なエネルギーを開発してほしい。
それに、放射能を探知する新しい技術も開発されたりしているので、放射能を除去する新しい技術も開発してほしいですね!

それから、世界中から有害な物質を使った原子力エネルギーを完全に廃止してほしい。

地球に優しいエネルギーを使わないと、人類は自己破滅してしまうよ。



 放射線が当たると発光するプラスチック製の新素材を京都大原子炉実験所の中村秀仁助教らのチームが開発した。福島第1原発事故で関心が高まる放射線測定器に応用可能で、安価なセンサーとして期待できるという。開発したのはペットボトルを改良したプラスチックで、放射線が当たるとその強さに応じて発光する。数センチ四方の薄い板状に切り分け、測定器内部に装着すれば、光を電気信号に変換して放射線量が算出できる。



シアトルに飛散してきた日本発の高放射性物質
シアトルに飛散してきた日本発の高放射性物質を吸入したり飲み込むと実質的に検出不能になるが、体の中から肺などにダメージを与えていく
(Hot Particles From Japan to Seattle Virtually Undetectable when
Inhaled or Swallowed)

当初から予想されたキセノンやクリプトンの放出については、現在も変らない状況であるが、東京電力が行った再計算では、高放射性物質の放出量算出値が劇的に増加している
このことは、独立系科学者による空中モニタリングの結果からも確認されている。
フェアウィンズ・アソシエーツ社のアーニー・ガンダーセン氏は、旧来の検出法では検知しきれていない高放射性物質が、哺乳動物でいかに反応を引き起こす可能性があるかを説明している。
口内で金属のような味がする、というような事が日本や米国西沿岸部で報告されているが、これは放射線被曝したことの動かぬ証拠ということになる。


▼CNN解説+福島原発プルトニウム粒子等北米も飛散!ガイガー計測不能(字幕)
 http://www.youtube.com/watch?v=7y-t5_jW7ag&feature=youtu.be&a


関東地区はいよいよ危険な地区となってきたのでしょうか?

福島原発から200km離れた場所で放射能量を測る……


福島の第1原発事故後、庭や室内からも植物の奇形が現れたので、すでに原発の爆発から3カ月経過していますが、ちょっと心配でガイガーカウンターを購入しました。中国製のX線とガンマー線のみ測れるものです。

試しに、家の前の道から締め切った家の中の線量の違いを測定してみました。
今現在の我が家の周りの放射線量は0.12~0.17μシーベルト/h前後。しかし、家の前の道は、やや高くちょうど この動画の撮影時は、風に乗ってか?通常より強い値の線量(2.16μシーベルト/h)が 一瞬(0:20秒あたり)計測されました。子供たちの声が聞こえると思いますが、風の流れてきた道の前方には、中学校のグランドとテニスコートがあります。

室内では、通常締め切っている状態だと、大体0.05~0.1マイクロシーベルト/hです。
少しでも どこかが空いていたり、換気扇が回っていると、数十分後には、外と同じレベルに、なります。


日本政府の福島にいる人たちに対する対応は、間違っていると思う。
福島の人たちはかなり高い放射能を浴びていると思います。また、食品からの体内被爆の危険性も関東とは比較にならないくらい高いのでは無いでしょうか?
空気中の放射能が、一瞬でも2.16μシーベルトにまで高くなるときがあるのなら、空気中の放射性物質の塵を吸い込み、肺から吸収されて体内被爆をしていると思います。

被害が更にひどくならないようにするために、政府は至急、福島原発から更に広い範囲の人達を強制避難させるべきだと思います。



放射線汚染で突然変異の動植物
韓国人のブログで福島の放射能汚染の影響が考えられる突然変異、と言うか奇形の植物、そして、福島県内では動物の写真を掲載している人がいました。

ベランダの植物です。
http://blog.naver.com/star_log/60130417623

アメリカのスリーマイル島の原発事故のあとに放射能のため出てきた奇形の動植物です。
http://blog.daum.net/issuetracer/40

福島県の耳のないうさぎ
http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1306223906162259011

こういう事態になっても、政府は食品の放射能レベルの基準値を高いままに放置しておくのでしょうか?

食べ物や飲み物に気をつけていない人は、最後には癌が発症して死ぬ人が続出すると思います。

政府や電力会社の人たちの中で、基準値を高く設定することに関与した人たちは、殺人罪で起訴されるべきです!

東電やそのほかの電力会社で、社会に対して放射能漏れ事故などについて、また、水素爆発、炉心溶融や、原子力発電所内の事故、故障などについて嘘の情報をマスメディアに流している人たちは、全て、裁判に掛けて最低人を傷つける、故意に癌などの病気にならせる行為をしている事で罰するべきです!

グリーンピース事務局長「子どもや妊婦のために非難区域を拡大するべき」
The Japan Times Online
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20110610a6.html

福島原発事故、約60キロ圏内の子どもと妊婦は避難を グリーンピース
2011年06月10日
08:56
発信地:東京
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2805373/7322531
【6月10日 AFP】国際環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)は9日、東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所から約60キロ圏内の放射線量の高い地域から子どもと妊婦を避難させるべきで、日本政府はそのために資金や輸送の面であらゆる支援をすべきだとの見解を示した。

 グリーンピースが独自に測定した放射線量のデータは日本政府が発表したものとほぼ同じだが、放射線が子どもの健康に与える影響などについての両者の見解には根本的な違いがある。

 保護者らが放射性物質に汚染された園庭の表土を除去した福島県内の保育施設を訪れたグリーンピースのクミ・ナイドゥ(Kumi Naidoo)事務局長は、福島の人びとは放射線と情報不足という2つの問題に直面していると述べた。

 都内で記者会見したグリーンピースのヤン・ベラネク(Jan Beranek)氏は、日本政府が震災後、子どもを含む人びとの年間被ばく線量の上限を1ミリシーベルトから20ミリシーベルトに引き上げたことに対し、チェルノブイリ(Chernobyl)原発事故後、当時のソ連政府は年間被ばく線量が5ミリシーベルトを超える地域に住む人の避難を決めたと指摘し、年間20ミリシーベルトが安全だという日本政府の主張は全く容認できず、正当化もできないと述べた。

■適切な支援と情報を

 成長期にある子どもは放射線で健康への悪影響を受けやすいことが分かっている。ベラネク氏は、放射線の影響を受けやすい人は避難させ、それ以外の人が自分の意志でその地域にとどまる場合には、適切な支援と情報を提供する必要があると述べた。

 ベラネク氏は、放射性物質を吸い込まないようにマスクをして、風が吹いている時には屋内にとどまり、手に放射性物質がついている可能性がある時には飲食や喫煙をしないように助言した。

■子どもに線量計配布する自治体も

 一方、福島県伊達市は9日、市内の幼稚園・保育園と小中学校に通う全ての子どもたち約8000人に小型線量計を配布すると発表


子どもや妊婦は、避難を――クミ・ナイドゥ
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/35220
投稿日 - 2011-06-10 12:21

以下、一部掲載…………
6月6日、7日とグリーンピース・インターナショナル事務局長クミ・ナイドゥと福島へ行きました。

訪問した幼稚園では、ブルドーザーが土を削り、汚染土を埋めるための穴を掘っていました。

作業を終えたところの放射線量をはかると毎時0.5マイクロシーベルト

1年では4.38ミリシーベルト
法律で定められた限度である年1ミリシーベルトを超える

除染は必要だが、やり方が不十分すぎる。」とクミ・ナイドゥは指摘します。

幼稚園周辺の道路の地表面を測ると、毎時2から3マイクロシーベルト

さらに、雨どい下などでは、毎時9~45マイクロシーベルトが計測されました。

クミ・ナイドゥに同行したグリーンピースの放射線調査チームのリーダーのヤン・ベレニクは、「これまでのグリーンピースの調査でデータは見ていたが、福島に足を踏み入れてすぐそのうつくしさに打たれた。こんなにもうつくしい福島がこんなにも高い放射能で汚染されている。そこに、チェルノブイリだったら避難となっている場所に、人が住み、子どもが遊んでいることにショックを受けた」と話しました。

グリーンピース・ジャパンは、今日、クミ・ナイドゥ、ヤン・ベラニクとともに記者会見を開きました。
クミ・ナイドゥは会見で以下のように話しました。
「日本政府は、この原発災害が日本の人々に何をもたらすかを説明してこなかった。そして今でも説明していない。福島を訪れてそれがはっきりした。日本政府は、被害を受けた人々を守り、賠償がしっかり行われるようにしなければならない。」

http://www.ustream.tv/recorded/15259655

記者会見で使用した資料はこちら

【子どもを守るためにできること】
  • できるだけ屋内にいる。
  • 風が強い日などホコリっぽい日には、窓を閉める。
  • ホコリっぽい、ぬかるんでいるところは避ける。
  • 縁側、ベランダ、デッキなどは水拭きする。
  • 外で、指を舐めたり、目を触ったり、食べたりしない。
  • 鼻からの吸入を防ぐため、帰宅したら鼻をかんで、洗う。
  • 草や土の上、水たまりで座ったり遊んだりしない。
  • 草花を摘んだり、土埃を巻き上げさせたりしない。
  • 外から帰ってきたら、洋服や頭についたホコリを払い落とす。
  • 外から帰ってきたら、うがい、手洗いをし、シャワーを浴びる。
  • 外の空気がホコリっぽいときは、使い捨てマスクをする。
  • 服は毎日洗う。洗濯物は部屋の中に干す。
  • 屋外、屋内のホコリは水拭きしてふきとる。
  • 放射性物質がくっついた、取り込んだ飲食物を飲んだり食べたりしない。

マスクをしない原発作業員被爆者
原発運転員“マスクせずに作業”
5月31日 12時53分

マスクをせずに作業せずにおられないほど、蒸し暑いということなんですね。

利権で繋がった大企業と電力会社の人たちは、人の命を何とも思っていないようです。大金を設けられれば保守に使うホームレスの人達はどうなってもかまわないと言うような態度、絶対に許してはいけません。

知っていて放っておくのは、彼らを殺しているのと同じことをしています。犯罪ですよ。

参考にビデオを紹介します。

隠された被爆労働〜日本の原発労働者1
隠された被爆労働〜日本の原発労働者1
http://www.youtube.com/watch?v=92fP58sMYus&feature=youtube_gdata_player



写真家樋口健二さんがイギリスのChannel 4に出演して原発の労働者問題について英語で解説しています。

原発保守のために雇用されるホームレスの人たちは、放射能の防御方法など事前に何の教育も受けられず、安全だといわれ続け、仕事をしています。

  • あるとき、原発の中で作業をしていて作業が終わって出てくるときに線量計を見ると、その針がなくなっていた。
  • 春頃から作業員の人曰く、歯がボロボロとかけ出した。
  • 彼らの症状は、歯が欠け、抜け落ち、髪の毛が抜け落ち、その他たくさんの障害が起きて、生きる屍とまで言われます。




広島・長崎に原爆が落とされ被爆の症状で苦しんだ日本人の人たちが生きてきた日本で、原発保守作業で全く同じ症状で苦しんでいる人たちが日本の社会の底辺にいるとは、なんということだろうか。


この原発に出資しているのは日本の大企業です。

人の健康や命を犠牲にする危険なウランなどの物質を使った原子力エネルギーは、全て廃止するべきです。
しかし、廃止してもエネルギー棒は直ぐに温度が下がり放射能がゼロになるのではないと思います。

根本的にこの影響をゼロにするには、宇宙人エロヒムの科学の力を貸していただかないといけないのかもしれません。最近弥勒菩薩ラエルのお話を聞いてたら、宇宙人エロヒムを地球に私達人類の創造者であることを認めて迎えたら、エロヒムは地球の福島原発やチェルノブイリ原発の放射能の問題は数秒で解決できると言ってました。ようは、人類がもっと謙虚になり、エロヒムを人類の創造者であることを認めてお迎えすることが一番重要なことだと思います。

宇宙人エロヒムのメッセージのホームページはこちら
http://www.rael.org

最低、日本全国の原子力発電所を停止し、他のもっと安全な再利用可能なエネルギの開発をしてほしいです。

エロヒムの星では、安全な物質を使い閉回路の原子力エネルギーを利用しているそうです。キーワードは、安全な物質、そして、閉回路。閉回路だと無尽蔵にエネルギーを作り出せるらしい。このことについては本に書いてありますので、興味のある人はこちらからダウンロードして読んで下さい。

日本全国から危険な物質を使う原子力発電所を閉鎖し、再利用可能な安全な物質を使った閉回路の原子力エネルギーを作り出すのが一番理想的です。

これが、知性の高い決断だと思います。しかし、牛のレベルの知性を持つ政治家には、このような決断は無理なのかもしれません。

自民党が八年前に福島第一原発の安全装置を取り外していたことを暴露した民主党の原田さんは、知性ある決断をしてくれるかもしれません。

以下記事の引用です

東京電力福島第一原子力発電所の2人の運転員の体内から高い値の放射性物質が検出された問題で、2人は厚生労働省に対して「マスクを装着せずに作業していた」と話していることが分かりました。厚生労働省は、2人と同じ場所で作業していた数十人についてもすぐに検査を受けさせるよう、東京電力に指導しました。
この問題は、福島第一原子力発電所の3号機と4号機の中央制御室で働いていた2人の運転員の体内から高い値の放射性物質が検出され、これまでに受けた全身の被ばく量が緊急時の限度の250ミリシーベルトを超えている疑いがあるものです。厚生労働省によりますと、2人の運転員は「3月12日に水素爆発が起きた直後には、放射性物質の吸い込みを防ぐマスクを装着せずに作業を行っていた」と話しているということです。また、中央制御室には、当時、2人のほかに数十人の作業員がいたということです。このため厚生労働省は、この数十人の作業員も多くの放射性物質を吸い込んだおそれがあるとして、すぐに作業を中止し、内部被ばくの検査を受けさせるよう、東京電力に指導しました。このほか、福島第一原発では、一部の作業員が線量計を持たずに作業したり、女性社員の被ばく量が限度量を超えたりするなど、問題が相次いでいるとして、厚生労働省は、東京電力と作業を請け負っている会社に対して安全管理を徹底するよう、是正勧告を行いました。

 

記事引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110531/t10013222841000.html

↑このページのトップヘ