楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

2012年08月




アサンジ氏に対する申立は、世界の殆ど(95%)の場所で犯罪ではない!弥勒菩薩ラエルもアサンジを支持!

Correa: Assange allegations 'not crimes' in most places


Ecuador's President Rafael Correa said the allegations in Sweden against Julian Assange would not be crimes in nearly every other country, in an interview with British newspaper The Sunday Times.
エクアドルの大統領であるラファエル・コレア氏は、スウェーデンでジュリアン・アサンジ氏に対してたてられた申し立ては、世界の他のほぼ全ての国において罪にはならないと、英国サンデー・タイムズ紙のインタビューにて答えました。

Correa told the broadsheet that the sex crime allegations against the WikiLeaks founder were "not a crime in Latin America" and had played no part in Quito's decision to grant Assange asylum.
コレア大統領は、ウィキリークスの創始者に対する性犯罪の申し立ては、ラテンアメリカでは「犯罪ではありません」と新聞社に言い、そして、エクアドルの首都キトがアサンジ氏に亡命を認めた事に何ら影響を与えなかったことを伝えました。

He also blasted the British government for its "contradictions" in wanting to extradite Assange to Sweden, when it did not extradite former Chilean dictator Augusto Pinochet after his 1998 arrest in London on an international arrest warrant issued by Spanish judge Baltasar Garzon -- who is now heading Assange's legal team.
そして、コレア大統領は、英国政府のアサンジ氏にはスウェーデンに引き渡したいとする態度と、それ以前の態度……アサンジ氏の法律弁護団を今率いているスペイン人の裁判官ボルタサール・ギャルゾンにより発行された国債逮捕状により、ロンドンで1998年に逮捕されたチリの元独裁者アウグスト・ピノシェットは引き渡さなかった時の英国政府の態度の矛盾を避難しました。

"The crimes that Assange is accused of, they would not be crimes in 90 to 95 percent of the planet," Correa told The Sunday Times.
「アサンジ氏が告訴された罪状は、地球上の90%から95%の場所で犯罪では無いです」と、コレア大統領はサンデータイムズに言いました。

"Not to use a condom in an act between a couple, this is not a crime in Latin America.
「ラテンアメリカでは、カップルの間でコンドームを使わないのは犯罪ではありません」

"But I don't want to get any more into this, this has been irrelevant to the decision taken by Ecuador.
「しかし、このことに関してはこれ以上は振れたくありません。何故なら、これはエクアドルが選択した決定とは何の関係もないからです。」

"And we're all in agreement that Julian Assange should go to the Swedish justice system."
「そして、ジュリアン・アサンジ氏がスウェーデンの司法制度に訴えるべきであることに、私達は皆賛成しています。」

Assange, having exhausted all his legal options in Britain to avoid extradition to Sweden, walked into the Ecuadoran embassy on June 19 and claimed asylum.
アサンジ氏は、英国で、スウェーデンへの引き渡しを避けるための法的選択肢を全て使い果たしてしまい、6月19日にエクアドルの大使館に歩いて行き、亡命を主張しました。

The 41-year-old Australian fears he would be passed on to the United States, which he enraged by releasing a vast cache of its confidential government files.
41才のオーストラリア人は、その国の膨大な量の機密情報ファイルを世界に公開することで怒らせてしまったアメリカ政府に引き渡されてしまうのを恐れています。

With Assange holed up in the Ecuadoran embassy in London, British Foreign Secretary William Hague pointed out to Quito an obscure 1987 law under which its police could enter the mission and extract Assange.
ロンドンのアサンジ氏がエクアドル大使館に避難している中、英国外務大臣ウィリアム・ヘイグはキトに対して、あまり知られていない1987年の法律を指摘し、その法律のもと英国の警察は、使命を遂行し、エクアドル大使館に入り込み強引にアサンジ氏を捕まえる事ができることを伝えました。

British Prime Minister David Cameron "must be really angry with his foreign minister", Correa said.
英国の首相デイビッド・キャメロンは「外務大臣に対して本当に怒っているに違いありません」と、コレア大統領は言いました。

"Because, besides the rudeness and the discourtesy, the intolerable threat this was, it was a huge diplomatic blunder."
「何故なら、野蛮で無礼な行為の上に、耐えられない脅しでしかないあの行為は、外交上の大変な大失敗でした」

The 34-member Organization of American States declared "solidarity and support" for Ecuador on Friday, rejecting "any attempt that might put at risk the inviolability of the premises of diplomatic missions."
34人のメンバーからなるアメリカ合衆国の組織は金曜日に、こう宣言しました:「エクアドルに対する『社会連帯と支持を呼びかけます。そして、国内の使命の意志決定の不可侵を危険にさらす如何なる試みをも拒否します。」

Correa added: "Britain supported Augusto Pinochet unconditionally. And they let him go, they didn't extradite him on humanitarian grounds -- whereas they want to extradite Julian Assange for not using a condom, for the love of God.
コレア大統領は、「英国はアウグスト・ピノシェットを無条件で支持しています。人道主義的な理由で英国は彼を引き渡さず、逃がしてあげました。その一方で、彼らは、アサンジ氏がコンドームを使用しなかったという理由で、神の愛故に、彼をスウェーデンに引き渡したいと考えているのです。」

"These are grave contradictions."
「これらは重大な矛盾点です。」













DNA data storage breaks records
DNAのデータ格納が新記録を達成!

A book complete with illustrations has been encoded in DNA.
イラスト画像を備えた一冊の本のデータがDNAの中に暗号化された


Monya Baker
記事投稿日:16 August 2012
8月16日



A trio of researchers has encoded a draft of a whole book into DNA. The 5.27-megabit tome contains 53,246 words, 11 JPG image files and a JavaScript program, making it the largest piece of non-biological data ever stored in this way.
三人の研究家達が、DNAの中に一冊の本の内容を暗号化して入れ込んでしまいました。5.27メガビットの一冊のデータは、53,246の単語、11個のJpeg画像ファイル、そして、JavaScriptのプログラムを含み、この手法で格納されたデータの中では最大の量になります。

DNA has the potential to store huge amounts of information. In theory, two bits of data can be incorporated per nucleotide the single base unit of a DNA string so each gram of the double-stranded molecule could store 455 exabytes of data (1 exabyte is 1018 bytes). Such dense packing outstrips inorganic data-storage devices such as flash memory, hard disks or even storage based on quantum-computing methods.
DNAは、潜在的に、巨大な量の情報を格納することが出来ます。理論的には、2ビットのデータが1ヌクレオチドに対して組み込むことが可能で、このヌクレオチドとは遺伝子の鎖の最小単位となります。よって、二重螺旋構造をした微粒子1グラムには、455エクサバイト(1エクサバイト=1018エクサバイト)のデータを格納することが出来ます。このように高密度で格納する機能は、フラッシュ・メモリーやハードディスク、また、ひいては、量子計算技術に基づく格納方法をも凌ぎます。

The book, which is fittingly a treatise on synthetic biology, was encoded by geneticists George Church and Sriram Kosuri at the Wyss Institute for Biologically Inspired Engineering in Boston, Massachusetts, and Yuan Gao, a biomedical engineer at Johns Hopkins University in Baltimore, Maryland. They report their work in Science1 this week.
遺伝学者のジョージ・チャーチ博士、そして、マサチューセッツの生物学的示威工学のボストン市ウィス研究所のスリラム・コスリ博士、そして、メリーランドのバルティモア市ジョンズ・ホプキンズ大学のユアン・ガオ博士らによって、ふさわしくも、合成生物学に関する専門書であるこの本の全内容が暗号化されました。彼らは今週「Sceince1」(サイエンス1)で彼らの実験結果の報告をします。

It marks a significant gain on previous projects the largest of which encoded less than one-six-hundredth of the data but organic flash drives are still many years away. There are a number of reasons why the method is not practical for everyday use. For example, both storing and retrieving information currently require several days of lab work, spent either synthesizing DNA from scratch or sequencing it to read the data.
1.06倍のデータを暗号化して格納することに成功した最大のプロジェクトでは重大な成果をなしえましたが、オーガニックなフラッシュ・ドライブを実用化するのはまだまだ先の話です。日々の生活の中で利用するには不向きな理由がいくつかあります。たとえば、データを保存するのと取り出す両方の作業に実験室の作業で4~5日かかります。遺伝子をスクラッチから合成するのにも、また、データを読みこむために遺伝子配列を決定する処理(シーケンス)にもです。

The work illustrates the potential of nonconventional approaches, says Stuart Parkin, who is developing dense forms of inorganic storage media at the IBM-Stanford Spintronic Science and Applications Center in San Jose, California."You could say that the physical sciences have exhausted the playground of concepts, and we now need to go beyond that world,"he says.“This coupling of the biological world to the physical world will lead to some very interesting storage devices in the next decade."
その研究は非従来的なアプローチの可能性を示威していますと、スチュアート・パーキン氏は言います。彼は、高密度形式での無生物の格納メディアを、カリフォルニア州サンジョゼ市にあるIBM-スタンフォード・スピントロニクス・サイエンス・アンド・アプリケーション・センターで開発しています。「物理科学は概念の遊び場に尽きてしまい、今私たちはその世界をしのぐ領域に入る必要があります」と彼は言います。「生物学の世界を物理学の世界とつなぎ合わせるこの試みは、次の来る十年の間に非常に面白い格納デバイスを開発することになるでしょう。」



Short and sweet
短くて取扱いが簡単


Encoding the DNA book didn't involve fundamentally new technology so much as the creative application of existing techniques, explains Anne Condon, a computer scientist at the University of British Columbia in Vancouver, who studies how DNA molecules can be used in computing.
DNAの微粒子を演算処理でどのように利用できるかについて研究しているヴァンクーヴァのブリティッシュ・コロンビア大学にいるコンピュータ科学者アンネ・コンドンは、DNAをエンコードするのは基本的に、現存する技術の創造的な応用するような最新の技術は必要ではないと説明します。

Previous attempts to store information in DNA have been held up by difficulties in making perfect long strands. Shorter molecules present less of a challenge, so Church and his colleagues kept their storage strands a mere 159 nucleotides long, and generated multiple copies of each to make catching and correcting mutations easier.
DNAに情報を格納する試みが前回行われましたが、その時は完全な長い二重らせんを作るところで、困難に出会い立ち往生しました。より短い分子は問題なく作る事が出来ましたので、チャーチと彼の同僚たちは、格納用の螺旋構造を159個のヌクレオチドの長さに限定し、各々複数のコピーを生成して、突然変異を見つけ修復しやすくしました。

In each single strand, 96 nucleotides represented the encoded data as digital ones and zeroes; 19 nucleotides showed how these data blocks should be ordered; and 44 nucleotides enabled easier sequencing. The researchers'binary code assigned'zero'to two types of nucleotide (As and Cs) and'one'to the other two types (Gs and Ts).
遺伝子のそれぞれの螺旋構造の中には、96のヌクレオチドが数字の1と0としてコード化されたデータを表しています。19のヌクレオチドが、これらのデータのブロックがどのように順序づけれられるべきかを表していました。そして、44のヌクレオチドのおかげで、シーケンス(塩基配列の決定)をより容易にすることが出来ます。

.途中省略.


And that will bring costs down over time, enabling DNA data storage to move beyond the realm of demonstration projects. The cost of sequencing technologies has already fallen to about a thousandth of what it was four years ago, says Kosuri, and DNA synthesis has achieved the same drops over the past eight years."The DNA chip we used for this paper held 55,000 oligonucleotides,"he adds."The newest ones hold a million."
そして、時がたち価格も下がるでしょう。遺伝子のデータ格納処理技術をデモンストレーション・プロジェクトの領域を超える領域へと発展させることが可能です。4年前に比べ、シーケンス技術のコストは既におよそ千分の一にまで下がっていると、コスリは言います。そして、DNA合成は過去8年間以上の間に同じように価格下落に成功しました。「この研究論文のために私たちが使用したDNAチップは5万5千のオリゴヌクレオチドを含んでいますが、最新のDNAチップは100万のオリゴヌクレオチドを含んでいます」と、彼は言います。



遺伝子に言葉を書き込む・・・そもそも、今の私たちの遺伝子のジャンクDNAと呼ばれる部分にはいったいどんな情報が書き込まれているのでしょうか?

生まれてから使っている言語の情報が書き込まれるのか、それとも、人間が創造された時に、宇宙人エロヒムにより何かの情報が書き込まれたのか?

そのことについてはっきりと詳しく説明している科学書はまだ読んだことがありません。もしかすると既に出版されてはいるが私たちのところにまでその情報が来ていないのでしょうか?

私はひそかに、それが宇宙人エロヒムの科学的な生命の創造についての情報なのではないかと一人空想にふけるときもありました。

真実は明かされべきです。

そして、この脳にデータを記号化して格納するのと、記憶、学習したときに脳に生成される連結などについての関連性については、私にはまったくわからないことなのですが、宇宙人エロヒムのメッセンジャー弥勒菩薩ラエルが書かれた本の中にもあるように、近い将来、人間が学校で学習しなくても、ほしい知識を脳に注入することで瞬時に習得できるようになる日が来ると思います。

そうしたら、もう学校に行く必要がなくなるのです。あんな退屈で面白くないところはありません。それよりも外で遊んだほうがどれだけ楽しいか。









 クロワゾンさんは1994年、屋根上のテレビアンテナを取り外そうとした際に感電事故に遭い、四肢の切断を余儀なくされた。今回の達成についてクロワゾンさんは、体の不自由な人々を勇気づけるメッセージだと語った。

「私はみんなにこう伝えたい。


『すべてが可能なんだ。

自分の限界を

超えようという意志さえあれば、

すべてが達成可能なんだ』




そして、弥勒菩薩ラエル曰く、

実現不可能な夢を持ち、それを達成したとき、その人の脳はワンランクバージョンアップした脳になります。そのときに、バージョンアップした脳で感じることは、達成する前の脳では決して想像ができないものです。達成後は、さらに実現が難しい夢を持ち、それを実現しようと努力して達成していきます。そうすると、その人の脳は、バージョンアップを繰り返していきます。


そして、夢を実現するために瞑想をして、その夢が実現しているところをありありとイメージするとさらにポジティブなイメージが強化されるし、脳もさらにバージョンアップするのではないかな?(私の個人的な想像ですが)



困ったときなどは、この人の言葉を思い出すと勇気が出てきますね~


フィリップさん・・・ ありがとう













フカヒレスープっていえば、高級スープではないですか!

それに、絶滅危惧のサメが使われているらしい。

これを解決する最良の方法は、遺伝子を合成して、100%人工的に作った生命を利用して、フカヒレスープを作ればいいのですよ。

そうすれば、生命が絶滅しなくて済みます。

そして、生命の創造については、ここまで進んでいるのです!


◆クレイグ・ベンター:目前に迫る合成生命の創造


クレイグ・ヴェンターの話している内容:
以前、これらのプロジェクトに関してお話したと思います。
ヒトゲノムの解読や、新しいセットの遺伝子を発見することがどのような意味を持つ事になるのかという事です。
私たちは、更に新しい事を始めています。私たちは、生物をデジタル化してきましたが、そのデジタル情報を用いて生命のデザインや合成を行うというまったく新しい生物学を行おうとしています。

私たちはいつも、大きな謎について問いかけています。「生命とは何か」という問いかけは、多くの生物学者が様々な観点から理解しようとしていると思います。

私たちは様々な手法を使って生命の最小構成要素を紐解いていきました。かれこれ20年近くデジタル化を進めています。ヒトゲノムを配列決定した時、生物学は一転してアナログなものからコンピューターを用いたデジタルな学問に変化しました。現在私たちは、このデジタルな世界の中で生命を再生させるもしくは新しい生命を創造することが可能かどうかを問いかけています

これは、マイコプラズマ ジェニタリウムという小さな生命体のゲノム地図で数多くの種の中でも、研究室の中で自己複製が可能な最小ゲノムを持っています。私たちは、これ以上に小さいゲノムを用意することが出来るかどうか調べました。およそ500遺伝子の中から、100遺伝子単位で遺伝子をノックアウトさせることに成功しました。この代謝マップを見るとヒトの代謝マップよりも比較的シンプルです。信じてください、これでもシンプルなんです。

しかし、個別にノックアウトできる全ての遺伝子を見渡してみると、生きた細胞を生み出す見込みはないことがわかりました。そこで、私たちはこの問題の打開策としていくつかの基本的な疑問を問いかける上でもこの染色体を実際に合成し構成要素を変えることにしました。

そこで、私たちはまず「染色体を合成することは可能か」という命題に取り組みました。
  • 果たして化学で今まで見た事がないような巨大分子を合成することが可能なのでしょうか?
  • もし可能な場合、染色体を「起動」させることは可能なのでしょうか?


ちなみに、染色体は、ただの不活性化学物質に過ぎません。私たちの生命のデジタル化に向けた研究は急激なペースで進展しました。

私たちの遺伝コードを合成する能力はそこまで早くはないものの着実に改善されてきています。そして最近の成果は、この研究を更に加速度的に進展させるでしょう

。私たちはこの研究を15年前から始めました。実際には、最初の実験を行う前に生命倫理に関する審査を始めとする数々の段階を踏まねばなりませんでした。

実験で分かったのは、DNAを合成することは非常に難しいという事です。世界には、30から50塩基程度の小さなDNAの断片を合成する装置が何万台も存在していますが、DNAが変質しやすい関係上、長いDNA断片を合成すればするほど多くのエラーを含んだ断片が出来てしまいます。そこで、これらの小さな断片を結合させ、全てのエラーを修正させる全く新しい手法を開発しなければなりませんでした。これは、Phi X 174ゲノムのデジタル情報を元にゲノムを人工合成した私たちの初めての取り組みです。これは、細菌を殺す小さなウイルスです。私たちは、DNA断片を設計し、エラーの修正過程を経ておよそ、5000塩基程のDNA分子を合成することに成功しました。

最も興奮したのは、この不活性化学分子を細菌の細胞内に注入した時に、細菌がその遺伝コードを自発的に読み込み、ウイルス粒子が産生された時でした。

このウイルス粒子は細胞外に放出され再び細胞内に侵入した後、大腸菌を殺したのです。私は最近、石油業界の方々に対して講演を行いましたが、彼らはこのモデルを明快に理解したと言っていました。

(笑)

彼らは皆さん以上に笑っていましたよ

これは、生体システムにおいて、ソフトウェアが自身のハードウェアを構築することができる状況に他なりません。しかし、私たちはもっと先を見据えていました。細菌の染色体をまるごと作成したかったのです。これは、58万文字もの遺伝コードに相当します。そこで、私たちはウイルスサイズのカセット型人工染色体を作り、それらを実際に変化させることで、生きた細胞の構成要素とは何であるか理解しようと考えました。染色体のデザインは決定的に重要であり、生命のデジタル情報をコンピューター上で設計する為にはその情報は非常に精確でなければなりません。私たちがはじめてこのゲノムの塩基配列を、1995年に決定した時、その精度は、10万塩基につき、1塩基の誤差が含まれるものでした。私たちは、再度配列決定を行った際、実際に30塩基のエラーを見つけました。オリジナルの配列を利用していたら人工染色体は生体内で機能しなかったでしょう。設計の一環としては50塩基長の配列が、他の50塩基長の配列と重複することで小さなサブユニットを形成するようにしていることです。それぞれの配列が互いに重なり合うように設計しなければなりません。私たちはこれにユニークな要素を加えました。

透かしを入れたのです。つまりこういう事です。遺伝コードは、A、C、G、Tの4文字です。そのうちの3文字の組み合わせでおよそ20のアミノ酸に対応します。それぞれのアミノ酸には、一文字の記号が指定されています。これにより、遺伝コードを用いて単語や、文章をゲノムに埋め込むことが出来るのです。私たちが最初に行ったのは、自分たちの名前を埋め込む事でした。ある人々は詩を埋め込まなかった事に落胆したようです。私たちは、これらの断片を酵素を用いてつなぎ合わせられるように設計しました。これらの断片を修正しつつ、つなぎ合わせる酵素が存在します。このような手順で、私たちはまず5千塩基から7千塩基長までの断片を用意しそれらを繋ぎ合わせて、2万4千塩基長の断片を作りそれぞれのセットを元に、7万2千塩基長までの断片を作りました。

それぞれの工程で、断片を多量に作ることで、それらの配列決定ができるようにしました。なぜなら、私たちは一目で分かるような非常に頑強な合成プロセスの構築を目指しているからです。この工程が自動化されるレベルにまで到達できることを目指しています。これは、まるでバスケットボールのプレイオフのように見えます。このように、10万塩基もの巨大な断片が合成される段階に入ると、たやすく大腸菌内に合成されなくなってしまいます。分子生物における最新手法が通用しないことから、私たちは他のメカニズムに目を向けました。生物には、自身のDNAをつなげ、修復する相同組み替えというメカニズムが存在します。これはその例です。300万ラドの放射線に耐えられるデイノコッカス ラディオデュランスという生物がいます。

図の上半分を見て頂くと、染色体が粉々になっていることがわかります。12時間から24時間後染色体は以前と同じように修復されます。多くの生物種はこのような特徴をもっています。これらは完全な乾燥状態を生き抜くことが可能で真空でも生きることが出来ます。私は、生物が宇宙空間に存在し、移動して、新しい水性の環境を見つけ出す事ができることを確信しています。実際に、NASAは宇宙に生物が存在する説を多く提示しています。

これは私たちがこれらのプロセスを用いて合成した分子の実際の顕微鏡写真です。 イースト菌のメカニズムを利用しデザインした染色体の断片を細胞内に送り込みました。イースト菌はそれらを自動的に繋げ合わせました。これは電子顕微鏡写真ではなく光学顕微鏡写真です。あまりにも巨大な分子のため光学顕微鏡で見ることができます。これらの写真は大体6秒間隔で撮影されました。

これはつい最近、私たちが発表したものです。これは58万塩基以上もの遺伝コードで構成されています。人類の手によって生み出された最大の分子であり分子量は、3億以上です。もし、スペース無しでフォントサイズを10に指定し印刷した場合この遺伝コードを印刷するだけで、142ページ必要となります。それでは、この染色体を機能させるにはどうすればよいでしょうか。ウイルスの場合は非常に簡単です。細菌を扱う場合は、はるかに複雑になります。私たちのように真核生物の場合も簡単です。細胞から細胞核を抜き出し別の細胞核を入れるという皆さんがご存知のクローン技術を行うのです。細菌や古細菌の場合は、染色体は細胞内に一体化しているのですが、最近、私たちは、細胞内の染色体を別の細胞に完全に移植し、機能させることができることを証明しました。私たちは、まず単一の微生物種の染色体を精製しました。大雑把に言うと、移植先と移植元は、ヒトとマウスと同じくらい異なる種です。次に私たちは、この染色体を選択的に抽出できるように、新たにいくつかの遺伝子を加えました。そして、不要なタンパク質を取り除くため、酵素を用いました。私たちの高度に洗練されたイラストに対して、皆さんは感心されるかと思います。がこの染色体を細胞内に加えた時の瞬間は驚くべきものでした。この新しい染色体は見事に、細胞内に移植されたのです。実は、私たちはこの段階で行ける所まで行ったと考えていましたが、更に先の過程まで取り組む事にしました。

皆さんがご覧になっているのは進化の主要なメカニズムそのものです。どこからともなく、2つ目や3つ目の染色体を自身の細胞に取り込み数千種類もの新しい特性を即座に獲得したあらゆる種類の種を今までに発見しています。進化というものを、単一の遺伝子が一つずつ変化するものであると考えられている人たちは生物学のほんの一面しかご存知ないものと思われます。

DNAを切断する制限酵素という酵素が存在します。細胞内における既存の染色体には制限酵素遺伝子は存在しませんでしたが、細胞内に加えた染色体には存在しました。その制限酵素遺伝子が発現し、既存の染色体を異物と認識して切断した為、最終的には、新しく導入した染色体のみが細胞内に存在することになりました。青色に染まったのは私たちが加えた遺伝子に関係します。そして非常に短い時間のうちに元の生物種が持っていた全ての特徴は失われ、私たちが細胞内に導入した新しいソフトウェアによってまったく新しい生物種に生まれ変わったのです。全てのタンパク質は変化し、細胞膜も変化しました。遺伝コードを配列解析したとき、それは私たちが移植した染色体そのものでした

まるでゲノムを対象とした錬金術に聞こえるかもしれませんが、ソフトウェアとしてのDNAを移し替える事によって、細胞の性質を劇的に変化させることが出来るのです。これは生命を単純に生み出す研究ではありません。35億年もの進化の上に作られた研究であることを私は先ほど言いました。そして、私たちはもうすぐこのデジタルデザインを元に、膨大な種の分化に伴う新しいタイプのカンブリア爆発を引き起こすことになるでしょう

なぜこのような事を研究するのでしょうかこの研究にはいくつかのニーズがあることから理由は明確だと思います。次の40年の間に人口は65億人から90億人まで増加すると予測されています。私自身を例としますと、私は1946年生まれです。今は、この星に住む人々の中で三人に一人は、1946年の頃を生きた世代です。40年後には四人に一人という数になります。65億人を対象として、全員に安全な水と薬や、燃料を提供することは困難な状態です。90億人になったら更に困難が予想されます。私たちは、50億トンもの石炭を消費し300億バレル以上もの石油を消費します。これは、一日1億バレルの消費量に相当します。この状況を解決する生物学的プロセスや別のプロセスを考えた時、それは、途方もなく大きな挑戦になるでしょう。そして、当然のことながら、それらの物質から大気中に二酸化炭素が排出されることとなります。

私たちは現在、世界中の発見によっておよそ2千万の遺伝子のデータベースを持っていますが、これらを私は、未来への構成要素であると考えています。エレクトロニクス産業において、ほんの一握りの構成要素から生まれた多様性に目を向けてみてください。私たちは、生物学的現実と私たち自身の想像力によって、最初から制約を設けてしまっています。今、私たちは結合ゲノミクスと私たちが呼ぶ新しい研究領域の基礎となる高速な化学物質の合成技術を持っています。今では、一日で100万もの染色体を生成する巨大ロボットを製造する能力も私達は持ち合わせています。2千万種類の異なる遺伝子を選別したりオクタンや、新しいワクチンをはじめ、薬剤を生成するために代謝経路を最適化しようと考える場合、私たちはほんの少人数の研究チームと分子生物学的実験を行うことで、この20年間で蓄積された科学以上の成果を上げる事が出来ます。様々なデザインの選択が可能となります。生存能力の向上をはじめ化学物質や燃料生成ワクチン生成など、様々なデザインの選択が可能です。

これは、私たちが開発している生物のデザインソフトウェアの画面ショットで生物種の設計をコンピューター上で椅子に座りながら取り組むことができるものです。その生物種が実際どのような姿となるのかは、分かりかねますが、その生物種の遺伝コードがどのような配列を持っているかは、確実に分かります。私たちは、今、第4世代の燃料に関心を寄せています。最近は、トウモロコシからエタノールを精製することが非常に効率の悪い実験であることを、皆さんもご存知のはずです。砂糖からもっと高付加価値の燃料であるオクタンや、ブタノールなど第2、第3世代の燃料が近々登場することになると思います。

一方、私たちが考える食料の生産コストの増大と供給量の制限をかけない効果的な生物学的手法は二酸化炭素を原料にする所から始まります。現在私たちは、この目的に即した細胞を設計しており第四世代の燃料を18ヶ月後には発表できると考えています。日光と二酸化炭素を利用するのは一つの手法ですが、(拍手)私たちの発見によって様々な別の手法も利用できるようになりました

これは、1996年に私たちが発表した生物種です。1.5マイル程の深海において熱湯に近い水温の中で生息しています。この生物種は二酸化炭素を水素分子をエネルギー源として、メタンを生成します。私たちは、いくつかの場所から収集した二酸化炭素を簡単に一カ所に集めそれらを燃料に変換することが可能かどうか研究を続けています。

非常に短期間の間に「生命とは何か」という命題をより深めることになると私たちは考えます。皆さんもご存知のように私たちは全ての石油化学産業を入れ替えるという非常に控えめな目標を持っています。

(笑) (拍手)

ええ、TEDで出来なければ、どこでやれるでしょうか

(笑)

エネルギー源の主要な生産手法となることの他に更に私たちは同じ技術を用いてワクチンの即時生産手法の開発を行っています。この年はインフルエンザの流行が記憶に新しい所ですが、私たちは、いつも効果のあるワクチンを用意するまでに予算面でも一年出遅れてしまいます。これは、前もって組み合わせワクチンを設計しておくことで事態は変わると考えます。これは、将来の生物進化系統樹を示すものです。合成細菌、合成古細菌、そしていずれは登場するであろう合成真核生物により進化を促進された生物が新たに加わった新しい進化系統樹を示しています。人間を改良するという目標は果てしなく遠い道のりです。私たちの目標は、今後その目標に到達できるまで長生きすることです。

 ありがとうございました。


※ クレイグ・ベンター:目前に迫る合成生命の創造


地宇宙人エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルがこのテーマについてどのように考えているのかお知りになりたい方は、こちらから「クローン人間にYES!」という本をダウンロードしてみてください!









[HST] UFO Files - China's Roswell-1.avi


中国には、何千年も前に宇宙人が訪れた痕跡が残っていると言われている。
中国政府は、その証拠を隠し続けているのではないか?
我々は、これを中国のロズウェルと呼ぶ。

[HST] UFO Files - China's Roswell-2.avi


[HST] UFO Files - China's Roswell-3.avi


[HST] UFO Files - China's Roswell-4.avi


[HST] UFO Files - China's Roswell-5.avi


UFO Files - China's Roswell Full Episode







↑このページのトップヘ