楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

2012年09月





Mechai Viravaidya
From Wikipedia, the free encyclopedia
メチャイ・ヴィラヴァイヂャ
ウィキペディアより、英語版の説明


Mechai Viravaidya (born January 17, 1941, Thai: มีชัย วีระไวทยะ) is a former politician and activist in Thailand who has popularized condoms in that country.[1]
メチャイ・ヴィラヴァイヂャ氏(1941年タイ生まれ)はタイの元政治家であり、コンドームをタイに普及した活動家でもあります。

Since the 1970s, Mechai has been affectionately known as "Mr. Condom", and in that time condoms are referred to as "mechais" in Thailand[2] From the time that he began his work, the average number of children in Thai families has reduced from 7 to 1.5.[3]
1970年代から、メチャイ氏は愛情を込めた表現で「ミスター・コンドーム」で知られていました。そして、その当時タイでは、コンドームは「メチャイ」と呼ばれていました。メチャイ氏がコンドームの運動を始めてから、タイの家族の子供の平均人数が7人から1.5人に減りました。

Mechai was born in Thailand to a Scottish mother and a Thai father, both of whom were doctors. They met whilst studying in Edinburgh[4] He is one of four children. His younger brother, Sunya, is the founder of the Pattaya International Hospital. One of his two sisters, Sumalee, was formerly a journalist in Bangkok. Mechai was educated at Geelong Grammar School and (The) University of Melbourne in Australia. In the mid-1960s he returned to Thailand and started to work in family planning, emphasizing condoms. In 1973, he left government and founded a non-profit service organization, the Population and Community Development Association (PDA), to continue the work to improve the lives of the rural poor. Among other things, he held condom blowing contests for school children, encouraged taxi cab drivers to hand out condoms to their customers, and founded a restaurant chain called Cabbages and Condoms where condoms, rather than mints or fortune cookies, are given to customers together with the bill.
メチャイ氏は、タイでスコット人の母とタイ人の父の間に生まれ、両方とも医師でした。メチャイ氏はオーストラリアの大学に行き、1960年代半ばに彼はタイに戻り、家族計画の分野で、コンドームを推奨して仕事をするようになりました。1973年に政府を離れ、非営利サービス組織「人口と共同体発展協会(the Population and Community Development Association=PDA)」を設立し、農村貧困者達の生活を向上する仕事を続けました。数ある中で強いてあげるなら、学校の子供達の為にコンドーム膨らましコンテストを開催したり、また、タクシー運転手にコンドームを配るよう奨励したり、キャベツとコンドームというレストラン・チェーン店を開き、そこでお客さんに領収書を渡す時に、ミントや幸運のクッキーなどを渡す代わりにコンドームを渡すようなサービスを始めました。

Mechai served as deputy minister of industry from 1985 to 1986 under prime minister Prem Tinsulanonda. He served as senator from 1987 until 1991. During this time AIDS appeared in Thailand, and he increased his efforts to promote sexual-safety awareness.
A military coup in 1991 installed prime minister Anand Panyarachun; Panyarachun then appointed Viravaidya minister for tourism, information and AIDS. He was able to start a large and quite successful education campaign and served until 1992. In 2004, Mechai again became a senator.
メチャイ氏は総理大臣プレム・ティンスラノンダの元、1985年から1986年まで産業大臣をつとめました。1987年から1991年までは上院議員をつとめた時は、タイにAIDSが広がりはじめ、メチャイ氏はさらに市民が性の安全性に目覚めさせるよう努力しました。
1991年に起きた軍事クーデターでは、アナンド・パンヤラチュンが新しい総理大臣に起用され、パンヤラチュン総理はメチャイ・ヴィラヴァイヂャ氏を観光・情報・AIDSの担当大臣に任命しました。メチャイ氏は大きな非常に成功した教育キャンペーンを始めることができ、1992年までその職務をつとめました。2004年にメチャイ氏は再度上院議員になりました。

In 1995 he was appointed an Honorary Officer of the Order of Australia, for "service to Australian-Thai relations and contributions to the world AIDS debate".[5]
As of 2007, he continues to oversee rural development and health initiatives as the Chairman of PDA, now the largest NGO in Thailand, with 600 employees and 12,000 volunteers. On May 29, 2007, PDA was awarded the 2007 Bill & Melinda Gates Foundation's Gates Award in recognition of its pioneering work in family planning and HIV/AIDS prevention.[6] This award came with funds of $1,000,000.[7]
1995年、彼はオーストラリアとタイの関係のサービス、そして、世界AIDS討論への貢献に対して、オーストラリア勲章の名誉オフィサーに任命されました。2007年以降、彼はPDAの議長として、農村開発と健康改善策を監督し続けてきました。PDAは今ではタイで最も大きいNGOであり、600人と雇用者と1万2千人のボランティアがいます。2007年5月29日、PDAは、家族計画とHIV/AIDS防止における先駆的な業績をたたえられ、2007年ビル・アンド・マリンダ・ゲーツ・ファウンデーション賞を授与されました。

An interesting side note is the family planning clinic which openly operates next to the Cabbages and Condoms restaurant. This is one of several places in Bangkok where poor women can receive pregnancy termination, a practice which is legal in the country per Section 305 of the Thailand penal code, but often perceived as illegal.[8][9] The clinic is permitted by the authorities due to the dangers of unsafe abortion by Thai women because of "economic difficulties".[10]
In 2006 he won praise from the toilet industry (but criticism from the retail industry) for proposing that retailers be obliged to build a public toilet for every 10 square metres of retail space.[11]
興味深い活動メモとしては、キャベツとコンドームレストランの隣に堂々と開いて活動をしている家族計画クリニックについてです。この施設はバンコックで貧しい女性達が妊娠中絶を受けられる数カ所の中の一つになります。この妊娠中絶は、タイの刑事法典の305セクションによれば同国では合法でありますが、しばしば違法ととらてしまいます。経済的困窮を理由としてタイの女性が安全でない中絶処置を受けてしまう危険性があるとして、このクリニックは政府当局により許可されています。

管理人:英語版と翻訳文の紹介は以上です。





















■目次
1)HIVウィルスのワクチン
2)コンドーム特集


( ´ ▽ ` )ノ


HIV ウィルスのワクチン
OHSU research helps explain why an AIDS vaccine has been so difficult to develop
オレゴン健康科学大学の研究援助が、何故AIDSワクチンの開発がこれほどまでに困難だったか説明しています。
URL : http://www.ohsu.edu/xd/about/news_events/news/2012/09-09-ohsu-research-aids-vacci.cfm


以下、記事(翻訳文も含む)の紹介です。

For decades, a successful HIV vaccine has been the Holy Grail for researchers around the globe. Yet despite years of research and millions of dollars of investment, that goal has still yet to be achieved. Research by Oregon Health & Science Univ. scientists explains a decades-old mystery as to why slightly weakened versions of the monkey AIDS virus were able to prevent subsequent infection with the fully virulent strain, but were too risky for human use, and why severely compromised or completely inactivated versions of the virus were not effective at all.
何十年にもわたり、HIVのワクチンの作成は世界中の研究家たちが渇望して望んでいるワクチンでした。しかし、何年もの研究や何百万ドルもの投資にも関わらず、そのゴールはまだ達成されませんでした。オレゴン健康科学大学(Oregon Health & Science Univ.=以後、OHSUと省略)の研究家たちによる研究で、何故猿のAIDSウィルスの少し弱化したバージョンが、完全に猛毒なウィルス株に感染するのを防ぐことができて、しかしながら、人間への使用は危険すぎたのか、そして、何故、極度に機能を劣化させた、または、不活性化されたバージョンのウィルスが全く効果がなかったのかについて、何十年もの間疑問とされて来たこの謎を明らかにする説明がされました。
 
The research was conducted at OHSU’s Vaccine and Gene Therapy Institute and is published online in the journal Nature Medicine.
その研究はOHSUの「ワクチンと遺伝子セラピー研究所」(Vaccine and Gene Therapy Institute)で実施されました。そして、ネイチャー・メディスン(Nature Medicine)のジャーナル紙にオンラインでその結果が投稿さました。
 
Traditionally, there have been two methods for creating vaccines to combat infectious disease. The first approach utilizes a live, yet weakened strain of the disease in question. This weakened strain is not strong enough to cause illness yet potent enough to activate the immune system so that it can detect and fight a disease if it enters the body in the future. The second approach makes use of a dead form of the disease. As with the other approach, the introduction of the disease in a safe form educates and prepares the body for a possible future invasion.
伝統的に、伝染性疾患と闘うワクチンを作成するためには、二つの方法があります。一番目は、生きている弱化ウィルス株を使用する方法です。この弱化した株は、病気になってしまうほど強力ではないですが、将来人間の体内に侵入した場合、その弱化ウイルス株の強さは、体内の免疫系がスイッチONになりその病気を見つけたらそれと闘う体制に入るのに十分なレベルです。二番目の方法は、その病気の死んだ株を使用します。その病気を安全な形で体内に侵入させる方法は、体に将来起こり得るウィルス侵入に対して免疫系に学習・準備させます。
 
In the early 1990s, a slightly weakened version of SIV, the monkey counterpart to HIV, was shown to protect monkeys for infection with the fully virulent version, but this weakened version was still able to cause AIDS in some monkeys and the protection was lost if the vaccine virus was further weakened.
1990年代初め、SIV(サル免疫不全ウィルス)のわずかに弱化したバージョンが、完全に猛毒なバージョンへの感染を防ぐために使用されましたが、この弱化したバージョンでも、何割かのサルにはAIDSに完全させてしまう威力があり、そのワクチン・ウィルスの威力を更に弱めると、AIDSへの感染予防の機能も完全に失われてしまいました
 
“Efforts to develop a live attenuated virus are analogous to the tale of ‘Goldilocks and the Three Bears,’” explained Louis Picker, associate director of the OHSU Vaccine and Gene Therapy Institute.“The field was looking for a vaccine that was ‘not too hot,’ or ‘not too cold,’ but ‘just right.’ The problem was that it appears that weakening a virus to the level that is ‘just right’ is impossible. However, we thought that understanding the mechanism responsible for the protection afforded by the too-dangerous-for-clinical-use attenuated vaccine would allow us to design a vaccine that would be both effective and safe”.
『生きた弱化したウィルスを開発する努力は、イギリスの童話「ゴルディロックスと3匹のクマ」の物語に似ています』と、OHSUのワクチンと遺伝子セラピー研究所の副所長ルイス・ピッカーは説明しました。『その現場では、「熱過ぎず」また「冷た過ぎない」しかし「ちょうど良い」ワクチンを探していました。問題は「ちょうど良い」レベルにまでウィルスを弱化するのは一見不可能に思えたのでした。しかし、医療用の使用には危険すぎる弱化ワクチンにより提供される防御機能のメカニズムを理解することは、効果的かつ安全なワクチンの設計を可能にすると私たちは考えました。』
 
The research shows that the protection is due to anti-viral T cells maintained in lymphoid tissue by persistent live attenuated virus; weakening the virus prevents this persistence and curtails protection. Thus, unlike most vaccines, an effective HIV vaccine might have to persist in the body to be effective.
研究によりわかったことは、持続性弱毒化ウィルスによりリンパ系組織中に保持されている抗ウィルス性T細胞の働きにより、AIDSウィルスに対する防御が可能になります。AIDSウィルスを弱めると、AIDSウィルスの粘り強さや防御機能を抑制します。このようにして、ほとんどのワクチンとは違って、効果的なHIVワクチンは体内に居続けて効果を発揮します。
 
Picker’s group has developed another persistent virus named cytomegalovirus (CMV) engineered to express SIV or HIV proteins and serve as the transport system (vector) used to raise protective immune responses against these AIDS-causing viruses. In May 2011, the Picker lab published findings that demonstrated how immune responses elicited by their vaccine candidate were able to completely control SIV in a significant number of exposed animals.
ピッカー氏のグループは、SIV又はHIVのタンパク質を表し、AIDSの原因となるウィルスに対して防御免疫反応を高めるのに使用される運搬システム(ヴェクター)として働くように作られた、もう一つの持続性ウィルス(サイトメガロ・ウィルス(CMV))を開発しました。2011年5月に、ピッカー研究所は、彼らが作り出したワクチン候補が引き出した免疫機能が、どのようにしてSIVの危険にさらされたかなりの数に上る動物の体内のSIVを完全に制御できるかを発表しました。
 
 
CMV is a persistent virus that most people carry, causes few or no symptoms, and elicits very strong cellular responses that are maintained for life. These immune responses are characterized by a type of T cell called an effector memory T cell that has potent anti-viral function and localizes in the same tissues targeted by the AIDS-causing viruses. Picker and his team hypothesize that CMV vector-generated anti-HIV responses would be constantly on the alert for HIV and would be able to intercept and stop HIV infection immediately after exposure.
サイトメガロ・ウィルス(CMV)は、殆どの人たちが体内に持っている永続性のウィルスであり、そして、それは生命維持の為に保持されている非常に強力な細胞反応を引き起こします。これらの免疫反応は、イフェクター・メモリーT細胞と呼ばれるT細胞の種類により特色づけられています。その細胞は、強力な抗ウィルス機能を有し、AIDSを引き起こすウィルスが標的にしている細胞組織の中に集まります。ピッカーと彼のチームは、CMVヴェクターが引き起こした抗HIV反応は常にHIVに対して警戒態勢に入っているでしょうし、そして、HIVにさらされたときは即座にHIV感染を止めるであろうと予測しています。




。。。ここで記事の紹介終わりです。。。


( ´ ▽ ` )ノ


コンドーム特集

以前、弥勒菩薩ラエルセミナーに行った時に、ラエルはAIDSから身を守るにはコンドームを使用してくださいと言われていたのを思い出します。HIVウィルスから身を守るにはコンドームを使うのが最善の方法ですね。


タイではHIV感染を防止するために、コンドームのキャンペーンが行われました。

そこで、コンドーム関連のサイトを調べてみました。特に、未成年の方は良く勉強して頂きたいと思います。

最強の男.com

つけた方が女性が気持ちいいコンドーム

オカモト直営の通販店

コンドームのことを知らない方は、こちらへどうぞ・・・


コンドームの正しい付け方

ちょっと、この先生もう少しユーモアをだして欲しいですね。。。
でも、説明の内容はすごく的確ですね。


麻美まゆの正しいコンドームの付け方講座

こちらは、とっても可愛い麻美まゆちゃんの説明です~。見ていると興奮して来そう~



中学1年生ぐらいのカップルがコンビニにコンドームを買いに来た
コンドームは、中学生でも買ってもらうベキです。コンドームなしでセックスして中学生の女の子が妊娠する方がよくありません。
コンドームは、人種差別せずに全ての人達に買ってもらいましょう……


サガミショップのコンドーム

『男性同型、超リアル形状』とありますが、いろんな形があると思いますので 、メーカーに問い合わせするほうがいいかも・・・


コンドーム豆知識











SPRAY OF HOPE
自殺予防に希望のスプレー
弥勒菩薩ラエルは戦争を止めなけれはならないと言う






これを解決する方法は、唯一、戦争を全てやめることだと思う。

それなのに、彼らは原因を解決しようとせず、薬で脳を麻痺させようとしているのでしょうか?

その反面、米軍が薬を使ってでも、兵士に自殺を思いとどまらせようとするのは、米国帝国国家の世界侵略の目的を実現するため。

その薬を使えば、兵士達の精神は更に破壊されるように私は感じます。


宇宙人エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルは、幸せになるための鍵は、人に惜しみなく、いつも、見返りを期待しない愛を与えることだとはなされていました。

人類を平和な社会に導くには、愛を皆が人に与えるような社会にしなくてはいけないように思います。

誰かが困っていたら助けてあげたり、その人の話を聞いてあげたり、お店で店員さんに笑顔で話しかけたり

そもそも、戦争をするのがおかしい。戦争はするにやめるべきだ。













Spray of Hope
希望のスプレーで自殺を防止
弥勒菩薩ラエルは戦争を止めるべきだと言う



SPRAY OF HOPE
希望のスプレー


■目次
1)記事と翻訳文の紹介
2)管理人のコメント


(*⌒▽⌒*)


Military developing anti-suicide nasal spray as deaths hit record numbers
By Katie Drummond Friday, August 17, 2012
米軍自殺者が記録的数字に到達ー自殺予防鼻腔スプレーを開発中
投稿者:ケイティ・ドラモンド著
投稿日:2012年8月17日

■As the suicide rate among soldiers climbs to the highest levels in history, the Army is hoping Americans might one day treat their mental health woes with a single sniff.

兵士の間での自殺者の割合が史上最高に達したため、米軍は近い将来、鼻腔スプレーを一回使用するだけで悲痛や苦痛を治療し精神的な健康を維持できる事を期待しています。


■The Army has just handed a $3 million grant to researchers at the University of Indiana’s School of Medicine for the creation of an anti-suicide nasal spray. The project, to be led by Dr. Michael Kubek, an associate professor of neurobiology, is arguably one of the more unusual military efforts to thwart a record number of suicides among active-duty personnel and veterans.

米軍は三百万ドルの補助金を、抗自殺鼻腔スプレーの開発用として、インディアナ医科大学の研究者達に渡しました。 神経生物学の準教授であるマイケル・キューベック博士によりこのプロジェクトは指揮される予定ですが、現役軍人と退役軍人の間での自殺者数の記録を下げようとするこの試みは、ほぼ間違いなく、これまでに軍が行ってきた更に異常な努力の数々の一つです。


■“Suicide is the toughest enemy I have faced in my 37 years in the Army,” Gen. Lloyd J. Austin III, the Army’s vice chief of staff, said this week in announcing new suicide numbers. Austin is spearheading his service’s efforts to find ways to halt the surge in suicides.

新しい自殺者数を発表するときに、米軍の副参謀長大将ロイド・J・オースチン三世が、「自殺は軍で過去37年間の間に私が遭遇した中で、最強の敵です」と言いました。 オースチンは、自殺の急増を止める方法を見つける為に、自分の職務の努力を注いでいます。


■“That said, I do believe suicide is preventable,” Austin added. “To combat it effectively will require sophisticated solutions aimed at helping individuals to build resiliency and strengthen their life coping skills.”

また、オースチンは、「自殺は未然に防ぐことも可能であると信じます」と付け加えました。「自殺と効果的に戦うには、個々人の回復力を育て、人生に取り組む能力を強化するのを援助する事を目的とした洗練された解決策が要求されます」と言いました。


■According to Kubek and his colleagues, a snort of their suicide-stopping neurochemical — a naturally occurring compound called thyrotropin-releasing hormone, or TRH — could be the solution.

キューベック博士と彼の同僚によると、自殺を止める神経化学薬品を鼻から吸い込むのが解決策になり得るようです。この薬品は、サイロトロピンという甲状腺刺激ホルモンを放出するホルモン(TRH)が自然に出てくるのを助けます。


■Suicide among American troops has increased steadily since the start of the wars in Iraq and Afghanistan. In July, the number of suicides among active-duty soldiers reached 26 — more than double the number in June and the highest for any month since the Army began keeping such statistics.

イラクとアフガニスタンでの戦争開始以来、アメリカ軍の部隊の中での自殺数がどんどん増加し続けてきました。
7月には、現役兵士の間での自殺者数は26に達し、6月の二倍以上でした。そして、軍が始まって以来最高の数字になりました。


■The Pentagon reported in June that suicides among soldiers have averaged one per day this year, an 18 percent increase in suicides during the same period last year, and have now surpassed the rate of combat fatalities.

6月にペンタゴンは以下のように報告しました。
兵士の自殺は、平均すると今年、一日に一人の割合です。去年の同じ時期に自殺者数の増加は18%でした。そして、今戦闘での死者数を越えてしまいました。


■“We’ve known since the 1970s that TRH has antidepressant effects, and it works quite rapidly,” Kubek, whose work has been instrumental in uncovering how TRH impacts the brain, told The Daily. “The bottom-line problem has been figuring out how to get it into the brain.”

「1970年代からTRHは抗うつ効果がある事がわかっていました。」とキューベック博士は言いました。彼の研究は、TRHがどのように脳に影響を与えるかを解明するのに有益でした。「最終的な問題は、その薬をどのようにして脳に送るかについて考える事でした。」


■Earlier trials of TRH already showed that boosting an individual’s levels can quickly decrease suicidal ideas, depression and bipolar disorders. But doctors have until now relied on spinal taps to dose patients — because TRH can’t cross the blood-brain barrier by more traditional methods, like pills or injections.

TRHを実際に試した時は、個々人のホルモンのレベルを上昇させ、自殺願望や鬱、躁鬱病の数の減少に効果があることを示しました。しかし、今までは医師達は患者にその薬を投与するのに脊椎穿刺に頼っていました。何故なら、従来のビルや注射などの方法では、TRHは血液脳関門を通過することが出来なかったからです。


■By harnessing new advancements in nanotechnology, however, Kubek’s research team has now devised nanoparticle drug-delivery systems, designed to dissolve over time inside the brain, that can safely usher TRH across the blood-brain barrier when inserted into the human nasal cavity.

しかし、ナノテクノロジーの新しい技術を利用することで、ナノ粒子薬剤運搬システムを考案しました。この方法は、人間の鼻腔に薬を投入したとき、脳内に長い時間をかけて溶けていき、TRHを安全に血液脳関門を通過させる事が出来るよう作られています。


■The nanoparticle breakthrough was enough to convince military brass that Kubek’s nasal spray just might have a shot at preventing suicides. The project’s three-year Army grant will be used to ascertain whether TRH and the drug-delivery systems are safe, and then conduct a clinical trial to “show, in human patients, that this really can save lives,” Kubek said.

ナノ微粒子の飛躍的進歩は鼻腔スプレーで自殺を防止するのに成功するかもしれない事で、軍の高官を説得するのに充分でした。その三年間のプロジェクトの軍の補助金は、TRHと薬剤運搬システムが安全であり、そして、臨床試験を人間の患者に対して行い、「その薬が患者の命を本当に救えるのかどうか」を確認するために使用されます。


■And like a myriad of military medical breakthroughs before it, the spray might one day make it into the hands, and noses, of civilian patients. Already, the National Institute of Mental Health has funded research that used TRH to treat civilians suffering from bipolar disorder and depression. “This is far from a soldiers-only solution,” Kubek said. “Potentially, if this works, we have an entirely new type of pharmacology.”

そして、それ以前に起きた無数の軍の医療における飛躍的進歩のように、いつの日か一般市民の患者のもとにその薬が届くようになるでしょう。すでに、米国国立精神保険研究所は双極性障害とうつ病に苦しむ一般の患者をTRHを使用して治療する研究に資金援助をしました。「これは兵士だけの解決策ではないのです」と、キューベック博士は述べ、そして、「潜在的に、これがうまくいけば、私達は全く新しい薬理学を持つことになります」と、言いました。


■Indeed, experts in the realm of civilian mental health said they’re heartened by the research. “This is a brilliant idea,” Dr. Ken Duckworth, medical director for the National Alliance on Mental Illness, told The Daily. “It would solve one of the biggest problems we have with medication used today. It might work, but it doesn’t work fast enough.”

確かに、民間の精神病の領域に携わる専門家達は、その研究により励まされると言いました。「これは、素晴らしいアイデアです」と、「精神病に関する国家同盟(National Alliance on Mental Illness)」の医長を務めるケン・ダックワース医師はデイリー(Daily)に言いました。「この方法は、現在使用されている薬物に関する最も大きな諸問題のひとつを解決するかもしれません。それは効果があるかもしれません、でも、効果が現れるのに時間がかかるでしょう。」


■Should the program succeed, TRH wouldn’t entirely replace traditional antidepressants. Instead, Kubek envisions using it as a rapid-fire prevention tactic among patients in crisis, or immediately after a patient starts taking antidepressants, such as Prozac or Zoloft, which typically take four to six weeks to kick in.

もし、このプログラムが成功すれば、TRHは従来の抗鬱剤と完全にはとって変わらないでしょう。確かに、キューベック博士は、危機の中にいる患者達の間で、または、プロザックやゾロフトなど通常効果が出てくるまでに4〜6週間かかる抗鬱剤を摂取し始めたばかりの時に、その薬剤を即効性の火事防止用の戦術として使用する場面を想像しています。


■“The phase directly after starting an antidepressant is very vulnerable time frame in a patient’s life,” he said, adding that patients aged 18-24, like much of the military population, are most at-risk during this period. “The nasal spray would stabilize them right away, while they wait for the [antidepressants] to do their job.”

「抗鬱剤を摂取し始めたばかりの段階は、患者の人生の中で非常に傷つきやすい時間枠なのです」と、彼は述べ、そして、軍の人口の大部分のように18歳〜24歳の患者達が、この時間枠の間最も危険な状態にある事を付け加えました。「その鼻腔スプレーは、抗鬱剤が効果を発揮するまでの間、彼らの状態を安定した状態に維持してくれるでしょう。」


■Nationwide, suicides are the 10th leading cause of death among adults, according to the Centers for Disease Control and Prevention, and rates continue to hold steady or increase across demographics. “As a public health concern, suicide is something we haven’t had success in addressing,” Duckworth said. “There is a crying need out there for something like this.”

全国的に、疾病対策予防センターによると、自殺は大人の間では10番目に死亡数が多い死因となります。そして、その数は、現状を保つか、または、次に人口統計調査をとるまでの間に増加するかのどちらかです。「公衆衛生上の観点から、自殺は私達が取り組みに成功していない問題になります」と、ダックワース医師は言いました。「このような問題にとっては、助けを求める叫びが私達の社会にあるのです」と言いました。



【管理人】この記事に関しての感想を、以下の英文の後に書いておりますので、お読みになってください。





☆ ☆ ☆ (*⌒▽⌒*) ☆ ☆ ☆


ここから、管理人の感想を書きます。


この記事は、戦争にいる兵士達を美化しているように感じます。そして、彼らを治療するおかげでアメリカ市民の躁鬱病に苦しむ人達が助かると言いたげですが、実は、そこに書かれていない重大な事があります。

それは、兵士達が自殺をせずに済む分、彼らが戦争を続け、更に死者が続出するという事です。

薬ができそうだからといって喜ぶ問題ではないと思います。アメリカ政府が他国を侵略するために、兵士達に戦争を続けさせるために、彼らが自殺しないように薬を開発し、彼らに鼻腔スプレーを吸引させるのです。
こんな、呆れた残虐的な事があるでしょうか?兵士達にとっても生き地獄を更に長く耐えなければいけなくなるのではないでしょうか?そのような戦争を長期間経験して、兵士達に一体、その後どんな幸せな人生を送る事が出来るのでしょう?戦争で罪もない女、子ども達を含む市民達を何人殺しても、その薬を使えば幸せな時間を過ごす事が出来るのでしょうか?記憶は絶対に消えないと思いますが。

そして、そのような戦争を通じてできた薬をアメリカの躁鬱病で苦しむ人達が摂取して助かって、何の意味があるのでしょう?

このようなアメリカや世界の「欲望」にとりつかれ他国を侵略し、利益を得ようとする世界の「システム」を完全に壊さないといけないと思います。世界中の多くの人達を助けるために。



宇宙人エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルは、幸せになるための鍵は、人に惜しみなく、いつも、見返りを期待しない愛を与えることだとはなされていました。

人類を平和な社会に導くには、愛を皆が人に与えるような社会にしなくてはいけないように思います。

誰かが困っていたら助けてあげたり、その人の話を聞いてあげたり、お店で店員さんに笑顔で話しかけたり



戦争をやめ

世界をひとつにして

楽園主義

導入しなくてはいけません。










↑このページのトップヘ