楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

2012年12月




■安倍首相 原発新設容認も「福島第1とは違う」TBS番組で語る
      安倍晋三首相は30日、TBS番組で今後の原発政策をめぐり「新たにつくっていく原発は、事故を起こした東京電力福島第1原発とは全然違う。国民的理解を得ながら新規につくっていくということになる」と述べ、新規の原発建設を容認する姿勢を示した。

 福島第1原発を29日に視察し、民主党政権が決めた2030年代の原発ゼロ目標について「希望の段階では直ちに政策になっていかない。責任ある政策を進める」と語り、転換する考えを重ねて示していた。今回の発言は、現在停止中の原発の再稼働にとどまらず、原発の新増設といったさらなる見直しを視野に入れたものとみられる。

 連立与党の公明党は、衆院選で速やかな原発ゼロを目指すと訴え、新規着工に否定的な立場で、首相発言への反発も予想される。

 「福島第1は津波を受けて電源を確保できなかったが、福島第2は対応した。その違いを冷静に見極める必要はある」と指摘し、原子炉や安全対策の違いに着目すべきだとの認識を明らかにした。

 沖縄県・尖閣諸島に関して、首相は「私たちの領土。まったく交渉の余地はない」と強調し、領土問題は存在しないとの姿勢をあらためて表明した。
[ 2012年12月31日 00:40 ] 引用元URL:http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/12/30/kiji/K20121230004885220.html


安倍首相、原発の再稼働と新増設を容認する発言をした。

これで次に地震が起きれば、日本沈没ではなく、人類絶滅になってしまいそうで怖いです。

日本に生息する生命、人間はほぼ間違いなく遺伝子が破壊され、数世代で奇形児が異常に増え、がんで死ぬ人々も急増するに違いない。いや、今回の福島原発だけでもこのような悪影響が心配される現状で、原発の新増設など絶対に許されるべきものではなく、人類に対する犯罪である。

2006年12月13日に、吉井英勝氏により提出された「巨大地震に伴う安全機能の喪失による原発の危険性についての質問主意書」が提出されており、実は、この中で、吉井氏は地震と津波による原発事故とその被害について既に予測していました
それにも関わらず、安倍首相は、2006年12月22日にこの吉井氏の質問主意書に対して尽く拒否する意見を返しました。

吉井氏は、その質問主意書の中では、原発の欠陥、データ改ざん、電力会社の嘘などに関する質問を出しており、原子力産業に多大な問題があることが指摘されていました。
これを完全否定する安倍氏が、2012年の最後で首相に選ばれ、原発新設を容認する意見を出し、その新しい原発は福島第一とは違うと言い張っても、誰が一体その言葉を信用出来るでしょうか?

吉井氏の質問主意書を尽く否定し、その上、今回首相に返り咲き、原発の再稼働と新増設を謳って、福島第1原発で死ぬのを覚悟して働いている人々を激励に行くというのは、安倍首相は人類に対する犯罪を三回犯していると、管理人は考えます。
新しく建設する原発でも放射能漏れはあるだろうし、現在と同じような人間によるメンテナンス作業も必要でしょう。それは被曝をするという事であり、その繰り返しで既に過去作業員が死んだりもしているのです。
このような人は裁判にかけた上で有罪になれば、福島第一原発の原子炉の安定化作業を死ぬまでやらせるべきです。


宇宙人エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルのお話から推測するに、世界中から原発をなくさなくてはいけない理由は以下の2つがあると管理人は考えます。

理由1:現在利用されている原発のエネルギー源は、生命に多大な悪影響を与え、地球環境や宇宙規模の環境にも悪影響を与えている。
理由2:ある国の軍隊の愚かな兵士が命令に従い、原発を標的にしてミサイルを数発打ち込むだけで、原発は原子爆弾に早変わりし、世界中の環境や生命に悪影響を及ぼし、生命全体の未来に危機的状況をもたらす。

世界中の人たちが協力して団結し、全世界で政府に対してデモを行い、世界中から軍隊の廃絶、そして、全原子力発電所の廃炉を実現させなくては行けません!





ES細胞の臨床研究が遂に日本で認可されました。

これで、自分の失われた歯が元通りになる日がすぐそこまで来ました。スリル満点。

1667000001 1667000002 1667000003


私が歯医者に歯の治療に行くときは、だいたいいつもES細胞による歯の再生治療はいつ頃出来るかと聞くんですけど、先生たちはだいたいあと十年くらいは最低かかるでしょうね…と回答されます。

科学の進歩は最近、随分速度が増して来てますので、五年後くらいには実用化されているのを期待します。


しかし、それだけでは終わりません。

最終的には人間のクローン(→「クローン人間にYES!」)の実験が開始され、そのあとには、人間を新しく遺伝子から合成して創造する実験まで行われる日が来るんです。

その他もろもろ、詳しくはこちらのダウンロードサイトから本を無料でGETしよう!

book_yes_to_clone_human

本の中身をちらっ~
eternity


その時、私達人間も、25000年前に地球に訪れた宇宙人エロヒムにより、同じようにして合成された遺伝子よりエロヒムの姿形に似せて実験室の中で科学的に創造されたという事が証明される事になるんですね!

私達人間は宇宙人エロヒムにより、彼らの姿形に似せて遺伝子を合成して創造された・・・ということなんです。

宇宙人エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルは、エロヒムを地球に迎えることこそが人類を救う道だとお話されていました。

楽しみですね。その日が来るのが。

いつ頃来るんでしょうかね~


気が遠くなるような未来の話ではなくて、そうですね、多分、2025年から2035年ごろの間に、エロヒムは地球にやって来るのではないでしょうか。

ラエルさんは、エロヒムは、地球上の全ての原子力発電所をなくし、軍隊を全てなくさないとやって来ないとお話されていました。

この社会が本当に平和になるためにも、私達は気持を新たにして頑張らないと行けません。

これからは世界中の人達が1つになって一致団結して、1%の銀行家達の悪い行いがなくなるように運動をしていかなくては行けませんね。




楽園主義の社会を目指して~


earth_P















もうすぐクリスマスですが、この日が近づくと宇宙人エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルが仰っていた事を思い出しますね〜

『弥勒菩薩ラエル「クリスマスプレゼントを贈るのをやめましょう!」』の日記から引用します。


2011/12/21、ラスベガスにて
12月21日ラスベガス
この慌しいクリスマス・ショッピングの週に向けて、ラエリアン・ムーブ
メント
「サンタは存在しない」運動が本日強化されました。ムーブメントの精神的指導者ラエルは、「多国籍企業の利益を増やす目的のためだけに、考案され促進される伝統のためにお金を使うのをやめましょう」と一般の人々に求める声明を発表しました。
 
存在しないサンタに関する嘘を子どもにつくのはやめてください」とラエルは言います。
嘘に基づく伝統を守るためにお金を無駄に使うのをやめてください。クリスマスプレゼントは一切与えないでください!

愛する人に贈り物を贈る機会はたくさんあります。政府や宗教、産業界によって促進され、狂ったように大量消費が行われ、精神的内容が全くない、この集団的祝日の間に贈ることはありません」

ラエルは、ラエリアンの親達に、クリスマスプレゼントを子どもに与える代わりに平和と愛について教え、プレゼントを贈りたいなら別の日にするように求めます。
 
「私は、クリスマスの1ヶ月前にプレゼントを贈ることをお勧めします。
ラエリアンの子供たちは他の子よりも先にプレゼントをもらうことになり、他の子たちは皆うらやましがるでしょう」とラエルは説明します。

「ラエリアンの子供たちは、友達にサンタクロースが存在しないことを伝え、その親達にこの愚かな伝統を続けさせないよう圧力をかけるべきです」
 
「人々はこれらの例年行事を元来のものに戻し、キリスト教以前の陽気な思考を取り入れるためにあらゆる手段を尽くすべきです。最も重要なのは、この日の祝日を神が納屋で生まれたとか神秘的なサンタクロースやファザークリスマスと関連付ける、あらゆる神秘主義を取り除くことです」と、ラエルは2008年に「サンタは存在しない」運動を始めたときに言いました。
 
 イエスのことを想い、またはラエルの受胎日を記念して12月25日に精神的なお祝いをするのは良いことですが、私たちが今週目にしている商業的騒ぎは良いことではありません、とラエルは本日の声明でさらに言いました。

プレスリリースへのご意見・ご質問及び日本ラエリアンムーブメントの瞑想セミナー情報、またインタビューについては、以下の広報担当までお問い合わせください。




クリスマスよりも、世界中の人達の経済を豊かにし、豊かな生活が送られるように、日本政府、世界中の政府はするべきだと思います。

軍隊をなくし、戦争をなくし、世界の平和のために、貧困で苦しんでいる人達のために、雇用を促進するため、飢餓をなくすために、原発をなくし放射能を完全除去し、核兵器の完全廃絶、再利用可能なフリーエネルギーの開発のために軍隊の費用を全て使うべきです。

そして、弥勒菩薩ラエルが提唱する楽園主義の社会システムを人類の社会に導入するべきです。


earth_P








この記事の本当のタイトルは『10か国で福利厚生調査、一番人気は「1週間の有給休暇」

いやー、「一週間の楽園主義」ってうまく言ったもんだと思われるかも知れませんね。

一週間ずっと、働かずに有給で遊んで、飲み食いできて、住むところもあり、好きな事で出来る。衣服も買えて、旅行にもいけて、医療だって受けられるし、何も困らない。これが基本的に有給休暇と呼ばれるものです。

でも、また有給休暇が終わると、「あー、また仕事か。ずっと有給休暇取れるといいのになぁ〜」って、思う人きっといるはずです。

このようなひとときは、まるで楽園のようです。だから、楽園主義と読んでもおかしくないですね。

そして、宇宙人エロヒムに遭遇したメッセンジャーであるは、近い将来、有給休暇が永遠になる時代が来るとお話されていました。

この社会形態、つまり、世界中の人達が一切仕事をしなくても豊かな暮らしをしていけるような社会システムのことを楽園主義と呼びますが、

この社会は、労働者階級が存在しない共産主義システムの一種になります。
そして、権力の象徴である貨幣・銀行・現在の多数決による政府は存在しません。

すると、どのようにして生活していくのだ?と、思う人達がきっといるでしょう。

私達の衣食住に必要な部分、つまり、生産に関わる部分は、ロボット、ナノロボット、コンピュータなどを駆使して全て自動生産システム化します。そこには、最終的には人間が一切かかわらず自動で衣食住に必要な物が製造されるようになるのです。

すると、私たちは働く事が最終的には全く必要なくなるのです。毎日、自由に自分の意識を高め、覚醒するためにやりたい事を気兼ねなくすることもできるし、また、一日中ぼーっとするのも自由なのです。

自分の住む家も、死ぬまで無料であるし、病気になっても無料で治療が受けられる。
最終的には、病気になる前にその原因を取り去るレベルになるので、病気にすらならなくなる時代が来ると思います。

これが、永遠に続く楽園主義なのです。


楽園主義を実現するために、私達は世界中で連帯して、デモを起こし、世界に革命を起こして、世界政府が樹立されるようにするのです。



楽園主義

    

earth_P_LightBlue






↑このページのトップヘ