ロシアは、8/29に無人貨物船の打ち上げに失敗し、次期有人宇宙船の打ち上げを10月末か11月初めまで延期する事になった。

国際宇宙ステーション(ISS)のなかにいる六人の宇宙飛行士は、本来ならば交代の宇宙飛行士が来るのを待っていたのが、それが延期され、最悪の場合はISSを立ち退き、無人化にしなくてはならなくなった。

宇宙空間に長期取り残された時、どんな感じになるのだろうか?

宇宙から眺める美しい地球や、一日に恐らく何十回も地球に行き来する宇宙人エロヒムのUFOを見つめながら、彼らはなにを考えるのだろうか?



彼らが安全に地球に戻ってこられるように祈っています。

そして、この地球で今起きているあらゆる戦争、飢餓、人為的災害、犯罪などが早く無くなるように祈っています。

そして、人体や自然に有害な物質による原子力発電がこの地球から早く無くなるように祈っています。

以下、記事の引用です

↓↓↓
【8月31日 AFP】ロシア当局は29日、無人貨物船の打ち上げが失敗し、軌道に乗らずにシベリア(Siberia)地方に墜落した事故を受け、国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)への次期有人飛行を1か月以上延期すると発表した。

 ロシア有人宇宙飛行計画当局の責任者は、大幅な延期となった場合、補給や疲労の問題から、現在ISSにいる6人の飛行士にISSの放棄を命じる可能性もあると警告した。

「次期有人宇宙飛行は10月末か11月初めに行う見込みであり、それより早まることはない」と、同責任者は、ロシア通信(RIA Novosti)に語った。当初の打ち上げ予定日は9月22日だった。

 同責任者によると、ISSにドッキングされたソユーズ(Soyuz)宇宙船2機のうちの1機で帰還する予定だった飛行士6人のうちの3人の帰還日も、9月8日から16日に延期されたという。「11月末までに次の飛行士を送ることができなければ、ISSを無人化することも含め、あらゆる選択肢を検討する必要が出てくる」と、同責任者は語った。

 一方、米航空宇宙局(NASA)高官も、仮にソユーズが11月半ばまでに打ち上げできなかった場合には、ISSの飛行士たちは退避し、ISSを地上から操縦することになると述べる。「特段の異常さえなければ、ISSを無期限に無人で操縦することが可能だ」と同高官は語った。

 米露関係者によれば、ISSの飛行士たちの酸素や補給物資については、11月いっぱいの備蓄が十分にあるという。ロシア当局責任者は「ISSのクルーは安全だということは強調しておきたい」と語った。(c)AFP/Dmitry Zaks
AFPBB News トップへ


■宇宙人エロヒムと地球人

私達は実は、他の惑星から来た宇宙人エロヒムという人達に遺伝子を合成され創造された。しかも、彼等は私達をかれらの姿形に似せて作られたのです。

その彼等を私達が地球に公式に迎えらるかどうか、それは………

これから起きる世界の変革がどの様に進むかにかかっています。

その鍵は何か?

それは、私達の科学の進歩、そして、その最先端の科学技術が一般の人々に共有される事。何故なら、本来、科学技術は人々の生活を向上させ、一切の労働が必要なくなる役割があるからです。

そして、人々がもっと高いレベルの愛に目覚める事。

世界は愛が本の少し足りないがために、沢山の人達が苦しんでいます。

犯罪を犯す人達も愛を充分に受けられなかったために人に対する同情心が機能しなくなり、平気で犯罪を犯してしまいます。

世界にもっと愛を広げなくてはいけません。

もっと沢山の愛を一杯、広げて、宇宙人エロヒムを地球に迎えて、彼等の素晴らしい文明を受け継げる日が早く来るように……ヾ(@⌒ー⌒@)ノ