火星への旅



http://phys.org/news/2012-06-humans-mars.html
http://phys.org/news/2012-06-humans-mars.html

Humans on Mars by 2023?
人類が2023年までに火星に降り立つ

June 7, 2012 By Nancy Atkinson, Universe Today
2012年6月7日
ナンシー・アトキンソン、宇宙の今日(ユニバース・トゥデイ)

以下、記事の紹介と翻訳です。
このあとで、管理人の考えを書きますので、よろしければお読みください。

Reality TV goes to Mars! Dutch entrepreneur Bas Lansdorp is leading a group visionaries and businesspeople who want to send four humans to Mars by 2023, and they say they can achieve their goal at an estimated cost of $6 billion USD. How can they do it? By building it into a global media spectacle. And oh, by the way, this will be a one-way trip.
リアリティTVが火星に行きます。オランダの企業家バーズ・ランズドープは明確なビジョンを持ったグループや起業家達で、火星に2023年までに四人の人間を送りたい人達を導いています。そして、彼らはそのゴールを60億ドルの予算で達成できると言います。どうやって実現できるのでしょうか?この計画を世界のメディア・スペクタル編なるものを作るのです。あー、ところで、これは片道切符になります


“Who would be able to look away from an adventure such as this one?” asks Lansdorp in his bio on the Mars One website. “Who wouldn’t be compelled to watch, talk about, get involved in the biggest undertaking mankind has ever made? The entire world will be able to follow this giant leap from the start; from the very first astronaut selections to the established, independent village years later. The media focus that comes with the public’s attention opens pathways to sponsors and investors.”
「このような冒険から誰が目をそらすことが出来るでしょうか?」と、「マーズ・ワン」ウェッブサイト上にある彼のバイオテクノロジーの記事の中で、ランズドープは質問しています。「人類がこれまで行ったものの中で最大の計画の様子をテレビで観て、そのことについて話しをし、そして、それに関わりを持たざるを得ないのを誰が拒否できるでしょうか?世界全体が最初からこの大きな飛躍についていく事が出来ます。まさにその最初の宇宙飛行士を探す段階から、数年後に起きるであろう独立した村の設立に至るまで。メディアが報道し人々が注意を向ければ、そこにスポンサーや投資家達が集まります。


As far as the one-way mission the Mars One website notes, “this is no way excludes the possibility of a return flight at some point in the future.”
The difference between this mission and the one proposed by Jim McLane back in 2008 is that McLane wanted to send just one person to Mars.
However, the Mars One group says that once the first trip is successful and Mars becomes developed, it will be “much easier to build the returning rocket there.”
片道の任務であるマーズ・ワン(Mars One)ウェッブサイトに書かれてある限りでは、「この計画は未来のある時点で、往復旅行が恐らく可能になるでしょう」。この任務と2008年にジム・マクレイン(Jim JcLane)により提案された任務との違いは、マクレインは一人の人だけ火星に送りたかったのです。しかし、マーズ・ワン(Mars One)のグループは最初の旅行が成功し火星での状況が進展すれば、「あちらで地球への帰還用ロケットを製造するほうがより簡単であろう」と、言います。


“We have estimated, and discussed with our suppliers that it will cost about 6 billion US$ to get the first crew of four people to Mars. We plan to organize the biggest media event ever around our mission. When we launch people to Mars and when they land, the whole world will watch. After that a lot of people will be very interested to see how ‘our people on Mars’ are doing.”
But the big challenge is that the biggest expenditures will be building the equipment before they send people to Mars. “This is why we are building a very strong technical case now. If we can convince sponsors and investors that this will really happen, then we believe that we can convince them to help us finance it,” Lansdorp said.
私達は見積りました。そして、私達の部品製造業者と協議した結果、最初の四人の乗組員を火星に到着させるのに60億ドルかかります。私達の任務において過去最大のメディアを準備する計画です。私達が火星に向けて人々の乗ったロケットを発射する時、世界中が固唾を飲んで見守るでしょう。その後は、多くの人達が「私達の人々が火星で」どうしているか興味を持って見守るでしょう」。
しかし、大きなチャレンジは何かと言うと、火星に人々を送り込む前に設備を作るのに最も莫大な費用がかかると言うことです。「これが理由で私たちは今非常に強力な技術的事例を作ろうとしているのです。もし、私達がスポンサーや投資家達を納得させることが出来れば、これは本当に起きます。そうすれば、彼らを納得させその計画に出資して私達を助けるように持っていく事が出来ると信じています」と、ランズドープは言いました。


As far as technologies, Mars One expects to use a SpaceX Falcon 9 Heavy as a launch vehicle, a transit vehicle (輸送船)/space habitat (宇宙居住船)built by Thales Alenia Space, a variant on the SpaceX Dragon as the lander, an inflatable habitat built by ILC Dover, a rover vehicle by MDA Space Missions, and Mars spacesuits made by Paragon.
技術の面で言えば、マーズ・ワン(Mars One)計画は、スペースX・ファルコン9・ヘビー(SpaceX Falcon 9 Heavy)を打上げ機として、ターレズ・アレニア・スペース社(Thales Alenia Space)により造られた輸送船、宇宙居住船、スペースX・ドラゴンの着陸船としての改良型着率船、ILCドーヴァー(ILC Dover)により造られた空気注入式居住施設、MDAスペース・ミッションズ(MDA Space Missions)による火星面自動車、パラゴン社(Paragon)作成の火星スペース・スーツなどを使用します。


The project website says “no new technologies” will be needed, but does any space agency or company really have a good handle on providing ample air, oxygen, energy, food and water for extended (lifetimes?) periods of time? Instead, the website provides more details on FAQ’s like, What will the astronauts do on Mars? Why should we go to Mars? Is it safe to live on Mars? How does the Mars base communicate with Earth? And the Mars One team emphasizes that this can be done with current technology. However, no one really knows how to land large payloads on Mars yet, so at least some development will be required there.
このプロジェクトのウェッブサイトには、「新しい技術は何も」必要ではありませんと謳われていていますが、しかし、宇宙機関や宇宙関連の会社などで十二分の空気、酸素、エネルギー、食料、そして、水を更に延長した機関の間、(もしかると死ぬまで?)、供給出来るところは一体あるのでしょうか?その代わりに、ウェッブサイトでは、更に詳しい内容のFAQ(一般的な質問)が掲載されています。例えば、
  • 火星で宇宙飛行士は何をするのですか?
  • 何故、私たちは火星に行くのですか?
  • 火星に住むのは安全ですか?
  • 火星の基地は地球とどのように交信しますか?

そして、「マーズ・ワン」チームはこれは現在の技術で実現出来ると強調します。しかし、火星の地表に大きな積載物をどうやって着率させるのかまだ誰も知りません。だから、少なくとも火星においていくらかの開発が必要であるでしょう。


Who will go? Later this year they will begin to take applications and eventually 40 people will take part in a rigid, decade-long training program (which sounds very expensive) where the ‘contestants” will essentially be voted off the island to get to the final four astronauts. The selection and training process will be broadcast via television and online to public, with viewers voting on the final selected four.
誰が行くのでしょうか?
今年の後半に彼らは志願者を募ります。最終的には、40人の人達が強固で、十年間続く訓練プログラム(これは非常に費用が高くなるように聞こえますが)に参加することになり、その訓練を通して競争者達は最終的に四人の宇宙飛行士に本質的に投票で絞られる事にります。この宇宙飛行士の選別と訓練の行程はテレビで一般市民に放映され、視聴者が最後の四人が誰になるのか投票することが出来るでしょう。


It’s an intriguing proposition, but one filled with technological hurdles. I’ve just finished reading Ben Bova’s “Mars,” so I’m also thinking the Mars One folks will need to be on the lookout for micrometeorite swarms.
私達の興味をそそる提案でありますが、しかし、技術面での障害がある提案です。私はたった今ベン・ボヴァの書いた「火星」を読み終わりましたので、マーズ・ワンの人達は微笑隕石群を注意して警戒する必要があると考えています。



更にお知りになりたい方は: http://mars-one.com/



ここまでが、記事の紹介です。

◇ ■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■ ◇ ■ ◇



ここから、管理人の考えを書かせて頂きます。



では、何故、わざわざ宇宙飛行士が片道切符で火星にまで行くのでしょうか?

その理由は何か?

それは、多分、火星で科学的な合成生命創造の実験をしたいからだと思います。

科学的に遺伝子を合成することで合成生命を作る実験をしたいからです。

それ以外には理由が考えられません。

それは、単細胞生物から、魚介類や、両生類、植物、動物、そして、もしかすると、最後には、人間型合成生命も作るかも知れません。

地球ではクレイグ・ヴェンターという人がすでに合成生命を作るのに成功しました。

http://whoomoi.seesaa.net/article/173913895.html

ウィキペディア・・・クレイグ・ヴェンターに関する情報

簡単にいえば、
細菌DNAの完全人工創製
  2008年、細菌Mycoplasma genitaliumの全ゲノムの合成に初めて成功した。

人工細菌の創製
  2010年には完全人工合成によるDNAを用い、細菌を人工的に創製したと発表した。

ということです。

そして、かれらが更に研究を進め、生命創造の実験をするのには、地球では倫理や、宗教、神などを信ずる人達が邪魔をして、政府の法律も禁止しており、何も出来ない。

そこで、彼らはおそらく、他の惑星にいき、何も地球の法律に縛られないところで、生命創造の実験を思う存分してみたいという欲求に狩られるはずです。

それが、


この火星への旅計画!



2023年までは、あと11年

そして、宇宙人エロヒムが地球に公式に再来するのが、早くて2025年

人類の科学が技術的特異点に到達するのも同じ頃


全てが同じ時期に起きるというのは、偶然ではありません。

これらは必然です。


人類はいよいよ、宇宙人エロヒムにより彼らの姿形に似せて科学的に遺伝子を合成して人類が創造された事を、自ら証明するときに近づいているのです。

そして、エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルは、地球人は科学的に創造されたという書物の中で、エロヒムからのメッセージについて書いています。

更に詳しく知りたい方は、アマゾンから購入するか・・・

電子書籍を無料でダウンロードしてみしまょう。