アメリカは、小惑星を移動させて月を周回する軌道に乗せる計画を実現し、地球に小惑星が激突するのを防ごうとしているらしいですね。
このような計画は米カリフォルニア工科大学(California Institute of Technology)の専門家らが2012年に初めて提案し、同分野の研究者らと協力して詳しい実現可能性調査を進めてきた。その報告書はこの計画を「人類が宇宙に永続的に居住できるようにするため宇宙に手を加える、人類にとって初の試みとなる」としている。


ところで、宇宙人エロヒムが人類の科学的な創造者であると、エロヒムの大使であるラエルは彼の著書「地球人は科学的に創造された」の中でお話になられています。

そのエロヒムがどれだけ科学力が進んでいるのか、それはもうYouTubeのビデオをご覧になれば一目瞭然かも知れませんが、それでも計り知れないもんがありますよねぇ


例えば、太陽系の起動を変えたりとか、惑星の軌道を変えたりとか・・・


地球上の全生命も、エロヒムが科学的に遺伝子を合成して創造された




それに比べると人類はまだまだ、足元にも及びません・・・私も含めて・・・



アメリカは、この宇宙に永続的に居住するために、確かに宇宙に手を加え続けていますね。

地球も宇宙の一部ですし、動植物も人間も宇宙の一部です・・・


アメリカは、他の国々に侵略戦争をしかけて、

多くの人々を殺害して、

劣化ウラン弾を無茶苦茶落としまくって

自国の軍隊の兵隊達の命さえ厭わない

自然・人々・建物などを破壊しつくし

子供たちを殺し

その国の財宝を盗み

資源を盗み

一部の人達だけが地球上に住めるようにしています

こんなんじゃ、宇宙に永続的に居住する前に、人類は自己破滅でしょう


アメリカは、まず戦争をやめるべきです。


それから、侵略行為をした他国に対して誤って


破壊したものを元通りにして


負傷した人が回復するように援助して


世界を平和にする努力をして


病気で苦しむ人達を完全に治癒させて


瞑想を世界に普及させて


それから、このプロジェクトでしょうね