地震と言えば、日本の東日本大地震がありますが・・・

東日本大地震が実はイスラエルとアメリカが起こした人工地震であったということが主張されています。
  1. (1)東日本大地震についてのジム・ストーン氏の説明
  2. (2)東日本大地震についてのジム・ストーン氏の説明
  3. (3)東日本大地震についてのジム・ストーン氏の説明
  4. (4)東日本大地震についてのジム・ストーン氏の説明
  5. (5)東日本大地震についてのジム・ストーン氏の報告─人工地震


人工地震なのか、自然に起きた地震なのか日本の公的機関が何故きちんと調査をしないのかと思っていたら、ジム・ストーンと言う元緻密諜報機関で働いていたという人が、調査を行いドキュメントを集め、これが人工地震であるというのを証明しておられます。

なかなか読み応えのある情報です。

そして、イスラエルの保守会社「マグナBSP(Magna BSP)」が何故日本の原子炉を銃型核爆弾を使って爆破したのか、その理由ですが、それは、その前に日本政府がイランに対して、ウラン濃縮をすることを提案していたからだそうです。

それの裏付けとなる記事が下にあるわけですが、これについて、アメリカは承認しているのですね。なんと不思議な事をするのか・・・と思いますが、それは、日本がウラン濃縮をする事を技と承認させておいて、その後にドカンと人工地震で津波を起こし、それが福島原発を遅い核燃料が臨界に達して水素爆発してしまったとカモフラージュしておき、実は、銃型核爆弾で原子炉を爆発していた・・・というのが真実らしいです。この銃型核爆弾は実際に断面図も存在し、それがマグナBSPが福島原発の3号原子炉の中に設置した巨大なカメラの形と全く同じなのは何故でしょうか?



Report: Japan offers to enrich uranium for Iran
日本は東日本大地震の前に、イラン政府のためウラン濃縮を申し出ていた

URL: http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3853864,00.html


Nikkei business daily reports proposal for Japan to enrich uranium for Tehran was floated in December, with US approval
日経ビジネス・デイリーは日本のイランの北部の都市テヘランのためにウラン濃縮の提案書が米国の承認とともに提案されました。


AFP
Published: 02.24.10, 11:07 / Israel News
記事掲載日:2010年2月24日、イスラエル・ニューズ

Japan has offered to enrich uranium for Iran to allow it access to nuclear power while allaying international fears it might be seeking an atomic weapon, the Nikkei business daily reported Wednesday.
日本は、イランが原子力を利用できるようにするために、ウラン濃縮を提案し、その一方でイランが核兵器を目的にしているのではという国際間の恐怖を和らげようしたと、日経ビジネス・デイリーは水曜日に報告しました。


Tehran had not yet given a concrete response, but the issue was expected to be discussed Wednesday in Tokyo by Iran's parliament speaker Ali Larijani and Japanese Foreign Minister Katsuya Okada, the daily said in an online report.
テヘランは確かな返答をまだしていませんでしたが、その事柄は水曜日に東京で、イラン議会の代表アリ・ラリジャニと日本外務大臣のカツヤ・オカダにより話し合われる予定であると、デイリーはオンライン報告で述べました。


World powers suspect Iran is enriching uranium to make nuclear weapons under cover of its civilian energy program, a charge Tehran denies.
世界列強国は、テヘランの責任者は否定するが、イランは民間のエネルギー・プログラムを装って、実は核兵器を製造するためにウラニウム増殖をしているのではないかと疑いをかけています。

Iran is at loggerheads with world powers for not accepting a deal drafted by the International Atomic Energy Agency that would supply it with nuclear fuel for a research reactor if it transfers the bulk of its low-enriched uranium.
国際原子力機関(the International Atomic Energy Agency)が下書きした協定によると、イランが低濃縮ウランのほとんどを譲渡するのであれば、研究用原子炉のために核燃料をイランに提供すると述べているが、イランはその協定を受け入れるのを、世界権力列強に対して拒否しており、仲たがいの状態にあります。

Iran has so far failed to take up the IAEA offer under which Russia would enrich its uranium and France would process it, and Tehran this month said it had itself begun enriching uranium to a higher level.
イランは今のところ、ロシアがウラニウム濃縮を行い、フランスがそれを加工すると言う国際原子力機関の申し出を検討していません。そして、テヘランは今月、ウランを更に高レベルへの濃縮を始めたと言いました。

The Nikkei daily, without citing sources, reported that the proposal for Japan to enrich uranium for Iran was floated in December, with US approval, when Iran's top nuclear negotiator Saeed Jalili visited Tokyo.
日経デイリーは、情報源には触れずに、イランの核交渉最高責任者のサイード・ジャリリが東京を訪問した時に、アメリカ政府の承認のもと、日本がイランのためにウラン濃縮をするという提案がなされました。

Japan, the only country to have been attacked with atomic bombs, has strongly supported efforts for nuclear non-proliferation and disarmament.
日本は、核爆弾により攻撃された唯一の国でありますが、その日本が核の非拡散と核武装解除のための努力への支持を協力にし続けて行きました。


In Business In Japan,
Japan makes uranium offer to Iran
日本はイランにウラニウムの提供を提案

木曜日, 2月25日、2010年
Japan has made an offer to Iran which could see it help the country enrich uranium, it has been reported.
日本がイランにウラニウムを提供する事を提案しました。それは、日本がイランがウラニウム増殖をすることを援助するを意味すると、報道されました。

According to local news source the Nikkei Business Daily, Tokyo offered Iran help with enriching uranium back in December last year, when Iran's nuclear negotiator Saeed Jalili was visiting the nation.


The report said that the uranium could be used to make medical isotopes at a facility in Tehran.

However, in a speech earlier this week, Japanese prime minister Yukio Hatoyama urged Iran to cooperate with UN Security Council resolutions and measures put in place by the Atomic Energy Agency in order to reassure the world over its intentions.

Nations including the US and the UK have previously expressed fears that Iran may be seeking to build highly destructive atomic weapons, which could be used against the west.

Iran has in the past refused offers from other countries to help it enrich uranium, preferring to stick with its own measures.