楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

カテゴリ: 政治

5
日本でいよいよ2015年10月よりマイナンバーが届き、2016年よりマイナンバー制度が運用が開始される。

先進国では、このマイナンバー制度は実は多くの国々で導入されている。例えば、アメリカでは1936年に、韓国、中国、シンガポールなどのアジアはもちろんのことアイスランド、イギリス、イタリア、オランダ、シンガポール、ドイツなどのヨーロッパ、オーストラリア、カナダなど世界中の多くの国が既に導入済みである。

しかし、その国々でのマイナンバー制度に関する現場を詳しく見ていくと、「まてよ、マイナンバー制度って本当にいいの?」とか、「導入はもう少し見合わせて考えなおしてみるべきだよね」と考えた方が良く思えてくるのである。

■アメリカの国民総背番号制の問題点
アメリカでは、1936年にSSN(社会保証番号)というものが導入されたが、それから80年あまりが経過してはいるが、実際には、この社会保証番号が犯罪を誘発しているという事実が見えてくる。



■アメリカでのマイナンバーの悪用事例
・不法滞在者が、アメリカ国籍の人のナンバーを盗み、こっそりと働き先を探している。
・死んだ家族のナンバーを使って、その家族の年金を不正に受給している。
・マイナンバーの売買がされている。


これから見ると、マイナンバーという制度があるから、それを使った犯罪が生まれていると言っても過言ではない。このために、州によっては逆に社会保障番号の利用を制限している州があるが、それでも根本的な解決には至っていないのが現状だ。

もし、違法な就労者が貴方のマイナンバーを使って仕事をしたとしたら何が起きるでしょうか?その場合には・・・
・就労者は違法に働き給料をもらう→
・その就労に対する所得税から発生する税金支払はマイナンバーの所有者に請求が来る!

これって、はっきり言ってむちゃくちゃ酷い話ではないですか?もう一人の貴方が勝手にどこかで仕事をして、金だけ設けて、その税金負担は貴方に来るのですよ!?こんなふざけた危険性の高いマイナンバー制度は必要ない、存在悪と言っても過言ではありません。

また、このマイナンバーがごっそり海外に漏洩したらどうてしょうか?

貴方がマイナンバーをいろんな場所で使用した場合には、それは電子情報として処理されますので、ハッカーなどが簡単にその番号とどんな支払をしたか、税金の額はいくらか、貴方の社会保障情報などを盗み出し誰かに売る事だって出来るのですから、非常に大変な事です。

また、マイナンバーをこっそりとシオニストなどの権力者達が裏で密かに監視していて、その中から多額のお金が集まっている銀行・その他の諸機関などをチェックして、そこから多額の資金を盗み出すなどの極悪犯罪がされたりはしないのでしょうか?


■マイナンバー制度の導入にかかる莫大な費用
このマイナンバー制度を構築し、運用するのには莫大な費用がかかり、そのお金の出処は国民の税金となります。

◯どのような費用がかかるのか・・・
【国側】
・マイナンバー制度のシステム開発費用→推定で、2700億円程度
・マイナンバー制度のシステムのメンテナンス費用→年間、300億円程度

【企業側】
・企業側でマイナンバー制度の不正利用防止のための社員教育・セキュリテイー強化対策のための費用


■デメリット

金融機関とマイナンバーが紐づくようになる

2015/10月〜2016/1月の間は、役所関係での導入になりますが、その後、マイナンバー制度は更にその利用範囲が広がっていくと見られています。

5年、10年の単位では、銀行口座とマイナンバーが紐づくのでは?

すると、銀行や郵便貯金とマイナンバーが紐づくと、個人の金融資産が完全に把握可能になるということです。

すると、金融資産が多いけど所得が低い人などが把握されてしまう。
また、金融所得に対する課税と給与所得などに対する累進課税が一本化されていく可能性があります。今の日本では、株式投資やFXで設けた利益に対しては分離課税で一律約20%ですが、一方、給与所得や事業所所得などは累進課税で、それと住民税を合わせると50%を超えます。

これを税制を一本化していく事で、つまり、馬鹿みたいに金儲けをしている金持ちにもっと課税をして、国が税収入を上げたいと考えているのではないか?今では一般人もFXなどは手軽に出来ますが、それで稼いでも税支払が50%となり、投資で負けたらそのまま損してしまう・・・、

しかし、国が税収入を上げた分、国民に利益になるような税金の使い方をしてくれるのならばわかりますが、そうではなく、軍隊を増強したり、兵器の海外輸出、戦争へ参加していくための費用を捻出するためにこのようなマイナンバー制度を導入しようと考えているのではと疑いたくなります。



■諸悪の根源の税制改革

【ブログ】「日本はなぜ負債大国になったか」 

この記事では、日本の税制改革が日本の借金を増やしたと書いてあります。
過剰の富や、不労所得者の所得へ課税する代わりに、必需品や生産的な直接投資、労働者階級への課税を増加すれば、産業の発展や繁栄は抑制されてしまう。

税制の改正は、金融および不動産投資家に、寄生的かつ投機的な収益を求めることを奨励する。

(・・・)

平和時に政府が借金を増やす理由は、主に国内の政治的失敗、つまり富に対する課税を怠ったことに起因する。

(・・・)

現在の財政政策の悲劇は、生産的な産業投資よりも、非生産的で寄生的な富の方が簡単に税金逃れができる点にある。不正な富の方が税金を削減しやすいのは、それがより多くの経済価値をもたらすからではなく、ただ単に最も収益性が高く、強い影響力を持つためである。過剰の富や、不労所得者の所得へ課税する代わりに、必需品や生産的な直接投資、労働者階級への課税を増加すれば、産業の発展や繁栄は抑制されてしまう。

不労所得者の収入は、貸し手と地主が事前に規定する固定利用料(家賃と利子など)から成る。企業の成功如何で増減する収益とは対照的に、これらの固定料金は、経済の成長や支払い能力とは無関係に、いやおうなしに要求されるものである。ある人の収入が他の人の支出になる「ゼロサム・ゲーム」がそうであるように、不労所得者が要求する料金は、債務者の基本資産を削るところまで利益を食いつぶしてくる。

この結果、貯蓄は直接投資にではなく、融資や不動産投機に回される。こうして、経済の生産的資源は増えずに、金融や不動産投機による不労所得者の収入が増加する。


このように不労所得を得ている金融・不動産投資家達が更に収益をあげられるようにする税制に改革した日本政府が、日本の借金を増やす原因を作ったという事が述べられている。

この点を考えると、マイナンバー制度が導入されて、不労所得者の収入までもが銀行口座とマイナンバーを紐付けすることでわかるようになり、そこからの税収入を上げることで国の借金を減らしていくというのは理解出来る。

重要なのは、その利益を国が平和目的で市民の利益のために使うかどうかというところだ。

国の政策に権力者達が裏から口出しして、政治家・官僚までも操るようなシステムの中にいるからには、私たちは安心してこのマイナンバー制度をじっと観ているわけにはいかない。


■楽園主義システムの導入

このマイナンバー制度は様々な問題がある。

資本主義の実体、税制の問題などを考えていくと、そもそも金持ちが特をするように全てが作られているシステムが良くないのではないか?金持ちが政治家に働きかけ、金持ちが得するような税制改革を政治家が行うから、日本社会の経済が悪化するし、貧しい人達が楽な生活をすることが出来るようには一向にならない。

やはり、権力者のいない市民の利益を考えた楽園主義システムを導入する事が全ての問題を解決する方法だと筆者は思う。

この楽園主義システムは、人類の創造者宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルが提案されたものだ。

全ての権力・銀行・政府・警察をなくし、1つの世界政府が全ての土地や家を国有化し、市民にマイホームを無償で提供し、衣食住も全て無償で提供する。もちろん、銀行・貨幣システムがないのであるから、税制などはあるわけがない。

全て最先端の科学技術により自動化したシステムが労働にとって代わるようになる。そうすると、国民は仕事をしなくてよくなり、自分のマイホームにすみ、世の中からホームレスや貧しい人達がなくなるのだ。全ての人達が裕福に暮らせるようになる、このような素晴らしいシステムが実現可能であると、預言者ラエルは言われていた。

もちろん、最初は、この楽園主義のシステムを管理し、製造する人やメンテナンスをする人達が必要である。此のような人達は一般の市民とは違い、人々の為に労働を無償で行う事に同意をした人達である。だが、ほとんどの労働はロボットやナノロボット、人工知能・スーパーコンピュータなどが行うので、実際にはそれらのシステムを監視する作業になるのではないかと思う。

このシステムを人類の社会に導入しなくてはいけない。

そして、楽園主義の社会システムを管理すめたには何らかの政府がやはり必要になるかしれないが、それは従来の投票で選ばれた政治家が行うようにするのではなく、ラエルがご提案された天才政治を導入し、知性の最も高い人達が世界政府を運営していくように変えていかなくてはいけない。

もう10年〜15年もすれば、この「天才」の能力・知性を持つ人達が誰なのか、科学的な測定で分かるようになると思う。その時が、楽園主義への転換期となるようにしたいものだ。

その時には、全ての今の政治家・政党はなくなるべきである。権力にすくい利益を貪る政治家は必要ない。

戦争をするのではなく、人々を幸せにするシステムを作る事に今のお金と時間を費やすことが、人類が平和な社会に入る必須条件だと思う。





※参考情報元:・マイナンバーのデメリットより裏で儲けている企業がヤバい!
・「日本はなぜ負債大国になったか」  マクロ経済/経済政策

ブロガー:
国連人権理事会で、沖縄の知事が話をすれば、米国がたじろぐだろうと考えるのは非常に甘すぎるな。

そんなの米国政府はなんとも思わないだろうし、日本政府の与党も知事を非難するぐらいで終わるのでは?

米国の政治家達は、知事が話をする時になったら退席して知事の話なんて何も聞かないだろう。

国連で良く米国を非難する発言をしたのは、かの有名なリビヤのカダフィー大佐だが、あの人の話の番になると西洋、米国、そして、米国の友好国達は皆退席して話も聞かなかったらしい。

最後にカダフィは殺害されてしまった。


沖縄知事が沖縄から米軍を撤退させるためには、他の国々のリーダ達とも良く話をするべきかも知れない。特に中国とか、台湾、その他のアジアの国々。また、南アメリカ諸国のなかでアメリカと縁を切った国とも。それらの国々の支援・協力を得ながら、市民とも連携し、更に強いデモを日本政府とアメリカに対して起こすべきだろう。

また、諸外国の市民にも話を直接して日本の沖縄県の現場を良く理解してもらい、共感を得るべきだ。彼らがまたデモを起こし、アメリカの軍隊に反対する運動の波が波及するようにすべきだろう。


翁長知事の国連演説、実現へ 9月人権理事会で
2015年7月23日 11:33

 スイスのジュネーブで9月14日~10月2日の日程で開かれる国連人権理事会で、翁長雄志知事が辺野古新基地建設問題について演説するための見通しがついたことが22日、分かった。
知事の国連演説は新基地建設阻止を目的に活動する「沖縄建白書を実現し未来を拓(ひら)く島ぐるみ会議」が複数の国連NGOの協力を得て準備してきた。島ぐるみ会議によると知事の日程調整はこれからだが、開催期間中の9月21日か22日を軸に登壇できる方向で調整している。
 翁長知事は当選後、国連への働き掛けに意欲を示しており、演説が実現すれば知事が新基地建設問題の解決を広く国際世論に喚起する場となりそうだ。
 今回、国連との特別協議資格を持つ国連NGOの「市民外交センター」が島ぐるみ会議などからの要請を受け、人権理事会での発言時間を翁長知事に貸与する意向を示している。国連との特別協議資格を持つNGOが他者に発言時間を貸すことは日常的に行われており、可能だという。
 同センター代表の上村英明恵泉女学園大教授は「人権問題を扱う国連人権理事会で翁長知事が発言すれば、新基地建設に反対する県民の総意と理解され、日米両政府にプレッシャーを与えられるだろう」と述べ、知事が国連で演説することの意義を強調した。








報道ステーション 古賀茂明 VS 古舘伊知郎




報ステ古賀茂明3月27日(金)最後の出演 ノーカット完全版



アベが目指す国とは、
  • 原発輸出大国
  • 武器輸出大国
  • ギャンブル大国


古賀さん 報道ステーションの裏を暴露 2



我々はアベの考えとは違う!

We ARE NOT ABE!





古賀氏は元官僚です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E8%B3%80%E8%8C%82%E6%98%8E

元官僚の人が、政府の不正を暴き、真実を正直に伝えようとするには非常に感銘を受けました。








古賀茂明氏、フジテレビのレポーターと公開問答「あなたに批判される謂われはない」


59368a8c.png


貴方のすることは殆どは無意味であるが、それでもしなくてはならない。そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためである。

〜 マハトマ・ガンジー 〜



為政者である与党・官僚・経済界の大物達は、自らが有利になるようメディアを必ず利用するのだ。メディアは大企業相手のCM放送事業者で経済界の一部だ。それを肝に銘じ常に批判的に見るリテラシーを持たなくてはならない。思考停止は奴らの思うつぼである。常に疑問をもち、彼らの言いなりにならないようにするのだ。


古賀茂明「古舘さんに恨みはない」〈週刊朝日〉
古賀:「報ステ」はある意味、数少ない政権批判もちゃんとしてた番組で、信じたんだけど、ここで変わっちゃいますよと言いたい。今までいい番組ができていたのは、プロデューサーが社内で闘いながらめちゃくちゃ頑張っていたんです。テレビ局政治部らが何をやってるかっていうと、「紙(資料)くれ」です。政治家、官僚にもらった紙をそのままパソコンで打ち直し、記事を出す。(元財務官僚の)高橋洋一はヤギって呼んでたね。ヤギ記者。いつも政治家、官僚に気を使い、「報ステ」でこんな放送されたら政治部がもう取材できなくなるから、ここは削ってくれとか言ってくるわけね。それをはねのけながら毎日、「報ステ」を作っていたからニュースの質が非常に高かった。でも、騒動後、その質は落ち、古舘さんのコメントも逃げが多くなった。

室井:でもさ、あんまり古舘さんを責めたらダメじゃない? 私は古賀さんを応援しているけど、この騒動で古舘さんと古賀さんのケンカになっちゃうのがすごく嫌なの。古舘さんだってある程度までは頑張ったじゃん。今まで古賀さんを応援してくれていた人たちを攻めて、敵になってしまうのは悲しくない? それは間違いだと思う。

古賀:古舘さんは基本的には、被害者の側にいるんです。一連の圧力を受けている中での、同じ被害者仲間なんですよ。

室井:中間管理職だもの。

古賀:ずっとみんなで一緒に戦ってきたつもりだった。僕が1月23日の放送で最初に「アイアムノットアベ」と言った後も、古舘さんとは全然、ケンカもしてないし、仲良しだった。

室井:「もっと言え」くらい思ってたかも。

古賀:「もっと言え」までは言わなかったけど、でも「いいこと言ってくれましたね」と反省会でも言ってくれるわけですよ。

URL:http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150514/asahi_20150514_0005.html



大金を受け取っている古舘には何も真実は語れない・・・

上杉隆が「文藝春秋」で古舘の12億円『報ステ』出演料暴露も、暴力団テープは存在せず
それにしても、古賀問題はいったいなぜ、こういう展開になってしまったのだろうか。本来は官邸の圧力と、それに屈したテレ朝の人事に批判が向けられるべきなのに、逆に古賀氏が放送事故を引き起こしたとしてバッシングを浴び、『報ステ』=古舘との内ゲバが面白おかしく報じられるばかりだ。おそらく、この上杉氏の『文藝春秋』の記事でも一番話題になるのは、古舘伊知郎の出演料の部分だろう。同誌によれば、古舘のMC専属契約、出演料はあわせて年間12億5千万円、古舘プロジェクトには年間総額30億円以上が支払われているという。



淳と隆の週刊リテラシー 古賀茂明 15 04 25




古賀茂明が明かす「Iam not ABE」の真相|自由報道協会が斬る!2015トークライブ特別編



放送局幹部呼びつけは放送法違反・古賀茂明氏が外国特派員協会で会見



64500d23.png




報道の自由権力側から脅かされるという事があることが非常に大きな問題だ!








管理人:日本も、アメリカとの安全保障条約については、注意深く検討し、その条約を破棄するべきです。

他国を戦争で支配しようとするアメリカと何故安全保障条約を日本は結ぶのでしょうか?

それは、何らかの形で日本政府が脅されているからと思いますが、そんなことで弱音をはいて、アメリカの属国になって、他国を侵略する日本なんて誰が望むでしょう?!

断固、アメリカの他国支配のための戦争、人殺しに反対だ!


★ ★ ★


アメリカとアフガンの間で安全保障協定調印
2014/09/30(火曜) 22:25

アメリカとアフガニスタンとの間で安全保障協定が調印されました。

IRIB国際放送ラジオパシュトゥー語によりますと、この安全保障協定は、アフガニスタン国家安全保障顧問、アフガニスタン駐在のカニングハム・アメリカ大使、国連のムリス・アフガニスタン特使によって署名されました。

この協定が調印される前に、アメリカ軍の無人機が30日火曜、アフガニスタンのラグマン州やホスト州の地域を攻撃し、これにより少なくとも、4名が死亡、ほか多数が負傷しました。

この協定で大きな焦点となったのは、アフガニスタンでのアメリカ兵の治外法権とされています。

最近、アフガニスタンの上院議員らは、政府に対し、アメリカとの安全保障協定の調印において性急に行動せず、この協定におけるアメリカの取り決めを注意深く検討するよう求めました

アフガニスタンの住宅地に対するアメリカ軍戦闘機の攻撃は、同国の国民の怒りや嫌悪を引き起こしています。






↑このページのトップヘ