楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

カテゴリ:権力 > 暴露



南京大虐殺はなかった〜

1
9bed62b5.png


2
fb00d9bb.png


3
38a12ab2.png


4
eac0ac2b.png


5
902c5c3c.png


6
5df0513e.png


7
55c588fb.png


8
f4765baf.png


9
67782dde.png


10
9e17fdc0.png


11
285de4d3.png


12
f5543733.png


13
d65b58f2.png


14
ca2981f5.png


15
2b715f32.png


16
0d303f7d.png


17
a86b43a4.png


18
c3de9dea.png


19
fddb479b.png


20
5246e67b.png


21
49d052e2.png


22
72be07c3.png


23
51608d41.png


24
d24b971e.png


25
537673f1.png


26
4248981e.png




歴史は大幅に作り変えられているようですね・・・


宇宙は無限だった~ Universe Is Infinite




●前置きの説明
■2014/3/8、MH-370が消息を断った事故
レーシア航空370便(MH-370。ボーイング777-200ER(製造番号28420、機体記号9M-MRO))とは、マレーシアのクアラルンプールから中国の北京に向かっていたマレーシア航空の定期旅客便である。2014年3月8日、タイランド湾上空で消息を絶ち、現在行方不明となっている。
詳細はこちら

■2014/7/17、MH-17機が撃墜された事故
レーシア航空17便(MH-17。ボーイング777-200ER(機体記号:9M-MRD。1997年製造))は、2014年7月17日にオランダ・スキポール空港からマレーシア・クアラルンプール国際空港に向かっていたマレーシア航空の定期便。17時15分頃(現地時刻)、ウクライナ・ドネツィク州グラボヴォ(ロシア語: Грабово, ラテン文字表記:Grabovo, ウクライナ語: Грабове, ラテン文字表記:Hrabove, フラボヴェ)村に墜落した[5]。また、2014年7月23日、ウクライナ東部のマレーシア航空17便が墜落した現場近くで親ロシア派武装勢力がウクライナ軍の2機の戦闘機を撃墜している[6][7]。しかし、ロシア国防省は、ウクライナ側が、ロシア領からの攻撃で撃墜されたとの主張について、否定した[8]。
詳細はこちら


●窓のありなし

 2006年前2006年以降
MH-370(9M-MRO)窓あり窓あり
MH-17 (9M-MRD)窓あり窓隠し

※詳しくは、こちら→「マレーシア航空便MH-17とMH-370?弥勒菩薩ラエルは人類が滅びる確率が99%に上昇したという


◆フォトショップを使用した可能性
この記事に書いてあります。


★ ★ ★


Busted! MH-17 Was in Fact the 'Lost' Flight MH-370 -- Updates
証拠を捕まえた!MH17便は実は「行方不明の」MH-370便だった・・・更新

http://humansarefree.com/2014/07/busted-mh-17-was-in-fact-lost-flight-mh.html

Clarifications, after new information emerged
新しい情報が明らかになり明確になった点


Alternative media websites and myself have suggested that the plane wreckage presented to us as MH-17, actually belongs to the 'lost' flight MH-370. In this article I will bring new evidence to support this theory.
替メディアのウェッブサイトや私自身も含めて、私達にMH-17として提示されたその飛行機の残骸は、実は、行方不明になっていたフライトMH-370のものであったことを提案していました。この記事で、この理論を立証する新しい証拠をご紹介します。


Clarification and updates:
明確になる点と更新内容:


1. A missing window on the wreckage, which appeared in some pictures over the internet.
1. インターネット上に現れたいくつかの写真の中に現れた残骸の失われた窓:

- Malaysia Airlines renovated their jets a couple of years ago, modifying the interior and blocking the window in question. The presented pictures of MH17 with a window next to the door and below the flag is, apparently, an older image of the jet.
─ マレーシア航空は二年前にそのジェトを改装し、内装インテリアを改装し、問題の窓にウィンドープラグを入れて閉じました。MH17のドアの横、旗の下に位置する窓が写っているMH17の提示された写真は、明らかに、そのジェットの古い画像でした。

Unfortunately for the secret agencies involved in this false flag, the internet buzz created around this information made them panic and the official REUTERS images showing that piece of the wreckage have been Photoshopped.
残念ながら、機密諜報機関がこのなりすまし偽造行為に関わっていることが理由で、インターネットでこの情報に関して人々が書き込んだ話題は機密諜報機関をパニックにさせてしまい、公式なロイターの画像に写っている残骸の一片がフォトショップにより画像編集されている事で論争を巻き起こしていました。

ba10175d.jpg

01. Image source(画像提供元): AFP; | 02. Image source(画像提供元): Official © REUTERS/ Maxim Zmeyev;
▲01.こちらのリンクでは写真がありません。
▲02.以下の写真です。(02.フォトショップで編集された窓の画像)
311a19f4.jpg



Miraculously, a window appeared in at least two of their pictures, where previously there was none: example one / example two.
奇跡的に、ロイター提供の写真のうち二枚に窓が写っていました。しかし、それ以前の写真にはそこには窓が写っていませんでした。例1 / 例2.
◆写真、例1
96c4f936.jpg


◆写真、例2
95507bef.jpg


The pictures belong to Reuters, there's no question about it (one of them is hosted on Reuters' website, while the second one is hosted on one of the most respected media websites in Russia and in the world -- the 26th most read website in Russia and 505th most read in the world).
その複数枚の写真はロイターに属し、そのことについては疑う余地がありません。(それらの写真の一つはロイターのウェッブサイトで提供されており、2つ目の写真はロシアと世界で最も評判の良いウェッブサイトの一つに掲載されています。・・・ロシアで26番目に最も読者が多く、世界では505番目に最も読まれているサイト(下図参照)です。

1962a361.png


Expect broken links and missing pictures soon, but remember what you saw!
リンクが途切れたり、画像が直ぐになくなっていたりするかもしれませんが、貴方がみた写真を覚えておいて下さい。

Why would they counterfeit evidence if they have nothing to hide? Because they are guilty of this false flag, and by trying to cover their presumed mistake, they have in fact proven their guilt.
何故、もし隠すべき事が何もないのなら、彼らは何故証拠を偽造しようとするのでしょうか?何故なら、このなりすまし偽造行為で彼らは有罪だからであり、彼らが犯したと推定される間違いを隠蔽しようとすることで、彼らは実は彼ら自身の罪を証明してしまっているのです。

This is a huge smoking gun!
これこそ決定的な動かぬ証拠です!


2. The flag does not properly align to the window, as compared to recent pictures of the original MH17 (no new information here).
2. 最近の複数枚のオリジナルのMH17の写真と比べると、その国旗は窓と平行にきちんと並んでいません。(これに関する新しい情報はありません)

3. Rebel leader describes the MH17 victims: rotten corpses, drained of blood (no new information here).
3. 反乱勢力のリーダーはMH17の被害者を、「腐敗した死体、血液がなくなってしまった」と説明。(これに関する新しい情報はありません)

4. ALL the videos were created before MH17 was allegedly shot down (no new information here).
4. 全てのビデオはMH17が撃墜されたとされているよりも前に作られていた。(これに関する新しい情報はありません)

5. Flight MH17 was cancelled, according to flight radar screen (no new information here).
5. フライトMH17は、フライト・レーダー・スクリーンによると、キャンセルされていた。(これに関する新しい情報はありません)

6. Invalid and pristine passports at the crash site.
6. 無効な新品同様のパスポートが墜落現場にあった。

- Some readers suggested that the invalid passports could be required as they could contain unexpired visas. This makes sense, but unfortunately none of the ones presented had any visas or stamps.
─ ある読者達は、無効なパスポートは有効期限が切れていないビザが貼り付けてあるかもしれないので、必要とされるかもしれないと指摘しました。これはうなずけますが、残念ながら、今まで提示されたパスポートのどれもビザやスタンプは押してありませんでした。

- It is still the matter of their condition, which is pristine. They all look brand new, even the clipped/perforated ones (and you will see why).
それは今だにパスポートの状態に関する問題です。それは新品同様なのです。それらのパスポートは、切れたり穴があいたりしているものまで含めて、全て全く新しく見えます。(そして、何故なのかあなたにもわかるでしょう)

7. U.S. State Department Deputy admits: MH17 ‘evidence’ is based on YT clips & social media posts
7. 米国の国務省の代理人は、MH-17の「証拠」はYTクリップやソーシャル・メディアの投稿内容にもとづいている事を認めています。

- In a new press conference with the U.S. State Department Deputy Spokesperson, Marie Harf, AP reporter Matt Lee points out the lack of evidence for her claims:
─ 米国務省の代理スポークスマン、マリー・ハーフとの新しい記者会見で、AP通信社の報道記者マット・リーが彼女の主張に対する証拠が不十分である事をしてきしています。
“Marie, I think that it would be best for all concerned here, if when you make an allegation like that you’re able to back it up with more than just 'Because I say so'.
マット・リーの発言内容:「マリー、ここにいる関心のある人々全てのためにしていただきたいのですが、もし、貴方がそのような申し立てをなさりたいのであれば、ただ単に「私がそう言うから」だけではなくて、それ以上に、その主張を証明出来る事が最も良い事であると思います。」



Thank you, Mr. Lee, that's common sense and sanity speaking. There's too much at stake to simply take your word for it! Period.
リーさん、ありがとうございます。それは常識と健全さを話す事です。あまりにも多くの事が危機にされされているので、単にそうする事は出来ないという状況です。終わり。

8. Award-winning reporter blows whistle: U.S. satellite images show Ukrainian troops shooting down the plane that was presented to us as MH17 (no new information here).
8. 受賞歴のある報道記者が密告します・・・米国のサテライト画像に、ウクライナ部隊(複数の)が、私達にMH17として提示された飛行機を撃ち落とすところが写っています。(新しい情報なし)

9. Additionally, before proceeding to the key point, there are multiple other questions that I haven't properly analyzed, because I was interested in the key pieces of information exposing the false flag. You can read more here.
9. 更に、要点に進む前に、まだ私が適切な分析をしていないその他の複数の問題点があります。何故なら、私は今まで偽装を暴く鍵となる情報にだけ興味がありましたから。その他の点について知りたい人はこちら(英語)(日本語→「マレーシアMH17便の公式な説明を疑う7つの理由。弥勒菩薩ラエルは全戦争を廃止するよう主張」)を御覧ください。

CLICK HERE for my complete analysis. Please read it before proceeding.
私の完璧な分析はこちらにあります。先へ進む前に読んでください。





●前置きの説明
■2014/3/8、MH-370が消息を断った事故
マレーシア航空370便(MH-370。ボーイング777-200ER(製造番号28420、機体記号9M-MRO))とは、マレーシアのクアラルンプールから中国の北京に向かっていたマレーシア航空の定期旅客便である。2014年3月8日、タイランド湾上空で消息を絶ち、現在行方不明となっている。
詳細はこちら

■2014/7/17、MH-17機が撃墜された事故
マレーシア航空17便(MH-17。ボーイング777-200ER(機体記号:9M-MRD。1997年製造))は、2014年7月17日にオランダ・スキポール空港からマレーシア・クアラルンプール国際空港に向かっていたマレーシア航空の定期便。17時15分頃(現地時刻)、ウクライナ・ドネツィク州グラボヴォ(ロシア語: Грабово, ラテン文字表記:Grabovo, ウクライナ語: Грабове, ラテン文字表記:Hrabove, フラボヴェ)村に墜落した[5]。また、2014年7月23日、ウクライナ東部のマレーシア航空17便が墜落した現場近くで親ロシア派武装勢力がウクライナ軍の2機の戦闘機を撃墜している[6][7]。しかし、ロシア国防省は、ウクライナ側が、ロシア領からの攻撃で撃墜されたとの主張について、否定した[8]。
詳細はこちら


●窓のありなし

 2006年前2006年以降
MH-370(9M-MRO)窓あり窓あり
MH-17 (9M-MRD)窓あり窓隠し

※詳しくは、こちら→「マレーシア航空便MH-17とMH-370?弥勒菩薩ラエルは人類が滅びる確率が99%に上昇したという


◆フォトショップを使用した可能性
この記事に書いてあります。


★ ★ ★


Busted! MH-17 Was in Fact the 'Lost' Flight MH-370 -- Updates
証拠を捕まえた!MH17便は実は「行方不明の」MH-370便だった・・・更新

http://humansarefree.com/2014/07/busted-mh-17-was-in-fact-lost-flight-mh.html

Clarifications, after new information emerged
新しい情報が明らかになり明確になった点


Alternative media websites and myself have suggested that the plane wreckage presented to us as MH-17, actually belongs to the 'lost' flight MH-370. In this article I will bring new evidence to support this theory.
代替メディアのウェッブサイトや私自身も含めて、私達にMH-17として提示されたその飛行機の残骸は、実は、行方不明になっていたフライトMH-370のものであったことを提案していました。この記事で、この理論を立証する新しい証拠をご紹介します。


Clarification and updates:
明確になる点と更新内容:


1. A missing window on the wreckage, which appeared in some pictures over the internet.
1. インターネット上に現れたいくつかの写真の中に現れた残骸の失われた窓:

- Malaysia Airlines renovated their jets a couple of years ago, modifying the interior and blocking the window in question. The presented pictures of MH17 with a window next to the door and below the flag is, apparently, an older image of the jet.
─ マレーシア航空は二年前にそのジェトを改装し、内装インテリアを改装し、問題の窓にウィンドープラグを入れて閉じました。MH17のドアの横、旗の下に位置する窓が写っているMH17の提示された写真は、明らかに、そのジェットの古い画像でした。

Unfortunately for the secret agencies involved in this false flag, the internet buzz created around this information made them panic and the official REUTERS images showing that piece of the wreckage have been Photoshopped.
残念ながら、機密諜報機関がこのなりすまし偽造行為に関わっていることが理由で、インターネットでこの情報に関して人々が書き込んだ話題は機密諜報機関をパニックにさせてしまい、公式なロイターの画像に写っている残骸の一片がフォトショップにより画像編集されている事で論争を巻き起こしていました。

ba10175d.jpg

01. Image source(画像提供元): AFP; | 02. Image source(画像提供元): Official © REUTERS/ Maxim Zmeyev;
▲01.こちらのリンクでは写真がありません。
▲02.以下の写真です。(02.フォトショップで編集された窓の画像)
311a19f4.jpg



Miraculously, a window appeared in at least two of their pictures, where previously there was none: example one / example two.
奇跡的に、ロイター提供の写真のうち二枚に窓が写っていました。しかし、それ以前の写真にはそこには窓が写っていませんでした。例1 / 例2.
◆写真、例1
96c4f936.jpg


◆写真、例2
95507bef.jpg


The pictures belong to Reuters, there's no question about it (one of them is hosted on Reuters' website, while the second one is hosted on one of the most respected media websites in Russia and in the world -- the 26th most read website in Russia and 505th most read in the world).
その複数枚の写真はロイターに属し、そのことについては疑う余地がありません。(それらの写真の一つはロイターのウェッブサイトで提供されており、2つ目の写真はロシアと世界で最も評判の良いウェッブサイトの一つに掲載されています。・・・ロシアで26番目に最も読者が多く、世界では505番目に最も読まれているサイト(下図参照)です。

1962a361.png


Expect broken links and missing pictures soon, but remember what you saw!
リンクが途切れたり、画像が直ぐになくなっていたりするかもしれませんが、貴方がみた写真を覚えておいて下さい。

Why would they counterfeit evidence if they have nothing to hide? Because they are guilty of this false flag, and by trying to cover their presumed mistake, they have in fact proven their guilt.
何故、もし隠すべき事が何もないのなら、彼らは何故証拠を偽造しようとするのでしょうか?何故なら、このなりすまし偽造行為で彼らは有罪だからであり、彼らが犯したと推定される間違いを隠蔽しようとすることで、彼らは実は彼ら自身の罪を証明してしまっているのです。

This is a huge smoking gun!
これこそ決定的な動かぬ証拠です!


2. The flag does not properly align to the window, as compared to recent pictures of the original MH17 (no new information here).
2. 最近の複数枚のオリジナルのMH17の写真と比べると、その国旗は窓と平行にきちんと並んでいません。(これに関する新しい情報はありません)

3. Rebel leader describes the MH17 victims: rotten corpses, drained of blood (no new information here).
3. 反乱勢力のリーダーはMH17の被害者を、「腐敗した死体、血液がなくなってしまった」と説明。(これに関する新しい情報はありません)

4. ALL the videos were created before MH17 was allegedly shot down (no new information here).
4. 全てのビデオはMH17が撃墜されたとされているよりも前に作られていた。(これに関する新しい情報はありません)

5. Flight MH17 was cancelled, according to flight radar screen (no new information here).
5. フライトMH17は、フライト・レーダー・スクリーンによると、キャンセルされていた。(これに関する新しい情報はありません)

6. Invalid and pristine passports at the crash site.
6. 無効な新品同様のパスポートが墜落現場にあった。

- Some readers suggested that the invalid passports could be required as they could contain unexpired visas. This makes sense, but unfortunately none of the ones presented had any visas or stamps.
─ ある読者達は、無効なパスポートは有効期限が切れていないビザが貼り付けてあるかもしれないので、必要とされるかもしれないと指摘しました。これはうなずけますが、残念ながら、今まで提示されたパスポートのどれもビザやスタンプは押してありませんでした。

- It is still the matter of their condition, which is pristine. They all look brand new, even the clipped/perforated ones (and you will see why).
それは今だにパスポートの状態に関する問題です。それは新品同様なのです。それらのパスポートは、切れたり穴があいたりしているものまで含めて、全て全く新しく見えます。(そして、何故なのかあなたにもわかるでしょう)

7. U.S. State Department Deputy admits: MH17 ‘evidence’ is based on YT clips & social media posts
7. 米国の国務省の代理人は、MH-17の「証拠」はYTクリップやソーシャル・メディアの投稿内容にもとづいている事を認めています。

- In a new press conference with the U.S. State Department Deputy Spokesperson, Marie Harf, AP reporter Matt Lee points out the lack of evidence for her claims:
─ 米国務省の代理スポークスマン、マリー・ハーフとの新しい記者会見で、AP通信社の報道記者マット・リーが彼女の主張に対する証拠が不十分である事をしてきしています。
“Marie, I think that it would be best for all concerned here, if when you make an allegation like that you’re able to back it up with more than just 'Because I say so'.
マット・リーの発言内容:「マリー、ここにいる関心のある人々全てのためにしていただきたいのですが、もし、貴方がそのような申し立てをなさりたいのであれば、ただ単に「私がそう言うから」だけではなくて、それ以上に、その主張を証明出来る事が最も良い事であると思います。」



Thank you, Mr. Lee, that's common sense and sanity speaking. There's too much at stake to simply take your word for it! Period.
リーさん、ありがとうございます。それは常識と健全さを話す事です。あまりにも多くの事が危機にされされているので、単にそうする事は出来ないという状況です。終わり。

8. Award-winning reporter blows whistle: U.S. satellite images show Ukrainian troops shooting down the plane that was presented to us as MH17 (no new information here).
9. 受賞歴のある報道記者が密告します・・・米国のサテライト画像に、ウクライナ部隊(複数の)が、私達にMH17として提示された飛行機を撃ち落とすところが写っています。(新しい情報なし)

9. Additionally, before proceeding to the key point, there are multiple other questions that I haven't properly analyzed, because I was interested in the key pieces of information exposing the false flag. You can read more here.
更に、要点に進む前に、まだ私が適切な分析をしていないその他の複数の問題点があります。何故なら、私は今まで偽装を暴く鍵となる情報にだけ興味がありましたから。その他の点について知りたい人はこちら(英語)(日本語→「マレーシアMH17便の公式な説明を疑う7つの理由。弥勒菩薩ラエルは全戦争を廃止するよう主張」)を御覧ください。


CLICK HERE for my complete analysis. Please read it before proceeding.
私の完璧な分析はこちらにあります。先へ進む前に読んでください。










Malaysian plane: 20 passengers worked for ELECTRONIC WARFARE and MILITARY RADAR firm
マレーシアの飛行機の乗客20人が電子戦争と軍事レーダーの為に勤務

URL:http://www.express.co.uk/news/world/465557/Malaysian-plane-20-on-board-worked-for-ELECTRONIC-WARFARE-and-radar-defence-company


A US technology company which had 20 senior staff on board Malaysia Airlines Flight MH370 had just launched a new electronic warfare gadget for military radar systems in the days before the Boeing 777 went missing.
マレーシア航空フライトMH370に搭乗していた20人の上級社員が勤務していた米国の技術系会社は、ボーイング777が行方不明になる前の数日間、軍事的レーダーシステムのための新しい電子戦争装置を公開していました。




Freescale Semiconductor, which makes powerful microchips for industries including defence, released the powerful new products to the American market on March 3.
軍事防衛を含む産業用の強力なマイクロチップを製造しているフリースケール・セミコンダクター(半導体)は、3月3日にアメリカ市場に向けて複数の強力な新製品を公開しました。

Five days later, Flight MH370 took off from Kuala Lumpur for Beijing with 239 people on board including 20 working for Freescale.
5日後、フライト便MH370は、クアラルンプールから北京に向けて、フリースケール社で働く20名を含む239人の乗客を乗せて飛び立ちました。

Twelve were from Malaysia, while eight were Chinese nationals.
12人はマレーシア出身、そして、8人は中国国籍でした。

Freescale’s spokesman Mitch Haws has said: “These were all people with a lot of experience and technical background and they were very important people.
フリースケールのスポークスマン・ミッチ・ホーズは、「彼等は皆多くの経験があり、技術的背景があり、非常に重要な人達でした」と、言いました。

“It’s definitely a loss for the company.”
「これはフリースケールにとって大きな損失であることは間違いありません。」

Freescale’s shareholders include the Carlyle Group of private equity investors whose past advisers have included ex-US president George Bush Sr and former British Prime Minister John Major.
フリースケールの株主達の中には、未公開株式投資家のカーライル・グループがいます。カーライル・グループの過去のアドバイザーの中には、元米国大統領のジョージ・ブッシュ・シニア、そして、元英国首相のジョン・メイジャーがいます。

Carlyle’s previous heavyweight clients include the Saudi Binladin Group, the construction firm owned by the family of Osama bin Laden.
カーライルの過去の重要なクライアントには、サウディ・ビンラディン・グループであり、これは、オサマ・ビン・ラデンの家族により所有されている建築会社でした。

The fact that Freescale had so many highly qualified staff on board the Boeing 777 had already prompted wild conspiracy theories about what might have happened.
フリースケールがボーイング777に非常に多くの大変有能なスタッフ達を登場させていた事実が、何が起きたのかについて狂気じみた陰謀論を既に刺激していました。

The company says they were flying to China to improve its consumer products operations, but Freescale’s fresh links to electronic warfare technology is likely to trigger more speculation and deepen the mystery.
この会社の説明によると、彼等は中国に行って消費者製品の運用を改善するのが目的だったらしい。しかし、フリースケールの電子戦争技術との新しい関係は、より多くの推測と不可解さを深めてしまう事になってしまったようです。

Experts have been baffled how a large passenger jet seems to have flown undetected and possibly beaten military radar systems for up to six hours.
専門家達は、大きなジェット旅客機がどのようにして6時間もの間、軍レーダーシステムに探知されず、そして恐らくレーダーシステムを打ち負かして飛行したように見えた事で困惑させられてしまっていました。

Avoiding radar via “cloaking technology” has long been one of the objectives of the defence industry and Freescale has been active developing chips for military radar.
「クローキング・テクノロジー(マントで覆い隠す技術)」によるレーダー回避技術は、長い間、防衛産業の目標の1つであり、フリースケールは軍のレーダー用のチップ開発に取り組んでいました。

On its website, the company says its radio frequency products meet the requirements for applications in “avionics, radar, communications, missile guidance, electronic warfare and identification friend or foe”.
フリースケールのウェッブサイトには、その無線周波数製品は、「航空電子工学、レーダー、通信、ミサイル誘導、電子戦争、そして、敵味方識別」の用途のための必要条件を満たしていると書いてあります。

Last June it announced it was creating a team of specialists dedicated to producing “radio frequency power products” for the defence industry.
去年の6月には、同社は、防衛産業のために、「無線周波数パワー製品」の生産のために力を入れた専門家達のチームを立ち上げていると発表しました。

And on March 3, it announced it was releasing 11 of these new gadgets for use in “high frequency, VHF and low-band UHF radar and radio communications”.
3月3日には、同社は、「高周波数VHF、そして、低周波数帯UHFのレーダーと無線通信」での利用目的の新しい装置11品目を公開する事を発表しました。

The company did not respond to questions from Express Online, including whether any of its missing employees had been working on the defence products.
同社は、エクスプレス・オンライン(Express Online)の、行方不明の従業員達の中で防衛産業製品の開発に関わっていたかどうかについての質問には何の回答もしませんでした。

It neither provided any responses to the latest bizarre conspiracy theory being widely published on the comments sections of newspaper websites and other internet forums.
また、同社は、新聞社のウェッブサイト、そして、その他のインターネット・フォーラムの所見欄に広く公開されている最新の突飛な陰謀論に対する回答も、一切提示していません。

The comment reads: “It reads: “Have you pieced together the puzzle of missing flight 370 to Beijing China? If not, here are your missing pieces.
そのコメントにはこう書かれています・・・『行方不明の中国北京向けフライト370のパズルをつなぎ合わせましたか?もし、まだなら、ここに行方不明のパズルの断片があります。

Patents Patents Patents.
特許、特許、特許

Four days after the missing flight MH370 a patent is approved by the Patent Office, four of the five Patent holders are Chinese employees of Freescale Semiconductor of Austin TX.
フライトMH370が行方不明になって4日後、特許庁によって特許が承認されました。その特許所持者達5人のうち4人はオースティンTX(テキサス)のフリースケール・セミコンダクターの中国人従業員でした。

“Patent is divided up on 20 per cent increments to five holders.
特許は20%ずつ5人の特許所有者に配当されます。

“Peidong Wang, Suzhou, China, (20 per cent);
Zhijun Chen, Suzhou, China, (20 per cent);
Zhihong Cheng, Suzhou, China, (20 per cent);
Li Ying, Suzhou, China, (20 per cent);
Freescale Semiconductor (20 per cent).
ピードン・ワン、スジュー、中国(20%)
ジジュン・チェン、スジュー、中国(20%)
ジーホン・チェン、スジュー、中国(20%)
リー・イェン、スジュー、中国(20%)
フリースケール・セミコンダクター(20%)

“If a patent holder dies, then the remaining holders equally share the dividends of the deceased if not disputed in a will.
もし、特許の所有者が死亡すると、もし、それが遺言書の中で異議を唱えてなかった場合、残った所有者達が均等に亡くなった人の配当金をわけます。

“If four of the five dies, then the remaining one Patent holder gets 100 per cent of the wealth of the patent.
もし、5人の所有者達のうち4人が死亡したら、残った一人の特許所有者がその特許の富の100%を得る事になります。

“That remaining live Patent holder is Freescale Semiconductor.”
そして、その残った生きている特許所有者はフリースケール・セミコンダクターです。』

It adds: “Here is your motive for the missing Beijing plane. As all four Chinese members of the Patent were passengers on the missing plane.
そして、その所見欄には、更に、『行方不明の北京の飛行機に対する動機がここにあります。なぜなら、特許の中国人の4人のメンバーの全てがその行方不明飛行機に搭乗していたからです。

“Patent holders can alter the proceeds legally by passing wealth to their heirs. “However, they cannot do so until the Patent is approved. So when the plane went missing, the patent had not been approved.”
『特許の所有者達は、その富を彼らの相続人に譲渡することで法的にその利益を変更することが出来ます。しかし、彼等はその特許が承認されるまでは出来ません。だから、その飛行機が行方不明になったとき、特許はまだ承認されていませんでした。』

However, the absurd theory does not add up.
しかしながら、その馬鹿げた理論は辻褄があいません。

Although a Freescale patent does exist under number US8650327, none of the names listed actually appear on the passenger manifest released by the Malaysian authorities.
フリースケールの特許がUS8650327の番号で存在しないにも関わらず、そのリストにあげられた名前のどれもが、実際には、マレーシア当局により公開された乗客名簿にはありませんでした。


The search continues for Flight MH370 but speculation surrounding its fate grows by the day.
フライトMH370の捜索は継続されていますが、その結末についての憶測は日増しに広がるばかりです。

Some experts believe the plane was hijacked–possibly by the pilots–or that there was a struggle on board which led to a catastrophic decompression.
ある専門家たちは、同飛行機は、もしかするとパイロットにより、ハイジャックされたか、または、飛行機内でいざこざが起きて破滅的な減圧が起きた可能性を信じています。

However, no seat cushions or luggage that would have been expected to float have yet been found in the vast Indian Ocean where it might have crashed.
しかし、同飛行機が落ちたとされている広大なインド洋で海の上に浮かんでいるのではないかと見られている座席のクッションや荷物などは未だ見つかっていません。





管理人: どうもこのマレーシア機の行方不明事件は、きな臭い感じします。

金にまつわる汚い事をする人達の犯罪なのでしょうか?












秘密保護法案と衆参不正選挙の関係オオアリ!弥勒菩薩ラエルは世界平和を主張。


URL:ユダヤ朝鮮犯罪者秘密保護法案と衆参不正選挙


リチャード・コシミズの事を陰謀論信者として笑う人達が多いが、今回の日本の不正選挙を暴いた人はリチャード・小清水だった。
不正選挙を訴え裁判を起こした人達は、リチャードの事を信じていた人達だったのではないだろうか?

この件でリチャード氏への信頼は私の中では高くなったといえる。
なぜなら、言動が一致しているからだし、その結果が出てきているからです。
その逆に、口では理想的なことをいうが行動を全く示さない人達は信頼を完全になくすだろう。

彼の日記で、「ユダヤ朝鮮犯罪者秘密保護法案と衆参不正選挙」と題したものがあった。

これを引用したい。


ユダヤ朝鮮犯罪者秘密保護法案と衆参不正選挙


27d5637c.jpg


           ユダヤ朝鮮裏社会が日本を支配し蛮行を行うのに必要な口封じ策が秘密保護法案。これを実現するには、裏社会の言いなりの売国奴を国会に大量に送り込む必要があった。

そこで裏社会が行使したのは「衆参不正選挙」手口。偽選挙でユダヤの尻を舐めるごろつき候補だけを不正手段で当選させた。そして、捏造した安倍偽政権の手で次々にユダヤ様の危機を救うための売国策を打ち出す。

だが、各地の高裁では「不正選挙追及裁判」。裁判所に手を回して火消しに励むが、逆に法廷動画を公開されてなす術なし。「不正裁判隠蔽部隊」は失態を責められるが、せいぜい「警備要員を増やして原告に恫喝を仕掛ける」くらいしかできない。警察力行使などやったら逆に「不正選挙」「不正裁判」が世に知られてしまう。

さて、ユダ金さん、どうしますか?そろそろ飼い犬と飼い豚も怖くなって逃げだしますよ。内部対立で殺し合いとか始まってませんか?「空気」読めていますか?もはや、風向きかわってますよ。やればやるほどドツボにはまるユダヤ犯罪者の愚かな最終章。w


秘密保護法案きょう採決強行 与党、衆院で

朝日新聞デジタル 11月26日(火)3時7分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131126-00000004-asahi-pol

     安倍政権は25日、衆院で審議中の特定秘密保護法案について、26日の採決に反対していた日本維新の会が賛成しない場合でも、与党とみんなの党だけで衆院国家安全保障特別委員会と本会議で採決を強行する方針を固めた。自民、公明両与党と維新、みんなの4党が共同でまとめた修正法案が26日に衆院を通過する見通しとなった。複数の政権幹部が明らかにした。

4党は25日の同委で修正法案の趣旨説明を行った。その後の同委理事会で、26日に同委に安倍晋三首相が出席して質疑をすることを額賀福志郎委員長の職権で決めた。与党は26日朝の理事会で同日中の採決を提案したうえで、質疑後に修正法案を可決し、午後の本会議に緊急上程して衆院を通過させる方針。

維新は修正案に賛成する一方、秘密指定が妥当かどうかを検証する第三者機関の設置という修正要求に対し、首相が答弁でどこまで確約するかを見極めたいとして、26日の採決に反対する方針を決定。政権と維新の対応が焦点だった。

朝日新聞社

引用終わり



政府は力づくで、この特別秘密保護法案を可決しようとしているのには、理由があるはずです。

いよいよ日本もアメリカと同じように言論統制が行われるようになるのでしょうか?

アメリカが日本をうまくコントロール出来るように内部改革するのでしょうか?
内政干渉?
このような日本政府は崩壊するべきです。

新しい社会が生まれるべきです。

日本政府は、安◯首相は市民の幸せなんてこれっぽっちも考えていない。

アメリカ政府の言うとおりにするだけじゃないか。そんなの犬のほうがましだ。


宇宙人エロヒムの最後の預言者である弥勒菩薩ラエルは、全ての社会・政府・法律・警察が崩壊し、新しい社会システムが導入されなくてはいけないとお話しされていました。

それは楽園主義と呼ばれています。



このシステムを人類の社会に導入すべき時は、今なのです



earth_P



↑このページのトップヘ