楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

カテゴリ: 海外




「ベネズエラの情勢不安はアメリカの内政干渉が原因」
2013/04/17(水曜) 21:01
URL:記事掲載元


          14日に行なわれたベネズエラ大統領選挙で勝利したマドゥロ暫定大統領が、ベネズエラの選挙後の情勢不安の原因は、アメリカの内政干渉であるとしました。

プレスTVによりますと、マドゥロ暫定大統領は、野党のカプリレス候補に僅差で勝利することができましたが、アメリカに支持されているカプリレス候補は、この選挙での敗北を受け入れていない、ということです。

この選挙後の暴動により、ベネズエラでは数名が死亡しました。

カプリレス候補は選挙結果を受け入れず、16日火曜、支持者に対してデモ行進を行うよう求めるとともに、全ての票の再集計を要求しました。

マドゥロ暫定大統領は16日、アメリカのベネズエラへの内政干渉を非難し、「ベネズエラの首都カラカスのアメリカ大使館が、選挙結果の発表後に発生したベネズエラの情勢不安に関与している」と表明しました。

さらに、「在カラカス・アメリカ大使館はベネズエラ人の暴徒に対する金銭的な援助を行い、これらの人々にベネズエラで情勢不安を作り出すよう奨励している」と述べました。

ベネズエラで最近行なわれた大統領選挙は、故チャベス大統領の死去からわずか6週間後に行なわれました。

チャベス大統領はがんによる2年間の闘病生活の後、2013年3月に58歳で逝去しました。


管理人:人類の社会を平和にするためには、今の1%の銀行家達による世界侵略的な政治は全て解体しなくては行けません。
軍隊も政府も銀行も全てなくなるべきだと思います。

その理由がここに書かれています。










シリアが数十年前から化学兵器を保有し、その使用の懸念が帝国主義諸国の中で囁かれていることを伝えるニュースであるが、そもそもシリアに化学兵器があるのかどうか、その証拠さえ記事に載せないで、どうしてシリアが化学兵器を所持していると言えようか。

これは、イラク戦争を始める時に、イラクが大量破壊兵器を持っていると米国が言って戦争を始めた状況に告示しているように思う。
イラクの場合は、米国のCIAがイラク国内に入った時に大量破壊兵器を見つけたと言う偽の情報を発表して、イラクへの侵略戦争を始めたと言う報道がありました。ー

シリアの場合も同様に、シリア国内への査察を米国が行い、その時に米国が持っている化学兵器をそっとシリア国内において、「シリアの化学兵器を発見した」と大手メディアに報道させ、シリアへの侵略戦争を開始するのではないか?

参考に、イラン・ジャパニーズ・ラジオの記事を紹介します。

2012/07/26(木曜) 22:10
シリアでのテロの継続
モハンマディ記者
西側や一部の中東諸国が、シリアの武装テログループへの支援を続ける中、シリア政府は、シリア問題を解決するための、国連とアラブ連盟のアナン・シリア特使の調停案を守っていくことを強調しました。シリアでは、2011年3月から、アメリカ、カタール、サウジアラビア、トルコなどの外国の支援を受けたテログループが、各地に情勢不安を引き起こしてきました。武装グループは、シリアの国民や治安部隊を殺害しながら、暴力の元凶がシリア政府であるように見せ、NATO北大西洋条約機構や西側によるシリアへの軍事介入の土台を整えようとしています。

シリアの外務大臣は、25日水曜夕方、ダマスカスで、国連のラドソス平和維持担当事務次長と会談し、「シリアは、シリア問題を終結させるため、アナン特使の調停案をはじめとする政治的なあらゆる計画を歓迎する」と語りました。また、シリアの武装した暴徒に対する、西側や一部中東諸国の武器や資金面での支援を批判し、「シリア政府は、国連監視団を受け入れ、彼らと協力することで、問題の平和的な解決に対する誠意を示してきた」と述べました。イランのハザーイー国連大使も、アメリカ・ニューヨークで行われたシリア情勢に関する国連安保理の会合で、「イランは、シリアの現状の唯一の解決法は、平和的な枠組みの中で、国民の対話を実施することだと考えている」と強調しました。ハザーイー大使は、イランがシリアの政府と反体制派グループの間を仲介する用意があることを改めて明らかにし、「一部の国は、武装グループに資金や武器を提供し、シリア情勢をさらに混乱させようとさまざまな努力を行っている。だが、罪のない国民に対する暴力、テロ、破壊行為を終わらせるべきだ」と述べました。また、「西側諸国は、この重要な地域の情勢に対する政策を見直すべきだ」としました。このような状況の中で、シリア反体制派の中核組織、「シリア国民評議会」のシーダ議長は、最近の表明の中で、シリアでの武装グループの軍事作戦の継続を強調し、サウジアラビアの国王による武器や資金面での支援に感謝を述べました。サウジアラビアの新聞、アルワタンは、シーダ議長の話として、「サウジアラビア政府は、シリアの武装グループの資金や武器の調達において、最大の努力を払っており、これらのグループの存続において決定的な役割を担ってきた」と報じました。イギリス発行の新聞、インディペンデントも、少し前、シリアの武装グループの行動を分析する中で、武装グループの幹部の話として、「武装グループの装備が強化されており、サウジアラビアとカタールが彼らに資金援助を行っている」と伝えました。こうした支援により、シリアの反体制派は現在、カチューシャ砲や迫撃砲などの武器を手に入れることができています。シリアの武装グループに対する武器や資金の援助が拡大する中、シリア政府軍は、声明を発表し、「北西部のアレッポや首都ダマスカス、中部のホムスの大部分で武装グループを鎮圧し、国民の生活に平穏が戻っている。またテロ攻撃を恐れ、町を離れていた人々も、徐々に自宅に戻っている」と表明しています。



宇宙人エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルは、一部の巨大な帝国が他国を侵略するような社会は完全になくすべきだと話しています。そして、社会の仕組みとして楽園主義という社会システムを人類の社会に取り入れるべきだと話しておられましたね。

シリアをイラクの二の舞にしないためには、真実を世界に伝える報道機関が必要だと思います。そして、シリア政府の国内の問題にはシリアの独自の判断と解決に任せるべきだと思います。

米国は、シリアの武装グループをCIAを通して編成し戦闘訓練をさせ、シリア国内の反乱を起こさせようとしているかもそれません。米国にこれ以上のシリアへの干渉は一切させないことです。

そして、サウジアラビアにシリアの武装グループへの武器の供給をやめさせること。

そして、世界中で平和を祈る瞑想を同時に行うと、世界中のその他の人々に平和の祈りが通じ、社会が平和になるように人々が行動していくと言われています。



宇宙人エロヒムが地球に再来するまで、早くてあと13年・・・・







国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース

2012年3月6日(火)
■小児性愛を隠蔽するイギリス政府の陰謀
※ English version follows the following Japanese translation.

 イギリス政府がローマ法王に対する訴訟を阻止したことを認める。ラエリアンは世界中のイギリス大使館の前で抗議運動を行います。

2012年3月5日アメリカ、ラスベガス

 国際ラエリアン・ムーブメントは、イギリス政府が小児性愛犯罪および人道に反する罪に加担したことを証明する、イギリス政府からの手紙を手にしていると言います。事の発端は、2010年9月にローマ法王がイギリスを訪れている最中に、ラエリアン・ムーブメントから、ローマ法王に対して起こされた訴訟でした。申し立ての内容は、教会内の小児性愛の隠蔽、及び、バチカンがアフリカの何百万人もの人々に、コンドームではエイズの感染を止めることはないと伝え、人道に反する罪を犯したというものでした。アフリカで何百万もの人々が死亡している責任は、結果的にバチカンにあるのではないかとラエリアンは推定しています。

 ローマ法王に対する最初の訴訟をまとめる助けをしたラエリアンのガイドであるリッキー・ロアーは言います。「私たちは、イギリスの裁判所がこの訴訟を公平に扱ってくれることを信じて2010年に告訴しました。訴訟が認められたとき、私たちは勇気付けられました。ところが、不思議なことに、訴訟は延期され、ローマ法王がイギリスに滞在中に訴訟書類が法王に送達されることはありませんでした。そして、最初に一人の判事がそれを再審理していたにもかかわらず、最終的に訴訟は却下されました」

 ラエリアン・ムーブメントは、バチカンの政策を厳しく非難する事で知られており、過去に、誰もあえて口にすることはなかった教会内の小児性愛について公にした、ムーブメントの下部組織NOPEDO(www.nopedo.org) がベルギーのバチカンに訴えられたこともあります。
 
 ロアーはさらに続けます。「イギリス政府は現在、単に政治的便宜のために、世界最大の小児性愛保護者とAIDSの蔓延促進者のパートナーとなっています。英国政府がローマ法王の壮観さの恩恵に浴したいがために、子供たちやAIDSの犠牲者たちは苦しんでいます。英国への情報公開リクエストを通して、私たちは、ローマ法王の訪英中は、法王に対する「法的脅威」を阻止する方針をイギリス政府が立てていたことを知りました。理由を尋ねたところ、イギリス政府は、大臣達の特権的議論を含むイギリス政府のトップレベルと関わる問題であることを理由にリクエストを拒否しました。特権的議論ですって?どんな特権が小児性愛者を守って良いのでしょうか?これはつまり、イギリス政府がローマ法王を守っているということです。かつて法王は、ヨハネ・パウロ2世の時代に広がっていた小児性愛に対処する責任者でした。カトリック教会が恥をかき、数十億ドルを支払うのを避けるために、何千件もの小児性愛事件を隠蔽してきたという「特権的」立場にいたことは間違いありません。子供たちの権利よりも犯罪者を守るとは、忌まわしいことです。イギリス政府は、正義が行われないように企む人同様に、犯罪行為に加担しています。さらに、マードックのニュース・オブ・ザ・ワールドのスキャンダルの後、芯まで腐っていることが明らかとなったイギリスの報道機関も、この茶番劇に協力したことは明らかです」

 ラエリアン・ムーブメントは今後も控訴を続けるといっています。
 3月7日、世界中のイギリス大使館の前で抗議運動が行われる予定です。


プレスリリースへのご意見・ご質問及び日本ラエリアン・ムーブメントセミナー・講演会等のイベント情報、またインタビューについては、以下の広報担当までお問い合わせください。

ラエリアン・ムーブメント rael.org 及び press.rael.org について、ラエリアン・ムーブメントは世界最大の無神論を唱える非営利団体であり、地球上の生命が、聖書原典においてエロヒムとして知られる宇宙人の文明により、DNAの合成を経て、如何にして創造されたのかを述べています。会員数は世界104カ国、80,000人にのぼり、この宇宙人が弥勒菩薩・ラエルにもたらしたメッセージを広めるべく活発に運動を展開しています。それは、彼ら宇宙人エロヒムを公式に迎えるための大使館の建設、及び平和と非暴力の価値観を広めるという目標を持っています。
ラエリアン・ムーブメントは、非順応主義、楽園主義、生命の絶対的尊重の哲学を通じて、世界に波紋を投げかけています。

インタビューまたは更に詳しい情報をご希望の場合は、下記の連絡先までお問い合わせください。
非営利市民団体 日本ラエリアン・ムーブメント
http://www.rael.org

広報担当 斉藤 周二
URL: http://www.press.rael.org
TEL : 0479-74-8006 FAX : 0479-74-8007
e-mail : jrm_press@yahoo.co.jp

( ´ ▽ ` )ノ

UK Government Conspiracy to Cover Up Pedophilia

UK Cabinet Admits To Have Blocked Lawsuit Against Pope. Raelians organize protests worldwide in front of UK embassies.

Las Vegas USA, March 5, 2011 - The International Raelian Movement (http://www.rael.org) says they have a letter from the UK Cabinet which proves that the UK Cabinet is complicit in crimes of pedophilia as well as Crimes Against Humanity. All this stems from a lawsuit the Movement filed against the Pope during his visit to the UK in September 2010, alleging covering up pedophilia within the church as well as Crimes Against Humanity for the Vatican's telling millions of Africans that condoms do not stop the transmission of AIDS. They deduce the Vatican is responsible for millions of deaths in Africa as a result.

Raelian Guide Ricky Roehr who helped put together the initial lawsuit against the Pope said "We filed this lawsuit in 2010 trusting the UK Courts would treat this case fairly. We were encouraged when the lawsuit was accepted. Then, mysteriously, the case was stayed, preventing service on the Pope while he was in the UK. The lawsuit was then eventually dismissed, even though it had initially been reviewed by a judge."

The Raelian Movement is known for its sharp criticism against Vatican Policy and was even sued by the Vatican in Belgium for the actions of an offshoot organization NOPEDO (http://www.nopedo.org) which publicly reported on pedophilia within the Church at a time where no one dared to talk about it.

Roehr continued "The UK cabinet has now partnered with the world's largest protector of pedophiles and promoter of spreading AIDS merely for political expediency. Children and AIDS victims suffer so the UK Cabinet could bask in the Papal pageantry. Through Freedom of Information requests with the UK, we learned that the UK Cabinet had formulated a policy to prevent “legal threats” against the Pope during his visit to the UK. When asked why, the UK Cabinet denied the request on the basis that it 'involved the highest levels of the UK government including privileged discussions among government Ministers.' Privileged discussions? What privilege could protect pedophiles? This means that the UK government is protecting the Pope - who was formerly in charge of dealing with the rampant cases of pedophilia under Pope John Paul II reign - and who was most certainly in the 'privileged' position to have buried thousands of cases of pedophilia so as to avoid $billions and embarrassment to the Catholic Church. Protecting a criminal over the rights of children is detestable. The UK Government is complicit in criminal activity just as anyone who conspires to keep justice from being carried out. Furthermore, the English press, which we now know was rotten to the core after the revelations of the Murdoch-News of the World scandal, apparently cooperated in this travesty."

The Raelian Movement says it will continue to appeal. A worldwide protest is organized in front of UK embassies on March 7. make sure each country complete details for their protest.





これ面白いですね!

鳥になった時、人は自由を感じる。

バンジージャンピングもそう。

海に潜っても、空を飛んでいるような錯覚を感じて自由を感じる。


全ての人が自由のなかで、全ての人達のためになにか良いことをして、社会が平和な世の中になるように………


世界中に暴動が広がり政治・警察・法律の権力構造が消える日が来る、弥勒菩薩ラエル

全ての麻薬を合法化にする流れがあります。


全ての麻薬を合法化すべきだと、イギリスの労働党の元内務大臣が述べる
Legalise all drugs, says former Labour Home Office minister

Source: http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/law-and-order/8204123/Legalise-all-drugs-says-former-Labour-Home-Office-minister.html

この記事は、2010年12月16日に出たものですので、もう過去の話になっていますが、以下の記事では、その当日の朝の記事で、ボブ・アインスワース氏が、全ての麻薬の合法化を指示する発表をする予定であると書かれており、政府の再審理で何を彼が発言する予定であるかについて書かれています。

以下、その記事内容です。


2001年から2003年の間、内務省の薬物対策を担当したボブ・アインスワース(Bob Ainsworth) 議員は、麻薬売買を犯罪組織から取り上げて、医師と薬剤師に委ねるべきだと発言する予定です。

アインスワース氏の案によると、麻薬の売買は、最も危険な薬として医師により禁止されるように規制がなされることになります。

昨晩、アインスワース氏はデイリーテレグラフに、「私は自由主義者ではない。街角でヘロインを買って意識を失ってしまうべきだとは思わないですよ。しかし、麻薬を医療問題として取り扱わなければいけない。」と言いました。

今日、国会議員らを前にしたスピーチで、彼は、「麻薬に関しての戦争はまさに災害に他ならない。」と長年心に抱いてきた考えを話すつもりでいます。

今日、英国会議事堂のウェストミンスター会堂での討議で、2001年から2003年までの間、麻薬政策に関わったアインスワース氏は、「麻薬を禁止しても、私たち自身を守ることは出来なかった。」と発言するつもりです。

「麻薬市場を犯罪組織の手に委ねると、個人、地域社会、そして諸国全域に、非常に深刻な不要な害を与えてしまいます。特に、貧しい人たちが最も深刻な被害をこうむっています。私たちは何十億ポンドというお金を麻薬対策で費やしていますが、それにもかかわらず、麻薬の広範囲な入手経路を断つことはできていません。」

「社会をより安全により健康的な場所にするため、特に子供たちのために、失敗に終わった麻薬戦争の代わりに厳密な法的規制のなされたシステムを導入する時期だと思います。」

「私たちは、この取引を組織化された犯罪者から取り上げ、医師と薬剤師の管理下に委ねなければいけません。」

アインスワース氏は、2009年から2010年の間に防衛大臣を務めた頃に、麻薬戦争がまさに不法な取引を長続きさせてしまう条件を作り出してしまう事が分かったと述べる予定です。

「最前列のベンチから退いたことで、麻薬取引に対する最善の策をもって始められた麻薬戦争はまさに完全な失敗に他ならないと言う私の見解を発言する自由が得られました。」

アインスワース氏は、麻薬禁止が効果を発揮していたかどうかを判断するため、1972年に制定された「1972年薬物乱用法」の「影響評価」を新たに行うことを要求するでしょう。

「米国内で13年間禁酒法が施行されたあとに、再度酒類を合法化したのは、降参したという意味ではない。暴力的なギャングの取引を改めて管理するために政府が必要とした実利的な動きであった。」と、彼は発言する予定です。

昨晩、アインスワース氏は、全ての党の首席クラス議員らの支持を勝ち取りました。

トリー議員やピーター・ライリー議員は、根拠に基づいた案として、アインスワース氏の要求を支持しました。

「麻薬への最近の取り組みは、大失敗でした。皆のため、特に若者のため、全ての政治家は、この問題を政治的な駆け引きとして使うことを止める時が来ました。
私は長い間、大麻を合法化して、その一方でハードドラッグは禁止のままにすることで、ソフトドラッグとハードドラッグの間の関係を壊すことを主張してきました。」

「再審理では、現在の麻薬禁止法支持者のアプローチの仕方の賛否を、全ての代替案も考慮に入れながら、広範囲な非犯罪化と法的規制も含めて検討しなくてはならない。」と彼は言いました。

自由民主党議員のトム・ブレイクは、こう述べています。「私は、党の政治的な点数稼ぎをやめて、薬物乱用法の影響評価を通して、全ての選択肢を探っていく、アリンスワース氏の訴えを支持します。」

労働党のポール・フリン議員は、「アインスワース氏の発言は、イギリスの失敗し続けている麻薬戦争の転換点になるでしょう。」、と述べました。

「アインスワース氏は、説得力がある、評判の高い代弁者です。彼は、行政や官庁の要求によって今まで沈黙してきた多くの人達の見解を代弁しています。」

「しかし、昨晩、犯罪防止担当の内務省大臣、ジェームス・ブロケンシャイアはこう述べました。「麻薬は害があり、人生を台無しにします。合法化は答えではありません。」

「麻薬の非犯罪化は、この問題の複雑さを見落としてしまう単純な解決策であり、麻薬の使用が個々人に対して与える深刻な害を無視してしまいます。」


7月、国の法廷弁護士のリーダーは、個人の麻薬使用を合法化するよう要求しました。イングランド・ウェールズ法曹会の議長、ニコラス・グリーン勅選弁護士は「個人の麻薬使用を犯罪の対象からはずす」ことを考慮することは、「理に適っている」、と述べました。

こういった進歩がなされれば、経済的に何十億ポンドというお金が節約されるでしょう。

麻薬関連の犯罪に対し、年間で130億ポンドもの莫大な資金が使われていますが、麻薬が合法化されれば、警察を麻薬捜査から開放し、犯罪は減り、社会の健康度は改善されるでしょう。



麻薬を合法化して麻薬を医師と薬剤師が管理する場合に、その麻薬はどこから来るのかというと・・・
海外の例えばアフガニスタンとか、その他の国
麻薬の栽培を行なっていて収穫された麻薬は現在ギャングなどが違法に入手している状況だと思います。
このような国からの麻薬が、新しい制度では、政府機関が堂々とこの麻薬生産国から輸入するようになるのでしょうか?
うーん・・・まだ、ちょっとぴんときませんね。

その場合には、ギャングは麻薬の売買に手を出せないという事?

なぜなら、マリファナは合法的に個人がお店から買うことが出来るので、ギャングから非常に高い値段で買う必要がない。

ハードドラッグは、新しい制度でも違法なわけですよね。

このハードドラッグには、ギャングはどういう態度で行くのでしょうか?
そのギャングの裏には誰がいるの?

世の中の物事には裏と表があって、裏のことについて言うと、この麻薬取引自体、例えば、アメリカなどの政府が裏で行なっていて、その取引でえられた大金を米国連銀などの機関を使用して浄化し、浄化された資金をCIAなどが無制限に使用してさまざまな機密諜報活動を行なう権利があると、ジョン・コールマンの本に書かれていました。
また、アメリカがアフガニスタンに戦争をしかけてから、アフガニスタンでの麻薬栽培の生産高が遥かに大きくなったという事も書いてあります。
そして、麻薬の売買はギャングがしていますが、そのギャングは実はヨーロッパなどの貴族達が裏でコントロールしている、とか

もし、こういう情報が本当だとすれば、アメリカが麻薬生産に関わる理由は、唯1つお金を稼ぎたいからだと思いますね。ドルは落ちる一方なので。

こういう裏の政府機関の動きを、麻薬を合法化することでどのように解決していくことが出来るのでしょうか?

英国でのこの新しい政策とその結果を見つつ、他国も麻薬に対する取り組み方を再検討する必要があるかもしれません。


参考記事⇒マリフアナ合法化 カリフォルニアが住民投票へ



以下、本の紹介です。

「300人委員会」ジョン・コールマン博士の迫る破局 生き残る道「300人委員会」ジョン・コールマン博士の迫る破局 生き残る道
著者:ジョン コールマン
成甲書房(2001-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る





ビヨンド・コンスピラシー陰謀を超えて 最終段階に突入した「300人委員会」世界支配計画ビヨンド・コンスピラシー陰謀を超えて 最終段階に突入した「300人委員会」世界支配計画
著者:ジョン・コールマン
成甲書房(2009-09-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

↑このページのトップヘ