楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

カテゴリ: 情報・通信

Facebook connections map the world
Facebookの繋がりが世界地図を作る・・・

BBC News
http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-11989723

Facebookのユーザーの分布図を世界地図みたいにした人がいますよ~

これがその地図です。
↓↓↓
f05a3c3d.gif


以下その引用です。
Facebookの実習生のポール・バトラーさんは、ソーシャル・ネットワークの会社が持っている500万人の会員のデータについて詳細に調べてきました。

この地図は、会員が上の地図の中でどこに住んでいるのかを、Facebookフレンズをもとに視覚化したものです。1つ1つの線が友人と友人を都市と都市の間で結びあいます。線が明るければ明るいほど、その都市間の友人がよりたくさんいるということになります。

その画像と設定さたデータに微調整を加えてみると、それは「驚くほど詳細な世界地図」を生み出しました。」と、ポールさんはブログの投稿欄に書き込みをしています。

「大陸が視覚化されただけではなく、ある国際間の国境は明白であることも見てわかります。」と彼は書いています。

「しかしながら、私を本当に驚かせたのは、これらの線が海岸や川、または政治的な国境の線を表していないということを知っていながら、しかし、本当の人間の繋がりをあらわしているんです。」

しかし、世界の中で大きな部分が見えていません。中国、そして、中央アフリカなど。これらの地域では、Facebookはほとんど使用されていません。




とってもきれいだね。

インターネット上では、国境がないというのかはっきり見てわかる。あるとすれば、言葉の壁・・・。でも、それもはっきりとはしないし。


地球がはやく、世界政府で1つになり、国境のない平和な星になるように、がんばりましょう~

2011.03.06に以下に追記しました・・・

最近反政府デモとか、中東を中心に起きていて、その影響はやはりインターネットのFacebookや、Twitterなどを沢山の人たちが見て、そこに書き込んであるメッセージに触発され政府に対してデモを起こしているというのが挙げられています。

この地図を見ると中東などはそんなに光がありませんよね。

中国もそんなに光の線はありませんが、でも、中国でも最近インターネットから反政府デモをしようという呼びかけが起きているというのがニュースでも取り上げられています。

テレビで一昨日の夜観たときは、中国でも実は企業が使う特別なソフトを使用すれば、日本へアクセスしてそこからFacebookにつなげるというやり方で、自由にFacebookやTwitterなどを利用できるということを説明していました。
しかし、このような手法は、一般の市民でほとんど知っている人はいないのが現状らしいです。

かなり高いレベルで中国政府は市民への情報を捜査しているというのがよくわかります。

いい意味でも悪い意味でも、中国は市民の考えと行動を自分の国に都合のよいように誘導しているというのがよくわかります。

もし、中国の人たちがもっとFacebookやTwitterなどに接続できるようになれば、おそらく高い確率で暴動がおこり、その時には中国政府の存続もあやうくなり、そこに、おそらく米国などが援助するふりをして入り込み、暴動する側の味方について、反政府側が勝利したときには、米国が勝利した新しい政権を完全にコントロールしてしまうような体制にしてしまうような危険性があると思います。

こういうことをおそらく中国政府は防ぎたいという考えもあるのかもしれません。



アンドロイドの携帯は、最近沢山のキャリアから販売されているので興味があり、南浦和駅の近くの店に行ってみた。
そこで、いろいろ聞いてみると、アンドロイドでよいものはソフトバンクのガニメデと、ドコモの同機能を有する機種。

この二つは、なかなかいいのですが、難点はハードディスクの容量、メモリーが500M~1GB? たぶん、1GBもないかもしれません。
つまり、メモリーが少ない変わり、外付けのチップをつけて30GB位を使用しようというわけですね。

しかし、こうなるとネットからアプリをダウンロードする場合に、メモリーが少ないスマートフォンにはインストールできないソフトも中にはあるらしい。それに、同時にいくつものアプリを起動して使用することも不可能みたいですね。
この店でカメラを起動しようとしたら、他のソフトを閉じなさいというエラーメッセージが出たんですよ。

こういう面倒なことは、iPhoneではありません。

私はiPhoneユーザーです。

しかし、お店の人いわく、アンドロイドの携帯の場合、ソフトの開発で規制がほとんどないため自由に作ることが可能であり、そのためにいろんな多彩なソフトが次々に登場してきているらしいですね。
近いうちに、iPhone用のアプリの数をアンドロイド用のアプリの数が追い抜くと言ってました。

アンドロイド携帯の場合、カメラの画素数が非常に良い、遠赤外線通信が可能というのも利点ですね。
iPhone4で撮影した写真をカメラやで現像すると、やはり画素数で他の日本の携帯に負けているらしいです。
ただアンドロイドでは、まだスカイプで通話ができないと言ってました。これは、メモリーが小さいということも関係しているのでしょうか。アプリ自体がないということもあるかもしれませんが、そういうアプリを使用しても、メモリーが小さいため携帯のスピードが遅くなるということも考えられます。

また、ソフトバンクのiPhoneのユーザが予想以上に増えたため、実はネット回線がパンク寸前らしく、ネット回線の使用が混む時間帯には、iPhoneで接続しても反応が遅くなると店の人は言ってました。そのため、ソフトバンクの対策として最近各ユーザに無料でfonというルータに接続して使用するWiFi機器を配布しだしたんですね。
私もそれを家で接続して使用してましたが、二日ほどネット接続が切れたとき、このfonも接続できない状態になり、その復旧作業が結構ややこしくあまり意味がないようにも感じています。

ネット接続時のプロバイダから提供されたユーザIDとパスワードが、このfonの設定で必要になるらしいです。今、そのユーザIDとパスワードがわからないので、プロバイダに再発行をお願いしているところです。

1つ不満があるのですが、ドコモは自分たちが日本の電波の一番繋がりが良い周波数帯を独占しているということです。これこそ、一社が有利な条件を独占していて、これって法的に正しいことなのでしょうか?
ソフトバンクとか、他のキャリアーとか不利な立場で競争するし、それに、私達ユーザー側も不便な思いを強いられてしまいます。

使用の良さなどについては、アンドロイド携帯を使っている人たちの意見も聞きたいですね。

アンドロイド端末で競演する携帯3社それぞれの事情

アンドロイド携帯、米国でiPhoneを抜く

↑このページのトップヘ