楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

カテゴリ:言論の自由 > デモ行進




イスラエルのガザ地区への攻撃に対して、世界中でデモが発生している。

世界各国の反イスラエルデモ
2014/07/20(日曜) 21:09


ここ数日、世界各地でイスラエルのガザ地区での犯罪を非難する声が上がっており、この中で、人々の抗議や、非人道的なイスラエルに対する嫌悪の表明が拡大しています。世界各地でこのような抗議が広がり続けている中、チュニジアの人々も防衛手段を持たない、抑圧されているガザの人々への支持を表明しました。

チュニジアの人々はガザ地区におけるイスラエルの犯罪に抗議する中で、首都チュニスの街頭に出て、抗議運動を行いました。

抗議者はパレスチナの旗を持ち、スローガンを叫んで、ガザの人々に対するイスラエルの攻撃を非難しました。

また、ドイツのベルリンでも、数万人の人々がドイツ在住のパレスチナ人とともに抗議運動を起こし、イスラエルによる防衛手段を持たないガザの人々の殺害を非難しました。この中で、抗議者はスローガンを掲げ、パレスチナにおけるイスラエルの犯罪の停止と、ガザ地区空爆の即時停止に向け、国際社会が実質的な措置を取るよう要請しました。ベルリンの人々はまた、この犯罪に対して、世界で人権を主張する者や国際組織が関心を示さないことについて、激しく批判しました。ベルリンの中心地で行われたこの抗議運動は、ドイツで過去最大のパレスチナを支持するデモとなり、この中で抗議者はドイツ政府に対して、イスラエルの支援を停止するよう要請しました。

スウェーデンでも数千人の人々がストックホルムのイスラエル大使館前に集まり、イスラエルの戦争犯罪を非難しました。5千人以上のスウェーデンの人々は、スウェーデンの国会議員や政治活動家とともに、パレスチナの人々に対するイスラエルの犯罪を非難しました。抗議デモはストックホルムのセルゲル広場から始まり、イスラエル大使館に向かう中で続けられました。

アメリカ・ニューヨークの中心地でも、大規模なデモが行われています。このデモには、人権活動家やニューヨーク在住のパレスチナ人など、数千人が参加し、ガザ地区の人々に対するイスラエルの犯罪が非難されました。パレスチナを支持するアメリカの人々はここ数日、アメリカの各都市で抗議デモを実施しています。また、南アフリカの人々やアルゼンチンの人々も、大規模な反イスラエルデモを開催し、イスラエルの犯罪の継続を非難しています。

反イスラエルデモの激化は、世界の人々がイスラエルの犯罪に心を痛めていることを物語っており、イスラエルは新たな犯罪を犯すことで、国際舞台からますます孤立化しているのです。



Protest against Israel's attacks on Gaza - Israeli Embassy, London
17 November 2012
ガザへのイスラエルの攻撃に対するデモ抗議 ─ イスラエル大使館、ロンドン

2012/11/17
demo

URL:http://www.demotix.com/news/1608784/protest-against-israels-attacks-gaza-israeli-embassy-london#media-1608571

A protest against Israel's ongoing attacks on the Gaza Strip was organised outside the Israeli Embassy in London on by Palestine Solidarity Campaign, Stop the War Coalition, Campaign for Nuclear Disarmament and British Muslim Initiative.
ガザ地区へのイスラエルの現在進行中の攻撃に対するデモが、パレスチナ人の連隊キャンペーン(ストップ・ザ・ウォー連隊。核軍縮と英国イスラム教徒イニシアチブのためのキャンペーン)により、ロンドンのイスラエル大使館の外で行われました。


Gaza Conflict: Thousands Gather In London For Protest Against Israeli Military Action (PICTURES) (VIDEO)
ガザの戦争: 何千もの人達がイスラエルの軍事行動に反対するデモのためにロンドンに集まる

URL:http://www.huffingtonpost.co.uk/2014/07/19/gaza-london-protest-pictures_n_5601766.html

b4102ff6.jpg



65d7ff14.jpg











このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

BREAKING 8/20/13: NSA Has Ability To Read 75% Of All US Internet Traffic - ” That content includes the writing of emails – not merely their metadata – and touches phone calls placed inside the U.S. that use digital telephone."

NSAは米国の全てのインターネット・トラフィックの75%を読む能力がある。
その中には、Eメール…それらのメタデータだけではなく…デジタル電話を利用する米国内でかけられた電話も監視することが出来るのである。

nsa message


「If I email the constitution to my friends, will Obama finally read it?
もし私が憲法を友達にEメールで送ったら、オバマ大統領は最終的にそれを読むでしょうか?」


憲法には、無差別の盗聴や監視は違憲であると書いてあると思いますが・・・




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




801737c0.png



子供を産む事ができる女性が自分の子どもが将来受けるであろう政府からの虐待・基本的人権の剥奪・戦争への参加などについて、本当に政府の行動に対する怒りを表に出した時、その国は根底から変わざるを得ない。

レイマ・ロバータ・ボウィ


http://ja.wikipedia.org/wiki/レイマ・ボウィ

レイマ・ロバータ・ボウィ(Leymah Roberta Gbowee, 1972年2月1日 - )は、リベリア共和国の女性平和運動家。2011年のノーベル平和賞受賞者である。名前の日本語表記はリーマ・ボウイーとも。





■管理人:

人類の科学的創造者・宇宙人エロヒムの最後の預言者・弥勒菩薩ラエルは、世界的なデモ抗議運動が人類の社会を楽園主義の社会へと移行していくとお話されていました。

その社会ができるだけ早く実現されるように



earth_P





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



2014/01/27(月曜) 23:07
バーレーンの治安部隊が抗議者数名を拘束

バーレーンの治安部隊が、同国で人権侵害を続ける、無実の抗議者数名を拘束しました。

ハリーファ政権の治安部隊は、26日日曜、住宅を襲撃し、バーレーン人12名を拘束しました。

また、治安部隊は26日、同部隊の銃撃で殉教したバーレーン人青年の葬儀を攻撃し、これにより数名が負傷しました。

負傷した後ハリーファ政権軍により拘束されたこのバーレーン人の青年は、治療を受けられずに死亡しました

ペルシャ湾に浮かぶアラブの小国・バーレーンでは、2011年2月から人々がデモを行っています。



◆管理人: アムネスティ・インターナショナルの英語版ニュースには、このような記事がありました。

記事の内容をすこし紹介します。

The Bahraini authorities must immediately investigate the death in custody of a 19-year-old boy who was shot in the head by security forces, said Amnesty International.

“Bahrain’s authorities must come clean and open a full, independent investigation to establish the truth about the death of Fadel Abbas. Those responsible for his death must be held to account,” said Said Boumedouha, Deputy Director of Amnesty International’s Middle East and North Africa Programme.
バーレーン政府当局は、即刻、治安部隊により東部に銃弾を打ち込まれ勾留された19歳の少年の死について調査をしなくてはいけないと、アムネスティ・インターナショナルは言いました。
「バーレーン当局は、ファデル・アバスの死に関する真実を立証するために、汚れのない開かれた独立した調査をしなくてはいけません。彼の死について責任のある人々は説明責任が問われなくてはいけません」と、アムネスティ・インターナショナル中東・北アフリカプログラムの副所長であるブーメドゥーハが言いました。


◆管理人: こちらは、RTニュースです。
こちらにはデモの様子が写真でも詳しく見せてあります。
Fears of soaring tensions as police clash with protesters in Bahrain
バーレーンで警察が抗議者達と激しくぶつかり合い、急上昇する緊張からの恐怖

Published time: January 26, 2014 21:48

638cbc0f.jpg


17017a01.jpg


Bahraini police have fired tear gas and birdshot at stone-throwing protesters in a village west of the Gulf nation’s capital, witnesses said. The clashes follow the funeral of a young man who died in custody after being shot by law enforcers.
バーレーンの警察は催涙ガスや小動物用の小型散弾銃を石を投げつける抗議者達にめがけて発砲しています。目撃者によると、抗議者達は湾岸諸国の首都の西側の村で抗議運動をしている模様です。この衝突は、治安部隊により頭を撃たれ留置所に入れられ死亡した少年の葬儀の後に起きました。


【 過去記事より 】

◆管理人:

バーレーンのデモがどのようなものだったか詳しい説明はないが、過去の情報を検索してみると、去年の9月にバーレーンであったデモの様子にいて書かれているものがあった。バリーファ政権の上の記事の対応は非常に問題だと言えます。抗議者の住宅を襲撃して人々を拘束し、そのうち一人は死亡。
このような政府の対応は絶対に許せません。


27日バーレーンで起きた大規模反政府デモ

◆2013/09/30

 湾岸アラブ国のバーレーンで最大規模のデモが行われた。国民の大多数がイスラム教徒でその内、シーア派は75%を占めている。しかし支配者である王家のハリーファ家はスンニー派で、しばしばシーア派のデモに対し弾圧で臨んで来た経緯がある。

 バーレーンで起きている現象は、チュニジアやエジプトで起きた現象、すなわち「アラブの春」現象である。これはシリアのとは違うものである。シリアのは最初から、武装勢力がデモ隊に紛れて暴力事件を起こし、それをアラブや欧米の、シリア政権転覆を狙う勢力が、アサド政権の弾圧で死者が出たといって喧伝して騒乱を拡大した陰謀であった。

 バーレーンのこのデモは武器を持たず、純粋なデモであり、しかも数万人が大通りに出たとすれば、人口が70万ほどの国であるから、一世帯から1名はデモに参加したような、いわば、国民的運動になっていることが分かる。これこそ「アラブの春」の特徴である。

 したがって、このデモは政府が彼等の要求を入れるまで継続するものであり、それに対してあくまで弾圧で対抗すれば、遠からずそのバーレーン政府は転覆されていくことになるだろう。この国ではシリアのアサド大統領のように、国家元首を擁護するようなデモは起きない純粋に独裁圧制国家であるから、その命脈は既に尽きているのだ。



朝日新聞の記事より
バーレーンで抗議デモ、14歳少年の死亡めぐり数千人が行進
http://www.asahi.com/international/reuters/RTR201109020036.html
 [ドバイ 1日 ロイター] バーレーンで1日、警察が使用した催涙ガス弾を受けた後に死亡したとされる14歳の少年の葬儀が行われ、参列した数千人の市民が王家ハリファ家に対するデモ行進を行った。

 住民によると、若者数百人がその後も抗議活動を続けた。警官が催涙ガスや手りゅう弾を使用しようとしたが、負傷者や逮捕者は確認されていない。

 人権団体は、14歳の少年が8月31日に行われた反政府デモに参加し、治安部隊による催涙ガス弾の発射など「過度な武力行使」で負傷、その後死亡したと指摘。一方、政府はこれを否定し、事件の情報提供者に1万ディナール(約240万円)を与えると発表した。

 バーレーンでは今年2月以降に反政府デモが行われ、約30人が死亡。それ以後も小規模のデモや治安部隊との衝突が発生している。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ロイター
ウクライナでデモ隊と治安部隊が衝突し3人死亡、与野党会談は物別れ
2014年 01月 23日 07:42 JST


ウクライナの首都キエフ(Kiev)では親ロシア政権に対する抗議デモと警察の衝突が激化していて、2014年1月22日、デモの参加者2人が撃たれて死亡したと司法当局が発表しました。2か月前にデモが始まって以来初めての死者となり、そのうち一人は警察官に撃たれて死亡したと言われています。

このような警察官が一般市民をデモをしているという理由で銃で殺害するような行為は、まさに権力者達を守るために警察がいるとしか言えません。

そのような中で、以下のビデオの中で女性警官が一般市民のストリートダンスに加わって踊りだすのを見ると、とってもハートが暖かくなりました。

Amazing policewoman joins street dancing!
驚くべき女性警官がストリート・ダンスに加わる!



e5c1c451.png




そして、そこには暴力性もないし、警察国家のようなものもない。

今の世の中を平和な世の中に導くには、音楽がすごく効果的であると思いますね。

人の心に響く音楽は世界どこでも共通しています。この音楽で、歌で人の心に平和の尊さとか愛とかそういうものの大切さを伝えるって大切ですよね。

人は皆平等なのだから、権力者のために警察が市民を虐待するのではなく、市民と共に、市民の為に、市民のしあわせな社会を維持していくのなら、もっとこの世の中は平和になるのではないかな・・・

警察官や軍隊の兵士たちは心の和むような音楽を沢山聞いて、攻撃性をなくし、人々を守り助けていってほしいですね。

地球上の生命を科学的に創造したと言われる宇宙人エロヒムは、彼等の最後の預言者・弥勒菩薩ラエルを通して、世界中の人達が平和に豊かに暮らす事が大切であると言われています。

そして、今の人類の社会が平和になるためには、現存の資本主義システム、政府、警察、法律を解体して、新しい社会システムを導入なしくてはいけないと言われています。

その社会では、権力が全くない全ての市民がしあわせに豊かに暮らせる社会です。


楽 園 主 義


earth_P_LightBlue










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ