楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

カテゴリ: 宇宙

The geometric dance of Earth & Venus over an 8-year period
8年の期間にかけて地球と金星が描く幾何学的ダンス模様


The geometric dance of Earth & Venus over an 8-year period

This short clip showing the dance between Earth & Venus over an 8-year period helps to visualize the fundamental dynamics of the universe: fractal spin within spin... "Buckminster Fuller explained to me once that because our world is constructed from geometric relations like the Golden Ratio or the Fibonacci Series, by thinking about geometry all the time, you could organize and harmonize your life with the structure of the world." - Einar ThorsteinnAnimation & research by Helmut Warm:http://www.keplerstern.comThe Resonance Project • The connected universe • Physics Today • ScienceAlert • The Mind Unleashed • Collective Evolution • (post by Jamie Janover)

Posted by Nassim Haramein on Sunday, October 11, 2015


This short clip showing the dance between Earth & Venus over an 8-year period helps to visualize the fundamental dynamics of the universe: fractal spin within spin...
8年間で地球と金星の間で描かれる幾何学模様のショートビデオをみると、宇宙の基本的な動力学を視覚化することが出来ます。それは、スピンとスピンがおりなす二次元分裂図形です。

"Buckminster Fuller explained to me once that because our world is constructed from geometric relations like the Golden Ratio or the Fibonacci Series, by thinking about geometry all the time, you could organize and harmonize your life with the structure of the world." - Einar Thorsteinn
「私達の世界は黄金率やフィボナッチ数列などの幾何学的な関係から構成されているので、いつも幾何学を考える事により、貴方の人生を世界の構造と統合させ調和させる事が出来るであろうと、バックミニスター・フラーは私にかつて言いました。

Animation & research by Helmut Warm:
http://www.keplerstern.com/


Venus alignment with earth over 8 years
8年という期間で金星と地球が描く軌跡



earth_venus_alignment


49


00


14


29


41


50


02


16






ISS Symphony - Timelapse of Earth from International Space Station | 4K
国際宇宙ステーション・シンフォニー〜地球のこまどり動画



宇宙が続く限りどこまでも続きそうな地球・・・

5a719c9e.png



その地球で美しく輝く数多くの輝きは、
37f803ba.png



人の喜び、幸せ、涙、汗、そして、血と悲しみでいっぱいだ
4ce84271.png



人類はどこへ行くのだろう・・・
e8fce0ac.png



地獄の底か、戦争の死の淵か・・・
4fcb4779.png



果たして楽園のような世界か・・・
2faeaf6f.png



159773e5.png



31177a68.png



eb432ffc.png



96c95e79.png



c8412a32.png



eb6f64aa.png



b5918442.png



2bcdae22.png




貴方の意識が全ての意識と統合すると

そこには意識の開花が待ち受けている。

人類がそれに気づけば助かるかもしれない・・・

遅ければ人類の崩壊だ・・・



私達はどこへ行くのだろう・・・







宇宙人エロヒム

預言者ラエル

楽園主義


宇宙は無限だった~ Universe Is Infinite
弥勒菩薩ラエルの教えと共に

As seen from space: Aurora Australias lights up Southern Hemis...

As seen from space: Aurora Australias lights up Southern HemisphereCourtesy: http://eol.jsc.nasa.gov/

Posted by RT America on Saturday, May 2, 2015



536f4d6f.jpg



1055b85c.jpg



482b376d.jpg



73f01976.jpg



c2f822d5.jpg









宇宙人エロヒム

弥勒菩薩ラエル

楽園主義




UFOと隕石の破片に見えるのは、フロントウインドウのワックスの拭きむらとかに映った隕石の光だよ。

オリジナル映像で見るとウインドウの他の黒いゴミと一緒に移動しているので、間違いない。


フロントガラスの油汚れの乱反射です


HD画質の映像があるのでよくご覧になってみてください。
フロントガラスに着いた汚れかもしれませんが、黒い点のようなものが複数映っているでしょう?

隕石に突撃してきた光の点(UFO)と、それが衝突した後の軌跡の移動の速度が黒い点とまったく同じなんですよ。
言い換えると、UFOらしき光の点と、黒い点の、相対位置が変わってないんです。

これはつまりガラス面の小傷か、あるいは高速道路らしき道を走っていますから、前の車が跳ね上げた氷か雪がフロントガラスに付着して、
それに沿って隕石の閃光が反射したもの
だと思われます。


したのビデオに黒い点が幾つか写っていますので、ご自分で光のすじの移動速度と黒い点の移動速度を比較してみてください。その移動方法も。これでほぼ明白です。

私はそのオリジナルのHD動画を以前見たことがあり、それには車のフロントガラスの枠も写っていました。それを見ると、車が右にカーブする高速道路をなだらかに右に走りながら移動しているのがわかります。そして、その時フロントガラスの黒い点と光の筋は同じ方向に動いているのが確認できました。

残念ながら、そのオリジナルのフロントガラスのフレームが写っている動画を今探していますが、なかなか見つけられません。



これはコウ氏が示していた動画ですが、なるほど、下の方の動画を見るとよく分かりますね。コマ送りするともっとよく分かるのですが、「貫通した」と言っている光の動きと、フロントガラスの黒いゴミの動きが完全に一致しています。どう見てもただの反射光です。
上の方の動画は、わざと強調したり拡大したりして、フロントガラスのゴミの方に注意をいかせなくしています。これは「フェイク」ではありませんが、動画加工によって、反射光をUFOであると誤認させようとしています。動画を上げている人は、反射光であると分かっていながら、純粋な人を騙して笑うつもりで、わざと極端に加工している愉快犯であろうと思われます。
「信じたい人」たちは、視野狭窄に陥って周りが見えなくなり、ただの反射光やレンズフレアなどがUFOに見えてしまうという好例ですね。まともなUFO研究者は、この手の誤認には迷惑していることでしょう。



【ブログ】ロシア隕石のUFOによる追撃は、ガラス面の透過屈折光に過ぎない



 この映像ですが、
 もともと、かなり圧縮されていて、ブロックノイズが出ています。このようなレベルの圧縮のされた映像から、細かなものの映像をきちんと分析することは困難である、ということを前提として考えなければなりません。
 さらには、この映像は、隕石を中心にトリミングされています。後で掲げる全体の映像が無ければ、詳しいことがわかりませんでした。

 一つ、確かなことは、この映像が、固定した車載カメラにより、フロントグラス越しに撮影されたものである、ということです。

 誰も、画面の最上部や、左下にある、黒い点について、「これもUFOだ」と言い出さないのは何故でしょうか?
 誰の目にも、それが、「車のフロントグラスの汚れであろう」とわかるためでしょう。

 ところで、上記映像で、

枠で囲われて示されている「UFO」の動きと、この黒い「汚れ」の動きが、かなりに一致していることが見て取れます。
これが何を意味するのか?
 フロントグラスが関係していることは確かと思えます。
 そうでなければ、動きの方向、速度が殆ど一致していることの説明ができません。(注1)

 物体に対して、フロントグラス上の黒い点が、右向きに先に進んでいるように見えるのが不自然に感じられるかもしれません。

物体は左から右に動いているはず、それを追い越すように見えるのは何故か。

それは、この車が、右向きにカーブした道を進んでいるからです。

トリミング前の映像が、以下にあります。




 この映像の11秒目から14秒目くらいまでを見てください。(←何度か映像を入れ替えているので、秒数が一致しないかもしれません。隕石出現直後からを参照してください。)

 車が緩やかな右カーブに差し掛かったところで隕石が出現します。


 11秒目くらいで隕石が出現したときに、その左上に、黒い点(ガラスの汚れか)が見えると思いますので、そこで、皆さんの見ているモニタ画面上の、黒い汚れ部分を指か、定規などで固定してみてください。
 車は道路をゆるやかに右にカーブしていますが、車載カメラの映像でのガラス上のこの黒点の位置は変化しません。
 一方、隕石は、実は画面上では、右から左に逆向きに動いて映っていることがわかります。もちろん、本当は左から右へ飛んでいるのでしょうが、画面上では、右から左へ「逆行」して映っています。


ところで、オリジナル映像を見ると、指摘箇所以外にもたくさんの光点などが出現していますので、周りがUFOだらけのはずなんですが、みなさんは、なぜそのようなものを問題にしないのか不思議です。

下の図を見てください。
縦の緑線と赤線の交点に、黒い汚れの点があります。この位置は、画面上で変化していません。

com

(上)10秒目


com

(上)11秒目


com3

(上)12秒目

com4

(上)13秒目


「UFOによる撃墜」ビデオは、この部分だけを、下の画面をカットして、隕石が画面中央に来るように動かしながらトリミングしていますので、結果として、

ガラス上の汚れは左から右に移動して見えます。

これが、謎の光が、隕石を追い抜いて行くように見えた正体です。



皆、物体が右に移動していると思い込んでいるので、光点がそれより早く右に移動しているように見える、という、錯覚に陥っていたのです。

 黒い汚れと、光点(UFO?)の位置関係が、ほとんど変わっていないことを、トリミングした映像のキャプチャー画像で示します。

com5


com6


com7


com8


 では、隕石から飛び出すように見えた光点はなんなのか。中には、斜めに動いているように見えるものもあるわけですが、これは、ガラス面についた細い傷に光が反射(屈折)していると考えれば説明が付きます。
 ガラス面への微細な傷は、いろいろな方向につくでしょうから、斜めに動いて見えても何の不思議もありません。

 以上、この「UFO」の正体は、ガラス面の傷による屈折光である、と考えるのが妥当であると思われます。



【ブログ】ロシアの隕石はUFOが撃墜してのか?

ロシア隕石(2013/2/15)隕石固定の動画


 これらを見る限り、確かに「何か」が「映っている」ことは明らかです。でも、勘違いしないでくださいよ。「映っているもの」でも、本当にそこに「在るもの」では必ずしもないのです
 このブログ「エレニンニモマケズ」でも、たびたび取り上げたように、「実際ない」ものが「映っている」ことがありました。そして、ころっと大勢の人がだまされていましたネ。

 私は、ここに映っている、「UFO」は、実際に存在しないと断定します
 なぜなら、今回の隕石落下の様子は、そのほか多数のカメラで撮影しているのにもかかわらず、このカメラだけでしか撮影されていないからです。このカメラでは「UFO」がこれだけはっきりうつっているのです。もし本当に存在するなら他のカメラで映らないはずはありません。はっきり映っていることが、逆に存在しないことの証拠になったともいえます。
 そんな危ない情報は秘密の組織が世の中に広まらないようにもみ消している、とか言わないでくださいよ!、もしそれが本当なら、まっ先に狙われるのは、世の中に事実は何かを広めている私ですから(←自意識過剰)

 天文の世界でも、新星、彗星、その他、新発見の天体があった場合、それらは、追観測して確認されなければいけません。当たり前のことです。「何か、わからんけど映っていました~」では、ほかに観測がなければそれは意味がないものです。

 それでは、この「映っているもの」は、いったい何なのでしょうか?
 はい、実際、私もこの「映っているもの」について悩みました。動画を何回見ても「隕石に対して」貫通しているようにしか見えません。で、ある時、隕石の上のほうに見える、黒くぼやっとしたものに気づきました。上の静止画にも見えていますね。この黒くぼやっとしたものは、大本の画像にもいくつも存在しています。画面上で場所が変わらないので、どうも、車のフロントガラスにくっついたゴミのようです。

o0400024012436773330

これがゴミ

 このゴミに着目しながら、動画をみたところ、「映っているもの」は、ほとんど動いていないことに気がつきました。大発見!!
 ・・・というほどのものではありませんが、何か糸口をつかんだかのようです。これで、大物が釣れればよいのですが・・・
 先ほどの静止画は、隕石がいつも同じ場所になるように作りましたが、今回は画面の位置が同じになるようにつくりました。

o0400024012436641048

フレーム62
「映っているもの」の位置をわかりやすくするため、
赤線2本で囲います。以下、この位置は変えません。

o0400024012436641051

フレーム64
隕石の位置が変わっても、
「映っているもの」の位置は変わっていません。

o0400024012436641049

フレーム74
「尾」の光に紛れて見えなくなりました。

o0400024012436641052

フレーム76
隕石右側の「映っているもの」に対し、青線で囲みます。

o0400024012436641760

フレーム78

o0400024012436647856

フレーム95
「映っているものの」位置は変わりません。

o0400024012436641761

フレーム104
最後まで変わっていません。

以上の静止画、動画でおわかりになられるように、「映っているもの」は、画面に対して、動いていません。正確には、横方向の位置は固定されています。上下には、隕石の位置にあわせてあがったり下がったりしています。

 これまで、隕石の明るさに注目がいって、「映っているもの」は隕石に対して、出入りしているかのような錯覚をしていましたが、何のことはない、画面の特定の部分が、光ったり光らなかったりしているだけなのです。

 これまで、このブログ「エレニンニモマケズ」では、たびたび、存在していないのに映っているもの、いわばゴースト(虚像)を題材にとりあげてきました。(第1話 、第12話 )今回も一種のゴースト(虚像)と考えます。これまで取り上げたゴーストは、「明るい対象の画面対角線上に起きる」ことが特徴でした。今回は現象が違います。しかし、上で示した事実から、私は以下で示すような原理ではないかと考えます。
エレニンニモマケズ
虚像が起きる原因(推定)

 まず、非常に明るい隕石の閃光が車載カメラにはいってきます。その大部分はカメラに取り込まれ、隕石の像をつくります。ところが、一部の光はレンズ表面で反射されます。その光は、車のフロントガラスを通して外部にでますが、フロントガラス表面に汚れがあると、そこで再び反射され車載カメラに入射し、像を作ります。我々は、その像をあたかもフロントガラスの先にある、なにか光っているものと認識してしまっているのです。隕石の光っている部分が横にずれると、汚れの部分に光が当たらなくなって、そこは光らなくなる。


科学的な考え方、検証の仕方が大切だと考えている人でさえ、ころっと騙されてしまう場合もありますので、気をつけないといけませんね。

良く科学的な検証を行い UFOなのか、それ以外の違うものなのかの判断をしなくてはいけませんね。

ただし、UFOはいます。科学的に考えてね。

宇宙人エロヒムの・・・






ブロガー:

この宇宙は無限なので、宇宙人も無数にいるとラエルは言ってたな・・・

その知的生命体が住んでいる他の惑星を人類が発見した時、そこの生命の自立を尊重しながら、接触をするべきですね。決して、植民地化しないでほしい。

それから、日本を植民地化から解放し、日本の独立を認めるべきだ!シオニストの奴らいい加減にしてほしい!日本人は皆、あなた方を歓迎しない。日本から出て行ってほしい。

そして、私達の惑星で全ての人達が平和に暮らせる社会が実現された時、初めて、他の惑星に行く事が認められると思う。何故なら、私達に他の惑星の人々の平穏を乱す権利はどこにもないからだ。

■■■ 記事の引用開始 ■■■


URL:http://www.disclose.tv/news/twin_earths_may_lurk_in_our_nearest_star_system/116005?utm_content=buffer7e3c6&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=buffer

4defb432.jpg


Twin Earths may lurk in our nearest star system
双子の地球が私達の最も近い恒星系の中に密かに存在しているかもしれない。


March 30, 2015 - There could be two Earth-like planets within cosmic spitting distance of our own. Both are likely too close to their star to host life, but the discovery opens the possibility of other planets in the system with more temperate climates.
2015/03/30 -- 私達自身の太陽系から手の届く範囲内に2つの地球に似た惑星が存在する可能性がある。それらの惑星はその恒星に近すぎるため生命が存在出来ないようであるが、その発見はその恒星系の中により温暖な気候の他の惑星が存在する可能性を開く。

Alpha Centauri is a binary star system just 4.3 light years away from our own. In 2012 astronomers announced that the system had a planet, which they dubbed Alpha Centauri Bb as it was apparently orbiting the smaller of the stars, Alpha Centauri B.
ルファ・センタウリは、私達の太陽系システムからたった4.3光年離れた連星システムです。2012年に、天文学者達は、彼らがその恒星システムの中にある惑星を発見し、それをアルファ・センタウリBbと名付けた事を発表した。その理由は、その惑星が更に小さい惑星アルファ・センタウリBの周りを周回していたからだ。

The team said it was a rocky world slightly more massive than Earth. But in 2013, other researchers called into question the existence of Bb, saying the evidence wasn't good enough.
の惑星は、地球よりもやや巨大であり、岩石が多いと言った。しかし、2013年、その他の研究者たちは、その存在の証拠が不十分であると言って、Bbの存在に疑問を投げかけた。

"If you ask anyone working in exoplanets, they would all have a different opinion about the existence of Alpha Centauri Bb," says Brice-Oliver Demory of the University of Cambridge.
「もし、誰でもいいから、太陽系外惑星に取り組んでいる人に質問すれば、質問された人達は皆、アルファ・センタウリBbの存在について、違う考えを言うだろう。」と、キャンブリッジ大学のブライス・オリヴァー・デモリーは言う。

That's why he and his colleagues have been using the Hubble Space Telescope to search for planet. They weren't able to find it, but have instead seen hints of a second Earth-sized world in the system.
から、彼と彼の同僚たちはハッブル宇宙望遠鏡を使い惑星の探索を行い続けているのだ。彼らはそれを発見することが出来なかったが、その代わり、その恒星系の中に二番目の地球サイズの世界のヒントになるものを見つけたのだ。

The original claim was based on the radial velocity method – a planet-hunting technique which looks at how the gravitational pull of a planet slightly wobbles its star. Demory's Hubble search took a different approach, looking for signs of a dip in the light from Alpha Centauri B caused by the planet passing in front of, or transiting, the star. These two methods are independent of each other, so seeing Bb transit would reinforce the earlier patchy radial velocity data.
初の主張は視線速度の方法にもとづいていた。この視線速度とは、惑星を見つける技術であり、その方法ではある惑星の引力がその恒星に与える微妙な力で恒星の位置が微妙にぶれる度合いを見るのである。デモリーのハッブル探索では、アルファ・センタウリBが恒星の前を通過する事によって起きる光の歪みの兆候を探すという違う手法をとった。これらの2つの方法は互いに関係のない独立したものであるので、Bbが通過するのを見る事は最初の不完全な視線速度のデータを更に強固なものにする。

The original measurements suggested that Bb, if it exists, takes three or so days to orbit its star. But not all planets make transits as seen from Earth, because it depends on how the planet and star are aligned.
初の測定によると、Bbは、もしそれが存在するのなら、3日ぐらいかけてその恒星の周回軌道を一周する事を示している。しかし、全ての惑星が地球から観られるような通過の仕方をとるわけではない。何故なら、それは惑星と公正がどのように並んでいるかによって決まるからだ。

Demory's team observed Alpha Centauri B in 2013 and 2014, for a total of 40 hours. The 2013 data showed signs of a transit consistent with Bb's suggested orbital parameters, but it seemed to last slightly longer than expected, and the statistical validity of the signal disappeared when combined with the 2014 data. That doesn't mean Bb isn't there, just that if it exists, it is unlikely to transit as seen from Earth.
モリーのチームは、アルファ・センタウリBを2013年と2014年に、合計40時間の間観測した。2013年のデータは、Bbの送られてきた起動パラメータと一致した通過の兆候を見せたが、予測されたよりも若干長い時間続いたようである。そして、2014年のデータと統合された時、そのシグナルの統計的妥当性は消滅した。だからといって、Bbがそこにいないと言うことを意味しているのではなくて、もし、それが存在するのならば、それは地球から観測されているように通過するとは思えないという事なのである。





↑このページのトップヘ