楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

タグ:イスラエル・パレスチナ

イスラエルがパレスチナを攻撃する理由
The Reason Why Israel Has Been Occupying Palestina


I get a lot of messages to explain why Israel is attacking Palestine. Here is the answer. This animation video will show you the history & occupation of Palestine!YouTube: http://youtu.be/y0yy-pzoFg0#americanweapons #israel #palestine

Posted by Issam Bayan on Sunday, July 13, 2014



米国・イスラエルは非白人・非ユダヤ人への病原菌世界大虐殺計画中。弥勒菩薩ラエルは戦争の廃止を主張〜エロヒムリークスより

イスラエルのマサダ計画(Masada Project)が人類を滅ぼす!〜弥勒菩薩ラエルの言葉から


Israel sentences and fines 14-year-old girl
イスラエルは14歳の少女に判決を下し、罰金を課した


Wednesday, 21 January 2015 16:33

d6e2bbb1.jpg



The Israeli military court in Ofer sentenced the imprisoned 14-year-old Malak Al-Khatib, from Betin in Ramallah, to two months in prison and fined her $1,528, the Ahrar Centre for the Study of Prisoners and Human Rights reported.
フェルのイスラエル軍裁判所は、現在投獄中であるラマラのベティン出身の少女マラク・アル・カティブ(14歳)に二ヶ月の刑を下し、1528ドルの罰金を課したと、囚人と人権の研究のためのアラール・センターが報告しました。


Al-Khatib's family told Ahrar, in an exclusive interview, that the court issued the sentence after striking a deal.
ル・カティブの家族はアラールの独占インタビューで、取引を成立させた後にその判決を出したといいました。


22 is the number of days that Malak has already spent in jail
2日がすでにマラクが刑務所に入ってから経過しています。

Malak, an eighth grader in school, was arrested on December 31, near her school for allegedly throwing rocks at the occupation forces. Israel extended her detention twice and she was transferred to HaSharon Prison.
ラクは学校に通う八年生の少女ですが、申し立てによると彼女は学校の近くで占領軍に幾つかの石を投げたという理由で12月31日に逮捕されました。イスラエルは彼女の拘留を二回延長し、彼女をハシャロン刑務所に移送しました。


The Director of the Ahrar Centre Fouad Al-Khafsh condemned the sentence saying he considered it unfair. He said the sentence does not take into account that Malak is a child who is already suffering psychologically due to her extended imprisonment. Al-Khafsh stated that the centre launched a campaign in cooperation with legal and media organisations to pressure authorities to release her.
ラール・センター・フォアドの理事長のアル・カフシュは、その判決が公正な判断ではないと非難しました。その判決は、マラクが延長された投獄のせいですでに精神的に苦しんでいる少女であることを考慮に入れていないと、彼は言いました。アル・カフシュは、同センターは法的組織やメディア組織と協力をとり、この少女を釈放するために当局に圧力をかけるキャンペーンを始めると言いました。


The charges against Malak include throwing rocks, obstructing the road and the possession of a knife. She has been imprisoned for 22 consecutive days.
ラクに対する告訴は、石を幾つか投げたこと、道路を塞いだこと、そして、ナイフを所持していたことを含んでいます。彼女は22日間刑務所に拘留され続けています。



---


ブロガーの意見:

イスラエル政府が何の理由でパレスチナ市民を虐待し殺害し続けているのか・・・

この少女やその他の子どもたちが石をイスラエル軍やイスラエル兵士たちに投げたという事で逮捕されているということも非常に納得がいかない。強いて言えば、子どもたちが兵士たちに捕まるのを恐れ、遠くから石を投げているので、石は当然兵士たちには遠すぎて届かないのにもかかわらず、逮捕され刑務所に入れられているのです。こんな酷い話はないです。子どもたちを虐待するイスラエル政府は人類に対する犯罪者でしょう。

パレスチナ領土に本拠地を持ち、パレスチナ人を助け続けているインターナショナル・ウーマンズ・ピース・サービス(IWPS)の人達によると、イスラエル政府が興味を持つのは、単にパレスチナの土地と天然資源だと言います。

それはユダヤ教の神が建国を約束したからでもなく、彼らは単に土地と資源がほしいのだと、

IWPSの人達の報告によると、イスラエル政府はシオニスト(ユダヤ主義)であると言います。シオニストは、ユダヤ教という宗教を利用し、彼らの政治的な欲望を満たそうとしています。しかし、そのような事をしても平和は実現出来ません。世界中の人達、政府の指導者達がイスラエルの犯罪的行為に反対し、パレスチナを国として認めなくてはいけないと思います。




↑このページのトップヘ