楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

タグ:オスプレイ






■オスプレイ反対のたこ揚げ 政府「禁止できぬ」
沖縄タイムス 11月23日(金)10時4分配信
      【東京】政府は22日に閣議決定した質問主意書への答弁書で、米軍普天間飛行場へのオスプレイ配備に反対する住民がたこや風船を揚げて抗議の意思を示す行為について、航空法の規則を改正したとしても禁止することはできないため、法改正そのものを考えていない、との認識を表明した。佐藤正久参院議員(自民)の質問主意書に答えた。罰則の強化や新たな法律の制定にも「考えていないが、関係省庁が連携し、航空の安全確保に取り組む」とした。

住民のオスプレイ装備に対する反対の意志を示すたこ風船を揚げる行為を禁止する・しないという話ではなく、米軍が日本国の沖縄に軍備を配備すること事態が日本国憲法に反するという議論にしなくてはいけないし、もし、それが日本国憲法に明記されていなければ、憲法改正をしてそのような条文を加えるべきです!

それをしない政府は怠慢です!

米軍は、兵隊達に、より攻撃的に、支配的に、暴力的になるように教育をしています。そのような教育を受けた兵士達が、沖縄の住民に危害を加えるのは当たり前です。彼らへのそのような教育をする米国の責任者達も裁判にかけ、処罰するべきです。彼らは死刑にする代わりに、彼らが戦争をしかけた全ての国に行って、その国の人々を助ける仕事をする事を刑罰として課すべきです。


■普天間飛行場の米兵1人脱走 沖縄タイムス 2012年11月22日 15時22分
      在日米軍は22日までに、普天間飛行場の米兵1人が脱走したと外務省に連絡した。脱走の認定日は9日。まだ身柄は拘束されていないとみられる。夜間外出禁止令に違反する米兵事件が相次ぐ中、米軍の規律の乱れがあらためて露呈した形だ。

 在日米軍は16日に外務省に伝え、同省は19日に渉外知事会事務局に連絡した。同事務局が20日に沖縄県に連絡し、県は21日に県軍用地転用促進・基地問題協議会(軍転協)に所属する27市町村に通知した。

米兵も、支配的になる教育から解放されて自由に愛のある生活をしたいのではないでしょうか。帝国主義国家の軍隊の教育は、いや、どの国でも軍隊の教育は非人間的であり、人道主義的人類愛から逸脱していると思います。日本でさえそうではないでしょうか。

宇宙人エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルは、世界中から軍隊と原子力発電所をなくさなければ、エロヒムは地球に公式に戻っては来ないと言われていました。私達の創造者エロヒムを地球に迎えるためには、地球の環境をよくして、暴力的な軍隊を排除して、安全な状態にして、迎えるべきだと思います。

また、弥勒菩薩ラエルは、楽園主義という労働者階級が存在しない共産主義社会システムの一つを人類の社会に導入するべきであるとお話されていました。この楽園主義というものがどんなものなのか、深く追求していくと非常に素晴らしいものであることが良く分かります。

人類の社会に、できる限り早く楽園主義システムを導入するべきです。


楽園主義とは何だろう?


  
earth_P_LightBlue






【関連記事】
イラク派遣された元米軍兵士が反戦アピール沖縄デモ!弥勒菩薩ラエルは楽園主義提唱!




基地閉鎖こそ勝利
イラク派遣 元米兵ら訴え
11月18日
b48e6604.jpg

以下、上記記事の引用です。
イラクに派遣された経験を持つ元米軍兵士アーロン・ヒューズさん(30)とアッシュ・キリエ・ウールソンさん(31)が16日、宜野湾市の米軍普天間飛行場野嵩ゲート前で、同飛行場に出入りする米兵らに対し「共に平和のために立ち上がろう」と呼びかける反戦アピール行動を実施した。
ea905413.jpg



2人は、同日夜には、毎週金曜に同ゲート前で行われているオスプレイに反対する抗議集会にも参加、多くの市民らと共に拳を上げて全ての軍事基地の撤去を訴えた。
US_Navy_080708-N-4014G-085_A_V-22_Osprey_aircraft_from_the_
※ 上図をクリックすると、ウィキペディアの「オスプレイ」の解説に飛びます。


 2人は2003年に米軍兵士としてイラクに派遣され、約1年間に渡り軍事行動に従事した。帰還後、自らの過酷な戦争体験を多くの人々に伝える必要性を強く感じ、世界中で講演やアートを通して反戦を訴え続けている。20日には那覇市で講演が開催される。
 アーロンさんは、継続的に行われている抗議行動に対し「沖縄の人々の自主権を取り戻す誇りある闘いだ」と話し、「闘いに勝利し、基地が閉鎖されることで米軍兵士らは米国の家族の元へ帰ることが出来る。それは兵士らの癒しでもあり、(元兵士である)私たちの勝利と回復でもある」と語った。
 アッシュさんは、沖縄で米兵による暴行事件が相次いでいることに「米軍兵士は支配的になるように訓練を受けている。(暴行事件は)訓練によって身につけた残虐性、暴力性の現れだろう」と述べた。
 2人は、17日に名護市の辺野古と東村の高江を訪れ、米軍の新基地建設に揺れる沖縄の現状を学ぶ。
※ イラク戦争→イラク戦争は何故起こったのか
※ 石油支払いを巡るイラク戦争
※ 共同研究 「イラク戦争を考える」: Thinking About The Iraqi War

【アーロン&アッシュの活動報告 in 沖縄】
     沖縄でのアーロン&アッシュの活動の写真が送られてきたので、ご紹介いたします。
東京でも12月1.、2日のユースフォーラムでアーロン&アッシュの交流会を行う予定です。ご興味のあるかたがたは是非ご参加よろしくお願いいたします。

◇アーロン&アッシュは、到着翌日11月16日、普天間野岳ケート前抗議行動に参加し、この日の参加者に挨拶し、マイクを握って米兵への呼びかけを行った。多くとは行きませんでしたが、車で通りすぎる米兵にピラ配りも行いました。また、夜は金曜日行動に参加しました。
f2b00d4b.jpg


◇11月17日、沖縄キリスト教大学の学生8人と一緒に、辺野古~高江を訪問しました。夜は今日のティプロジェクトのために、ホームセンターめぐりをしました。

◇11月18日、初めてのティプロジェクト。アーロンが1枚1枚デッサンをめくり、電気コンロでお茶をわかしながら、イラクの人々とのまじりあいを語り、最後はみんなでお茶をのみほし、語りあいました。この日は15人の方が車座になってくださいました。2人の人間性が言葉を超えて伝わって来る空間でした。

◇11月19日、アッシユの大バネル展示が行われました。琉球朝日放送が取材に入る予定です。(イラク帰還兵 反戦訴える美術作品展



【沖縄のニュースより】
日本は米国支配から脱却し米国を排除しなければならない。弥勒菩薩ラエルは世界平和を主張

記事の引用、報告メールの引用はここまで~



残虐性を身につけるように訓練を受けた米兵士達が幸せになるためには、戦争に参加するのをやめ、政府の軍国主義、帝国主義に断固として反対する事です。

彼らが人を殺したあと、幸せになれるだろうか?
だから、イラクに行った日本の自衛隊員も自殺をするのではないか?

私達は、日本から米軍を完全撤退させ、米軍の日本国支配体制を完全に排除しなくてはいけない。

そして、その運動を世界で連帯して行うべきではないだろうか?


全ての国々から西洋諸国の、帝国主義諸国の一部の人間による支配を取り除くべきである。



世界中に革命の嵐を巻き起こし


1%の銀行家達、政治家達、官僚達などが、世界中の富を盗んでいき独占するのをやめさせましょう!

彼らの世界侵略戦争をやめさせましょう。

そして、全ての軍隊がなくなれば、その巨額の軍事費を世界のあらゆる問題を解決するために費やすことができます。

全人類が平和に暮らせる社会を作るのです。


その社会とは~










↑このページのトップヘ