イラン軍参謀本部次長、「イランは米の理不尽な要求に抵抗」
2013/04/14(日曜) 19:16

          イラン軍参謀本部のジャザーイェリー参謀次長が、「イランは、必要があればアメリカの理不尽な要求に抵抗し、自らの権利について誰とも妥協することはない」と語りました。

ジャザーイェリー参謀次長は、ファールス通信とのインタビューで、さらに、朝鮮半島の緊張に関する国際メディアの反応や政治的な雰囲気に触れ、「世界各地におけるアメリカ軍の駐留は、緊張の高まり以外の何ものももたらさない」としました。

また、「アメリカ政府の政策は、超資本主義や、大国を支配するシオニストのマフィアによるシステムの枠内で決定される」とし、「アメリカの攻撃や脅迫に対し、ひより見的政策しか追求しなかった者は覇権主義政権の理不尽な要求に屈した国や国民が彼らに依存する以外になかったという事実を忘れている」と語りました。

さらに、「世界各地で、覇権主義的な政権に対する人々の抵抗が強まっており、それによりこれらの政権の没落の土台がより整っている」と強調しました。



          管理人:

イラン軍参謀本部のジャザーエィリー参謀次長が言われる通りで、アメリカの帝国主義とシオニストのマフィア(1%の銀行家)が世界中に武力で侵略戦争をしかけており、世界中にアメリカ軍が駐留しており、それにより世界各国を強制的に言いなりにさせている図式ですよね。

このアメリカと、もう一つ、イスラエルの世界に対する侵略の仕方を食い止めるには、世界中の市民がこの1%の銀行家達への抵抗を強めて行くことしかない。

それについては、宇宙人エロヒムのメッセンジャーであるラエルが仰っていたことです。世界中がデモを起こし、このアメリカの帝国主義的世界支配に抵抗するんです。世界中の人たちが一人残らず1%の銀行家に対して抵抗すれば、彼等はもう何も出来ないでしょう。

それは、軍人も一人残らずです。

武器があっても、軍人が一人残らず抵抗すれば、ユダヤ人の銀行家達は一切何も出来ないでしょう。

そして、ラエルが言われた楽園主義の社会システムを人類の社会に導入する行動を開始するときです!





earth_P_LightBlue