楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

タグ:デモ行進

5
Record: 250,000 against TTIP & CETA on the road
新記録:TTIPとCETAに反対する人達25万人デモに参加!


Rekord: 250.000 gegen TTIP & CETA auf der Straße

DANKE für diesen Gänsehaut-Moment :-) Dieser Tag macht Hoffnung - und hat alle Erwartungen übertroffen. 60-Sekunden-Clip von der TTIP-Demo ansehen und teilen #ttipdemo:

Posted by Campact on Saturday, October 10, 2015


20


Thank you for this spine-tingling moment smile emoticon This day gives us hope - and has surpassed all expectations. Watch 60-second clip of the demo and share #ttipdemo TTIP:
このぞくぞくする瞬間をありがとう!スマイルで幸せになって。この日が私たちに希望を与えます。そして、全ての望みを叶えました。

35


Quite clear signal that citizens do not want Germany TTIP!
静かで明確なメッセージを送ります。ドイツの市民はTTIPは要りません!

45


全ての人達に自由を!TTPは必要ありません。TTPは、アメリカに有利に考えられた一方的な法案です。

59


more than 3 million signatures + 250,000 people in the demonstration in Berlin. YESSS! ......... We can!
三百万人以上の著名が集まり、更に、25万人もの人々がベルリンにてデモに参加したんです!やった!私たちは出来るぞ!

Nice to see that citizens finally take to the streets.
市民がようやく通りのデモに参加するのを見てとってもいいですね。

TTPは、多国企業(シオニスト)が世界中の国々の資本主義を転覆させる為の、一部の億万長者達だけに利益ががっぽりと入り、その他の市民達は不利になる法案です。このような法案は絶対に承認させてはだめです。

人類の創造者である宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルは、今の社会は楽園主義と呼ばれる楽園のような平和な社会に人類が移行する過渡期であると言われています。

今までにない新しい平和なしくみを作るためには、その産みの苦しみが有りますが、それが資本主義の崩壊であり、社会のシステムが破綻し、その中で市民がデモを起こし政府の不正はいらないと訴える状況だと思います。

この中から本当に新しい平和な社会システムの建設がスタートさせる事が最大の私達の目標です。

楽園主義・・・それは、私達の最先端の科学技術を使い、労働の代わりに自動化された生産システムで、ロボット・ナノロボット・人工知能・バイオテクノロジーなどを駆使して、私達の労働にとって代わる時代です。私たちは労働から解放され、毎日を自分を高め幸せでいるために自由に生きる事が出来るようになります。資本主義のない、銀行システムがない、貨幣が全くない、労働がない、時間が沢山ある、自由がある、自分のマイホームが全ての人達にある、そんな素晴らしい社会システムを作ろうではありませんか!

今年の8月6日に、ラエルエロヒムから人類が自己破滅する確率は99.5%になったというメッセージをテレパシーで受け取りました。つまり、私たち人類が生き残る確率は0.5%しかないのです。

人類が滅びるのを回避して、素晴らしい楽園主義に入れるように、今行動を起こすときです!




‘Black Lives Matter’ Xmas protest turns violent in Oakland
「黒人の命も重要だ」オークランドでのクリスマスの抗議行動が暴力的になる

URL: http://rt.com/usa/217835-oakland-protest-black-violence/

2d2db20d.jpg



{RE:Above} Protesters hold a sign during a march against the New York City grand jury decision to not indict in the death of Eric Garner, in Oakland, California December 3, 2014.(Reuters / Stephen Lam)
2014年12月3日カリフォルニア州オークランド市のエリック・ガーナーの死について出したニューヨーク・シティーの大陪審の起訴しないという決定に対して抗議をしているさなか、抗議者たちはこのサインを持っていた。(ロイター/ステファン・ラム)


ABlack Lives Matter” march against police brutality in Oakland turned ugly, with protesters reportedly attacking a journalist, smashing shopfront windows, throwing bottles, and defacing the main Christmas tree in the heart of the city.
ークランドでの警察の残虐性に対する「黒人の命も重要だ」行進は、報道によると、抗議者達がジャーナリストを攻撃し、店頭の窓を叩き割り、瓶を投げ、都市の中心部にある主要なクリスマスの木をグチャグチャにしたために、醜悪なものになってしまった。

Dozens of protesters turned up for the Christmas day “No Time Off” march, which fell under the broader banner of the “Black Lives Matter” protest movement sparked by the killings of Michael Brown and Eric Garner earlier this year.
年初めのマイケル・ブラウンとエリック・ガーナーの殺害が口火を切った幅の広いバナー「黒人の命も重要」抗議運動の管理下に入るクリスマスの日の「ノー・タイム・オフ(休暇がない)」行進に、数十人の抗議者達が参加した。

CBS says around 50 protesters gathered at 5:30 pm local time at Frank H. Ogawa Plaza, which was the main protest encampment for the 2011 Occupy Oakland movement.
CBSは、約50人の抗議者が現地時間午後5:30に、2011年のオキュパイ・オークランド運動の抗議野営地であったフランクHオガワ・プラザに集まったと報道している。

According to the San Francisco Chronicle, the marchers carried a banner reading, “Justice for O’Shaine Evans. No Justice. No Peace,” in reference to a 26-year-old Oakland man shot and killed by San Francisco police in October. The officer who shot Evans seven times said the man had aimed a gun at him.
ンフランシスコ・クロニクルによると、その行進は、26才のオークランドの青年が10月にサンフランシスコの警察官に狙撃され殺された事件に関する「オーシェイン・エヴァンズに正義を。正義の無い所に、平和はない。」というバナーを持っていた。エヴァンズを銃で七回撃ったその警察官は、その青年が彼に銃を向けたと証言していた。







Journalists at the scene said the demonstrators were hostile from the beginning. Although some led chants demanding justice, others cried out “f**k the police” to the officers policing the protest.
の場にいたジャーナリストたちは、最初から抗議者たちは敵意を持っていたと言った。正義を要求するスローガンを指揮する人達はいたが、他の人達は抗議を取り締まっていた警察官達に向かって「警察はく◯◯ばれ」と叫んでいた。

CBS reported a cameraman for their local KPIX affiliate was lunged at just moments after the march began.
CBSのローカルKPIX支部のカメラマンが一人、その行進が始まった数分後に被害を被ったと、CBSが報道した。

Things took a turn for the worse when the marchers arrived at Jack London Square, a popular entertainment and business destination on the waterfront of the city.
進が、その都市の海岸通りにある大衆娯楽とビジネス街であるジャック・ロンドン・スクエアに到着した時に、悪い方へと状況が転じた。

Some among the dozens in attendance took to vandalizing the area, with KPIX reporting around 30 storefront windows were smashed and liquor looted.
十人いた行進者達の中でその場所周辺を破壊し始める人達が出た。KPIXの報道によると、30ほどの店頭の窓が叩き割られ、酒類が盗まれたらしい。

The Chronicle reported one of its photographers received an injury to her hand after a protester lobbed a bottle at her.
ロニクルは、写真家の中のひとりが、抗議者の一人が彼女に向けて瓶を投げた事により彼女の手に怪我を負ったと報じている。

The Christmas tree in the square also served as an easy target for some of the more unruly demonstrators, who tore lights and ornaments off of its branches.
のスクエアにあるクリスマス・ツリーも幾人かの更に乱暴な抗議者達の格好の的となってしまった。彼らはそのクリスマスツリーの枝から、ライトや装飾品などを引き裂いたのだ。




Despite the tense atmosphere, the 40 Oakland Police officers dispatched to monitor the protest stood back, following the marchers from the rear. There have been no reports of any arrests.
張した雰囲気にもかかわらず、その抗議運動を監視するためにその現場に配置された四十人のオークランド警察官達は、距離をおいて、後方の方からその更新者達についていった。逮捕者は一人も出なかったとのこと。

A grand jury’s decision not to indict Officer Daren Wilson in the shooting death of Ferguson, Missouri teen Michael Brown last month sparked a nationwide protest movement against excessive police force. Just over a week later, a grand jury in Staten Island opted not to indict New York Police in the chokehold death of Eric Garner, bringing the phrase “I can’t breath” to the national consciousness.
陪審のファーガソンの狙撃による死亡事件について警察官のダレン・ウィルソンを起訴しないという決定で、ミズーリ州の10代の少年マイケル・ブラウンが、先月、過度な警察の暴力に対向する全国的な抗議運動の口火を切った。ちょうど一週間以上経過したあと、ステートン・アイランドの大陪審が、エリック・ガーナーをチョークホールドで死亡させたニューヨーク警察を起訴しないという決断をし、「息ができない」というフレーズを国民の意識にもたらした。

Similar protests were even held abroad. Despite the thousands of miles that separates Oakland from either one of these incidents, it has seen some of the most violent protests over the past month.
外でも似た抗議行動が開かれた。オークランドとこれらの出来事を隔てる何千マイルという距離にもかかわらず、この一ヶ月で最も暴力的な抗議者達をオークランドは見ることとなった。

On December 15, around a dozen protesters were arrested after they chained themselves to four entrances at the Oakland Police Administration Building.
12月15日、数十人の抗議者達は、オークランド警察本館の建物の入り口に自分自身を鎖で縛り付けた後に逮捕された。




以前、宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルはこんな事を話されていましたね・・・

エロヒムの科学者チームの中で最初に人を科学的に遺伝子を合成して実験室の中で創造するのに成功したのは、黒人(アフリカ系人種)のチームであった。




つまり、アダムとイブは実は黒人だったんですね。
ということは、キリスト教徒は皆黒人のアダムとイブのことが聖書に書かれていた事を信じている事になるのです。その彼らが黒人を虐待したり、白人の警察官が黒人の青年をチョークホールドで殺害するというのは、我々の創造者であるエロヒムを侵害していることになると思うのです。

その警察官は、エロヒムの名の下において、裁かれるべきです。








ロイター
ウクライナでデモ隊と治安部隊が衝突し3人死亡、与野党会談は物別れ
2014年 01月 23日 07:42 JST


ウクライナの首都キエフ(Kiev)では親ロシア政権に対する抗議デモと警察の衝突が激化していて、2014年1月22日、デモの参加者2人が撃たれて死亡したと司法当局が発表しました。2か月前にデモが始まって以来初めての死者となり、そのうち一人は警察官に撃たれて死亡したと言われています。

このような警察官が一般市民をデモをしているという理由で銃で殺害するような行為は、まさに権力者達を守るために警察がいるとしか言えません。

そのような中で、以下のビデオの中で女性警官が一般市民のストリートダンスに加わって踊りだすのを見ると、とってもハートが暖かくなりました。

Amazing policewoman joins street dancing!
驚くべき女性警官がストリート・ダンスに加わる!



e5c1c451.png




そして、そこには暴力性もないし、警察国家のようなものもない。

今の世の中を平和な世の中に導くには、音楽がすごく効果的であると思いますね。

人の心に響く音楽は世界どこでも共通しています。この音楽で、歌で人の心に平和の尊さとか愛とかそういうものの大切さを伝えるって大切ですよね。

人は皆平等なのだから、権力者のために警察が市民を虐待するのではなく、市民と共に、市民の為に、市民のしあわせな社会を維持していくのなら、もっとこの世の中は平和になるのではないかな・・・

警察官や軍隊の兵士たちは心の和むような音楽を沢山聞いて、攻撃性をなくし、人々を守り助けていってほしいですね。

地球上の生命を科学的に創造したと言われる宇宙人エロヒムは、彼等の最後の預言者・弥勒菩薩ラエルを通して、世界中の人達が平和に豊かに暮らす事が大切であると言われています。

そして、今の人類の社会が平和になるためには、現存の資本主義システム、政府、警察、法律を解体して、新しい社会システムを導入なしくてはいけないと言われています。

その社会では、権力が全くない全ての市民がしあわせに豊かに暮らせる社会です。


楽 園 主 義


earth_P_LightBlue












石破茂氏がブログの記述を撤回 「デモの参加者はテロリスト?」 特定秘密保護法案を危惧する声も

The Huffington Post
投稿日: 2013年12月02日 15時50分 JST
更新: 2013年12月02日 16時49分 JS
URL:http://www.huffingtonpost.jp/2013/12/02/isihiba-blog_n_4370147.html


◆記事の紹介開始

自民党幹事長の石●茂氏は、特定秘密保護法案に反対する国会周辺のデモに関して「絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない」としたブログの記述について12月2日、「本来あるべき民主主義の手法とは異なる」と訂正した。テロ行為と比較したことへの反響が大きかったことを考慮した結果だった。


石●氏は当初、11月29日に発表したブログの中で以下のように述べていた。

       今も議員会館の外では「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。

主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思います。


このブログはハフィントンポストにも掲載され、2日間で約20件のコメントがついた。「与党幹部の発言として許されない」「デモの参加者はテロリストか?」と憤る声から「絶叫型デモが本当に効果的なのか?」との指摘まで、様々な声が寄せられている。訂正記事に寄せられたコメントも含めて、主な意見を抜粋しよう。

(以下省略)

◆記事の紹介終わり





石●氏は、特別秘密保護法案に反対しデモをしている市民がテロリストと同じだというが、それはあまりにも知性に欠ける酷い言い方である。それは市民が自由に自分の考えを表現する権利を否定しているのであり、市民の「表現の自由」を侵害していると思う。

そんな人は政治家ではいるべきではないと思う。

そもそも、テロリストとは何かという事を理解してないようだ。

テロリズムの意味は、「テロリズムとは、何らかの政治的目的を実現するために、暴力によって脅威(恐怖心)を相手に与えることを手段として用いる傾向・主義、およびそれによって行われた行為のことである。」とウィキペディアにかかれてある。

このことから、特別秘密保護法案に反対のデモに参加している市民は、大声で怒鳴ってはいるが、怒鳴るのは暴力ではない。これは、政策に反対の意見を大声で不特定多数の人達に示しているのだ。これはデモであり、テロリズムではないのです。

このような事も分からない石●氏は、幼稚園児の学力しかないように思えるが、どうしてだろうか?

今世間で言われているテロリストは、アメリカが9.11事件を裏側で計画して故意に中東のテロリストにより起こされたように見せかけて起こした自作自演の事件で創られた架空のものだ。テロリストを口実にして、アメリカ政府は罪もない中東の国々に戦争をしかけている。一般市民を劣化ウラン弾のような兵器を使い殺害してきている。

今、中東にいるテロリストは、アメリカのCIAが中東の国々の政権を転覆させ、中東圏のシオニズム勢力の支配力を強くするために作り出した戦闘部隊である。それは、アメリカ政府の中東征服という政策を実現するための、アメリ政府によるテロリズムである。テロリズムはテロリズムでも、やっている国が中東ではなく、アメリカ政府なのだ。

そのアメリカになびいている安●政権が特別秘密保護法案を強引に成立させたので、市民がデモを起こして反対するのは当然だ。このデモが出来ないのであれば、一体、市民はどんな方法で政府に反対を訴えればいいのだろうか?市民の意見が繁栄されない政府であり、反対意見を政府に示す手段が何もないのであれば、これは日本独裁政権といえる。そんな政府は市民は大反対であろう。

そんな日本国はアメリカの覇権主義的な社会と何も代わらない。なぜなら、アメリカ政府の非人道的な極悪犯罪のするがままに従っている日本政府は、アメリカの他国に対する犯罪戦争行為を黙認していて、黙認することはそれと同罪だからだ。アメリカ政府に命令されるがままに行動する日本政府は、アメリカ政府と同じく、中東、その他の国々に非人道的な極悪犯罪を間接的にしているのと何ら変わりはない。

しかし、日本はいぜんアメリカ政府により広島と長崎に核爆弾を落とされ、多くの人達の命が失われたのではないか?そんなアメリカに何故日本政府は従うのであろうか?

この法案は、政府が市民の自由な意見の発言や市民の情報の知る権利を奪うものであり、国が国民に知らせずに戦争へと向かう政策を行う危険性が大いにある。

漫画家のちばてつやさんは、戦前のような不気味さがあり、日本の将来の平和が終わるような感じがすると、朝日新聞デジタルのニュース記事で話されている。

それは民主主義に反する事であり、軍国主義の国に進む可能性がある。


特別秘密保護法案は廃案にすべきだ。



石●氏の話とは全く関係ありませんが、私が信じる人類の創造者・宇宙人エロヒムの最後の預言者である弥勒菩薩ラエルは、世界中から軍隊をなくし、アメリカのような覇権主義的な政策をなくし、世界を平和にしなくてはならないとお話されます。

日本政府もシオニスト系銀行家達の権力により動かされてきているのは明白であり、権力者に都合の良いようにしか政治家は動いていないです。

このような日本政府もアメリカも、世界中の国々も全部、即刻、解体し、世界を1つにした社会を作り出すべきだと思います。

政治家は自分たちの利益しか考えていません。

だから、権力になびくのです。

本当の市民の利益を考え世界を平和にするには、お金とは全く関係のない手法が必要になります。

それには、銀行の廃止や、貨幣制度の廃止を主張している、弥勒菩薩ラエルがご提案された楽園主義という社会システムを人類の社会に導入するしかありません。

そして、世界中の市民を奴隷制度となんら代わらない労働から解放するのです。



興味のある人は、こちらを御覧ください。


7278f132.jpg





'Stop watching us!' Americans rally against surveillance state
「我々を監視するのをやめよ!監視国家に反対して集結するアメリカ人


(※以下の全ての写真の掲載元:
Photo by Reuters / Jonathan Ernst
写真提供:ロイター/ジョナサン・アーンスト)
27 October, 2013

Demonstarators march at the "Stop Watching Us: A Rally Against Mass Surveillance" near the U.S. Capitol in Washington, October 26, 2013.
2013年10月26日、合衆国首都近くで、「我々を監視するのをやめろ: 集団監視に反対する大会」にてデモ参加者達が行進している。
4f3a9b2c.jpg


A demonstrator wears a T-shirt depicting former U.S. spy agency contractor Edward Snowden at the "Stop Watching Us: A Rally Against Mass Surveillance" in Washington, October 26, 2013.
一人のデモ参加者は米国諜報機関の契約請負人エドワード・スノーデンを描いたTシャツを着ている。
9bd64565.jpg


Demonstrators hold placards and banners during a protest against government surveillance on October 26, 2013 in Washington, DC.
デモ参加者達は政府の監視に対する抗議運動中、ポスターや横断幕を持ちながら歩いている。
横断幕のメッセージには、「憲法の権利を守れ。StopWatching.Us・・・」と書かれている。
0f736149.jpg


Protesters march through downtown Washington D.C. during the Stop Watching Us Rally protesting surveillance by the U.S. National Security Agency, on October 26, 2013, in front of the U.S. Capitol building in Washington, D.C.
ワシントンDCの米国国会議事堂の前で米国国家安全保障局による監視に、ストップ・ワッチング・アス総会が抗議する中、ワシントンDCのダウンタウンを行進しながら通りぬける抗議者達
4cd2b24d.jpg


沢山の抗議者達が行進中にプラカードをかざしている。
プラカードのメッセージは、「集団スパイをやめろ!」と書いてある。
14eafc97.jpg


★記事・写真の紹介はここで終わり





世界中の国々が、アメリカ政府の干渉と武力から脱却し、新しい平和な、全市民が豊かに安心して暮らせる世界を建設スルべきだ。

全ての人達がお互いに尊重し合い、貧困もなく、戦争もない社会

人類が平和になる最良の手段を提案した人がいる

その人の名前は、弥勒菩薩ラエル

彼は、人類の科学的創造者である宇宙人エロヒムの最後のメッセンジャーであり、ラエルが人類の社会を唯一平和に出来る新しい社会システムを提案された。その名前は、「楽園主義」という。

この社会を導入するべきだ。

アメリカから脱却し、全ての権力を排除した社会を造るために、まず、従来の全ての社会システムから脱却したシステムを造るべきだ。
紙幣制度、資本主義は、権力者達が利用するためにあるので、これらは廃止しなくてはいけない。


お金がなくても人々が無料で衣食住が提供され、平和に豊かに暮らせるようにするために、最先端の科学技術を駆使して新しい自動化されたシステムを造るのだ。

そのシステムで、世界中の市民たちの労働を代わりにする。例えば、自動車工場では、オートメーション化が進み、日増しに工場で必要な労働者の数が減少している。それをどんどん全ての分野で進めていけば、最後には、誰も働かなくて良い時代が来るという発想なのだ。

人々は働かなくて良くなり、自分の我が家を無料で所有することが出来るようになり、自由にしたいことをして暮らすことが出来るようになる。

紙幣を持つものは持たないものよりも力を有し、金のないものが金持ちに支配されるような時代はもう終わりだ!

アメリカでは警察国家に変貌しているが、警察国家も終焉を迎える。

楽園主義の社会では、戦争はない。



世界が本当に平和になったら、人類の創造者エロヒムも地球の大使館にやってくるだろう。


その時に、エロヒムを温かく迎え、尊敬と敬愛をもって彼等から学ぶのである。


そして、人類は徐々に黄金文明へと入っていくと弥勒菩薩ラエルの書いた著書には書いてある。


その時は、もう直ぐそこまで来ている・・・



earth_P_LightBlue





↑このページのトップヘ