楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

タグ:ベネズエラ




「ベネズエラの情勢不安はアメリカの内政干渉が原因」
2013/04/17(水曜) 21:01
URL:記事掲載元


          14日に行なわれたベネズエラ大統領選挙で勝利したマドゥロ暫定大統領が、ベネズエラの選挙後の情勢不安の原因は、アメリカの内政干渉であるとしました。

プレスTVによりますと、マドゥロ暫定大統領は、野党のカプリレス候補に僅差で勝利することができましたが、アメリカに支持されているカプリレス候補は、この選挙での敗北を受け入れていない、ということです。

この選挙後の暴動により、ベネズエラでは数名が死亡しました。

カプリレス候補は選挙結果を受け入れず、16日火曜、支持者に対してデモ行進を行うよう求めるとともに、全ての票の再集計を要求しました。

マドゥロ暫定大統領は16日、アメリカのベネズエラへの内政干渉を非難し、「ベネズエラの首都カラカスのアメリカ大使館が、選挙結果の発表後に発生したベネズエラの情勢不安に関与している」と表明しました。

さらに、「在カラカス・アメリカ大使館はベネズエラ人の暴徒に対する金銭的な援助を行い、これらの人々にベネズエラで情勢不安を作り出すよう奨励している」と述べました。

ベネズエラで最近行なわれた大統領選挙は、故チャベス大統領の死去からわずか6週間後に行なわれました。

チャベス大統領はがんによる2年間の闘病生活の後、2013年3月に58歳で逝去しました。


管理人:人類の社会を平和にするためには、今の1%の銀行家達による世界侵略的な政治は全て解体しなくては行けません。
軍隊も政府も銀行も全てなくなるべきだと思います。

その理由がここに書かれています。






ウゴ・チャベス大統領は米国CIAに殺された!
2013/03/07(木曜) 22:07

チャベス大統領が、米国を公的に非難し、米国の侵略政治にも対抗していたことから、チャベス元大統領はアメリカのCIAに暗殺された可能性が強いようです。

癌はカビが原因だというのは医学的にはっきりとわかってることなので、癌を発症させる特殊なカビを開発して、チャベス元大統領を毒殺することは十分可能だったと思います。

チャベス大統領が死んだ途端にアメリカのオバマ大統領がベネズエラと仲良くしたいと発言するのは、それを案に示す事だと思います。
チャベス大統領の死で「建設的な関係に関心」、米オバマ大統領
2013年03月06日 12:51 発信地:ワシントンD.C./米国

恐らくこれは本当だろうと私は考えていますが、もしこれが本当ならば、アメリカ政府を裏でコントロールしている銀行家達、関与した政治家達は、宇宙人エロヒムが地球に公式に再来したとき、裁かれることになると思います。実際、メッセージの本の中にはそれを示すことが書かれています。殺された人と同じ苦しみを味わうことで罰せられるのでしょう。

人類の社会が平和な社会になるためには、このような権力者の力を奪わなくてはいけません。その力は、お金と銀行だと思います。このような社会を根本から変えるには、人類の社会から資本主義をなくし、全く違う社会形態に変えるべきです。

その新しい社会形態について、発案したのは、あの宇宙人エロヒムのメッセンジャーであるラエルであり、それを楽園主義こちらを参照)と呼びます。

世界中の人たちが団結して、この楽園主義の社会を実現するように運動を起こすべきです。

ウゴ・チャベス元大統領は、生前敬虔なキリスト教徒でした。アメリカのブッシュやオバマを非難する時のキリスト教徒的な言い回しも特徴的でした。

エロヒムのメッセージでは神秘主義から人類を目覚めさせるのがラエリアンの使命であると書いてあります。神秘主義とは神や霊魂が存在すると言う考え方、また、それを基本とするあらゆる宗教の事を指します。チャベスはこの意味では人々を神秘主義的な宗教に留める働きをしていたかも知れません。

しかし、個人的には、私はアメリカの暴力による世界の侵略行為に対してここまで闘った人は、支持したい気持ちがあります。


アメリカがアメリカ国内の市民による変革で早く変わることを祈ります。

そして、世界中の人々が、日本の人たちも含めて、平和の為に世界中の政府や銀行家達に対して、さらに激しい抗議を行っていき、早く楽園主義の社会が実現されるよう祈ります。


新しい政党を作っても、誰が総理大臣をしても、今の社会形態では結果は同じです。一度、ユダヤ人の銀行家達が作ったこの金融の仕組みを完全に壊さなくてはうまく行かないのです。

銀行も政府も全て壊し、世界政府作って、天才政治を行うべきです。

天才政治とは、ラエルが宇宙人エロヒムから伝えられたメッセージの一つに書かれています。

僕は、この本を読んで思ったのは、天才という言葉の定義が実は九割の人達が全く理解していないということです。その言葉について考えてみたい人、是非ラエルが書いた本を一度お読みください。

2025年までにエロヒムを地球に公式に迎えるために、全力を尽くして頑張りましょう!


2013/03/07(木曜) 22:07
米のジャーナリスト、「チャベス大統領は米による自分の殺害計画を周知」
            アメリカ人の評論家でジャーナリストのスティーブン・レンドマン氏
            が、「死去したベネズエラの大統領はアメリカが自分の殺害を企てていることを知っていた」と語りました。
 
アメリカのラジオの司会者であり、軍事雑誌ベテランズ・トゥデイの寄稿家であるスティーブン・レンドマン氏は6日水曜、プレスTVのインタビューに応じ、「チャベス大統領は、以前に、アメリカが自分に対する殺害を企てていると語っており、殺害されることを予想し、その発言の中でも、それに触れていた」と語りました。

レンドマン氏は、「アメリカの諜報機関CIAとその諜報員は、他国の政府の打倒や指導者を暗殺する上で長い経歴を持っている」としました。

ベネズエラのマドゥロ副大統領は、5日火曜、チャベス大統領は、2年間、癌に耐え苦しんだ末に死亡したと発表しました。
マドゥロ副大統領はまた、チャベス大統領を一種の癌ウィルスに感染させたとして間接的にアメリカを非難しました。
マドゥロ副大統領はさらに、間接的にアメリカに矛先を向け、「ベネズエラの歴史的な敵は、2011年に始めて癌と診断されたチャベス大統領の癌の原因となった」と語りました。

チャベス大統領は、2011年、南アメリカ諸国の指導者たちを癌に感染させる技術を開発しようとしているとしてアメリカを非難しました。

レンドマン氏は、最後に、「アルゼンチンのキルチネル大統領、ブラジルのルセーフ大統領、そしてパラグアイのルゴ・メンデス元大統領も、癌にかかっているため、治療を受けている」としました。




earth_P





↑このページのトップヘ