楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

タグ:ラエル




BREAKING 8/20/13: NSA Has Ability To Read 75% Of All US Internet Traffic - ” That content includes the writing of emails – not merely their metadata – and touches phone calls placed inside the U.S. that use digital telephone."

NSAは米国の全てのインターネット・トラフィックの75%を読む能力がある。
その中には、Eメール…それらのメタデータだけではなく…デジタル電話を利用する米国内でかけられた電話も監視することが出来るのである。

nsa message


「If I email the constitution to my friends, will Obama finally read it?
もし私が憲法を友達にEメールで送ったら、オバマ大統領は最終的にそれを読むでしょうか?」



憲法には、無差別の盗聴や監視は違憲であると書いてあると思いますが・・・




BREAKING 8/20/13: NSA Has Ability To Read 75% Of All US Internet Traffic - ” That content includes the writing of emails – not merely their metadata – and touches phone calls placed inside the U.S. that use digital telephone."

NSAは米国の全てのインターネット・トラフィックの75%を読む能力がある。
その中には、Eメール…それらのメタデータだけではなく…デジタル電話を利用する米国内でかけられた電話も監視することが出来るのである。

nsa message


「If I email the constitution to my friends, will Obama finally read it?
もし私が憲法を友達にEメールで送ったら、オバマ大統領は最終的にそれを読むでしょうか?」


憲法には、無差別の盗聴や監視は違憲であると書いてあると思いますが・・・




Girlband ADAM komt zingend klaar.
ガールズバンドADAM




These ladies are ADAM, a Dutch electronic dance music band who had a great idea for their latest video: To sing their single Go to Go while using a vibrator, trying to keep a straight face, the pleasure building up until they reached climax. Brilliant concept, perfect execution.
このビデオに登場する女性たちはADAMというオランダのエレクトロニック・ダンス・ミュージック・バンドです。彼女が出した最近のビデオは、とても素晴らしい趣向のアイデアなんです。彼女たちのシングル・アルバム「GO TO GO」を、バイブレータを使いながら歌い、ごく平静をよそおいつつ、そのオルガズムの喜びがついにクライマックスへ達する・・・というものです。


彼女たちの歌( ↓ )を聴くと、非常にかっこいい〜。それに上のオルガズムのクライマックスを合わせると、オルガズムのように素晴らしいダンス音楽となるのでしょうか。















最近、遺伝子を修復するという特別な周波数で作った瞑想音楽に興味があり、ネットでいろいろと探していました。

するとこんな瞑想がありました。

432HZ-8HZ - The sound of YOU !
432ヘルツ─8ヘルツ貴方の音



この瞑想は何も考えず横に寝て目をつぶり出来ればヘッドフォンで聞くと効果が高くなると思います。

しばらくすると宙に浮いて素晴らしい心地良い波動に包まれたような感覚を味わう事が出来ました。

全ての考えが消え、その波動になりきったとき、宇宙と1つになった感じがしました。

宇宙と1つになるというのは、他の人達もその一部である宇宙と1つになるのですから

他の人達と争ったり、戦争をしたりすることがなくなるとおもいます。

戦争をする人たちは精神的な病になっていると思います。

だから彼等は自分の一部である他の人達を殺してしまうのです。

それはまるで、自分の細胞にナイフわ突き刺しているようです。

地球上の全ての人達がこのような素敵な波動の音楽を聞いて、全てと1つになる事が出来るようになれば世界から戦争は全くなくなるでしょう。


その日が来るのをイメージして聞いています。



宇宙人エロヒムのメッセンジャーであるラエルは、セミナーで週末の集会で瞑想を教えてくれます。時には瞑想のミニセミナーで・・・。

全てが1つになる

貴方と私は1つ

異性とも1つ

違う性的志向の人とも1つ

違う宗教の人とも1つ

全ての人種の人たちが1つ

川と海と山と1つ

空と1つ

地球と1つ

無限な宇宙と1つ

宇宙人と1つ・・・


楽園主義









「ベネズエラの情勢不安はアメリカの内政干渉が原因」
2013/04/17(水曜) 21:01
URL:記事掲載元


          14日に行なわれたベネズエラ大統領選挙で勝利したマドゥロ暫定大統領が、ベネズエラの選挙後の情勢不安の原因は、アメリカの内政干渉であるとしました。

プレスTVによりますと、マドゥロ暫定大統領は、野党のカプリレス候補に僅差で勝利することができましたが、アメリカに支持されているカプリレス候補は、この選挙での敗北を受け入れていない、ということです。

この選挙後の暴動により、ベネズエラでは数名が死亡しました。

カプリレス候補は選挙結果を受け入れず、16日火曜、支持者に対してデモ行進を行うよう求めるとともに、全ての票の再集計を要求しました。

マドゥロ暫定大統領は16日、アメリカのベネズエラへの内政干渉を非難し、「ベネズエラの首都カラカスのアメリカ大使館が、選挙結果の発表後に発生したベネズエラの情勢不安に関与している」と表明しました。

さらに、「在カラカス・アメリカ大使館はベネズエラ人の暴徒に対する金銭的な援助を行い、これらの人々にベネズエラで情勢不安を作り出すよう奨励している」と述べました。

ベネズエラで最近行なわれた大統領選挙は、故チャベス大統領の死去からわずか6週間後に行なわれました。

チャベス大統領はがんによる2年間の闘病生活の後、2013年3月に58歳で逝去しました。


管理人:人類の社会を平和にするためには、今の1%の銀行家達による世界侵略的な政治は全て解体しなくては行けません。
軍隊も政府も銀行も全てなくなるべきだと思います。

その理由がここに書かれています。




↑このページのトップヘ