楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

タグ:反体制派








【YouTube】カダフィの真実を知ってほしい  リビア 新世界秩序 NATO



私がリビアとムアンマル・アル・カダフィについて知ったこと

  • 1951年、リビアは世界で最も貧しい国でした。
  • NATO侵攻以前は、リビアの人々はアフリカ大陸で最も高い水準の生活を楽しんでいました。
  • そして、ロシアやブラジル、サウジ・アラビアなどよりも進んでいました。
  • リビアでは、を持つことは、人権の一つであると考えられています
  • 新婚夫婦は、自分達の新居の購入資金として5万ドルを支給されます。
  • 電気は無料で全国民に提供されます。
          管理人: 
    ※ これは作り話ではありません。
    ※ 日本も電気を全て無料にして、東電つぶれろ!
     人殺しだ!政府の首相、政治家で責任のある奴らは殺人罪で告訴する!
  • カダフィは、彼自信の両親よりも前に、全てのリビア人達に家を与える事を誓いました。
  • 彼は約束を守り、彼自信の父親は、家を支給される前に死んでしまいました。
          管理人:
    ※ それに比べ、日本政府の首相は、政治家はどうでしょうか。彼らは、いつも自分たちの利権、給与、金儲け、名声が最優先。福島原発事故で被害に遭っている福島の人たちを見殺しにして、自分たちの利益を優先させています。彼らは、殺人者です。裁判で罰しなくてはいけません。
     →福島原発告訴団
     →原発訴訟で原告敗訴を連発した最高裁判事は福島原発大事故の重大責任がある!

    【YouTube】120611福島原発告訴団~第一次告訴~


    今の政治家達は、日本国民を皆殺しにする殺人者と言われてもおかしくない。何故なら、福島原子力発電所の放射能問題を何にも解決していないからだ。
    (1)福島、東京、その他の土壌の放射能汚染が高濃度になっている地域の市民を早急に避難させ、生活の保障、仕事の保証をしなくてはいけないのに、何の対策も打たず見殺しにしている!

    (2)4号路の使用済み燃料プールの問題未解決→落ちれば、国民一斉自滅へ向かう大爆発となる恐れ。
     →福島4号路の危険性!弥勒菩薩ラエルは軍隊と原子力発電所をなくすべきと言う

    (3)日本全国の原子力発電所を廃炉にまだしていない。停止すらしていない。
     大飯発電所
      →大飯「破砕帯」判断先送り 住民に不安と不満。弥勒菩薩ラエルは楽園主義提唱

    (4)日本全国の原子力発電所を全て廃炉にしても、燃料は何十年も放射能を発しており、それによその国の軍隊が爆弾数発打ち込めば、原子爆弾に早変わりして大爆発を起こすのである!そうなると影響範囲、規模は計り知れないものとなり、人類の自滅にいたる可能性が非常に高い!

    (5)放射能を帯びたがれきを日本全土に運送して、ゴミ焼却場で処理し放射能を日本全国に拡散させた政府

    (6)ゴミ焼却場の放射能を帯びた地元ゴミ量の増加問題http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11334916066.html

    (7)日本政府が他のアジア諸国に原発を輸出しようとしている問題。
      →http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1087.html

    【YouTube】日本からの原発輸出に抗議するヨルダンの人々


    (8)原発輸出を主張する野田佳彦首相は殺人未遂罪で逮捕だ!また、福島原発の責任は、元総理と一緒に殺人罪で裁判にかけ、福島原発で永久勤務の刑罰を課せ!
      →原発輸出を首相が推すワケ。弥勒菩薩ラエルは原発・軍隊の廃止を主張
  • カダフィより以前は、リビア人全体の五分の一の人たちしか読み書きができなかった。
  • 今、教育は無料で質も高いです。識字率は83%です。
  • 医療も無料で質が高い。
          管理人:
    日本も、医療費(治療費、入院費、手術費など)は全て無料にしろ!そして、病院は国有化。医者は公務員にすればいい。
    病院代が全て無料になれば、国民は安泰だ。これこそ、国民全ての利益を政府が考える証となる
  • リビア人が必要な教育や医療をリビアで見つけられない場合には、リビア政府が資金援助を行い、必要な治療や教育を受けられる様にしてくれます。
  • ローンは法律で全て利子0%と決められています。
  • もし、リビア人が車を買えば、政府がその50%を支払ってくれます。
  • ガソリン代は1リッター当たり0.14ドル
    11.24円〔1USD=80.3075JPY〕)
  • 農家になりたいリビア人は誰でも無料で土地や家、農業用の設備類、家畜、そして、種子が無料支給されます。
  • 2011年07月01日に、170万人の人々がトリポリのグリーン・スクェアに集合し、NATO爆撃に対する果敢な抵抗を見せた。
    この集結した人々は、トリポリの人口の約95%でした。そして、リビア全土の約三分の一の人たちでした!
  • リビアの中央銀行は、西洋の全銀行と違い、国有です。よって、ロスチャイルドに所有されていません。負債から自由な金を発行します。
  • 1990年、リビアはロッカビーパンナム103便の爆破事件で責任を問われました。
    米国は、法廷で証人達がリビアの被告人達に不利な証言をするために一人頭、四百万ドルをその証人達に支払った事が判明しました。
    そうなのです。彼らは嘘をつくために金を支払われていました。そして、それ以降、彼らは自分たちの証言を撤回しています。
  • カダフィは、リビアの石油の取引支払いにアメリカドルを使うのをやめて、金貨のアフリカ・ディナールを使おうと試みていました。
  • このカダフィの動きは、(フランスの)サルコジ大統領にリビアは人類の金融安全保障の脅威だと呼ばせました。
          管理人:
    ※ しかし、それは「人類」の金融安全保障の脅威ではなく、「米国主体の帝国主義諸国」の金融の安全保障に対する脅威が、リビアであったのです。
    それは、リビアのせいで、米国主体の帝国主義諸国家が支配できる国の数が減るからであり、それにより、多大な赤字が出るから。つまり、帝国主義諸国家は、アフリカを初めとする国々からお金を搾取するためにリビア人の多くを殺害したのです。
  • リビアの「反逆者達」の最初の行いは、新しいアフリカ中央銀行をアフリカに建設することでした。
     →西洋諸国がカダフィを殺した3つの理由。弥勒菩薩ラエルは暴力のない楽園主義を主張。

  • ロスチャイルド家は、世界の富の半分以上を所有していると推定されます。
  • ロスチャイルドが所有する銀行はどこからともなく紙幣を作り、利子をつけて人々に売ります。
    これが意味するところは、私たちは負債を返すのに十分なお金を得ることは決してないと言うことです。
  • だから、私たちと私たちの未だ生まれてきていない子供達は、ロスチャイルド銀行の利子の負債奴にされているのです。
  • 私たちの指導者キャメロン、オバマ、サルコジなどとは違い、カダフィは自分の国民達を(ロスチャイルドに)売ることを拒否したのです。
  • リビアは負債のない国です!
  • カダフィが何故、リビア国民からこれほどの熱烈な歓声で迎えられるのか、あなたは今になってようやく理解しはじめたでしょう。
  • 自由な、そして主権を持つ人々を爆撃するNATOの背後には誰がいるのでしょうか?
  • リビア人達は、イギリスやアメリカ、ヨーロッパが持っていないものを沢山持っています。
  • リビア人達は、誠実で勇気があり、彼らの事を最優先に考え働いてくれるリーダーを持っています。
  • そして、それはもちろん、ロスチャイルドの利益を優先していませんでした。
  • リビア人達は、高利貸しとロスチャイルドの足枷から自由な彼らの国の富を共有していました。
  • ロスチャイルドの紙幣発行管理の暴政がなければ、私たちは皆豊かな国民として生きられるだろうに。
  • 私たちはロスチャイルド銀行家達と金で買収された政治家達に、何兆ドル・ポンド・ユーロを文字通り盗まれているのです。私たちは犯され、奴隷にされて来ました。
  • 私たちがもしこの人類に対する犯罪を止めなければ、リビアもまた犯され奴隷化されるでしょう。
  • 推定によると、三万人のリビア人がNATOと、その「反乱軍」により殺害されました。
  • カダフィは、彼の著書「〔英語版〕ザ・グリーン・ブック(The Green Book=緑の本, The Green Book)」に書いてあるように、直接民主主義を信じていました。
  • カダフィの「ザ・グリーン・ブック」へのリンク( ↑ )を貼りましたので、是非読んでください。
          私管理人が、このカダフィ大佐の書いたGreen Bookを日本語訳にして、自分のブログで紹介させていただきたいと思います。しばらくお待ちください。φ(.. )

  • カダフィは、議会制民主主義が本質的に腐敗している事を信じていました。
  • そして、また、彼は人々は自分たち自身を代表して述べる事が可能であり、そうするべきであると信じていました。
  • この人物(カダフィ)に関する数々の嘘を一生信じて来ましたが、彼の本を読んで私は驚きました!
  • 私は、個々人が、グループが、また、国々がいかに悪魔化され、犯罪者諸政府に破壊されるのをこれ以上傍観しているわけには行きません。
  • そして、人類に対する犯罪に責任がある人たちをマスメディアが守るのをこれ以上傍観するわけにはいきません!
  • このような帝国主義諸国家による世界侵略のための戦争、暴力に責任がある犯罪者達に税金を支払うのを拒否します。
  • 彼らの爆弾の資金を支払うのをやめよう!税金を支払うのを拒否しよう!
  • プロパガンダのためにお金を支払わない事だ!BBCのライセンス料を支払うな!
  • 私たちはリビアの人たちとの連帯を見せなくてはいけません。
    管理人 ※ しかし、日本は何を見せただろうか?そして、カダフィは殺されてしまった。
  • もし私達がじっと座って何もせず、人類に対するこれらの諸犯罪を傍観していたら、私達は共謀している事になり、ある日、私達の番になるでしょう。
  • 糞たれ、NATO!
    国連の糞ったれ!
    世界新秩序の糞ったれが!
    人々よ、今こそ行動するときだ!
    今こそ、自分自身の勇気を発見し、立ち上がる時だ!
    新世界秩序に対して集団で不服従を示すときだ!



☆ ここから管理人~ ☆

しかし・・・

リビアは、NATO軍に侵略された。

多くのリビア人が殺害された。

カダフィー大佐は殺されてしまった。

これが正義だろうか?

これを傍観する日本政府は、一体なんなのか?

第二次世界大戦以来、ずっとアメリカの言いなりになり、政治家も同じく、アメリカに反抗するものはアメリカの命令により、日本人の手でけ落とされてきた。

戦争に行く自衛隊

そして、自殺をする自衛隊員


こんな日本が、私達の望むものだろうか?


私達の今の役割は、アメリカを日本から一斉排除し、世界をアジア諸国と連携してリードし、変革を起こす事だ。

彼らが望む新世界秩序とは、世界中を帝国主義で侵略して、全ての国々を存続させた状態で、それらの利益を搾取することです。
国々の間で戦争を起こさせ、軍事産業で兵器を作り、それらの国に兵器を売り、利益を上げ、おまけに、それらの国々の資源を盗み、そこにロスチャイルド所有の中央銀行を設立して、永遠に利益を搾取し続ける。

私達が目指すのは、平和的な理念に基づいた、全人類一人一人の幸せと利益を第一に優先する世界政府を建設するべきです。
その前段階として、アジア合衆国を作るべきだ。
そして、米国の軍隊を全て世界中から排除し、世界同盟政府を作り、国を州に変更するのです。
すると、国を他国から守る概念のもと作られた軍隊が必要なくなりますので、軍隊を一斉排除します!
すると、米国帝国主義軍事産業が一斉倒産し、アメリカの時代は終わりです!

そして、科学技術を駆使して、世界中の軍事費が必要なくなるので、その全ての資金を導入して、楽園主義を導入するべきだ!

~楽園主義とは~

  • 楽園主義とは、労働者階級が存在しない共和主義システムの一種
  • 衣食住における生産を全て自動で行える自動生産システムを建設し、その生産品を全て世界中の人たちに自動で無料で配達・支給するシステムも構築する。
  • 自動でできない部分は、国が国有化した会社が行うようにして、それらのサービスは無料にする。
  • 医療も無料にして、病院は全て国有化にする。
  • 銀行・貨幣・現存する政府・警察・法律を全て廃し
  • 人々は、自分の精神性を高めるため瞑想をしたり、芸術作品を作ったり、また、自由を満喫して好きな事を行いながら人生を送ることができる。
  • 人道主義的平和理念に基づいた世界政府が楽園主義社会システムを管理する。
  • 世界政府の政治は天才政治により行う。



世界の革命を起こすときだ。

軍隊はいらない!

原発はいらない!


楽園主義を導入するときが来た!



  
〜クリック〜

earth_P





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Facebook connections map the world
Facebookの繋がりが世界地図を作る・・・

BBC News
http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-11989723

Facebookのユーザーの分布図を世界地図みたいにした人がいますよ~

これがその地図です。
↓↓↓
f05a3c3d.gif


以下その引用です。
Facebookの実習生のポール・バトラーさんは、ソーシャル・ネットワークの会社が持っている500万人の会員のデータについて詳細に調べてきました。

この地図は、会員が上の地図の中でどこに住んでいるのかを、Facebookフレンズをもとに視覚化したものです。1つ1つの線が友人と友人を都市と都市の間で結びあいます。線が明るければ明るいほど、その都市間の友人がよりたくさんいるということになります。

その画像と設定さたデータに微調整を加えてみると、それは「驚くほど詳細な世界地図」を生み出しました。」と、ポールさんはブログの投稿欄に書き込みをしています。

「大陸が視覚化されただけではなく、ある国際間の国境は明白であることも見てわかります。」と彼は書いています。

「しかしながら、私を本当に驚かせたのは、これらの線が海岸や川、または政治的な国境の線を表していないということを知っていながら、しかし、本当の人間の繋がりをあらわしているんです。」

しかし、世界の中で大きな部分が見えていません。中国、そして、中央アフリカなど。これらの地域では、Facebookはほとんど使用されていません。




とってもきれいだね。

インターネット上では、国境がないというのかはっきり見てわかる。あるとすれば、言葉の壁・・・。でも、それもはっきりとはしないし。


地球がはやく、世界政府で1つになり、国境のない平和な星になるように、がんばりましょう~

2011.03.06に以下に追記しました・・・

最近反政府デモとか、中東を中心に起きていて、その影響はやはりインターネットのFacebookや、Twitterなどを沢山の人たちが見て、そこに書き込んであるメッセージに触発され政府に対してデモを起こしているというのが挙げられています。

この地図を見ると中東などはそんなに光がありませんよね。

中国もそんなに光の線はありませんが、でも、中国でも最近インターネットから反政府デモをしようという呼びかけが起きているというのがニュースでも取り上げられています。

テレビで一昨日の夜観たときは、中国でも実は企業が使う特別なソフトを使用すれば、日本へアクセスしてそこからFacebookにつなげるというやり方で、自由にFacebookやTwitterなどを利用できるということを説明していました。
しかし、このような手法は、一般の市民でほとんど知っている人はいないのが現状らしいです。

かなり高いレベルで中国政府は市民への情報を捜査しているというのがよくわかります。

いい意味でも悪い意味でも、中国は市民の考えと行動を自分の国に都合のよいように誘導しているというのがよくわかります。

もし、中国の人たちがもっとFacebookやTwitterなどに接続できるようになれば、おそらく高い確率で暴動がおこり、その時には中国政府の存続もあやうくなり、そこに、おそらく米国などが援助するふりをして入り込み、暴動する側の味方について、反政府側が勝利したときには、米国が勝利した新しい政権を完全にコントロールしてしまうような体制にしてしまうような危険性があると思います。

こういうことをおそらく中国政府は防ぎたいという考えもあるのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ