楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

タグ:幸福

最近いくつかの映画を見た。

・Sleepy Hollow、スリーピー・ホロウ(ホラー&時空旅行&生き返り)
・メンタリスト(FBI捜査、犯罪もの)

と、なんて私ネガティブなビデオを見たんでしょうね〜

2つともバイオレンスや犯罪が入ってるシリーズドラマだが、2つとも、イルミナティーの目のマークが出て来ました。おや?と思いましたが、
メンタリストは、そこら中に。
スリーピー・ホロウのほうは、墓場のシーンで墓石にイルミナティーの目のマーク。

dc64c83a.jpg



ca8bc0a5.jpg



参考に、イルミナティーのマークはこちらです。

一部引用
しかし、ワシントンやフランクリンらアメリカを独立させたフリーメイソン・メンバーが制定したアメリカの国璽(国のシンボルマークのようなもの)にプロビデンスの目が使われていて、(左が表、右が裏 wikiより)

dd333f3e.jpg



一部引用
これが実はイルミナティのシンボルマークであるという説があり、さらにこのプロビデンスの目は1ドル札の裏にも印刷されている。

bec090d6.jpg


※画像引用元:http://rikasanpo-hon.blog.so-net.ne.jp/2009-03-11

このマークを映画の中に発見したら、直ぐに映画(ドラマ)を観るのをやめてください。貴方の脳を、このマークが映し出されている映画から発信される音声や映像に隠されているサブリミナルメッセージから守ってください。

2つとも共通してたのは、みてる時にとても嫌な、重苦しい、怖い、不安な感じがしたのです。

イルミナティーの人達…シオニスト系銀行家のことだが、彼らが世界をコントロールするために、全ての媒体、音楽、映画、ニュース番組に彼らのメッセージやシンボルマークを載せて、サブリミナル効果や嘘の情報を流して人々を洗脳していくというのは多くの人達がネットで読んだことだろう。

彼らが私達になにを、私達の意識に何を植え付けたいのかというと、それは多分、私がビデオから感じたのは、「恐怖心」「不幸」「不安」などだと思う。

人をコントロールする一番の方法は、彼らの説明によると、人々に恐怖心・不安・不幸な感覚を与え、自分の身を守りたい、そのネガティブな感情から逃れるために権力者の作ったシステムに頼らざるを得ないようにするのが、彼らの常套手段だと聞く。

ですので、このようなビデオを観るのは止めましょう。それだけではなくて、日本では漫画にも沢山のネガティブな情報や絵があります。それを読むのはやめるべきです。

それでも、読んだり観たりした時には、バッハの音楽を聞いて、脳に与えたネガティブなメッセージの神経と神経の繋がりを完全になくすのです。または、瞑想をしてみるのです。

シオニスト系銀行家達は、最後のあがきなのか、彼らが対テロリスト戦争を行うために、人々に恐怖心を与え、「テロリストが人々に恐怖を与える=対テロリスト戦争が必要である」、という方程式を成り立たせようとしているのではないでしょうか。

または、生活が不安定な経済・雇用状況を作り出し、社会の福祉システムに頼らざるをえない状況・流れを創りだすのです。それにより、権力者達は弱者をコントロールしやすくなります。

こんなくだらんドラマを作り続ける彼らの国に住む人達が気の毒でなりませんね。

と言う日本でも、既にそうなってしまっているのかもしれませんがね

★ ★ ★


ここで、話が変わりますが

人類を科学的に創造したと言われる宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルは、テレビ、ラジオ、新聞、ニュース、その他、友人・知人の話す内容、学校の先生の発言全てにおいて、ネガティブな情報は全てカットして、ポジティブなものだけを意識的に選択して取り入れるようにしなさいと、セミナーで教えておられます。

真に、そのとおりですね。

一番良い例は、テレビのリモコンを持って、ネガティブなシーンになると直ぐにチャンネルを切り替える。音楽でもそう。映画だと、お金を支払って観る場合がほとんどなので、お金を支払う前にそのストーリーのあらましや、人が観た感想を読んでから、観るかどうか決める方が良いでしょうね。

ネガティブを遮断し、ポジティブな情報を意識的に選ぶ事で、皆が幸せでいられれば、平和や世の中を築けるのではないでしょうか?そして、戦争も反対しましょう。安部首相の集団的自衛権にも反対。

日本が平和な社会になるように・・・

そして、世界中の人達が平和な社会に入れるように・・・楽園主義



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



いや~、この男性、以前は、世界5大陸を泳いで渡る偉業を達成されたお方、フランス人男性、フィリップ・クロワソン(Philippe Croizon)さんですが、

もう一つ、びっくりするのは、感電事故で四肢の切断を余儀なくされた人なのです。

普通ならば、ここで絶望してしまい人生を投げ出してしまうかも。

でも、フィリップさんは違いました。

      事故で両手両足を失いながら昨年「世界5大陸を泳いで渡る」偉業を達成したフランス人男性、フィリップ・クロワゾン(Philippe Croizon)さん(44)が10日、ベルギーの首都ブリュッセル(Brussels)にある世界で最も深いプールで深さ33メートルまで潜り、四肢のない人のダイビング世界記録を達成した。


このように、今度はダイビングで偉業を達成されたではありませんか?!

宇宙人エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルは、「今のあなたの意識レベルで実現するのが不可能だと思われる事を夢に持ち、そして、それを実現しなさい。あなたがそれを実現した時には、あなたの脳はワンランク、バージョンアップします。その時には、バージョンアップする前のあなたの脳では想像だにしなかったような世界を感じることが出来るでしょう。」と、お話されていたんです。

そして、バージョンアップした脳で、更に実現が不可能だと思われる事を新しい夢として持ち、それを実現していくと、そして、それを繰り返していくと、あなたの脳はバージョンアップを繰り返していく。

これは、つまり、、意識レベルがどんどん引き上げられていくということですね。自分の意識が高くなったとき、どんな世界が待っているのでしょうか?


胸が高まります。


楽しみで仕方ありません。



「ダイビングは8歳以上なら誰でも、ぼくのように障害のある人間でさえ楽しむことができる偉大なスポーツだと証明したかった」



僕も、勇気やる気が出てきました。




いつまでも新しい事にチャレンジしていきたいですね!




ありがとう、フィリップさん!




earth_P_LightBlue





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ