明日、ある会館でパーティがあるそうです。

行ってきます。

年齢層は高めかと想像しますが、皆さん、気持は若く、戦争法案反対の運動をなさっている人が多いとかお聞きしてます。

面白そうな話が聞けそうかも・・・


追記、2015/08/14・・・
友人から「パーティ」があるからと聞いて行ってみると、実は「灯篭流し」に合わせて歌と屋台を出した催し物でした。

パーティと灯篭流しではあまりにも差がありすぎですよね?
私の友人の誘い方、言い方もあまりにもいい加減なところがあるのに呆れてしまいました。

つまり、主催者が全く違うということになり、そのテーマもちょっと違うということになります。

知ってる人も直ぐに来なかったので私は焼きそばとソーセージを食べながらぼーっとしつつ、うたを聞いたました。

夕方頃になると人がだんだんと多くなりました。


■ 灯篭流し〜〜

ba54a693.jpg



5dd21655.jpg



850ec54f.jpg



7be09155.jpg



e689c534.jpg



b967dd15.jpg



e41bfaf6.jpg




灯篭流しの意味は、「原爆で親族を亡くされた人たちは、毎年8月6日に灯ろうを死者の供養の意味で流す」とありますが、それとともに「平和への祈りを込める」「原爆が二度と使用されない事を祈る」意味も含まれているようです。

人類を科学的に創造した宇宙人エロヒムメッセージの本(預言者ラエル著)によると、地球上の生命は科学的に遺伝子を合成してエロヒムにより実験室の中で創造されたとあります。そして、人類はエロヒムの姿形に似せて科学的に創造されたのです。

ですので、灯篭流しをして、意味のない死者の弔いをしても、無限に帰った死者達は今はもう存在しておらず、何の弔いにもならないと言うことになります。

それで今私達が持つ様々な問題が解決されるわけでもありません。

本当に死者の思いを考えて私達の子孫が平和に暮らせるようにするためには、この原爆を実験的に日本の広島・長崎に落としたアメリカ政府、政府に指示を与えたシオニストの連中達、また、アメリカ政府の関係する政治家・軍人達を全て裁判にかけて、原爆投下の責任の追求を行い、彼らに謝罪をさせ、自分たちの犯した罪を認めさせ、適切な処罰を与えて彼らに刑に服させなくてはならないのです。彼らが最もするべき刑はなにかと言うと、世界中の原爆の廃棄処分でしょうか。また、世界中の原発の廃炉処理もさせるべきでしょう。それが続くまでずっと・・・。

それをしてこそ、本当に原爆を排除する世界的な動きが生まれるのです。アメリカの原爆投下戦争犯罪の裁判を実施せずに、原爆を二度と使ってはならないと言っても、目の前で、アメリカ政府が劣化ウラン弾を使い世界中の国々で爆撃し、イスラエル・テロリスト政府がパレスチナに爆撃し続けている中で被害者や死者が続々と出ているのでは平和なんて全くあり得ないです。

また、日本政府は、戦争法案を強引に通して、アメリカの集団的自衛権を受けて戦場に出る方向に突き進んでいます。これで、広島・長崎でなにを訴えるのでしょうか?やっていることと、発言の内容が全く辻褄が合わず、何の説得力もないのです。

恐らく、日本政府はシオニストに恐喝されているのでしょう。それに従わざるを得ないのでしょう。
しかし、それでも日本政府はアメリカに対抗し、アメリカに責任追及し、在日米軍を日本国内から追い出さなくてはいけないです。

日本政府が、ヒラリーなどの政治家から、「言うことを聞かないなら、また、市民の命をとるぞ!」と脅されていてアメリカの強行的な命令に背く事が出来ないのなら、アメリカに対抗している中国やロシア、そして、南アメリカ諸国に協力を求める事も出来るのではないでしょうか?


日本政府がなにをしなくてはいけないのか?

日本国内にいる全ての米軍基地は、日本から即刻退去しなくてはいけません。

また、日本政府は、日本国憲法の以下の条文を改正しなくてはいけないと思います。
日本国憲法第98条

  1. この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
  2. 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする


日本国憲法は、国の最高法規ではあるが、日本国が締結した条約及び確率された国際法規が、日本国憲法と矛盾しているばあいには、その条約・国際法規を遵守しなくてはいけない、つまり、日本国憲法は最高法規ではない、日本政府が諸外国と結んだ条約や国際法規が最優先されるということになります。

この法律があるので、日米安保条約とそれに付随する日米地位協定が日本国憲法よりも優先されてしまい、米軍が日本国内で事故や事件を犯した時に、アメリカの治外法権が使われてしまうのです。

しかし、これは日本の主権を尊重しておらず、日本政府の市民の平和に反する事であり、アメリカ政府・アメリカ軍が日本でしていることは許されないことです。

真の平和とは、真の平和な社会にするため行動を起こす事で実現出来ます。

市民は、ますますデモで戦争反対の行動を政府にみせつけるべきです。その行動で政府官邸を破壊してもよいでしょう。政府の国会議事堂を占領してもいいのではないでしょうか。戦争法案を強引に可決するような奴らに国会議事堂を使わせるわけにはいきません。市民の税金を戦争に使わせて良いのでしょうか?

市民は、過激に更に激しく、政府に対して、戦争反対の意志を表明していくべきです。

私達は人を殺すことはしたくない!

私達は人と共に幸せに生きたいだけだ!

皆が幸せに暮らせる平和な社会を作りたい!

一人だけが私利私欲に走る今の政府のやり方は汚すぎる!

日本全国の99%の人達が立ち上がり、政府に対して戦争反対、戦争法案の廃止を訴えよう!!!!