楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

タグ:福島第一原発




岩手・宮古市からの震災がれき受け入れで相次ぐ苦情に石原都知事が「黙れ」と一喝、弥勒菩薩ラエルは…
(11/04 17:06) フジテレビ

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00210910.html

岩手・宮古市から震災がれきを受け入れた東京都に苦情が相次いでいることに対して、石原 慎太郎知事が一喝した。

石原知事は4日午後3時すぎ、「『黙れ』って言えばいいんですよ、そんなの。誰がそれでどうするの? 力のあるところが手伝わなくちゃ、しょうがないじゃないですか」と述べた。

震災がれきの受け入れをめぐって、東京都には、4日までに3,000件以上の意見が寄せられ、そのうちの9割以上は、受け入れに反対の意見だという。

東京都では、今後も苦情や不安などに対して、丁寧に説明をしていくとしている。



石原都知事は………震災がれきの受け入れで、何をしようとしているのか?



■クリス・バスビー教授の放射能に効くサプリメント 9.19。弥勒菩薩ラエルが楽園主義を語る。
http://blog.livedoor.jp/whoomoi/archives/51846572.html

クリスバスビー教授によると、日本政府が放射能汚染された汚泥やゴミ、瓦礫などを日本全国に運搬して、全国の都道府県のゴミ焼却場で処理させるのは特別な理由が有るらしい………

現在福島やホットスポットで避難することもできず暮らし続ける人達の中で……将来、福島原発事故による放射能汚染が原因で、ガンやそのほかの病気になってしまった人達が出てきた場合、彼らは政府を相手取り訴訟を起こすでしょう。

この場合、自分が福島原発事故による放射能汚染により病気になったという事を証明するには、そのほかの地域で、汚染されていない地域を選んで自分の住む地域と比較してそれを証明しなくてはいけません。

しかし、日本政府が福島の汚染された汚泥・ゴミを日本全国にばらまいたらどうなるでしょうか?!ゴミ焼却場には高濃度の汚染された灰が残り、それが外に漏れ地域に放射能が広がります。

被害者の人達は対比できる非汚染地区を選べなくなり、政府を訴えても福島原発事故による放射能汚染が原因で病気になった事を証明できなくなるのです。

これで、政府は福島原発事故からの放射能汚染の被害者達による訴訟に負けて、莫大な慰謝料を彼らに支払うことを避けることが出来ます。


石原都知事は、この政府の企みを助けているのだと思います。

だから、その「黙れ」発言は、もってのほかで、そう言う都知事が「黙れ」と言われ、都知事を辞任するべきでしょう。

政府は、政治家は人殺しです。日本政府のこの決定に直接関与してなくても、無視している人達はみんな同罪です。

ましてや、苦情を入れる国民に対して「黙れ」と一喝を入れる石原都知事は、殺人の、または、傷害罪の加担者であり、これらの犯罪を助けているのと同じです。

こんな政府をいつまでも野放しにしておくと私達が殺されてしまいます。


宇宙人エロヒムのメッセンジャーの弥勒菩薩ラエルが、1973年エロヒムとの遭遇をした後に書いた著書、「宇宙人エロヒムからのメッセージ」には、私達が今抱える問題を解決できる最善の方法が書かれています。

それは、こちらのサイトからダウンロード出来ます。
↓↓↓
トップ……http://ja.rael.org/download.php

日本語版…http://ja.rael.org/download.php?list.11

天才政治

天才に政治を任せる政治システム



そして、弥勒菩薩ラエルは、社会のシステムを資本主義から楽園主義に変えるべきであり、これ以外には解決策はあり得ないと言われています。

楽園主義とは、共産主義ににていますが、労働がコンピュータ、ロボット、そして、ナノロボットに取って代わります。そして、銀行や貨幣が全てなくなります。
全ての製造工場や生産システムは、オートメーション化され、人間は働かなくても暮らしていけるようになります。

更に詳細については、こちらをご覧下さい……


楽園主義の社会を実現しましょう。


そして、天才政治を実現するのです!


人類の未来は私達の愛と、意識と、行動にかかっています。


宇宙人エロヒムが地球に再来するまで、最短であと14年………


世界のサイト
http://www.rael.org


日本語サイト
http://ja.rael.org/home



福島のセシウム汚染濃度が上昇!
今の日本の政府は、自国の原発を全て廃炉にすると決めたドイツの政治家と知性を比較すると天と地の差があるように思う。

宇宙人エロヒムに遭遇した弥勒菩薩ラエルのメッセージを読むと、唯一人類を救う方法は楽園主義と呼ばれる政治形態を取り入れるしかないようです。

楽園主義については………
http://www.paradism.org/index_ja.html

この楽園主義をベースに行う政府を世界政府とよび、その政治を天才政治と呼ぶ。

天才政治については、この政治について具体的に説明している弥勒菩薩ラエルが書かれた素晴らしい本がある。

こちらからダウンロードしてください。



地球に宇宙人エロヒムが再来するまであと早くても14年はかかります。


人類の未来の全ては、私達の愛と知性と行動にかかっています。





記事掲載元:M & C News


東京の科学者たちや、環境問題の専門家達、そして、幾つかの市民グループは、公的に報告されていたのよりもより広範囲の汚染地区が見つかった後、三月の原発事故の後より広い地域の人達を避難させるよう政府官庁に要請しました。

研究者達は、地震と津波により破壊されてから環境に放射性物質をもらし続けてきた原子力発電所の北西60kmで1平方メートルの土から615万ベクレルの放射性物質を発見しました。

その値は1986年のチェルノブイリの原発事故の後にチェルノブイリとユークレインの強制避難地域を宣言したときに使用された閾値よりも更に四倍高いものであったと、環境団体フレンズ・オブ・ジ・アース(Friends of the Earth)の日本支部が伝えました。

そのフレンズ・オブ・ジ・アースの環境団体の研究者でその測定に参加したかんな・みつたさんは、「政府は汚染された地域から子供たちと妊娠した女性たちを避難させるべきだ」と、木曜日に言いました。

街の渡り区の住民たちが自前のガイガーカウンターで計測すると、最高一時間当たり10マイクロシーベルトの値を針が振り切ってしまったと、三田さんは言いました。比較として、原発からたった7kmしか離れていないところで、原発の周囲20kmの立ち入り禁止区域に深く入った場所で測ると、汚染レベルは水曜日に一時間当たり14.24マイクロシーベルトを記録しました。ベクレルは物質から放たれた放射線の数値を読み取った数値です。シーベルトは、放射線がそれに無防備な状態にある生命体への与えうる影響を数値で表します。

9/14に福島県の5カ所から採取されたサンプルの土を検査したリサーチは、神戸大学の教授であり放射線の専門家でもある山内ともやさんが行いました。山内さんは、フレンズ・オブ・ジ・アースとその外の市民グループに参加して、少なくとも放射性被爆に最も影響を受けやすい人達に非難を呼びかけていました。しかし、地方自治体や政府は避難させないことにしました。その結果、地域を率いる活動家たちや環境保護専門家達は政府や地方自治体を住民の健康を第一に置かなかったと激しく避難する事になりました。

批判的な人達は官僚たちは、一部の選ばれた人達の避難をさせることで、より広範囲の人口流出が起きる可能性があり、それにより地域経済が打撃を受けることの方がより心配であると非難しました。

福島第一原子力発電所近辺の何万人もの福島県住民は自発的に既に福島県を離れてしまいました。

多くの人達は、福島県のどこにいても放射能に被爆する危険性から安全に感じられないと言いました。その地域は東京の東北250kmにまで及びます。

野田首相は火曜日に福島市まで出向き、除染作業の状況を調査しました。「私は除染作業に最大の努力を尽くします。」と、彼は地域の人達に話しました。

中央政府は報告によれば2500億円を放射能で汚染された住宅地域の除染作業に投入することになっています。

……以下省略……



沖縄タイムズ
■チェルノブイリに匹敵」福島・郡山市汚染

記事掲載日:2011年9月29日 09時49分

 放射能に詳しい琉球大学名誉教授の矢ヶ崎克馬氏は、福島第1原発事故後の福島市と郡山市の土壌汚染について、チェルノブイリ原発事故(1986年)で子どもへの健康被害が続出したウクライナ・ルギヌイ地区に匹敵する汚染濃度だと分析した。「住民を『被ばくさせっ放し』の状態に置いている国に対して、国民の健康管理の点で厳しく責任を追及しなければならない」と訴えている。

 文部科学省がことし8月30日に発表した土壌汚染度調査を精査し、分析した。

 矢ヶ崎氏は「チェルノブイリ事故後に多量に発生した健康被害 東電福島事故と―今後の日本における悲劇の暗示―」と題したリポートを9月初旬にまとめ、郡山市を相手に子どもたちが「年間1ミリシーベルトを超えない安全な場所で教育を施すことを求める」集団疎開の原告側意見書を提出した。

 その中で、チェルノブイリ原発から西へ110~150キロ離れたルギヌイ地区の汚染度の高い地域について、原発から放出された放射線量が年間5ミリシーベルト以上の「移住義務ゾーン」、1ミリシーベルト以上の「移住権利ゾーン」、0・5ミリシーベルト以上の「管理強化ゾーン」の三つに区分するウクライナの法に基づく放射能汚染ゾーンの定義を説明。

 ルギヌイ地区では測定した332地点のうち「移住義務」と「移住権利」を合わせた割合は全体の13・3%だったが、福島市と郡山市の汚染地点を同区分に当てはめた結果、福島市は94地点のうち33%、郡山市は118地点のうち14・4%となり、ルギヌイ地区よりも汚染度の高い地域が多いとしている。

 一方、汚染の少ない「無管理地域」の割合はルギヌイ地区の1・5%に比べ、郡山市が27・1%、福島市はほぼ10%と多くなっているとも指摘。「移住義務」「移住権利」と「無管理地域」の割合や平均値を相対的に分析した結果、原発事故後の両市の子どもにも、ルギヌイ地区で現れた甲状腺疾病などの高い罹患(りかん)率が暗示されるとしている。

 矢ヶ崎氏は「政府は年間20ミリシーベルト以下の場所であれば『直ちには健康に被害は現れない』と言い続けている。根拠のない言明に反し、今後、極めて高い疾病率が日本の子どもや住民を襲うことが懸念される」と指摘。「国は内部被ばくを無視した国際放射線防護委員会(ICRP)の基準よりさらに悪い住民切り捨ての考えを捨てるべきだ。子どもの疎開を含む被ばく回避措置に全力を挙げるべきだ」と訴えている。




全国の女たち座込み反原発デモに参加。弥勒菩薩ラエルは、世界を変革する時と。
今日は、「原発いらない全国の女たち座り込みデモ、その他デモ情報。弥勒菩薩ラエルは世界を変革する時」や、「原発いらない全国の女たち座り込みデモ、その他デモ情報。弥勒菩薩ラエルはデモ運動が世界を変革する時と言う。前半」で紹介されたデモに参加します。
↓↓↓

福島の女たちに続け! 全国緊急アクション

福島の女たちに続け!
全国緊急アクション 参加者大募集!
「もう、黙ってはいられない!」
全国の女たちが立ち上がり
そして、座りこむ!

日時:2011年10月30日(日)~11月5日(土)9時~18時 雨天決行!
場所:霞が関経済産業省前(東京都千代田区霞が関1丁目3-1)
*東京メトロ霞が関駅(A12a出口)徒歩1分
お昼休みだけでも、仕事の後でも、1日でも、1週間の参加でもOK!
座り込みの様子を見に来て、おしゃべりに立ち寄ってくださるだけでも大歓迎。


朝の9時から夕方4時まで座り込みデモをするとは、凄いですね。

しかも、6日間やるんですよ。

女たちのデモとは書いてますが、男性も外国人も大歓迎らしいです。
途中参加もOKですよ。

そして、霞ヶ関駅に二時過ぎにつきました。

12番出口から出て、階段の方向と反対に進むと直ぐ門にテントが三つくらい設置されていて、そこに約50人ていど集まっていました。

テント前
cameraroll-1319987183.513170.jpeg
警察官の人達も約15人くらいいましたでしょうか?

テントひろば前2
cameraroll-1319987227.193778.jpeg

cameraroll-1319987252.940860.jpeg


とりあえず、まず一つ目のテントで著名をしました。これは、日本の全部の原子炉を停止する著名運動です。

そこでチラシをもらいました。

その内容は……
■脱原発-再稼働阻止へ
「経済省前テント広場」運動への積極的参加を!


主催:11・11-12・11再稼働反対!全国アクション実行委員会
問い合わせ:03-6424-5748
Email:contact@2011shinsai.info

12/11にもアクション実施する計画です。

アクション登録は、以下のリンクから
登録:http://nonukes.jp/admin/regist_action_form.html



9/11から始まった「経産省前テント広場」は50日目(10/30現在)を迎えました。
「福島の女たちの座り込み行動」とその支援・連帯行動は、原発に関連した人々の活動の場として利用されているようです。また、ここでいろんな情報も交換できます。

この活動は経産省-原子力村に対峙し、日本全国の原発をとめるために行われています。

★11/11(金曜)黄昏の経産省キャンドル包囲「人間の鎖」を成功させよう!
集合日時:11/11,pm 6:00
場所:東京メトロ千代田線、日比谷線の霞ヶ関駅
  A12出口の階段を上り地上にでたら逆方向に歩いて30秒

内容:9/11の経産省包囲「人間の鎖」アクションの大成功に引き続き、今度は平日の11/11に暗闇にある経産省をキャンドルで包囲する「人間の鎖」アクションを実施する予定!

正門前でアピールした後、人間の鎖包囲を行います。一周、約900メートルを手編みの紐を皆が持って包囲します。

持参:キャンドル、ペンライト、懐中電灯などを持参してください。


★11/17(木曜)テント広場全体会議に参加を!
集合日時:11/17,19:00~
場所:東京メトロ千代田線、霞ヶ関駅
  ここから、12番出口の階段を上り地上にでたら逆方向に歩いて30秒
  スペースタンポポにて

内容:10月下旬~11月上旬の行動を振り返り、教訓をつかみとり、テントひろばを民衆の共同広場としてさらに発展させていく方法について話し合い、次への目標を見いだします。みんなで話し合い、盛り上げていきましょう!


★「経産省前テントひろば」の歩み……
  • テントは9/11経産省包囲行動のさなかに9条改憲阻止の会により設立された。15分の早業でした。
  • テントの使用につき、経産省に現在の場所での使用許可を求めています。数度の書面提出しました。
  • 9/11~9/21の11日間、上関の青年を中心とする4名の若者の経産省正門前ハンスト座り込みを支え続けました。それを通じて、テントは9条改憲阻止の会のシニア世代と、東電前アクションの若者世代、そして、タンポポ舎や立川テント村の協力関係を得て、多くの人々が参加する共同広場として歩み出した。
  • 激しい台風襲来でも持ちこたえています。(最も激しい数時間だけテントをたたみ、その後再度設置。)
  • 9/30、臨海事故12周年追悼集会(保安院前で実施)後、引き続きテント前でミニ集会をしました。
  • 10/14、山本太郎さん、朴保さんがテントに来られ、50名ほどで三時間以上集会をしました。そして、ミニコンサートをしていただきました。
  • 10/20、10/25、全体会議。多くの人達が参加し、体制を強化。
  • 10/25、「女たちのテント」を設立。



■テント設立賛同金カンパのお願い、泊まり込みローテーションの参加希望者募る!

・この座り込み運動は夜も泊まりがけで行われています。テントの維持費用がかかるため、賛同金カンパを募っています。

・テントは24時間体制で、定数以上の人数がいることが必要。テントには多くの人が訪れ、様々な出会いがあり、活発な議論もあります。夜参加希望者かいましたら、ぜひご連絡ください。

テント連絡先:070-6473-1947


九条改憲阻止のホームページ:http://9jyo.asia/

九条改憲阻止の会 電話・FAX:03-3356-9932

九条改憲阻止Email:kyujokaikensoshi@utopia.ocn.ne.jp



■キルトの絵

このキルトは、子供が放射性物質を除去するマスクをつけて、お母さんが子供をなだめているところです。

キルトの絵
cameraroll-1320015968.201188.jpeg

キルトの手紙
cameraroll-1320016022.445325.jpeg

キルトは縫い方が難しく文字一つみてもそれがわかります。
cameraroll-1320016004.044968.jpeg


キルトの絵の少女
cameraroll-1320015987.156818.jpeg



このキルトの旅が始まったきっかけは、1999年、臨界事故が茨城県東海村で起きて、事故にあった女性の方にある女性が友達になって、そのときに、事故に会った女性が新しい友達にキルトを貸してから、このキルトの旅が始まりました。

チェルノブイリの時も、このキルトは旅をしました。そのときも、このキルトの絵と女性は関係者、お知り合いなどの募金でチェルノブイリの現地に行き、このキルトを展示されたそうです。

1999年から2011年までこのキルトはいろんな人達に感動を与え、様々なイベントでこられる方々にお見せしてきました。手作りのキルトには、作った人の「世界中の原発を絶対に廃炉にしてほしい!」という強い思いが込められています。

みているだけで、感動しました。

そして、日本全国女たちの座り込み反原発デモで、また旅をしたわけです。



■チェルノブイリの子供たちの絵

以下の絵は、この座り込みデモで見せてもらいました。
チェルノブイリの子供たちがチェルノブイリの事故の後に描いた絵です。

チェルノブイリ絵、爆発のシーン
cameraroll-1319987362.022465.jpeg
もし、この絵が、みたままを絵にしたとすると、
至近距離で描いたように見えますので、かなりの
被爆をしていたのではないかと思います。

甲状腺の手術の跡
cameraroll-1319987380.749669.jpeg
首にある傷は、甲状腺ガンになり手術をしたに残った傷跡です。

病院のベッドで患者さん達が寝ているところ
cameraroll-1319987419.643947.jpeg

cameraroll-1319987434.675956.jpeg



■宇宙人エロヒムのメッセージから

地球上の全生命を遺伝子を合成して創造し、人間を自分達の姿形に似せて科学的に遺伝子から創造した宇宙人エロヒムは、彼等の最後のメッセンジャー弥勒菩薩ラエルを通して、人類が自己破滅する危険性があると警告してきました。

弥勒菩薩ラエルは、はっきりとは言われなかったですが、私が彼が言われた事から推測すると、以下のような可能性があるのではと思います。

その一つが、地球が寒冷化に進む過程で地震活動が活発化してきて、新たな原発事故が起き、地球が放射性物質で汚染されます。すると、最初に影響を受けるのは子供達であり、その後は、中年層の人達が発ガンして、急激な人口の現象が起き始め、そして、人類の自己破滅が起きてしまうというシナリオ。若い世代が減少すれば子孫が増やせなくなります。

もう一つは、世界経済が破滅して、第三次世界大戦が勃発し、核戦争で人類が破滅してしまうというシナリオ。特に米国のここ最近の中東への戦争の仕方は、第三次世界大戦を始める事を目的としているように思います。

第三の選択肢は、人類がこの危機的な状況を回避するため、世界政府をつくり、世界の共通の貨幣をつくり、宇宙人エロヒムが彼らのメッセンジャーの弥勒菩薩ラエルを通して伝えている天才政治を人類の社会に導入するシナリオ。

天才政治とは、簡単に言えば、現在世界中で行われている選挙制度を完全にやめ、人類の中で一番知性が高い人達…天才と呼ばれる人達を科学的方法で選び出し、その人たちに政治をお願いするというやり方です。

選挙とは多数決ですが、多数決で選んだ政治家は必ずしも知性が最も高い人達とは限りません。これが原因で、今の政治家の多くが知性が中くらい、あるいは低い人達もいて、後先考えない自分の私利私欲で行動してしまい、問題が多発します。そして、市民がその問題で政府にクレームを出して、やっと、その解決策を実行するので、人類の社会は失敗を繰り返しながら改善して行き進歩して行きます。しかし、もし、その失敗が致命的なものだったらどうしますか?そのような状況がこの福島第一原発の事故だと思います。

これが、もし、天才の人たちに政治を任せたら、どうなるでしょうか?

天才は、失敗をしません。なぜなら、彼らは何かを実行した場合、それにより起きる結果を科学的方法により予想して、起こりうる事故や災害に対する対応策まで全ての検証した上で、安全な発展性のある方法を選ぶからです。市民の生活を豊かにできるような手段を選ぶことができます。だから、原発事故が起きる以前に、害のある放射性物質を使った原発自体を作らなかったでしょう。

これは、一例に過ぎません。興味のある方は、こちらから無料の電子ブックをダウンロードしてお読みください。



宇宙人エロヒムが地球に再来するまで、最短であと14年………


全ては私達の愛と意識と行動にかかっています。



http://www.rael.org/



仏アレヴァ社の汚染水浄化のやり方には問題がある
http://gungho-dynamo.jugem.jp/?eid=211
より、転載します。

フランスアレヴァ社の福島原発汚染水の浄化システムは、ヨーロッパでは多数の白血病を生じさせ、浜辺も汚染してしまっているというニュースが海外のサイトで出ています。
至急、フランスの会社の力を借りてやるのは危険かもしれません。それを実行する前に、至急、調査を行ってください。そして、他の国々、米国やグリーンピースなどにも連絡して、彼らの考えをよく聞いて、専門家の意見も聞きつつ、検討していただきたいです。
国民の健康をいたずらに悪くすることは避けてほしいです。

私は、この内容を至急、官邸へのご意見募集ページで、いくつかの政府機関にメールとして送りました。
ご意見募集:https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

以下、その内容です。
フォーブズの記事から抜粋(訳出 gungho-dynamo)
French System For Cleaning Fukushima Water Blamed For Leukemia, Polluted Beaches In Europe
フランスによる福島原発汚染水の浄化システムは、ヨーロッパでは(多数の)白血病を生じさせ、浜辺も汚染してしまっている

Apr. 25 2011
http://blogs.forbes.com/jeffmcmahon/2011/04/25/french-plan-to-clean-fukushimas-radioactive-water-detailed-including-risks/

The process a French firm will use to clean Fukushima’s radioactive water has been blamed for a leukemia cluster in France and for polluted beaches and irradiated waters from the English Channel to the Arctic Sea.

フランス企業(アレヴァ)が福島の放射能汚染水を浄化するのに使用しようとしているプロセスはフランス本国で多数の白血病を生じさせ、海辺の汚染ばかりでなく、汚染水を英仏海峡から北極海へ拡散させるものだと非難されてきたものだ。


Areva SA has promised to remove up to 99.99 percent of the radioactive contaminants in 67,500 tons of water flooding the crippled Fukushima-Dai-ichi nuclear plant. It will use a co-precipitation method employed at its La Hague nuclear fuel reprocessing facility in Normandy.

アレヴァSAは、事故を起こしている福島第一原発にあふれている67.5千トンもの水から99.99%の放射能汚染物質を除去できると確約している。同社のノルマンディーにあるラ・ハーグ核燃料再処理施設で採用している共沈殿法を使うつもりらしい。


That process has been documented in detail by a French nuclear expert and by the U.S. government, which has shunned France’s fuel reprocessing method because of “a nonproliferation concern and environmental concerns,” in the words of Nuclear Regulatory Commission Chairman Gregory Jaczko.

フランスの原子力専門家および米国政府によって、そのプロセスの詳細が文書化されているが、米国のNRC委員長グレゴリー・ヤツコの言を借りれば、「拡散抑止の有効性に疑問があり」また「周囲の環境汚染にも懸念あり」という理由で、米国においては、そのフランスの燃料再処理法は忌避されている。


The water treatment process has been deplored by environmental groups including Greenpeace and Physicians for Social Responsibility in part because of the quality of cleaned water it produces:

処理後に生み出されるクリーンな水の質に問題ありとして、「グリーン・ピース」や「社会的責任を追及する物理学者たち(以下、PSR)」などの環境保護団体からも強く非難されている処理方法なのだ。


France reprocesses reactor fuel at the vast La Hague facility on the Normandy coast. The so-called low-level liquid wastes from reprocessing are discharged into the English Channel and into the air. However, these “low-level” wastes still contain highly radioactive and often long-lived isotopes. Dumping these same wastes into the sea in containers would violate the 1970 London Dumping Convention.”

アレヴァ社は、ノルマンディー沿岸にある大規模なラ・ハーグ処理施設で核燃料の再処理を行っている。再処理の結果、いわゆる低レベル廃棄物が英仏海峡と空気中に放出されている。しかし、この低レベルの廃棄物には依然として高い放射能を持ち、往々にして半減期の長い放射性同位体が含まれているのだ。これらと同じ廃棄物をコンテナにつめて海洋に投棄したら、1970年のロンドン(海洋投棄)条約に抵触することになるだろう。


Areva treats contaminated water from reactor cooling systems by injecting chemicals that bind to radioactive isotopes and settle out.

アレヴァ社は、原子炉冷却装置から吐き出される汚染水に化学物質を注入し、放射性同位体を固着させ、安定化させることによって、それを処理する。


Areva has not revealed which chemicals it will use at Fukushima, but a 1995 report commissioned by the U.S. Department of Energy (pdf) details the process it uses at La Hague. According to DOE, Areva uses:

アレヴァ社は、今回、福島でどのような化学物質を使うかは明らかにしていないが、米国エネルギー庁(DOE)が1995年にまとめた報告書によると、ラ・ハーグでは以下のような化学物質を使って処理している。


  • nickel and potassium ferrocyanide to capture cesium
    ニッケルとフェロシアン化カリウム:セシウム捕捉用
  • barium sulfate to capture strontium
    硫酸化バリウム:ストロンチウム捕捉用
  • cobalt sulfide for ruthenium
    硫化コバルト:ルテニウム捕捉用
  • titanium sulfate for antimony and other emitters of alpha radiation
    硫酸化ティタニウム:アンティモニイほかアルファ線放射物質捕捉用



Areva also uses hydroxides of sodium, manganese, titanium, and iron, according to other sources. The chemicals and radionuclides are removed from the water in a highly radioactive chemical sludge.

ナトリウム、マンガン、ティタニウム、鉄などの水酸化合物も使用しているという。これらの化学物質や放射性核種は、高濃度放射性物質を含んだヘドロ水から抜き取られる。


The sludge is mixed or encased with bitumen a petroleum product similar to asphalt to make the resulting product waterproof and corrosion resistant. That mixture is poured into drums, which are sealed and buried, according to DOE. Mary Bird Davis, an author and expert on the French nuclear industry, says that Areva has reduced its use of bitumen and since 2008 preserves most of the sludge suspended in glass that it seals in drums and buries.

ヘドロはビテュウムというアスファルトのような石油由来物と混合され、閉じ込める。水に溶け出ないように、また、容易に腐食しないようにするためだ。次に、その混合物をドラムに流し込み、封をして、埋める。

フランスの原子力専門家によれば、アレヴァ社はビテュウムの使用量を減らし、2008年以降は、ほとんどのヘドロをガラス容器に閉じ込め、ドラムに封入して、埋めている、という。


The cleaned water, meanwhile, is discharged into the English Channel:

他方、濾過後の「きれいな水」は英仏海峡に放出される。


After treatment, liquid effluents are filtered and monitored and released into the English Channel by means of a pipe, the end of which is located in the Raz Blanchard current. The pipe travels under ground on land for 2500 meters and in the sea for 5000 additional meters.

処理後、放射性廃液は濾過され、モニターされてから、英仏海峡に放出されるが、パイプ排出先はラズ・ブランチャード潮流に面している。そのパイプは地下を通って、2.5Km延び、さらに海底5Km先まで延びている。


That’s where Areva runs afoul of Greenpeace and PSR: “The liquid discharges from La Hague have resulted in contamination of area beaches and of seas as far as away as the Arctic Circle and are considered among the ten main anthropogenic sources of radioactive pollution of the world’s oceans.”

この点が、アレヴァが環境保護団体と意見を異にするところだ。

「廃水はラ・ハーグから流れだし、周辺の浜辺、海洋はもちろん、遠くは北極海流まで汚染している。世界の大洋の中で人類による放射能汚染源トップ10に入るだろう。」


Health researchers have documented higher rates of leukemia near La Hague, and Greenpeace has turned the controversy into a video game called Block That Pipe:

健康調査の結果、ラ・ハーグの近くでは高い確率で白血病が生じていることが文書化されている。グリーン・ピースは、この件に関して「そのパイプを止めろ」というビデオ・ゲームまで作成したくらいだ。


In Japan, Areva has not mentioned ocean discharge a disposal method already employed by the Tokyo Electric Power Company to get rid of thousands of gallons of what it described as “the least contaminated water.”

日本では、アレヴァは海洋放出については言及していない。もっとも低濃度の汚染水と称して何千ガロンの水の海洋投棄を東電は既にやっているが。


Fukushima 1 Nuclear Power Plant. Image via Wikipedia
Areva has said the cleaned water could be recycled as coolant for the reactor cores as crews work to shut them down, a process that will take months and could take years. But there is far more water flooding the Fukushima plant than is needed to cool it.

浄化した水は炉心の冷却用に再利用されるとアレヴァ社は言っている。その間に、東電が原子炉を廃炉にする作業を行うわけだが、それには何か月、場合によっては何年もかかる。問題は、冷却用に必要な水の量よりもはるかに多い汚染水がたまっているということだ。


The Fukushima plant was flooded when TEPCO was forced to pump seawater into the reactors to keep the cores from melting down.

なぜ、大量の水がたまってしまったかというと、メルトダウンを回避するために東電としては海水を注入せざるを得なかったからだ。


In announcing the clean-up operation Thursday, Areva said other “processes could be used in parallel with the co-precipitation.” In France, the most common parallel process is evaporation: contaminated water is heated, evaporated, and the contaminants become highly concentrated.

まあ、アレヴァによれば、他方式の併用もありうるということらしいが、併用方式として一般的なのは、蒸発方式だ。熱して蒸気を飛ばし、汚染物質を濃縮させるわけだ。


Because some contaminants are gaseous such as isotopes of iodine the escaping vapor must be filtered. Davis sees risks in that approach:

ただし、気化しやすい汚染物質-ヨウ素同位体のような-は、その蒸気をさらに濾過しなければならないが、これにはリスクが伴うという。


Each time that wastes are treated by heat, whether to reduce the volume or for another reason, there is a risk that radionuclides and/or other toxic materials accompanying the radionuclides, will become volatile and escape into the environment. Filtration systems are never 100% effective.

排出量を減らそうとかなんとかで廃水を熱すると、放射性核種やその化合物など毒性の強い物質が揮発しやすくなり、環境に遺漏する危険性がある。100%有効な濾過方法などない。




掲載元:Rense.Com
http://www.rense.com/general93/therm.htm
TC・ブルネット 著
2011年4月27日

44a09706.jpg



ジェフ:これらの画像は、2011年3月20日付けの写真のように見えます。

一号炉の原子炉は、燃料プールで溶融が起き、核分裂がこの写真が撮られた日に起き続けていました。

二号炉では恐らく炉心溶融が起きているところです。

三号炉は原子炉の爆発が起きました。チェルノブイリと非常に似ていますが、しかし、違う原因によるものです。そして核分裂暴走が起きています。

四号炉では水素爆発が起き、三号炉が爆発したとき四号炉に三号炉の燃料が飛び火してきました。四号炉は消費された燃料棒の中で核分裂暴走がその時もまだ発生していた可能性があります。

(・・・途中省略・・・)

2011年3月24日、状態がもっと悪く見えるのですが、でもおそらくカメラが感度がよすぎるだけなのでしょう。彼らはもっと無人飛行機が手配されるのをまっています。三号炉では、明らかに、炉心が核反応制御不能の状態になっていると私は説明できます。チェルノブイリと比較すると、今はまさに文字どおりのことが起きていると言えます。彼らは恐らく無人もっと無人飛行機が来るのを待っています。

三号炉ではちょうど今、炉心が核反応制御不能の状態になっていると私は説明できます。

ちょうど今福島第一では、7万ロングトン以上の高濃度の放射性の「淀んだ」水が一号炉から三号炉のタービン室の中にたまっています。全ての水が準備が整い海以外にはどこにも行き場がありません。そして、海に静かに投棄され続けています。

白い煙がいまだに二号炉、三号炉、そして四号炉から出ています。

ひとたび燃料棒が一緒に溶け始めると、一号炉から三号炉の原子炉の温度は二度と運転停止状態にまで下がらないので、原子炉の温度は冷えた運転停止状態よりも高い温度になっています!

窒素はいまだに一号炉の格納容器の中に、そこから漏れるよりもはやい速度で注入され続けています。格納容器は亀裂が入っているのです。

私は一号炉ではもうすぐまた爆発が起きると信じています。

二号炉と三号炉の原子炉格納容器は、まだ亀裂が入ったままなので大気圧と同じ圧力になっています!


この海外のニュースを読むと不安になる人たちもいるでしょうが、このニュースどうも変なところがあります。それは、ニュースの書き手が「I believe another explosion is imminent at Reactor 1.」(原子炉1号機でもうすぐ爆発がもう一度起きると私は信じています。)と書いているのですが、「信じる」なんて言葉づかいは信ぴょう性がないのです。そして、読む人の恐怖感をあおる感じがある。もし、爆発するかもしれないのならその理由を科学的な側面からきちんと説明してだから爆発するかもと書くのが必要かもしれません。そういう書き方ではないし。

恐怖心をあおるような視点で書いてあるこの記事、どうも、日本の人たちにもっとひどいことが起きると思わせるような感じがします。

そこで、このような視点とは全く逆の味方でこの福島第一の原発事故を見ている人がいますので、その人のビデオを見て下さい。

その内容を要約すると・・・
  • 今回の東日本大地震は、米国政府による人工地震である。
  • 水素爆発のような爆発の作用を利用して地震を起こした。マントルに穴をドリルで穴をあけ、10kmまでほり、爆弾をしかける。爆破させる時間をある程度コントロールできる。
  • 気象庁は3/11の昼過ぎに起きたM.9.0の地震は、おなじ震源地で同じ時間に三つの地震が発生しているのに、それを一回しか起きていないと改ざんしている。
  • 米国が地震を起こした理由は、米国経済が破局を迎えていて、日本の円が今年基軸通貨になる事を危惧し、それを防ぐために日本に地震を起こした。
  • 福島の三号炉の爆発は、人為的に爆薬で爆破させた。その理由は、地震を核爆発で起こしたので、その放射能を隠すために三号炉を爆発して原発から放射能が広がっているように人々に思わせたかった。しかし、実際は人工地震で使用した核爆発、または、水素爆発の放射能で会った。
  • 福島の三号炉の炉心某は爆発する前に違う場所に移していた可能性がある。なので、三号炉においては、炉心が溶融しているのではない。
  • 津波の海水は放射能を含んでいたので、それを飲みこんで肺に海水が入りん込んだ人はそのあとで原因不明で急死している。


これはリチャード小清水さんが言っていることをそのまま書いています。わたしは、これが事実かどうかを警察、自衛隊が協力して調査しなくてはいけないと思いますね。証拠がないとそう言えませんし。


以下、そのビデオになります。

2011.4.23_01/10 リチャード・コシミズ【3.11同時多発テロ】伊豆長岡


2011.4.23_02/10 リチャード・コシミズ【3.11同時多発テロ】伊豆長岡


2011.4.23_03/10 リチャード・コシミズ【3.11同時多発テロ】伊豆長岡
http://www.youtube.com/watch?v=5FiZj-673vo&feature=related

2011.4.23_04/10 リチャード・コシミズ【3.11同時多発テロ】伊豆長岡
http://www.youtube.com/watch?v=bYB1zOOFt_c&feature=related

2011.4.23_05/10 リチャード・コシミズ【3.11同時多発テロ】伊豆長岡
http://www.youtube.com/watch?v=Zfs6XxRTqko&feature=related

2011.4.23_06/10 リチャード・コシミズ【3.11同時多発テロ】伊豆長岡
http://www.youtube.com/watch?v=t4H82jX5S2Q&feature=related

2011.4.23_07/10 リチャード・コシミズ【3.11同時多発テロ】伊豆長岡
http://www.youtube.com/watch?v=XoPCvaVVGrA&feature=related

2011.4.23_08/10 リチャード・コシミズ【3.11同時多発テロ】伊豆長岡
http://www.youtube.com/watch?v=Ods-BDqIfVo&feature=related

2011.4.23_09/10 リチャード・コシミズ【3.11同時多発テロ】伊豆長岡
http://www.youtube.com/watch?v=IEBdFFVCUH4&feature=related

2011.4.23_10/10 リチャード・コシミズ【3.11同時多発テロ】伊豆長岡
http://www.youtube.com/watch?v=OVwdw9NtP-I


■地震の予兆はあった

次に、地震が起きた3/11までの地震の発生状況をお見せしましょう。

東日本大震災 地震の起きる1日前までの震源地分布


彩雲、東日本大震災の前兆か


3月9日 東日本大震災の前兆!?



さて、福島第一原子力発電所の事故はこれからどうなるか・・・

福島の事務所でたくさんの人たちが原子炉の修復作業をしているのをテレビが映していました。三号炉の状況ではあれはなかったのでしょうか・・・

今度、もう少し注意をしてテレビを見てみたいと思います。

↑このページのトップヘ