楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

タグ:遺伝子

These twin babies don't realise they've been born yet and are being slowly eased into their new surroundings with a new nursing technique - incredible! xVideo Credit: Sonia Rochel http://gem106.co/1E0yqrB

Posted by Gem 106 on Wednesday, April 8, 2015


この赤ちゃんたちは、まだお母さんのお腹の中から産まれたということに気づいていないようですね。

助産婦さんに抱かれ優しく洗ってもらいながら、ゆっくりと外の世界に入って行きます。。。

これを観ていると、心がなんか現れる感じがしましたね。


ヒト遺伝子は宇宙人により科学的に創造された。弥勒菩薩ラエルが示す真実





Message From God Found Hidden Inside DNA Sequence
Feb 01, 2013
URL: http://beforeitsnews.com/science-and-technology/2013/08/message-from-god-found-hidden-inside-dna-sequence-2627164.html

For readers with English being their native tongue, please go to this link.

神(エロヒム)からのメッセージがDNA配列の中に隠されていたのが発見された!
2013年2月1日の記事より


■8月16日、追記:
重要

この記事について日記を書いたあと、管理人がさらにこの日記についてネットでの調査を行いました。まず、Nature(ネイチャー)のサイトでこの記事にあるように記事として3月頃に掲載されたかどうか調べましたが、8月までの間でそれらしき記事は全くありませんでした

また、ハーバード大学にもこのような発見がされた形跡もなさそうですし、また、チャールズ・ワトソンと言う科学者も実在しないようです。チャールズ・ワトソンと言う教授が1999年〜2003年まで在籍していたようですが、専門分野は遺伝子工学ではありません。

そして、この記事を掲載しているサイトはジョーク(風刺)の記事が多いのが特徴のようです。筆者はそういう事を知らず、本当に神からのメッセージが発見されたのか…と信じてしまいました。

本当か、嘘かは、確証は持てませんが、現段階では本当にあった話だとは断定できません。嘘に近いようです。

しかし、管理人は人間の非コードゲノムの中に宇宙人エロヒムが人間に宛てたメッセージが隠されているとずっと考えています。もしかしたら、そのニュースが近い将来出てくるかもしれません。


管理人



f184368e.jpg



ハーバード大学の研究者達は、人間のゲノムの中に神からのメッセージのように見られる物が見つかったことを今日発表しました。

ペプチド配列の生産を命令しない非コードDNAの小さな部分で、最も最先端を行く遺伝子学者たちのグループが、22の単語からなる古代アラム語の断片を発見し、そのメッセージは神の存在を認め、地球上での生命創造における神の役割を確認しています。

この衝撃的な発見は殆ど反論できない神の存在の証拠と、自然淘汰による生命の進化のプロセスを作り出す役割を象徴しています。

そのメッセージは、科学者達が奇妙な数学的なパターンがゲノムのあるセクションの中に現れたのに気がついた時に発見されました。


20130412JunkDna



なんてことだ!!!

「そのパターンが自然に起きていなかった事に私達は気づいていました。」と、そのプロジェクトのリーダーのチャールズ・ワトソンが説明します。「しかし、私達はそのメッセージについて如何なる納得のできる説明も出来なかったのです。

「ふと思いついて、私達はそのパターンを言語データベースで相互参照し始めました。」と、彼は説明し、「そして、その数学的パターンが古代アラム語と一致することを発見し私達は衝撃を受けました。」と説明しました。

その発見に驚き、チームはアラム語…イエス・キリストが毎日の生活で話していた言語…に馴染みのある言語専門家に連絡しました。

完全に解読すると、そのメッセージはこのように読めます……「今日は、私の子供たちよ。私は唯一の真の神であるヤーウェです。あなた方は創造の秘密をとうとう見つけました。さあ、世界と平和的にそれを共有しなさい。

ヤーウェとは、聖書で出てくるユダヤ・キリスト教の神の名前です。



earth (S)



地球を受け継ぐ

その発見は来月のジャーナル・ネイチャーに掲載され、そして、1859年年にチャールズ・ダーウィンが彼の自然淘汰説を出版して以来の最も大きい科学的議論を掻き立てるであろうと思われます。

「このメッセージがあるからといって、それが進化論が間違いであるということを意味するのではありません。」とワトソンは言います。「それはただ不完全です。それは現実にはユダヤ・キリスト教の神が全てのプロセスを始めたととれます。」

「そして、自然淘汰について我々に単に言う代わりに、ヤーウェは、私たちがふさわしい技術を発明した20万年後に発見できる著名を隠したのです。それは全く完全な意味をなします。」

「この発見の前は、私ははっきりと名言できる無神論者でした。今は、私は敬虔なクリスチャンです。これがまさに、私が自分の疑念を和らげる為に必要だった一種の証拠なのです。」

その科学に与える深い影響に加えて、そのニュースは比較宗教学の世界に大革命をもたらす為に準備されました。

「そのメッセージは、神(ゴッド)が私達に同胞たちと平和的に共存することを望んでいる事をはっきりと示しているとおもいます。」と、英国国教会の司教であるジャニス・テイラーが言います。

しかし、他のキリスト教の宗派達はこの科学者達の発見について違う解釈をしています。

「明らかに、これは私達の神(ゴッド)が唯一真実の神であり、私たちは他の対向する宗教を根絶するべきであるということを意味している」と、保守的な南部パプティスト協議会のリーダであるフランク・ページは言います。「今、私達の側には真実があり、我々が新しい十字軍を開始するべき時だと思います。」

Source(記事引用元): http://dailycurrant.com/2013/02/01/message-god-hidden-dna-sequence/






■管理人の説明:


遺伝子の科学者達が私達人間の遺伝子の非コードゲノムの中に神ヤーウェからのメッセージを発見した事は何をいみするのか?

この解釈をみなさん科学者達が自分の立場に都合の良い方にしかしていないのには驚かされますし、他のキリスト教派の人達の原始的な考えも飽きれてものが言えません。


その理解を、宗教的憶測なしに管理人がしてみたいと思います。

遺伝子コードの中にあったメッセージ:「今日は、私の子供たちよ。こちらは唯一の真の神であるヤーウェです。あなた方は創造の秘密をとうとう見つけました。さあ、世界と平和的にそれを共有しなさい。

この「ヤーウェ」が元をたどれば、ユダヤ教の神であるエロヒムの別名でもあります。
エロヒムとはもともと、複数形の名詞であり、その意味は「天空より飛来した人々」と言う意味です。
そして、聖書に「神は彼の姿形に似せて人をおつくりになった。」とあるように、我々人間は天空より飛来した人々に姿形が似ており、神は私達と同じ人間であると言うこと、そして、彼等は天空より飛来したということは、つまり、宇宙より来訪した人間型宇宙人であったということです。

上のメッセージに戻ると、生命創造の秘密をとうとう科学者達が発見したとヤーウェがメッセージのなかで伝えていますが、それは、現在人間が研究・開発中の科学的な遺伝子工学を元に合成生命の創造を行っていますが、その技術をもっと進化させた技術でヤーウェ率いる宇宙人エロヒムが生命創造をこの地球上で行ったと言うことを意味していて、最後に、エロヒムにより、エロヒムの姿形に似せて人間は科学的に創造されたという事を意味しています。

そして、聖書にあるように、エロヒムの姿形に似せて人間が科学的に創造されたということは、エロヒム自身も人間を創造したのと同じやり方で他の宇宙人により科学的に創造されたということは、ここで類推することは可能ですし、人間も神であるエロヒムも体は外見、中身の生物学的構造も同じであるということです。

そして、その一人であるヤーウェは人間の姿かたちをしているということになります。

それが、創造の秘密という言葉の中には隠されています。

では、ここでメッセージのなかで「唯一の真の神であるヤーウェ」と「神」という表現についてですが、これを宗教家達はキリスト教が正しいと誤解していますが、実は、そこの理解の仕方が間違っています。それは、単に言葉の語源を辿っていけばその真の意味にたどり着くわけです。

」は英語の「God」から由来し、「God」は、旧ヘブライ語の「Elohim」(エロヒム)から由来します。そして、先で挙げましたように、エロヒムの古代ヘブライ語での本来の意味は「天空より飛来した人々」です。

すると、上のメッセージ以下のように読み取れます。

◯遺伝子コードの中に発見されたメッセージ:
 「今日は、私の子供たちよ。こちらは唯一の真の神であるヤーウェです。あなた方は創造の秘密をとうとう見つけました。さあ、世界と平和的にそれを共有しなさい。」

◯上のメッセージを言葉の意味を正しく解釈:
「今日は、私の子供たちよ。こちらは唯一の真の創造者エロヒムの一人であるヤーウェです。あなた方は遺伝子工学による生命創造の秘密をとうとう見つけました。さあ、世界と平和的にそれを共有しなさい。」


そして、管理人は思うのですが・・・

実は、神からのメッセージは上に挙げられた意味の文章だけではなく、恐らく、もっと多くの文章からなるメッセージのような気がします。それは、科学者達はまだ公開していないのではないかと…。

もし、そうであるなら・・・、そのメッセージとはどんな内容なのでしょうか?


earth_P_LightBlue





( ´ ▽ ` )ノ

English original texts

Researchers at Harvard University announced today that they have found what appears to be a message from God written inside the human genome.

In a little-explored section of non-coding DNA, a team of top geneticists discovered a 22-word snippet of ancient Aramaic in which God confirms his existence and his role in creating life on Earth.

The stunning finding represents nearly irrefutable evidence of God’s existence and his role in creating the process of evolution by natural selection.

The message was discovered when researchers noticed strange mathematical patterns appearing within a certain section of the genome.


For Heaven’s Sake

“We knew the patterns weren’t naturally occurring,” explains Charles Watson, the lead scientist on the project, “but we couldn’t come up with any convincing explanation for them.

“On a whim, we started cross referencing the patterns with language databases,” he explains, “and we were shocked to find that the patterns corresponded to ancient Aramaic.”

Stunned by its discovery, the team contacted language experts familiar with Aramaic - the language Jesus Christ spoke in daily life.

Entirely decoded, the message reads:“Hello my children. This is Yahweh, the one true Lord. You have found creation’s secret. Now share it peacefully with the world.

Yahweh is the biblical name for the Judeo-Christian god.


Inherit The Earth

The findings will be published in the journal Nature next month, and are expected to provoke the biggest scientific controversy since Charles Darwin published his theory of natural selection in 1859.

“This doesn’t mean that the theory of evolution is wrong,” says Watson. “It’s just incomplete. It seems that in reality the Judeo-Christian god actually started the whole process.

“And instead of just telling us about natural selection, he left a hidden signature that we could find 200,000 years later when we invented the right technology. It makes total sense really.

“Before this discovery I was a committed atheist. Now I’m a devout Christian. This is exactly the kind of proof I needed to ease my doubts.”

In addition to its profound impact on science, the news is set to revolutionize the world of comparative religion.

“I think the message clearly indicates that God wants us to co-exist peacefully with our fellow human beings,” says Janice Taylor, a bishop in the Anglican Church.

However, other Christian denominations have a different interpretation of the scientists’ findings.

“Clearly this means our God is the one true God and that we should exterminate rival religions,” says Frank Page, leader of the conservative Southern Baptist Convention. “Now that we have truth on our side, I think it’s time we start a new crusade.”


Source: http://dailycurrant.com/2013/02/01/message-god-hidden-dna-sequence/





The message found in the non-coding DNA : "This is Yahweh, the one true Lord. You have found creation’s secret. "

What is the "creation's secret" that Yahweh encoded in the DNA's?

It is the genetic engineering, synthesizing DNA's to create new synthesized artificial life forms in a lab.

And, this secret is what Yahweh used to create life on the earth including us.
They created us in their image by synthesizing our DNA's in a laboratory.

This is what Yahweh wanted us to understand by the message discovered in the non-coding DNA's.


The truth is only one.





同性愛の女性のカップルがキスをするのは、異性愛のカップルがキスをするのと同じくらいに自然な事だと思います。それは遺伝子によりすでに決められていることです。

宇宙人エロヒムのメッセンジャーである弥勒菩薩ラエルは、毎回セミナーでそのように説明してくれます。

一番問題なのは、本来自分の持っている性の志向を、両親や社会が正しいとする 間違った教育のせいで歪められている人達なのです。彼らは、自分の本来の性的志向を教育で受けて持っている固定観念で否定しようとします。すると、そこに葛藤がうまれそのような人達ほど、暴力性が増す傾向があります。

人がより調和をもち幸せになるには自分の本来もっている性的志向をよく理解してそれを受け入れ、それに正直に生きる事が大切です。


ところで、このアメリカ軍は性的に開放されていく面もあるようですが、侵略戦争をいい加減でやめて欲しいものですね。


宇宙人エロヒムが地球に公式に再来するまで早くてあと14年・・・・・・


人類の未来は私達の愛と知性と行動にかかっています。


http://www.rael.org/

ネアンデルタール人が、実はそれぞれの大陸で別々に単独で進化していったという説が有力になりつつあるらしいですね。

しかし、同じ時期に違う場所でどうしてある生命が別個に何のかかわりもなく同時に進化することができるのでしょうか。
 この新しい科学的な発見がついこの間発表されたのです。それについて、皆さんにご紹介したいと思いますね。

 国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース http://ja.raelpress.org/

2010年11月6日(土)以下、プレスリリースから引用しました。

弥勒菩薩ラエル「アクヒル・バクシ(Akhil Bakshi) の言うとおり、すべての人種は別々に創造されたのです

10月27日ラスベガス 
王立地理学教会の特別研究員である、インド人科学者アクヒル・バクシ(Akhil Bakshi) によると、人類は全てアフリカを起源とするのではなく、黒人、白人、アジア人は異なる祖先から派生しているとうことです。

彼がこれらの意見を最近の記事に書いた直後に、専門家たちはそれらの意見を「危険だ」「間違っている」「人種差別だ」と言って非難しました。 

国際ラエリアン・ムーブメントの創始者かつ指導者である弥勒菩薩ラエルは、今日バクシへの支持を表明し、彼はラエルが40年ほど前に受け取った情報に更なる確証を与えたと言いました。
その情報とは、地球の7つの人種は、他の惑星から来た科学者たちによって創造されたというものです。

現在広く行き渡っている、いわゆる「アフリカ起源説」によると、現代の人類は5万5千年前にアフリカで最初に出現し、そこから広がったということです。
一方、多地域進化説異なるホモ・サピエンスの種が様々な大陸に出現し、アフリカの種とは何のつながりもないとしています。この説は、今日の科学者たちによってより幅広い支持を受けています。実際、中国の科学者たちの大部分はこの説を支持しています。それは、アフリカで発見されたものと少なくとも同じくらい古い、人の頭蓋骨の化石が中国で3年ほど前に見つかったからです。

「種の起源はいつも感情的な議論を引き起こします。なぜなら、それは科学的話題であるだけではなく、哲学的話題でもあるからです。」と、国際ラエリアン・ムーブメントの広報担当ブリジット・ボワセリエ博士は言います。
「無神論者と創造論者は、イブまたはルーシーと呼ばれる単一の祖先を持つとするアフリカ紀元説という妥協案に満足しています。」ボワセリエはさらに言います。
いくつかの大陸に何人かのイブがいたという考えは、神を信じる人の平安を乱します
全ての聖典がただ一組のカップル、アダムとイブについて言及していますから。それはまた、無神論の進化論者たちをも不安にさせます。なぜなら、どのようにして同じような突然変異が同じような時期に各大陸で起こり、異なる種のホモサピエンスを複数登場させ、しかも異種交配が可能になっているかを、彼らは説明できないからです。

「彼らが多地域進化説を退けようと奮闘しているのも理解できます。それは彼らの教義にそぐいませんから。」とボワセリエはコメントしました。  

ラエリアン哲学は、地球の7つの人種は、地球外からの科学者の7つのチームによって創造され、彼らは7つの場所で全ての生命を創造した、と主張しています。
また、人間はこの創造者達の姿に似せて創られ、彼らの惑星にもともと存在していた異なる人種を再生したものだと説明しています
「科学者たちは、全ての大陸で、先祖から伝わる話全ての中に、『誤って神と呼ばれている』これら地球外から来た創造者たちの痕跡を発見しているばかりか、クレイグ・ベンターのチームなど、今日の生物学者は、人間による生命創造はもはやサイエンス・フィクションではないという証拠を私たちに提供しています。」とボワセリエは言います。

 「私達のトップの科学者たちが、自分たちの定説への執着をもっと弱めることができれば、彼らは『無神論のインテリジェント・デザイン』の証拠をより高く評価し、多地域進化説を『人種差別だ』とか『危険だ』と感情的にコメントしなくなるでしょう。すべての人種は、私たちの創造者たちの基本計画の中の最高傑作であり、互いを補い合う存在です。人類が互いの違いのことで戦うのをやめられるように、このことを緊急に認める必要があります。これが、1973年に私達の創造者の一人が弥勒菩薩ラエルに与え、私たちが現在目撃している科学の発達のすべてを伝えている、メッセージの目的です。」

凄いですね。

これは、今までの私達が学校で習ってきた常識を更に覆すことになりますよね。

僕がこの事を本で読んだのは、高校生の時でした。その時は、再度読み返して見たら、かなり衝撃を受けて感動しまくりましたよ。夜、一気に読んじゃったもんね。

本のタイトルは「宇宙人からのメッセージ」「真実を告げる書」など。
http://ja.rael.org/home

宇宙人エロヒムを地球に迎えよう~
続きを読む

↑このページのトップヘ