楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

タグ:集団監視

BREAKING 8/20/13: NSA Has Ability To Read 75% Of All US Internet Traffic - ” That content includes the writing of emails – not merely their metadata – and touches phone calls placed inside the U.S. that use digital telephone."

NSAは米国の全てのインターネット・トラフィックの75%を読む能力がある。
その中には、Eメール…それらのメタデータだけではなく…デジタル電話を利用する米国内でかけられた電話も監視することが出来るのである。

nsa message


「If I email the constitution to my friends, will Obama finally read it?
もし私が憲法を友達にEメールで送ったら、オバマ大統領は最終的にそれを読むでしょうか?」


憲法には、無差別の盗聴や監視は違憲であると書いてあると思いますが・・・




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

'Stop watching us!' Americans rally against surveillance state
「我々を監視するのをやめよ!監視国家に反対して集結するアメリカ人


(※以下の全ての写真の掲載元:
Photo by Reuters / Jonathan Ernst
写真提供:ロイター/ジョナサン・アーンスト)
27 October, 2013

Demonstarators march at the "Stop Watching Us: A Rally Against Mass Surveillance" near the U.S. Capitol in Washington, October 26, 2013.
2013年10月26日、合衆国首都近くで、「我々を監視するのをやめろ: 集団監視に反対する大会」にてデモ参加者達が行進している。
4f3a9b2c.jpg


A demonstrator wears a T-shirt depicting former U.S. spy agency contractor Edward Snowden at the "Stop Watching Us: A Rally Against Mass Surveillance" in Washington, October 26, 2013.
一人のデモ参加者は米国諜報機関の契約請負人エドワード・スノーデンを描いたTシャツを着ている。
9bd64565.jpg


Demonstrators hold placards and banners during a protest against government surveillance on October 26, 2013 in Washington, DC.
デモ参加者達は政府の監視に対する抗議運動中、ポスターや横断幕を持ちながら歩いている。
横断幕のメッセージには、「憲法の権利を守れ。StopWatching.Us・・・」と書かれている。
0f736149.jpg


Protesters march through downtown Washington D.C. during the Stop Watching Us Rally protesting surveillance by the U.S. National Security Agency, on October 26, 2013, in front of the U.S. Capitol building in Washington, D.C.
ワシントンDCの米国国会議事堂の前で米国国家安全保障局による監視に、ストップ・ワッチング・アス総会が抗議する中、ワシントンDCのダウンタウンを行進しながら通りぬける抗議者達
4cd2b24d.jpg


沢山の抗議者達が行進中にプラカードをかざしている。
プラカードのメッセージは、「集団スパイをやめろ!」と書いてある。
14eafc97.jpg


★記事・写真の紹介はここで終わり





世界中の国々が、アメリカ政府の干渉と武力から脱却し、新しい平和な、全市民が豊かに安心して暮らせる世界を建設スルべきだ。

全ての人達がお互いに尊重し合い、貧困もなく、戦争もない社会

人類が平和になる最良の手段を提案した人がいる

その人の名前は、弥勒菩薩ラエル

彼は、人類の科学的創造者である宇宙人エロヒムの最後のメッセンジャーであり、ラエルが人類の社会を唯一平和に出来る新しい社会システムを提案された。その名前は、「楽園主義」という。

この社会を導入するべきだ。

アメリカから脱却し、全ての権力を排除した社会を造るために、まず、従来の全ての社会システムから脱却したシステムを造るべきだ。
紙幣制度、資本主義は、権力者達が利用するためにあるので、これらは廃止しなくてはいけない。


お金がなくても人々が無料で衣食住が提供され、平和に豊かに暮らせるようにするために、最先端の科学技術を駆使して新しい自動化されたシステムを造るのだ。

そのシステムで、世界中の市民たちの労働を代わりにする。例えば、自動車工場では、オートメーション化が進み、日増しに工場で必要な労働者の数が減少している。それをどんどん全ての分野で進めていけば、最後には、誰も働かなくて良い時代が来るという発想なのだ。

人々は働かなくて良くなり、自分の我が家を無料で所有することが出来るようになり、自由にしたいことをして暮らすことが出来るようになる。

紙幣を持つものは持たないものよりも力を有し、金のないものが金持ちに支配されるような時代はもう終わりだ!

アメリカでは警察国家に変貌しているが、警察国家も終焉を迎える。

楽園主義の社会では、戦争はない。



世界が本当に平和になったら、人類の創造者エロヒムも地球の大使館にやってくるだろう。


その時に、エロヒムを温かく迎え、尊敬と敬愛をもって彼等から学ぶのである。


そして、人類は徐々に黄金文明へと入っていくと弥勒菩薩ラエルの書いた著書には書いてある。


その時は、もう直ぐそこまで来ている・・・



earth_P_LightBlue





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ