楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

タグ:預言者ラエル

DAILY NEWS 18 May 2016

Why would scientists want to build human genomes from scratch?
科学者たちは、なぜ、人ゲノムをゼロから作りたいのだろうか?



https://www.newscientist.com/article/2088703-why-would-scientists-want-to-build-human-genomes-from-scratch/?utm_source=NSNS&utm_medium=SOC&utm_campaign=hoot&cmpid=SOC%7CNSNS%7C2016-GLOBAL-hoot


By Sally Adee

Nothing can stay secret for long. Last week, more than 130 people met at Harvard Medical School to discuss making large genomes from scratch. The meeting was attended by a select group of researchers, lawyers, ethicists, engineers and government representatives. Other scientists and journalists weren’t allowed, and attendees were barred from relaying any information to the media. But details are starting to leak out, and some think they have significant implications.

どんなことでも長い間秘密にすることは出来ません。先週、130人以上の人たちがハーヴァード・メディカル・スクールで大ゲノム(全遺伝子情報)をゼロから作成する事について話し合いました。この会議には、選ばれた研究者や弁護士、倫理学者、技術者、そして、政府の代表者が参加しました。その他の科学者とジャーナリストは参加は許されず、メディアに一切の情報を漏らすことを禁止されました。しかし、その詳細は既に外部に漏れ出し、その情報が重要な異議を持つと考える人達がいます。


The meeting is thought to have discussed plans for a 10-year international research project that aims to design and build a complete human genome.

その会議は、完全な人ゲノム設計と作成を目標にした今後10年間の国際的研究プロジェクトについての計画を話し合ったのだと考えられています。


“This is a natural extension of the human genome sequencing project,” says Paul Freemont of Imperial College London, who says he is “very familiar with the meeting”, but will not disclose whether he attended. Instead of reading the sequence of the three billion letters that comprises the human genome, which the Human Genome Project accomplished in 2003, the plan this time is to write the sequence, synthesising the code chemically.

「これはヒューマン・ゲノム塩基配列の決定プロジェクトが自然に発展したものです。」と、インペリアル・カレッジ・ロンドンのポール・フリーモントが言います。そして、彼はその会議について「非常に詳しい」と言いますが、彼がその会議に参加したかどうかは明らかにしようとしません。今度の計画では、ヒューマン・ゲノムを構成する30億の文字配列を解読するのではなく、その配列を書き、そのコードを化学的に合成します。



Making big genomes
大きなゲノムの作成



Synthetic bacterial genomes have already been created, but the human genome is thousands of times larger, making it much harder to synthesise. The project reportedly plans to make genomes this large, place them in cells, and develop cultured cell lines that run using this designer DNA.

合成バクテリア・ゲノムが既に作成されていますが、ヒューマン・ゲノムはその数千倍もおおきく、ヒューマン・ゲノムを作成するのは更に難しいです。言い伝えによると、そのプロジェクトはこのサイズのゲノムを作成し、細胞の中に挿入し、そして、この設計されたDNAを使って培養細胞株を成長させます。


Freemont says the aim is to synthesise genomes for cells that aren’t involved in reproduction. According to The New York Times, the project will be led by gene-editing pioneer George Church of Harvard University, geneticist Jef Boeke of the Johns Hopkins University School of Medicine in Baltimore, Maryland, and Andrew Hessel of multinational design software firm Autodesk Research.

フリーモントは、この計画の目的は生殖に関係しない細胞のゲノムを合成する事だと言います。ニューヨークタイムズ紙によると、そのプロジエクトは、遺伝子編集の先駆者であるハーバード大学のジョージ・チャーチ、メリーリンド州バルチモアのジョンズ・ホプキンズ大医学部の遺伝学者ジェフ・ボーク、多国籍デザイン・ソフトウェア企業のオートデスク・リサーチのアンドリュー・ヘッセルらにより率いられています。


It remains unclear how the people attending the meeting intend to use such synthetic genome cell lines. Similar work in bacteria by Craig Venter’s team is identifying which genetic sequences are essential to life, and which can be deleted. By piecing together larger genomes, we might learn more about how the more complex cells found in animals, plants and fungi work.

会議に出席している人たちがそのような合成されたゲノム細胞株をどのように利用するのかは不明のままです。クレイグ・ヴェンター・チームによるバクテリアを使った似た研究で、どの遺伝子配列が生命にとって絶対必要なものであり、どれが欠損され得るかを特定しているところです。小さいものを繋いでより大きいゲノムを作ることで、動植物や菌類に見られるより複雑な細胞がどのように機能しているかについて、私たちは更に多くの事を学べるかもしれません。


There might also be medical uses, in fields as diverse as drug screening, gene therapy, vaccine design, regenerative and stem cell medicine, and organ transplants. By building synthetic genomes, it may be possible to tailor therapies to match a person’s genes, or to enhance treatments by adding novel genetic instructions.

例えば、薬剤スクリーニングや遺伝子治療、ワクチン設計、再生医療、幹細胞治療、そして、臓器移植などの幅広い分野で医学的用途があるかもしれません。合成されたゲノムを創りだす事で、人のゲノムにマッチした治療法を調整したり、新しい種類の遺伝子的命令を加えることで治療を充実させる事が可能になるかもしれません。


But Laurie Zoloth at Northwestern University in Evanston, Illinois, who works on the ethics of synthetic biology, says she doesn’t understand why synthetic biology would be the best tool for these kinds of medical applications, when other techniques are easier. “It doesn’t make any sense to go to the trouble of using synthetic biology instead of just editing existing human cells,” says Zoloth.

しかし、米国イリノイ州エヴァンストンのノースウェスタン大学で、合成生物学の道徳規範に取り組んでいるローリー・ゾロスは、他のずっと簡単な技術があるのにもかかわらず、なぜ合成生物学がこれらの類の医学的応用の最良の手段なのかがわからないと言います。「人の細胞を単に編集する代わりに、わざわざ合成生物学を使うというのは全く意味をなさないです。」と、ゾロスは言います。


However there is a benefit to corporations. Synthetic biology, unlike manipulating existing DNA, can be entirely owned. “If you process it in your lab, it is yours, you can patent it,” Zoloth says.

しかし、企業にとっては利益があるのです。合成生物学は、現存するDNAを操作するのとは違い、その全てを所有することが出来ます。「もし、あなたがそれを自分の研究室で行ったら、その特許を取得出来るのです。」と、ゾロスは言います。


Enhancing humans
人を更に良くする



A hint that plans may go even further comes from who’s involved. Autodesk Research, where Hessel is a biotechnology research scientist, is primarily a computer-aided design software company. Its leading role in this project at first seems odd, but the firm does have an established interest in synthetic biology, and could be aiming to design genomes that will produce new chemicals and enhance human characteristics and capabilities.

誰がこの計画に参加しているのかを見ると、それが更に先を行くかもしれない事が推測できます。ヘッセルはバイオテクノロジー研究の科学者で勤務するオートデスク・リサーチは、主としてコンピュータを使ったデザイン・ソフトウェア会社です。このプロジェクトでのこの企業の指導的役割は、最初、奇妙に見えますが、この会社は合成生物学に関して既得権益をもっており、もしかすると、新しい化学物質を生産したり、人の特質や能力を更に良くするゲノムを設計するのを目指しているのかもしれません。


Synthetic biologist Drew Endy of Stanford University decided not to attend the meeting and has spoken publicly about his concerns. He thinks the meeting was held not in order to discuss the ethics of such a project, but instead to rubber stamp approval. “It became apparent that the event was not about discussing whether to pursue the project, but rather to conscript others,” he told New Scientist. “Should something so monumental be organised and launched in such a fashion?”

スタンフォード大学の合成生物学者のドリュー・エンディーは、その会議に参加しない事に決め、その会議について幾つかの懸念点を公的に話しました。その会議はそのようなプロジェクトの倫理観について議論するために開催されたのではなく、深く考えずに承認の判を押すために開催されたのだと、彼は考えています。「そのイベントはこのプロジェクトを続行するかどうかを議論するためのものでなはく、他の人達を徴収するためのものだったのです。」と、彼はニュー・サイエンティストに言いました。「それほど重要な事がそのようなやり方で計画され開始されるべきでしょうか?」


So why has it all been kept so secret? There could be a rather simple answer. The announcement of the project is expected to be linked to the publication of a paper co-authored by Church in a major scientific journal. The press may have been barred so as to stick to the journal’s embargo policy.

それでは、この計画はなぜこのように秘密にされ続けるのでしょうか?
むしろ簡単な答えがあり得ます。そのプロジェクトの発表は、主要な科学雑誌で教会により共同執筆された論文の公開に関連付けられていると思われます。マスコミは、ジャーナルの抑圧政策に忠実であるために除外されたのかも知れません。

★ ★ ★
ブロガーの意見:

地球には沢山のUFOが開いてしているのは事実だが、彼らが実は宇宙人エロヒムであると言った人がいる。その人の名前はラエル

彼の話によると、人類は実はエロヒムの科学者により実験室の中で科学的に遺伝子を合成して創造されたと言う。しかも、エロヒムの姿形に似せて作られたのだ。だから、私たちが鏡の中の自分をみている時、それは、私たちの姿を通してエロヒムの姿を観ているのと同じになる。

そして、ラエルはこういう・・・「人類の科学者も、もしかすると、エロヒムがしたのと同じように、別の惑星に行ってそこで人を遺伝子を合成して科学的に創造するかもしれない」と。

地球人の科学者達がもう、その段階にまで来ている事をしると非常にスリルと感動を覚える。

楽園主義に入る時がもうすぐそこまで来ているように思う。

その時には人の価値観は180度変わるだろう。

全ての仕事がなくなり、銀行と貨幣がなくなり、科学の力で全ての生活必需品などを作れるようになり、人々は無料で自分の家を持てるようになる。
自分の時間を自分を高めたり、好きな事をしたり、愛しあったり、ぼーっとする時間につかえる。

そして、科学的知識など全て勉強せずに脳にインプット出来るようになるのだ。

その時に一番大切なことは、愛と幸せだろう。




私達の科学は目覚ましい速度で進歩しています。

最近のニュースなどを読むと、あと10年もしたら殆どの仕事がなくなってしまうという予測に関するニュースがあったりしますね。

例えば、こんなニュースなど・・・

日本の労働人口の49%、人工知能・ロボットで代替可能に 10~20年後 NRI試算


URL:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1512/02/news111.html

 野村総研は12月2日、10~20年後に国内労働人口の49%に当たる職業について、人工知能やロボットで代替される可能性が高いという推計を発表した。

独立行政法人・労働政策研究・研修機構の「職務構造に関する研究」が分類した601種類の職業について定量分析データを使って分析した結果をまとめた。

WorkList


人工知能やロボットで代替される可能性が高いのは製造や販売などの現場作業が多く、可能性が低いのはクリエイターや研究者、医者や保育士などだった。必ずしも特別な知識・スキルが求められない職業や、データの分析や秩序的・体系的操作が求められる職業は代替可能性が高い傾向にある一方、抽象的な概念の知識や他者の理解、交渉などが必要な職業は代替が難しい傾向にあるという。


「私達がしなくてはいけない仕事の大半がコンピュータや人工知能、ロボットによりなされるようになると、私たちは一体、何をしていけば良いのでしょうか?」と、思う人は大勢いるかも知れません。

しかし、仕事をしなくては良くなるというのは、自分たちがこれまでしてきた生産活動が人工知能・ロボットなどにより行われる事で、自分達の衣食住はこれまでよりも便利になり、食べるものや住む場所も全ての人達がもてて、そして、なおかつ、自分たちの余暇は1日の全てがつかえるようになると考えれば、それは、もう楽園のような社会なのではないかと思いますね。

そのような日が来るのを考えて、今の科学の進歩を見ていくととても面白いですね

最先端の科学技術


光屈折レンズによる物体隠蔽技術




This cloaking device uses a combination of four standard lenses to hide objects from the view. The lenses are adjusted in such a way that light around the object is bent, leaving only the undistorted background behind it.

Credit: University of Rochester

このクローキング装置(物体を見えなくする技術を利用した装置)は視界から物体を隠すために4つの標準的レンズを組み合わせたものを使っています。このレンズは、物体の周りの光が曲げられるように調整されており、そのために、その後ろにある背景だけをが歪めずにそのまま見えさせています。


血液の新浄化技術


12717439_776475722484688_6424808233076146338_n

この人工的脾臓は血液を浄化して、体内から感染症を取り除くために開発されました。この装置は磁気を帯びた粒子を使って血液をろ過し、毒素やバクテリアを取り除きます。捕えられた毒素と病原菌は磁石を使って取り除かれ、綺麗になった血液が体内に戻されるのです。

宇宙の世界の想像を絶する現象


12669514_776381412494119_4292730596162451080_n

“Our solar system is fantastically bizarre. There are worlds with features we never imagined. Storms larger than planets, moons with under-surface oceans, lakes of methane, worldlets that swap places… and that’s just at Saturn.”

— Phil Plait

「私達の太陽系は驚くほど奇抜です。私達の想像を絶するような形態の存在する世界があるのです。惑星よりも巨大な嵐や、地下に海が存在する月、メタンガスの湖、場所を飲み込んでしまうような小さい世界、そして、これらは単に土星に存在しているものであり、その他にももっと無数の世界があります。」

–フィル・プレイト

Detachable cabin invented to save lives during plane crashes
飛行機の墜落事故時に人命救助の為に、切り離し可能なキャビンが開発される


34
46
55
16


飛行機が故障を起こしたり、ハイジャックに襲われ墜落しそうになったり、他国にミサイルで撃墜された時など、切り離し可能なキャビンで乗客を助ける事が可能になります。

URL:http://www.independent.co.uk/travel/detachable-cabin-invented-to-save-lives-during-plane-crashes-a6814311.html

Medical Science : It Works
医療科学:あらゆることが実現可能に





引用元:最先端の科学技術〜弥勒菩薩ラエルは楽園主義の到来を預言



5
日本でいよいよ2015年10月よりマイナンバーが届き、2016年よりマイナンバー制度が運用が開始される。

先進国では、このマイナンバー制度は実は多くの国々で導入されている。例えば、アメリカでは1936年に、韓国、中国、シンガポールなどのアジアはもちろんのことアイスランド、イギリス、イタリア、オランダ、シンガポール、ドイツなどのヨーロッパ、オーストラリア、カナダなど世界中の多くの国が既に導入済みである。

しかし、その国々でのマイナンバー制度に関する現場を詳しく見ていくと、「まてよ、マイナンバー制度って本当にいいの?」とか、「導入はもう少し見合わせて考えなおしてみるべきだよね」と考えた方が良く思えてくるのである。

■アメリカの国民総背番号制の問題点
アメリカでは、1936年にSSN(社会保証番号)というものが導入されたが、それから80年あまりが経過してはいるが、実際には、この社会保証番号が犯罪を誘発しているという事実が見えてくる。



■アメリカでのマイナンバーの悪用事例
・不法滞在者が、アメリカ国籍の人のナンバーを盗み、こっそりと働き先を探している。
・死んだ家族のナンバーを使って、その家族の年金を不正に受給している。
・マイナンバーの売買がされている。


これから見ると、マイナンバーという制度があるから、それを使った犯罪が生まれていると言っても過言ではない。このために、州によっては逆に社会保障番号の利用を制限している州があるが、それでも根本的な解決には至っていないのが現状だ。

もし、違法な就労者が貴方のマイナンバーを使って仕事をしたとしたら何が起きるでしょうか?その場合には・・・
・就労者は違法に働き給料をもらう→
・その就労に対する所得税から発生する税金支払はマイナンバーの所有者に請求が来る!

これって、はっきり言ってむちゃくちゃ酷い話ではないですか?もう一人の貴方が勝手にどこかで仕事をして、金だけ設けて、その税金負担は貴方に来るのですよ!?こんなふざけた危険性の高いマイナンバー制度は必要ない、存在悪と言っても過言ではありません。

また、このマイナンバーがごっそり海外に漏洩したらどうてしょうか?

貴方がマイナンバーをいろんな場所で使用した場合には、それは電子情報として処理されますので、ハッカーなどが簡単にその番号とどんな支払をしたか、税金の額はいくらか、貴方の社会保障情報などを盗み出し誰かに売る事だって出来るのですから、非常に大変な事です。

また、マイナンバーをこっそりとシオニストなどの権力者達が裏で密かに監視していて、その中から多額のお金が集まっている銀行・その他の諸機関などをチェックして、そこから多額の資金を盗み出すなどの極悪犯罪がされたりはしないのでしょうか?


■マイナンバー制度の導入にかかる莫大な費用
このマイナンバー制度を構築し、運用するのには莫大な費用がかかり、そのお金の出処は国民の税金となります。

◯どのような費用がかかるのか・・・
【国側】
・マイナンバー制度のシステム開発費用→推定で、2700億円程度
・マイナンバー制度のシステムのメンテナンス費用→年間、300億円程度

【企業側】
・企業側でマイナンバー制度の不正利用防止のための社員教育・セキュリテイー強化対策のための費用


■デメリット

金融機関とマイナンバーが紐づくようになる

2015/10月〜2016/1月の間は、役所関係での導入になりますが、その後、マイナンバー制度は更にその利用範囲が広がっていくと見られています。

5年、10年の単位では、銀行口座とマイナンバーが紐づくのでは?

すると、銀行や郵便貯金とマイナンバーが紐づくと、個人の金融資産が完全に把握可能になるということです。

すると、金融資産が多いけど所得が低い人などが把握されてしまう。
また、金融所得に対する課税と給与所得などに対する累進課税が一本化されていく可能性があります。今の日本では、株式投資やFXで設けた利益に対しては分離課税で一律約20%ですが、一方、給与所得や事業所所得などは累進課税で、それと住民税を合わせると50%を超えます。

これを税制を一本化していく事で、つまり、馬鹿みたいに金儲けをしている金持ちにもっと課税をして、国が税収入を上げたいと考えているのではないか?今では一般人もFXなどは手軽に出来ますが、それで稼いでも税支払が50%となり、投資で負けたらそのまま損してしまう・・・、

しかし、国が税収入を上げた分、国民に利益になるような税金の使い方をしてくれるのならばわかりますが、そうではなく、軍隊を増強したり、兵器の海外輸出、戦争へ参加していくための費用を捻出するためにこのようなマイナンバー制度を導入しようと考えているのではと疑いたくなります。



■諸悪の根源の税制改革

【ブログ】「日本はなぜ負債大国になったか」 

この記事では、日本の税制改革が日本の借金を増やしたと書いてあります。
過剰の富や、不労所得者の所得へ課税する代わりに、必需品や生産的な直接投資、労働者階級への課税を増加すれば、産業の発展や繁栄は抑制されてしまう。

税制の改正は、金融および不動産投資家に、寄生的かつ投機的な収益を求めることを奨励する。

(・・・)

平和時に政府が借金を増やす理由は、主に国内の政治的失敗、つまり富に対する課税を怠ったことに起因する。

(・・・)

現在の財政政策の悲劇は、生産的な産業投資よりも、非生産的で寄生的な富の方が簡単に税金逃れができる点にある。不正な富の方が税金を削減しやすいのは、それがより多くの経済価値をもたらすからではなく、ただ単に最も収益性が高く、強い影響力を持つためである。過剰の富や、不労所得者の所得へ課税する代わりに、必需品や生産的な直接投資、労働者階級への課税を増加すれば、産業の発展や繁栄は抑制されてしまう。

不労所得者の収入は、貸し手と地主が事前に規定する固定利用料(家賃と利子など)から成る。企業の成功如何で増減する収益とは対照的に、これらの固定料金は、経済の成長や支払い能力とは無関係に、いやおうなしに要求されるものである。ある人の収入が他の人の支出になる「ゼロサム・ゲーム」がそうであるように、不労所得者が要求する料金は、債務者の基本資産を削るところまで利益を食いつぶしてくる。

この結果、貯蓄は直接投資にではなく、融資や不動産投機に回される。こうして、経済の生産的資源は増えずに、金融や不動産投機による不労所得者の収入が増加する。


このように不労所得を得ている金融・不動産投資家達が更に収益をあげられるようにする税制に改革した日本政府が、日本の借金を増やす原因を作ったという事が述べられている。

この点を考えると、マイナンバー制度が導入されて、不労所得者の収入までもが銀行口座とマイナンバーを紐付けすることでわかるようになり、そこからの税収入を上げることで国の借金を減らしていくというのは理解出来る。

重要なのは、その利益を国が平和目的で市民の利益のために使うかどうかというところだ。

国の政策に権力者達が裏から口出しして、政治家・官僚までも操るようなシステムの中にいるからには、私たちは安心してこのマイナンバー制度をじっと観ているわけにはいかない。


■楽園主義システムの導入

このマイナンバー制度は様々な問題がある。

資本主義の実体、税制の問題などを考えていくと、そもそも金持ちが特をするように全てが作られているシステムが良くないのではないか?金持ちが政治家に働きかけ、金持ちが得するような税制改革を政治家が行うから、日本社会の経済が悪化するし、貧しい人達が楽な生活をすることが出来るようには一向にならない。

やはり、権力者のいない市民の利益を考えた楽園主義システムを導入する事が全ての問題を解決する方法だと筆者は思う。

この楽園主義システムは、人類の創造者宇宙人エロヒムの最後の預言者ラエルが提案されたものだ。

全ての権力・銀行・政府・警察をなくし、1つの世界政府が全ての土地や家を国有化し、市民にマイホームを無償で提供し、衣食住も全て無償で提供する。もちろん、銀行・貨幣システムがないのであるから、税制などはあるわけがない。

全て最先端の科学技術により自動化したシステムが労働にとって代わるようになる。そうすると、国民は仕事をしなくてよくなり、自分のマイホームにすみ、世の中からホームレスや貧しい人達がなくなるのだ。全ての人達が裕福に暮らせるようになる、このような素晴らしいシステムが実現可能であると、預言者ラエルは言われていた。

もちろん、最初は、この楽園主義のシステムを管理し、製造する人やメンテナンスをする人達が必要である。此のような人達は一般の市民とは違い、人々の為に労働を無償で行う事に同意をした人達である。だが、ほとんどの労働はロボットやナノロボット、人工知能・スーパーコンピュータなどが行うので、実際にはそれらのシステムを監視する作業になるのではないかと思う。

このシステムを人類の社会に導入しなくてはいけない。

そして、楽園主義の社会システムを管理すめたには何らかの政府がやはり必要になるかしれないが、それは従来の投票で選ばれた政治家が行うようにするのではなく、ラエルがご提案された天才政治を導入し、知性の最も高い人達が世界政府を運営していくように変えていかなくてはいけない。

もう10年〜15年もすれば、この「天才」の能力・知性を持つ人達が誰なのか、科学的な測定で分かるようになると思う。その時が、楽園主義への転換期となるようにしたいものだ。

その時には、全ての今の政治家・政党はなくなるべきである。権力にすくい利益を貪る政治家は必要ない。

戦争をするのではなく、人々を幸せにするシステムを作る事に今のお金と時間を費やすことが、人類が平和な社会に入る必須条件だと思う。





※参考情報元:・マイナンバーのデメリットより裏で儲けている企業がヤバい!
・「日本はなぜ負債大国になったか」  マクロ経済/経済政策

Amazing UFO opening Stargate Portal in the Sky (Norwegian Spiral Anomaly)
空にスターゲイトの入り口を開く驚くべきUFO(ルウェー)



f1ab7cb3.png


36c19d95.png


62346c59.png


935ade78.png





UFO Spiral Seen in Western Canada - Several Angles.
西カナダで見られたUFOのスパイラル・・・複数のアングルから



ひょっとしたら、このうえのビデオで話している男性は何かの特殊映像の作成などをしている人かもしれませんね。それで、自分が創った特殊映像効果をあたかもUFOが創ったスパイラルを見たと話しているのてばないかな?それに誰かが挑戦するかどうかを試しているのでしょうか。

しかし、宇宙人はいますし、彼らのUFOは地球に頻繁に訪れているのは事実です。彼らのメッセージに目を向けなくてはいけないのは明らかです。

私もこういうの一度でいいから見てみたいな・・・

08fd3a43.png


a42f3540.png


32f2efbf.png


603a268a.png


95b232b2.png


1ff3bfe2.png


359ecd44.png


2bd4c437.png




fcbb5982.png


0efc20b6.png


45c3228f.png


7ef68731.png


27c49a7b.png


a2a15f70.png


125fa703.png


373ac39c.png




UFO Wormhole - 4 UFOs descended on Kazakstan Russia 2011 (HD)
UFOワームホール・・・2011年ロシアのカザカスタン上空で4基のUFO



d8cf1e68.png


52fa7d7d.png



↑このページのトップヘ