楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

タグ:Elohim





※日本語版は、こちらへ
水道水スマートメーターが設置・・・では鳥は一体どこへ?弥勒菩薩ラエルは天才政治を提唱




“Smart” water meters installed so where have the birds gone?
URL :http://www.takebackyourpower.net/news/2013/02/24/smart-water-meters-installed-where-have-the-birds-gone/

Published February 24, 2013


** Beginning of the article;

Below are several excellent resources compiled by the people of Fairfield Iowa, who halted their “smart” water meter installations (and reimbursed opt-out fees). Use and distribute this powerful information to help your local city council also become informed:

1) https://sites.google.com/site/rwolfson108/smart-meter-2012-fairfield
(See specifically the file called Smartmeterpresentation8.pdf)

2) https://sites.google.com/site/rwolfson108/smart-meters-smart-grids


Despite massive risks to your health, rights and security; municipalities everywhere are still installing (or planning installation) of “smart” electric, water and gas meters. But an increasing number of installations are being halted and meters are being uninstalled because they are receiving the information of damaging effects and other major concerns. City councils need to hear strongly from the people who wish to protect themselves and others. In the article below, Paul Ouellette of Renton WA has voiced concerns that have led to their utility commission holding a public meeting tomorrow.



Are smart meters chasing away birds from Rolling Hills?

Since the installation of smart water meters last month, the birds have disappeared from the rolling hills neighborhoods.

By Brian Beckley,
Renton Reporter, 22 Feb 2013

source : http://www.rentonreporter.com/news/192319761.html

renton-smart-water-meters-no-birds

Paul Ouellette has been feeding birds in the Rolling Hills neighborhood for several years and said since the city installed smart water meters he has not had to buy bird feed for the multiple feeders in his yard.

Paul Ouellette has lived in the Rolling Hills neighborhood for decades and since his retirement he has spent a lot of time in his backyard, which contains several bird feeders.

Normally at this time of year, his backyard is filled with birds; finches, chickadees and even hummingbirds.

“It’s very nice to see them flying around the yard all the time,” he said.

But this year is different. This year an eerie silence has settled over Ouellette’s yard and his entire neighborhood.

“The birds are gone,” he said this past week. “Our feeders are still full.”

Ouellette said some people tell him it’s the hawks or that this winter has been foggy and that’s thrown off the birds.

But Ouellette, a retired civil engineer, isn’t buying it. He’s seen winters like this before and there have been birds.

“If you feed the birds, you know when they’re (usually around),” he said.

But there is a difference in the neighborhood this winter.

Beginning in mid-December, the city began installing new smart-water meters on homes all throughout Rolling Hills. The meters send information to the city four times a day to help monitor water usage without having to send workers to check individual meters. By mid-January, the entire Rolling Hills North neighborhood had been equipped with the new meters.

And the birds were gone.

“Right after the meter was installed . . . I was noticing my bird feeders weren’t going down,” Ouellette said.

In the past Ouellette said he was spending about $30 a month on bird seed.

Now?

“I haven’t bought any for two months,” he said.

Ouellette began asking his neighbors if they’d experienced anything similar.

Bruce Chase, who lives down the street from Ouellette, said he and his wife also noticed something strange this year.

“Ever since they’ve installed that smart meter, we have not seen a bird,” Chase said. “They’re just gone.”

Chase’s house sits along a greenbelt in the neighborhood and he said he and his wife specifically noticed the lack of hummingbirds at their feeders. Usually, they’d get three or four birds every hour stopping by for a quick meal.

“Now we’re lucky to see one a day,” he said.

Ouellette has taken his concerns to the city, including an appearance at the Feb. 11 City Council meeting, asking the council to look into the continued use of smart meters throughout the city.

The city’s meters work by sending out a one-minute, 900 MHZ pulse of information every four hours. While that doesn’t seem like a lot, only one meter can send the information at a time so each meter in a neighborhood has to wait its turn to send the information to the controller, located in Rolling Hills on a water tower.

Because of this, there is almost a constant wave of the pulse streaming out from an area.

“It’s constantly doing it,” Ouellette said.

While there is much information and misinformation on the effects of the high-frequency pulse on the health of humans, there is little research into the effect on small wildlife such as birds. The meters operate at a frequency similar to cell phones and other portable communications devices and while some minor health effects have been reported, such as problems sleeping or dizziness or nausea, the meters are generally considered safe for humans.

Ouellette said he thinks the city’s meters may be different somehow, as the power and gas meters in the neighborhood were also fitted with smart meters last year and they did not seem to have an effect on the neighborhood’s wildlife.

But since the city’s gone on, he and Chase both said the change was obvious and immediate.

“Normally you can walk into a neighborhood and hear birds,” Chase said. “Here there’s nothing. And at this time of the year, it should be getting noisier.”

Ouellette said his research on the Internet has shown similar issues elsewhere, on small animals such as squirrels which are also missing from the neighborhood these days, he said and bees.

“I don’t know what the impact is,” Ouellette said. “I want the City of Renton to do some research.”

According to Utility Engineering Supervisor-Water Abdoul Gafour, the city has no information at this time on the effects of the meters on wildlife. Gafour said the city is looking into the matter further for discussion at the Utilities Committee meeting on Monday. The issue was added to the committee’s agenda after Ouellette spoke to the council.

Toby Ross, science officer for the Seattle Audubon Society also said he had not heard of this issue prior to getting a call recently from Ouellette.

Ross said there was “very little research” into the matter and is also checking with other local experts.

Ross also stressed that there could be many other reasons for missing birds, though he did not rule out the meters.

“It could just be a coincidence,” Ross said.

And while it might be a coincidence, Ouellette and his neighbors are concerned it might be the harbinger of a bigger problem.

Like the canary miners used to take into a coal mine to warn them if toxic gases were building up, Ouellette worries that once again our feathered friends are giving us a warning.

“The birds are indicators of a potential problem,” he said.

The Utilities Commission will meet at 4 p.m. Monday in the Council Committee Room, 7th floor of City Hall, Renton WA. A briefing on smart meter installation is on the scheduled agenda.

** End of the article;





** Comments by the owner of this blog;

It is so surprising to see the big difference in Japan and America regarding the issue of Smart Meters.

When I first read an article about this issue - what is happening in the USA - about 2 weeks ago, I had never heard of such a problem in Japan. Having read maybe over 10 articles since then, I began to think that this really is a problem, and the device should never be introduced to Japan.

I just made searching on the search engine on Internet like Google with the words - "Smart Meters". Then, I became so surprised to see so many articles with electric companies as well as the government in Japan discussing the installing of Smart Meters! However, most of them were published directly by the government or companies such as power companies or manufacturers of meters. This means that news companies have not yet published many articles regarding this device. This is why most Japanese don't know about the meters at all.

I just want to show you what companies posted a piece of news regarding Smart Meters;

1. Nikkei newspapers company - スマートメーター導入前倒し 経産省、電力会社に促す

2013/9/11
* Contents :

Ministry of Economy, Trade and Industry of Japan asked power companies of Japan to accelerate the speed of introducing Smart Meters.

It is possible that to get the information of power consumptions within a second by the use of Smart Meters will help making accurate demand forecasting, and make charging setup more flexible. Early introduction of this device to users will lead to lowering the consumption of power, and make power service more competitive for customers (users).

It will be the first time to hold an investigative commission since the objective of reforming the power systems throughout Japan was decided on. Aiming at the liberalization of power retailing in the year 2016, which was decided during reforming the power systems, diffusion of Smart Meters in Japan will be the basis of the widening the range of free choices of an electricity supplier.

On the other hand, according to the estimations by each power company in Japan, the installing rate of Smart Meters in the year 2016 will be, at minimum, 54% in Okinawa island, and even at maximum only 81% in Kansai area (western big-city area including Osaka, Kyoto, Kobe, and Nara).


2. Smart Meters
by Osaka Electric Engineering Company (advertisement)

3. スマートメーターを競争入札で調達、先行する関西電力が2014年度から
** Contents :

Following Tokyo Electric Power Company, Kansai Electric Power Company has finally decided the procuration of Smart Meters by competitive tendering. And, it is planning to explain the details of the specifications of the device to manufacturers in August this year.
Its plan is to have finished installing the device on all of 13 million customers by the year 2023.



Blogger: Wow, 13 million customers to use this device will bring a fortune to the owner of the business of Smart Meters in USA! Who are they?

However, they don't seem to care about the Japanese users' health and privacy at all.

Japanese politicians and power companies are only excited with the figures of the profits and their increasing income thanks to the sales of this device to start in the near future. And, they don't check anything about what smart meters cause to people as well as environments by emitting micro electromagnetic radiation from the device, because they prefer to make big profits rather than refuse it for the sake of protecting people's health and privacy.

Japanese politicians and power companies should research into what Smart Meters can cause to our body as well as our environments including small animals like birds. If the result of the research shows it is hazardous for humans as well as animals, we should ban the installation of the device, asking the government to make a new law to ban it, ban the use, installation, and importing of the device from USA or any other country to Japan!

We are not GUINEA PIGs!

We have a right to choose how to live and what to choose for our living and we have a freedom of choice!

We don't live in a socialist country - America - but Japan.

Liberate Japanese citizens from the products, hegemonic policies and the government of USA.









** For English version of this diary, please click on the following link;
  "Conspiracy Theory" Made by CIA - a PROPAGANDA

管理人のコメント:

陰謀論についての面白いブログがありましたので、ご紹介します。
陰謀論という言葉が、CIAが最初に創りだしたもので、その目的は、世の中で行われている陰謀に疑問を投げかけ真実を追求する人達を「陰謀論を唱える人達」と呼ぶことで、世間が彼等を敬遠し、怪しい人達という印象をもたせ、信じなくさせるようにする、また、それにより陰謀の張本人達(政治家、1%の銀行家達)の悪行が世間にばれないようにする事です。

ただ、何が陰謀なのか、何が陰謀でなく自然に起きた事故なのか、そこの見極めはしなくてはいけません。陰謀説を唱える人達の言う内容も吟味しないといけません。中には勘違いしている人達もいますし。

そこは科学的な調査が必要ですが、科学的調査は主に警察がスルことだし、政府がする場合もあります。しかし、陰謀を企てるのが政府や警察を操る世界の人口の1%の銀行家達であるので、その調査自体があやふやにされるか、邪魔されてしまい、世間に真実が伝わらずにいるのが現状だと思います。これを解決するには市民がこの陰謀をしている人達を糾弾するしかありません。



Thrive/スライブ
フォスター・ギャンブル著
記事掲載URL : http://www.thrivemovement.com/news-flash-cia-invents-conspiracy-theory.blog


陰謀(論)

ある研究が「陰謀論」だと言ってそれを意地悪く笑いものの種にするキャンペーンが、実は、所謂ケネディー暗殺に関するウォレン委員会の公式説明に対して疑問を投げかけた人々の信頼を失墜させるため、1967年CIAが主導して作ったキャンペーンが始まりであったというのは、殆ど知られていないのですが、文書には詳しく記載されている事実であります。

この挑戦をつきつけられ、私達は、そして他の人々は陰謀論について思い切って話をするとき、私はランス・ドゥヘイヴン・スミス氏が彼の新しい著書「陰謀論(コンスピラシー・シオリー)」の中で彼が提案している事が正しいと考えざるを得ません。彼が主張していることは、『「陰謀論」という言葉を大衆に広め、陰謀を信じる事が嘲りと敵意の対象になるように仕向けるCIAの秘密の違法な組織運動(キャンペーン)は、これまでにおける最も成功したプロパガンダ構想として高い評価を与えられなくてはならない』、というものです。

もちろん、公言されている全ての陰謀論が正しいわけではありません。優秀な陰謀の分析専門家達がおり、また、無能な分析家達もいます。それは、技能のあるレポータがいれば、また、いい加減なレポータもいる、また、歴史家やその他の分野の実践者達などでも有能な人もいればいい加減な人もいるのと同じことです。


「陰謀」とは実際のところ何を意味するのでしょか?

メリアム・ウェブスター辞書の定義によると、「conspire」(=陰謀を企てる)の意味を、企む(plot)、どうにかしてする(contrive)、または、企む(scheme)」と定義付けており、それはつまり、「不法行為や悪行を行うために秘密の合意・協定を結ぶ事を意味します。

多くの陰謀論が真実である事については十分に証拠書類がかかれています。(以下の情報源を参照してください)2、3日前に、CIAは陰謀分析家達が40年間言い続けてきたことを認めました。つまり、CIAがモハマド・モサデッグを退陣させた軍事クーデターを計画するのを助け、1953年に皇帝(シャー)にイランの石油に接近するように強制的に仕向けた事を認めました。

それにも関わらず、多くの、他の面では知性がある人達が「陰謀」という言葉が呼び起こされるやいなや、アメリカという国でさえ現在「陰謀論」と呼ばれるやり方により建国されたのにも関わらず、信頼性のある情報に心を閉ざしてしまうのを私は見てきました。何だかんだ言っても結局のところ、英国のキング・ジョージの新しい世界を管理し不当に課税するという真偽の疑わしい「陰謀」に基いて、アメリカ革命は闘われたのです。

陰謀論は体制にとってはそのように脅威なのですから、浸透、検閲、そして、禁止令などさえもこれまでに提案されてきました。2008年には、オバマ・ホワイトハウス・オフィスの情報規制関連業務の元行政官であり、シカゴ大学の元教授であったキャス・サンステイン氏が「陰謀論」について論文を書きました。彼が書いた「陰謀論」に対応する処方箋・・・「過激派」グループの認識を浸透させる、そして、過激派グループがあまりにもひどくなったら、言論の自由を検閲する事も起こりうるであろう。彼は実際、合衆国政府が以下のような方策をとることを提案しています:
  1. 陰謀を理論化することを法律で禁止する。
  2. そのような陰謀論を普及しようとする人々に、経済的に、または、別のやり方で、ある種の税金を課する。


これは、サンステイン自身がいくつかの「陰謀論」が実際には真実であることを認めた事を考えれば、特に面白いです。例えば、ノースウッズ軍事作戦、米国防総省によるテロリストの行為を刺激し、テロリスト達をキューバのせいにして侵攻を不当に正当化する計画など。その計画は、幸運にもケネディー大統領に発見され、中断されました。


「気高い嘘」

陰謀がその実行者達により哲学的に正当化される方法の1つが「気高い嘘」の概念を利用して正当化するやり方です。この言葉は、新保守主義運動の哲学的な祖父であり、「抑制しきれないほど押し寄せる多くの問合せ」、または、言い換えれば、 「共謀(陰謀)の理論化」から社会に古くからある諸説を守るために、州の政治宣伝や隠密作戦を支持したレオ・ストラウスにより作られました。彼は、重要な歴史的出来事についての公式説明を科学的に批判するのは、たとえそれらの批評が真実であった時でさえも、「国の法律に対する敬意を台無しにする」し、古説も台無しにすると信じていました。「大量破壊兵器」と「政権交代」は「気高い嘘」の一例になり、それらは、市民の考えを惑わすためにでっち上げた証拠なしには実現出来ない最終目標を達成するために考えだされた虚偽なのです。

いいですか、中東へ侵攻することを正当化するために、「新パール・ハーバー」を要求したのは新保守主義の新しいアメリカン・センチュリーのためのプロジェクト(【略】PNAC、1997年設立、Project for the New American Century)でした。この新パール・ハーバーとは、アメリカの憲法を取り壊すために利用された「気高い嘘でした。(例:愛国者法(=パトリオット・アクト)、軍事委員会法(=ミリタリー・コミッションズ・アクト)、国防承認法(=ナショナル・ディフェンス・オーソライゼーション・アクト)、他)
これは結局、「テロリズム」から防御すると言う包括的な「気高い嘘」のため、合衆国と世界を警察国家専制政治へと導いていく重要な転機となりました。

陰謀の例を少し出してみると・・・
  • 「遺伝子組み換え生物で飢餓を解決出来る」や
  • 「化学物質が地球温暖化を解決出来る」
  • 「毒性のあるワクチンで病気を克服出来る」
  • 「フッ化物で虫歯を予防出来る」、そして、
  • 「電磁波を放射するスマート・メータ(注1)を利用すれば電気請求料金が下がる」
・・・などありますが、今日、「陰謀論」の批判的思考法を行い、「陰謀論」の汚名を克服する事で、上にあげた事例から騙され毒をもられることを避ける事が出来るようになります。ヽ(^。^)ノ

訳者注1)スマート・メーターとは、米国、カナダなどで使用されるガス・電気・水道全ての使用料を計測し自動でインターネットを介してそれぞれの会社にデータを送信するデジタル式機械のこと。

参考URL:http://www.electricsense.com/2431/smart-meter-shielding-tips/




誤りを暴くために使用された「陰謀」

スライブ運動を間接的に攻撃させるために立ち上げられた主要なウェッブサイトがありますが、これはスライブ・デバンクト( Thrive Debunked )と呼ばれています。この意味は、「偽りであることを証明されたスライブ」という意味で、その根拠全体は「陰謀のようなものはない」という概念に基づいています。
  • ジョン・ロビンズはスライブに入っていて、食料部門を蝕む陰謀を暴露していました。
  • ディーパック・チョプラは、健康の領域で調合薬の隠された思惑を暴露しました。
  • ポール・ホーケンは、企業がいかに極秘に環境を破壊しているか描写し、
  • 経済の殺し屋であるジョン・パーキンズは、どのようにして彼自身が秘密の陰謀の一部となり、世界中の国から国へと国々の文化を破壊しその資源を盗み出していたか言いました。
それから、スライブはこれらの情報や、その他の多くの専門家が提供した情報をつなぎあわせ、エリートの銀行家達がどのようにして殆ど事実上全ての部門を彼ら自身の利益とコントロールのために巧みに操作しているか見せました。すると、これらの「開拓者達」は、それから態度を一変させてスライブから離脱し、彼等は「陰謀」の映画と関係を持ちたくなかったと主張しました。

知性は沢山の形をなします…例えば、知性、知識、賢さ、機知、そして、直感力などです。しかし、巨大なペテン・詐欺のこの時代に最も要求されているものは、常識や正確な優れた判断力に加えて、開かれた心です。批判的思考法、証拠、事実の確認、推論、研究、そして、私達が新しい情報が必須であると考える一方で、「多分、私は知らない」と言える能力です。それなしでは、私達は真に邪悪で危険な影響の犠牲になりえます。


ですので、まだそうしていないのならば、もし、私達の未来が「困難でないゾーン」から一歩退いてみる事にかかっているのならば、「困難でないゾーン」から一歩退いてみてはいかがでしょうか?なぜなら、私達の未来が本当にそうする事にかかっているからです。ここに幾つかの重要なステップがあります。

  1. 陰謀論について開かれた正直な会話を奨励する。
  2. 事実を学ぶ。
     これまでに証明された陰謀の幾つかを挙げてみると・・・
    • ・レーガン政権はイラン・コントラ事件の「陰謀」で有罪になった。
    • AMA(American Medical Association/アメリカ医療組合)がカイロプラクター達を潰そうとした時、彼等は「陰謀」で有罪になった。
    • タバコ会社は、重大な健康に関する情報を一般市民に知らせないようにする「陰謀」で有罪になった。


真実であると判明した「陰謀」についての追加の記事……


私達のウェッブサイトの「世界支配計画」のセクションで、あるゆる中で最も大きな陰謀の1つについてもっと学ぶことが出来ます。


3.裏付けのない攻撃に巻き込まれてはいけません。陰謀論を批判する者達は、しばしば最終的な手段として、事実よりも、形容詞を使った攻撃、理性より感情に訴えて攻撃します。これが人々を、提示された証拠から引き離し、注意を人々の性格や交友関係に向けさせ、陰謀論を唱える人達を否定的な固定観念で見ようとする傾向を強めてしまいます。性格に関する攻撃を避け、事実にこだわってください。明らかに、最近の調査によると、陰謀の分析や事実に、異議を唱えるというよりは、知性的に注意を向けるインターネットの解説者達が多くなってきています。

ここにビデオのカットがありますが、ここでは共謀者がやっきになって陰謀分析専門家の品位を落とそうとしています。




4.陰謀のテーマに穏やかに思慮深くアプローチしてください。私の妻キンバリーと私はこの練習を沢山しました。貴方の話し方と新しい考えへの取り組み方が大きな違いを作ります。ここに友情を失わずに友達と難しい会話をする方法についてのビデオ・ガイドがあります。



もし、私自身が「陰謀」とかかわり合いを持つ事の恐れから批判的思考法を停止させてられてしまったら、私達は騙されやすくなり、巧みに操作されやすくなり、分断攻略しやすくなると考えています。その代わりに、今何が起きているのかについて、そして、全ての人達が繁栄できる機会が持てる世界をつくるために私達が何をすることが出来るのかについて、勇敢な正直な調査を奨励するため、私達の見解を包み隠さずに礼儀正しく共有し、私達の違う視点を礼儀正しく探索すると、私達が持てる力を失います。


<< 追加補足資料 >>

* ビデオ: 陰謀説を唱える人達が正しかった。フォックス・ニュース
* ビデオ: 陰謀の事実であり、説ではない。エド・グリフィン




◆記事の翻訳終わり


今、世界で起きている一番大きな陰謀といえば、アメリカのシリアへの侵攻だと思います。化学兵器がシリア政府により使われたと虚偽の発言をし、テロリストのアルカイダ系のグループがシリアで悪さをしているので、反政府軍がアルカイダのグループと戦っているというニュースを流したりし、テロリストから市民を守るために戦争を開始するという「気高い嘘」で、戦争を開始しようとしています。しかし、このアルカイダも反政府軍もCIAが作ったものです。化学兵器もアメリカが流したものです。自作自演なのは見え見えです。

宇宙人エロヒムの最後の預言者である弥勒菩薩ラエル(Maitreya Rael)は、アメリカ政府はシリアへの攻撃をせずに、シリアの人々を助けるべきだと主張しています。

戦争を回避して、世の中が平和に成るように私達はしていかなくてはいけません。

そして、弥勒菩薩ラエルは、世界を平和な社会に導くための理想的な社会システムを提案されています。それは、楽園主義といいます。
楽園主義は、共産主義に似た社会システムが、労働者階級が存在しません。全ての労働は、自動化された生産システムにより、ロボット・ナノロボット、コンピュータ、遺伝子工学などの最先端の科学技術を駆使することで、世界中の人達に衣食住を全て無料で提供することが可能になるそうです。

世界中の国々が軍隊を排除し、戦争をやめ、世界を破壊するために使用していたすべてのお金を平和目的に利用すれば短期間で楽園主義の社会システムが実現されると思います。

世界中の国々が協力して平和を実現する!






Go to English texts...


A tale of two political systems by Eric X. Li
二政治体制の物語(エリック・X・リー)


URL:http://www.ted.com/talks/eric_x_li_a_tale_of_two_political_systems.html?embed=true


宇宙人エロヒムの最後の預言者である弥勒菩薩ラエルが、楽園主義という共産主義の一種である社会システムを提案されました。

この共産主義の社会システムに人類の社会が近い将来到達する事を予測させる面白い考えをTEDで発言している中国人エリック・X・リーの事をしりました。

この考えを良く読むと、まさしく、人類は楽園主義に向かうべきであり、それ以外に人類が平和な社会に到達出来る方法はないことがわかります。

楽園主義を実現するためには、まず、世界中の国々のリーダー達、科学者達が1つの合意を持たなくてはいけません。
それは、軍隊を全て廃止し、戦争をやめること。
そして、世界中の富を世界中の人達の生活を豊かにするために使うこと。
つまり、自分だけが富を独り占めするのをやめ、世界中の人達でそれを分け合う事に同意するのです。

そして、そのために楽園主義の社会を作るため、最先端の科学技術を使い、楽園主義システムをつくり上げることです。

その社会では、貧困はなく、貨幣はなくなり、労働もなくなります。全ての人達が豊かに暮らせ、自分の家をもつことが可能になり、毎日を自由に自分がしたいことを好きなだけして暮らせるようになるのです。

その社会を実現する時がまさにそこまでやってきています。

世界の崩壊に進むか、それとも、世界の繁栄と平和に進むか、その岐路に人類が立たされているのです。


では、ビデオの内容の翻訳をお読みください。




訳文開始・・・

話し手:エリック X. リー: Eric X. Li

SCr_NoName_2013-9-1_4-52-0_No-00
エリック:おはようございます。私のなまえはエリック・リーといいます。(上海の現代の写真を指して)私はここで生まれました。でも、いいえ、あそこで生まれたのではなくて、(昔の上海の写真を指して)ここが私が生まれた場所です(上写真を参照)。文化革命の絶頂の時の上海で。私の祖母から聞いた話によると、彼女は私の産声を聞くのと同時に発砲の音を聞いたそうです。

私は、人類について知る必要がある全てを説明出来る話を聞きながら育ちました。それはこのような内容でした。人類の社会はどれも直線的な発展をする。原始的な社会から始まり、それから、奴隷社会、封建主義、資本主義、社会主義、そして、最終的に私達はどこに行き着くでしょうか?共産主義です!遅かれ早かれ、人類の全ては文化や言語の違いに関係なく、政治的、社会的発展のこの最終的段階にたどり着くでしょう。地球上の全人類が共に結ばれ、その後ずっと幸せに生きていくでしょう。

SCr_NoName_2013-9-1_4-58-41_No-00
SCr_NoName_2013-9-1_5-1-5_No-00しかし、そこにたどり着く前に、善と悪との間での闘いに私達は関わっています。社会主義の善が資本主義の悪に対抗して、善が勝利を収めるでしょう。これは、もちろん、カール・マルクスの理論上図を参照)を基にして創られたつくり話ですが、中国人達はそれを本当に信じたんですね。私達は来る日も来る日も、その素晴らしい話を聞かされました。そして、その話は私達の一部となり私達はそれを信じたのです。その話はベストセラーでした。世界の人口のおよそ3分の1がその凄い話と共に暮らしたのです。

SCr_NoName_2013-9-1_5-2-39_No-00それから、世界は一夜にして変わりました。(左図参照)私について話すと、私の青春時代の失敗した宗教に幻滅を感じ、私はアメリカに渡り、バークレーのヒッピーになりました(会場から笑い)。私が成人の年齢に達した時、他のことが起きました。まるで、1つの素晴らしい物語が十分でないというかのように、私はもう1つの物語を聞かされました。これもまた壮大なお話でした。そのお話もまた、全ての人類の社会は1つの終わりに向かって直線的なやり方で進歩していくと主張しています。

bfd50670.jpg
『全ての社会は、文化の違いにかかわらず、何なら賭けてもいいですが、キリスト教、イスラム教、混乱教は、伝統的な社会から進歩するに違いありません。その伝統的な社会の中では、人の集まりが現代社会における基本単位であり、その現代社会では、細分化された個人達が独立した単位となり、これらの個々人は定義によれば、分別のある人達です。そして、彼等は皆1つの事を求めています…投票権です。(右図参照) 彼等は分別がありますから、一旦投票権を与えられたら、彼等は良い政府を生み出し、その後ずっと幸せに暮らすのです。』

また、地球上の楽園ですね。遅かれ早かれ、選挙による民主主義が全ての国々における唯一の政治的システムとなり、全ての人達が自由市場によりお金持ちになるのです。

しかし、、私達はそこへ到達する前に、善と悪の間での闘いに勝たなくては行けません(笑い)。善は民主主義である人達であり、民主主義を地球全体に広げるという使命を負います。悪である選挙を開かない人々に対して時には力ずくで。
SCr_NoName_2013-9-1_5-19-40_No-00

ジョージ・ブッシュ・シニア:新世界秩序

ジョージ・ブッシュ・ジュニア:私達の世界の専制政治を終結

オバマ大統領:権力を握る全ての人達に単一基準を。

(ブッシュ大統領の写真を見せる。「使命完了」)(笑い)

SCr_NoName_2013-9-1_5-22-7_No-00


【グラフ】選挙制度の民主主義 対 その他の政治制度 (下のグラフ参照)
民主主義でない制度:赤色
選挙制度の民主主義:青色
646055ad.jpg
この物語もまたベストセラーになりました。フリーダムハウスによると、民主主義の数は、1970年の45から2010年の115にまで上昇しました。過去20年間において、西洋のエリート達は休むことなくこの全体像を世界中に早足で駆け巡りながら売り込んだのです。複数の政党が政権を獲得するため争い、全ての人達が彼等に投票するというやり方が長い間苦しんでいる、発展途上国にとっての救済の唯一の道なのです。その趣意書に賛成する人達は成功する運命にあり、その趣意書に反対する人達は失敗する運命にあります。しかし、今回、中国はそれに賛成しませんでした。

一度でもいいから私を騙してみろよ!(観客の笑い)

残りの話は歴史となっています。

【グラフ】貧困の状態で生活している人々の推移 (下のグラフ参照)
世界の推移:青色の線
中国の推移:赤色の線
その他の国々:緑の線
9c2c6f9c.jpg
ほんの30年の間に、中国は世界で最も貧しい農業国の1つから2番目に大きい経済大国にまで成長しました。6億5000万人の人々が貧困から脱却しました。その期間において、世界の人口の80%の貧困の緩和が中国において起きました。別の言い方で説明すると、新旧の民主主義が1つになり1つの党制度の国が選挙制度を使わずに、この貧困の緩和を成し遂げたのです。

いいですか、私はこの事について学びながら育ってきました。

e66ad887.jpg
肉は月に一人100グラムに分配され一回供給されます。もちろん、私は私の祖母の分も食べたのは言うまでもありません。

だから、私は自分に問いかけたのです、この図式のどこが悪いのだろうかと。私はここ自分の故郷にいて、自分のビジネスは急激に成長し、限界に達し、起業家達は毎日起業し始め、中産階級は人類史上前例のない速度と尺度で拡大しています。しかし、あの壮大な物語では、このどれも起きるべきではありませんでした。そこで、私は自分に出来る唯一の事をしに行きました。それについて勉強したのです。

SCr_NoName_2013-9-1_11-4-51_No-00はい、中国は中国共産党という1つの党により運営される一党の国です。そして、彼等は選挙を行いません。私達の時代の支配的な政治理論により3つの前提が作られました。そのようなシステムでは、経営上柔軟性がなく、政治的に閉ざされていて、道徳的に非正統的であると(言う3つの前提が作られたのです)。しかし、それらの3つの前提が間違っていたのです。その反対が真実なのです。適応性、能力主義社会、合理性中国の一党システムをよく表している3つの特徴なのです。
(下図の説明)左から、適応性、能力主義社会、合理性
SCr_NoName_2013-9-1_11-13-8_No-00


殆どの政治学者達は、一党制は本質的に自己修正をする能力がないと私達に言うでしょう。一党制は状況に応じて適応できないので長くは持たないだろうと。しかし、ここに事実があります。世界で最も大きな国を運営する64年の歴史において、その一党の政策の範囲は、最近記憶する限りでは、他のいかなる国よりも広いものでした。抜本的な土地の集団農場化から、大躍進政策におけるまで、農地の民営化、それから、文化革命、そして、デン・チャアピンの市場改革(鄧 小平 <とう しょうへい、ダン・シャオピン、1904年8月22日 - 1997年2月19日>)、それから、その後継者のシャン・ツェミン(江沢民)がとった党員資格を民間企業の人々に対して開くという大きな政治的一歩が踏まれ、マオ(毛沢東)の統治の中では想像だにしなかったことがなされてきました。ヽ(^。^)ノ


江沢民


このような中で、江は2002年11月、自身の任期で最後となる第16回党大会を主宰し、自ら提唱した「3つの代表」理論(中国共産党は先進的生産力先進的文化最も広範な人民の利益を代表する)を党の指導思想として党規約に追加した。「3つの代表」理論を掲げて私営企業主へも門戸を開いた中国共産党は、この党大会より階級政党から国民政党への転換を始めた[8]。しかし、「3つの代表」理論については保守派から批判が出され[9]、「江は『3つの代表』理論を党規約化することで自身を毛沢東・鄧小平と同格に位置づけようとしている」と江に反発する意見も強かった。ともあれ、「3つの代表」理論を党の指導思想とした江沢民は、この党大会で総書記・政治局常務委員を退任し、2003年3月、第10期全国人民代表大会第1回会議で国家主席も退任した。その後、2004年3月の第10期全人代第2回会議において憲法が改正された際に、「3つの代表」理論は「マルクス・レーニン主義」・「毛沢東思想」・「鄧小平理論」とともに国家理念として憲法前文に追加された。

ウィキペディアより


なので、党自身が大規模なやり方で自己修正するのです。組織的には、新しいルールを成立して以前機能していなかった部分を修正します。例えば、任期の制限です。政治指導者達は昔は自分の職業を一生維持しつづけ、権力を蓄積し、規則を永続させていました。マオは中国の父ですが、長期的な統治は破滅的な間違いに繋がりました。そこで、党は68歳~70歳で定年になるように任期期間の制限を制定しました。

私達が良く耳にする事の1つに、政治改革が経済改革に遅れをとってしまっているということであり、中国は今政治改革を必要としています。しかし、この計画は政治的先入観・偏見の裏に隠されている政治的落とし穴なのです。ある人達がどんな種類の変化を見たいかについて優先事項を決めてしまい、そのような変化だけが政治改革と呼ばれます。しかし、真実は政治改革は一度も終わったことがなく、30年前、20年前、または、10年前でさえ、中国社会の全ての側面は、どのように国が最も地方のレベルより最も高い中央に至るまで統治されるのかは今日では認識出来ません。今日、これらの変革は最も根本的な種類の政治改革なしでは実現不可能です。

私は思い切って提案しようと思います。中国の党は政治改革における世界の第一人者であると。

二番目の提案は、一党による統治の場合、権力が少数の人達の手中に集中し、悪い統治と汚職が起きてきます。確かに、汚職は大きな問題でありますが、まず最初に、より大きな背景を見て行きましょう。あなた方の中には反論もおありでしょうが、その党は今日の世界では偶然にも最も実力主義的な政治制度の1つでした。中国の最も高位の上部組織である多事務局には25人のメンバーがいます。最も最近の政治事務局では、構成メンバーのうちの5人だけが特権を持つ背景から来た人達です。所謂「小君主」と呼ばれていますが。国家主席と総理大臣を含むその他の20人は全く普通の経歴から来ています。300人、または、それ以上のメンバーからなるより大きな中央委員会の中では、権力と富の中で生まれた人々の割合はより小さなものです。高齢の中国のリーダーたちの圧倒的多数は、自分のやり方で競争しながら頂上に登って行きました。この方法を先進国と発展途上国の両方にいる支配層エリート達と比較してみると、その中国の党が上昇志向のトップに位置している事に気がつくことでしょう。

問題は、一党により運営されているシステムの中でそれがどうやって可能なのかということです。

さて今、私達は西洋人達にはほとんど知られていない強力な政治制度であるその党の組織省について考えます。この省は巨大な人的資源エンジンのように機能し、それは最も成功している企業たちが羨むようなものでしょう。
SCr_NoName_2013-9-1_11-21-10_No-00 copy

この省は自ら回転するピラミッドのように働き、3つの構成要素からなります。(上手参照行政事業部門、国有企業部門、そして、大学や地域プログラムなどの社会組織部門です。これらは、中国の役員達にとって、別個の、しかしそれにも関わらず、統合されたキャリアの道を形成しています。これらは大学卒業者達をリクルートし、彼等新卒者達をこの3つの全ての路線の新入社員の役職につけます。そして、彼等は一番底にある「クーユェン」と呼ばれる部分からスタートします。それから、彼等は縦に伸びていく4つのエリート階層を昇進していくことが出来ます。「フーカー」「カー」、そして、「フーチュー」「チュー」下図参照)。さて、これらは空手キッドの映画で出てくるお話ではありません。真面目なお話なのです。この役職の範囲は幅広く、村の健康管理を行う役職から、都市地域での対外投資、そして、企業での経営者に至るまであります。
SCr_NoName_2013-9-1_11-44-57_No-00 copy

年に一度その省は彼等の仕事ぶりを再検討します。彼らの上司や、同僚たち、そして、部下たちをインタビューします。個人的な日頃の行いなども入念に調べます。彼等は世論調査を行い、それから、その調査で勝ち残った人達を昇進させます。自分のキャリアを通して、彼等は自分のキャリアを通して、これら全ての3つの経路を行き来することが可能です。そのうち、優秀な人達はこの4つの土台のレベルより上に進み、「フーチュー」そして「チュー」レベルに進むことが出来ます。そこでは、彼等は高位の公務員職に入ります。この時点に至るまでに与えられる典型的な任務といえば、数百万人の人口のいる地域の管理とか、または、数億ドルの収入がある企業の経営をします。このシステムがどれだけ複雑なものであるかをお見せしましょう。2012年に、90万フーカーカー・レベルがあり、60万フーチュー、そして、チュー・レベル、そして、たった40万フージュージュー・レベルがありました。ジュー・レベルの後は、最良の少数の人達は更に幾つかのランクを上がっていき、最後には中央委員会に到達します。(上手参照)このプロセスは20年から30年ぐらいかかります。政治家の支援者に対する利益供与は役割を持ちますか?はい、もちろんです。しかし、その利点は基本的な推進力に存在し続けています。本質的に、その組織省は中国の数世紀続いた高級官僚システムの現代版を運営しています。

SCr_NoName_2013-9-1_12-17-56_No-00中国の新しい大統領シージーピング(習近平)は元リーダー(習仲勲【元国務院副総理】)の息子であり、最高位職でご活躍されています。彼にとってでさえも、その大統領という地位に到達するのに30年もかりました。彼は村の管理員としてスタートして、多事務局に入る時までには、彼は合計1億5000万人の人口がいる諸地域を管理するようになり、米ドル1兆5000億ドルのGDPを統合しました。

さて、どうか私の事を誤解なさらないでください。これは皆さんへの嫌がらせではなくて、単に事実を述べているだけなのです。ジョージ・W・ブッシュを覚えてらっしゃいますね?彼でさえも、嫌がらせではありません!(会場から笑い)

テキサス州知事になる前は、または、バラク・オバマが大統領に立候補する前は、もし中国にいたとすれば、中国の人口の小さい州知事の仕事も出来はしなかったでしょう。ウィンストン・チャーチルは、かつて、「民主主義はそれ以外の全てを除いてひどく酷いシステムである」と言いました。ええ、明らかに、彼は組織省の事を聞いたことがなかったのでしょう。

西洋人達は、複数政党の普通選挙権による選挙が政治的正当性の唯一の源であるのが当然であるといつも考えています。私はかつて一度、「中国の党は選挙により投票されていませんが、その正当性はどこから来ていますか?」と、聞かれたことがありました。そこで、私は逆にこう聞き返しました、「能力はどうでしょうか?」

私達は皆知っています。1949年、中国の党が政権を獲得したとき、外国勢の攻撃により国土をバラバラにされ、中国は国共内戦(國共戰爭、Chinese Civil War)から抜けだせずにいました。その頃の平均寿命は41歳でした。今日では、世界で二番目の経済大国であり、産業用発電所があり、人々は次第に増えていく繁栄の中で生活しています。

ba30a0a6.jpg
基礎研究が中国人の一般的な生活動向を提示しており、ここにその最近数年間の統計値が出しています。
・国の進む方向に満足している…85%。(▲)

409a754f.jpg
・5年前よりも生活が豊かになったと考える人々…70%。(▲)

d69772e0.jpg
・未来がより良くなると期待している人達は、途方もなく多くて、82%。(▲)

6043e01c.jpg
イギリスのフィナンシャル・タイムズでは、世界中の若者の考え方、行動について世論調査を行い、これらの数値が、まだ入手したばかりですが、先週に来たばかりです。中国の青年層世代の93%が彼らの国の未来について楽観的であるとしています。(▲)

さあ、これが正当性ではないならば、この数値が何なのか、私にはわかりません。

対照的に、世界中のほとんどの選挙からなる民主主義は悲惨な演技に苦しんでいます。私はここにいる観衆の皆さんのために、ワシントンからヨーロッパ首都に至るまで如何に機能を果たしていないか、詳細について説明する必要はありません。数例を除外して、選挙による政治形態を受け入れた発展途上国達の大多数が貧困と内戦に未だに苦しんでいます。政府が選挙により選ばれ、そして、50%の承認を下回り、数カ月後に、未だにそこを推移しており、次の選挙まで更に自体は悪くなるのです。

民主主義は選挙と後悔の終わりのないサイクルになってきています。

この数値の割合で見ると、申し訳ありませんが、正当性を失う危機に瀕しているのは中国の一党制ではなく、民主主義です。しかし、中国は申し分なくある種の超一大帝国(スーパーパワードム)への道を歩んでいるというような間違った印象を皆さんに 今 与えたくありません。

SCr_NoName_2013-9-1_13-26-12_No-00中国は今膨大な課題に直面しています。このように痛みを伴う変革と共に起きる社会的、経済的な諸問題は気が遠くなるような感じがします。汚染問題が1つであり、食品安全制の問題、人口増加問題など。
政治の最前線では、最悪の問題は汚職です。汚職が蔓延しており、このシステムの土台と道徳的正当性を蝕んでいます。しかし、殆どの解説者達はこの「病気」を誤診しています。汚職は一党制の結果起きたものであるから、それを治すためには、一党制を排除しなくてはいけないと彼等は言います。

f182149f.jpg
しかし、より注意深く見てみると違う答えが見えてきます。トランスペアランシー・インターナショナルは最近の中国を170ヶ国の中で70から80位に位置づけています(▲)。そして、そのランキングは上昇傾向にあります。世界で最も大きい民主主義国であるインドは94位であり、下降し続けています。中国よりも下のランクに位置づけられている100ほどの国々は、その半分以上が選挙制度による民主主義国家です。ならば、選挙が汚職の万能薬であるのなら、何故、これらの国々は汚職を解決出来ないのでしょうか?

私は、今ベンチャー・キャピタリスト(投機的事業への投資家)ですが、賭けをしましょう。自分自身の名声をかけて将来の予測をせずにこの話を終わりにするのは公平ではありません。

今後10年間の間に、中国はアメリカ合衆国を追い抜き、世界で最も大きな経済大国になるでしょう。一人あたりの所得は全ての開発途上国の中で最上位に近い位置となります。汚職は減少へとカーブを描いていきますが、完全にはなくならないでしょう。そして、中国はTIランキングでは60位より更に10から20段階上の位置にまで上昇するでしょう。経済改革は加速し、政治改革は引き続き行われ、一党制は断固として守られるでしょう。

私達は1つの時代の夕暮れ時に生きています。誰もが知っていた主張をしてきた超物語は20世紀において私達を失望させ、そして、21世紀においても私達を更に失望させています。超物語は、民主主義を内側から殺している癌です。今、私はあることを明確にしておきたいと思います。私は民主主義を非難するためにここにいるのではありません。それに反して、民主主義は西洋が上昇するのに貢献したのであり、現代社会の創造に寄与したのです。多くの西洋エリート達が彼らの政治制度を作り上げたというのが誰もが知っている主張ですが、それは西洋の現在の罪悪の中心に位置している傲慢さなのです。彼等が他者に自分たちのやり方を押し付けるための時間を少しだけ減らして、自国の政治改革のためにその時間を使えば、彼等の民主主義にもより良いチャンスを与える事になるかも知れません。

中国の政治的なモデルは選挙を行う民主主義にとって変わることは決してありません。なぜならば、後者とは違って、中国の政治システムは世界中に共通する普遍的なものだという振りはしないからです。そのシステムは輸出することは出来ません。しかし、それがまさに要点なのです。中国の例の重要性はそれが代替手段を提供するというのではなく、しかし、別の可能性が存在する事を実証する事にあります。この超物語の終わりに近づきましょう。共産主義も民主主義も賞賛すべき理想かもしれません。しかし、彼等の独断的な普遍主義の時代は終わりました。人々に、そして、私達の子供たちに、全ての社会が進化するべき唯一の未来において私達自身を統治する方法が唯一1つだけしかないというのはもうやめましょう。それは間違いです。それは無責任であり、一番困るのは、それはうんざりするのです。

普遍性とは複数存在するという認識に変えましょう。おそらく、より面白い時代が私達の前にあるのかもしれません。私達はその次代を迎えるのに十分なほど勇気をもっているのでしょうか?

ありがとうございます。

※ 日本語の翻訳の終わり

ヽ(^。^)ノ



** English texts start from here.

A tale of two political systems by Eric X. Li



Comments of the owner of this blog:

I discovered a very interesting idea spoken by this man, Eric X Li about all social systems in the world will eventually become a communist social system. And, he explains the one-party system of Chinese government as an example of this.

His idea supports the new communist social system called Paradism suggested by Maitreya Rael, the last messenger of the Elohim - those who came from the sky.

Maitreya Rael also says that China would become the strongest economic power in the world, while USA will become a developing country with a lot of suffering and poverty.

In order to realize a kind of communist society "Paradism" without any working class, it will be important for all the leaders and scientists in the world to agree on certain things explained as follows ;
1) to eliminate all the armies throughout the world, and stop wars,
2) to use all the wealth possessed by a few elites in the world for enriching the lives of all the peoples in the world. This means that a few elites must stop having all the wealth of the world only to themself, and
3) to start building an automated advanced system to produce food, clothes, and other materials needed for living by robots, nano-robots, genetic engineering, and super-computers, and deliver them automatically to all the people in the world for free,
4) to develope a closed-circuit electric plant, which is no harm for the life forms, and which can produce power indefinitely without any costs.


We should make a system in which we can use in our daily life the fruit of the most advanced scientific technologies to improve the quality of our life for free all over the world.

In Paradism, we will have no poverty, no monetary system, no banks, no labors, no working class, no wars, no armies, no governments, no powers, no bankers, no police stations, no courts, and so on.

Everybody in the world can live in prosperity, possessing his/her own house, food, and clothes for free. This will enable us to spend our time only for improving the level of our awakening by music, meditation, creating anything we like, or even doing nothing.

We are so close to the time when the creation of such a social system will be made.

We are standing at a crossrode in life of humanity where we have to choose to go forward in a self-destructive way of the world, or to choose to introduce the social system of Paradism to the human societies throughout the world, which will enable us to live in peace and prosperity.

Now, please read the speech by Eric X. Lee.




The speech made by Eric X. Li starts...:

"Good morning, My name is Eric li and I was born here. But no, I wasn’t born there. This was where I was born: Shanghai at the height of the cultural revolution. My grandmother told me she heard the sound of gunfire along with the sound of my first cries.

When I was growing up, I was told a story that explained all I ever needed to know about humanity. It went like this. All human societies grow in linear progression, beginning with primitive society, then slave society, feudalism, capitalism, socialism, and finally guess where we end up? Communism ! Sooner or later, all of humanity, regardless of culture or language, will arrive at this final stage of political and social development. The entire people on Earth will be united together and live happily ever after.

But before we get there, we are engaged in the struggle between good and evil. The good of socialism of against the evil of capitalism and the good shall triumph. That, of course, was the meta-narrative distilled from the theories of Karl Marx. And the Chinese bought it. We were taught that grand story day in and day out, it became a part of us and we believed in it. The story was a bestseller. About 1/3 of the world’s population lived under that meta-narrative.

Then the world changed overnight. As for me, disillusioned by the failed religion of my youth, I went to America and became a Berkeley hippie (laugh). Now, as I was coming of age, something else happened. As if one big story wasn’t enough, I was told another one. This one was just as grand. It also claimed that all human societies progress in a linear fashion toward a singular end. This one went as follows.

All societies, regardless of culture, bet it Christian, Muslim, confusion, must progress from traditional societies in which groups are the basic units to modern societies in which atomized individuals are the sovereign units, and these individuals are by definition, rational. And they all want one thing: the vote. Because they are rational, once given the vote, they produce good government and live happily ever after. Paradise on earth again. Sooner or later, electoral democracy will be the only political system for all countries and all people with a free market to make them all rich.

All societies, regardless of culture, bet it Christian, Muslim, confusion, must progress from traditional societies in which groups are the basic units to modern societies in which atomized individuals are the sovereign units, and these individuals are by definition, rational. And they all want one thing: the vote. Because they are rational, once given the vote, they produce good government and live happily ever after. Paradise on earth again. Sooner or later, electoral democracy will be the only political system for all countries and all people with a free market to make them all rich.

But before we get there, we’re engaged in a struggle between good and evil (laugh) The good belongs to those who are democracies and are charged with a mission of spreading it around the globe. Sometimes by force, against the evil of those who do not hold elections.


Bush Sr.: A New World Order
Bush: ending tyranny in our world
Obama: A single standard for all who would hold power.
(Shows President Bush Picture, “Mission Accomplished.”)


This story also became a bestseller. According to the freedomhouse, the number of democracies went from 45 in 1970 to 150 in 2010. In the last 20 years, western elites tirelessly trotted the globe selling this perspective. Multiple parties fight for political power and everyone voting on them, is the only path of salvation to the long suffering, developing world. Those who buy the prospectus are destined for success, those who do not are destined to fail. But this time, the Chinese didn’t buy it. Fool me once.

The rest is history.

In just 30 years, China went one of the poorest agricultural countries in the world to the second largest economy. 650 million people were lifted out of poverty. 80% of the world’s poverty alleviation within that period happened in china. In other words, all the new and old democracies put together amounted to a mere fraction of what a single, one-party state did without voting.

See, I grew up on this stuff. Food stamps. Meat was rationed to a few 100 grams per person per month at one time. Needless to say I also ate my grandmother’s portion.
So I asked myself, what’s wrong with this picture? Here I am in my hometown, my business growing leaps and bounds, entrepreneurs are starting companies every day, middle class is expanding in speed and scale unprecedented in human history. Yes, according to the grand story, none of this should be happening.

So I went and did the only thing I could, I studied it. Yes, China is a one party state run by the Chinese communist party, the party. And they don’t hold elections. 3 assumptions are made by the dominant political theories of our time: such a system is operationally rigid, politically closed, and morally illegitimate. Well, the assumptions are wrong. The opposites are true. Adaptability, meritocracy and legitimacy, are the three defining characteristics of the Chinese one party system.

Most political scientists will tell us that the one party system is inherently incapable of self correction. It won’t last long because it cannot adapt. But, here are the facts. In 64 years of running the largest country in the world, the range of the party’s policies have been wider than any other country in recent memory. From radical land collectivization to the great leap forward, privatization of farmland, and then the cultural revolution, then Deng Xiaping’s market reform, then successor Jiang Zemin took the giant political step of opening up party membership to private business people, something unimaginable during Mao’s rule.

So the party self corrects in rather dramatic fashions. Institutionally new rule gets enacted to correct previous dysfunctions. For example, term limits. Political leaders used to retain their positions for life, and they used that to accumulate power and perpetuate rules. Mao was the father of China yet the prolonged rule led to disastrous mistakes. So the party instituted term limits with mandatory retirement age of 68 to 70. One thing we often hear is political reforms has lagged far behind economic reforms and China is in need of political reform. But this plan is a political trap hidden behind a political bias.

See, some have decided a priority what kind of changes they want to see, and only such changes can be called political reform. The truth is political reform have never stopped, compared with 30 years ago, 20 years ago, even10 years ago, every aspect of Chinese society, how the country is governed from the most local level to the highest center are unrecognizable today. Now these changes are not possible without political reforms of the most fundamental kind. I would venture to suggest that the party is the world’s leading expert in political reform.

The second suggestion is that in a one party state, power gets concentrated in the hands of the few and bad governance and corruption follow. Indeed, corruption is a big problem, but first let’s look at the larger context. This might be counter intuitive to you, but the party happens to be one of the most meritocratic political institutions in the world today. China’s highest ruling body, the polybureau has 25 members. In the most recent one, only 5 of them came from a background of privilege, so called princelings, the other 20, including the president and premier, came from entirely ordinary backgrounds. In the larger central committee of 300 or more, the percentage of those born into power and wealth was even smaller. The vast majority of senior Chinese leaders worked an competed their way to the top. Compare that with the ruling elite in both developed and under developed countries, you’ll find the party being in the top of upward mobility.

The question is, how could that be possible in a system run by one party? Now we come to a powerful political institution little known to westernerns, the party’s organization department. The department functions like a giant human resource engine, that would be the envy of some of the most successful corporations. It operates a rotating pyramid, made up of 3 components. Civil service, state-owned enterprises and social organizations like a university or community program. (9:27) They form separate yet integrated career paths for Chinese officials. They recruit college grads into entry-level positions in all 3 tracks, and they start from the bottom kuyen, then they could get promoted through 4 increasingly elite ranks. "Fuke", "Ke", "Fuchu" and "Chu". Now these are not moves from the karate kid, its serious business. The range of positions is wide, from running health care in a village to foreign investment in a city district to a manager in a company.

Once a year the department reviews their performance. They interview their superiors, their peers, their subordinates. They vet their personal conduct. They conduct public opinion surveys, then, they promote winners. (10:16) Throughout their career they can move through and out of all three tracks. Over time, the good ones move beyond the 4 base levels to the fuju and ju level. There, they enter high officialdom. By that point a typical assignment will be to manage a district with population in the millions, or a company with 100s of millions of dollars in revenue. Just to show you how competitive the system is, in 2012 there were 900,000 fuke and ke levels, 600,000 fuchu and chu levels, and only 40,000 fuju and ju level. After the ju level, the best few move further up several more ranks and eventually make it to the central committee. The process takes 2 to 3 decades. Does patronage play a role? Yes, of course. But merit remains the fundamental driver. In essence, the organization department runs a modernized version of china’s centuries-old mandarin system. China’s new president xijiping is son of a former leader, first of his kind to make a top job. Even for him the career took 30 years. He started as a village manager and by the time he entered the polybureau he managed areas with a total population of 150 million people and combined GDPs of 1.5 trillion USD.

Now, please don’t get me wrong, okay? This is not a putdown of anyone, it’s just a statement of fact. George w bush, remember him? He's not a putdown! Before becoming a governor of Texas, or Barack Obama before running for president, they could not make even a small county manager in China’s system. Winston Churchill once said that democracy is a terrible system except for all the rest. Well, apparently he hadn’t heard of the organization department.

Westerns always assume that multi party election with universal suffrage is the only source of political legitimacy. I was asked once, the party wasn’t voted in by election, where is the source of legitimacy? I said, how about competency? We all know the facts, in 1949 when the party took power china was mired in civil wars dismembered by foreign aggression… average life expectancy at that time ... 41 years old. Today, it’s the 2nd largest economy in the world and its industrial powerhouse and people live in increasing prosperity. Pure research pose Chinese public attitudes, and here are the numbers of the recent years.

Satisfaction with the direction of the country 85%. Those who think they’re better off than 5 years ago 70%. Those who expect the future to be better, a whopping 82%. Financial Times polls global youth attitudes and these numbers, brand new, just came from last week. 93% of china’s generation youth is optimistic about their country’s future. Now, if this is not legitimacy, I’m not sure what it is.

In contrast, the most electoral democracies around the world are suffering from dismal performance. I don’t need to elaborate for this audience how dysfunctional it is from Washington to European capitals. With a few exceptions, the vast number of developing countries who have adapted electoral regimes are still suffering from poverty and civil strife. Governments get elected and fall below 50% approval, in a few months, stay there, and get worse until the next election.

Democracy is becoming a perpetual cycle of elect and regret. At this rate, I’m afraid it is democracy -- not China’s one party system -- that is in danger of losing legitimacy. Now, I don’t want to create the miss-impression that China’s hunky-dory on the way to some kind of superpowerdom. The country faces enormous challenges. Social and economic problems that come with wrenching change like this are mind-boggling. Pollution is one, food safety, population issues. On the political front, the worst problem is corruption. Corruption is widespread and undermines the system and its moral legitimacy. But most analysts misdiagnose this disease. They say that corruption is a result of the one party system, and therefore, in order to cure it, you have to do away with the entire system.

But a more careful look would tells us otherwise. Transparency International ranks China between 70 and 80 in recent years among 170 countries. And it’s been moving up. India, the largest democracy in the world, 94 and dropping. For the 100 or so countries that are ranked below China, more than half of them are electoral democracies. So if election is the panacea for corruption, how come these countries can’t fix it.

Now, I’m a venture capitalist, I make bets, it wouldn’t be fair to end this talk without putting myself on the line and make some predictions.  In the next 10 years, China will surpass the USA and become the largest economy in the world. Income per capita will be near the top of all developing countries. Corruption will be curved, but not eliminated. And China will move up 10 to 20 notches to above 60 in TI ranking. Economic reform will accelerate, political reform will continue, and the one party system will hold firm.

We live in the dusk of an era. Meta-narratives that make universal claims failed us in the 20th century, and are failing us in the 21st. Meta-narrative is the cancer that is killing democracy from the inside. Now, I want to clarify something. I am not here to make an indictment of democracy, on the contrary I think democracy contributed to the rise of the west and creation of the modern world. It is the universal claim that many western elites are making about their political system, their hubris, that is at the heart of the west's current ills. If they would spend just a little less time on trying to force their way onto others and a little bit more on political reform at home, they might give their democracy a better chance.

China’s political model will never supplant electoral democracy because unlike the latter, it doesn’t pretend to be universal. It cannot be exported. But that is the point precisely. The significance of China's example is not that it provides an alternative, but the demonstration that alternatives exist. Let us draw to a close this era of meta-narratives. Communism and democracy may both be laudable ideals, but the era of their dogmatic universalism is over. Let us stop telling people and our children that there is only way to govern ourselves in a singular future towards which all societies must evolve. It is wrong. It is irresponsible and worst of all, it is boring. Let universality make way for plurality. Perhaps a more interesting age is upon us. Are we brave enough to welcome it?

Thank you."

** End of the speech by Eric X. Li








Today I went to a practice of a Chorus group called Gettoh-no Kabu-Dan, which means singing and acting group of Alpinia Zerumbet, and after the practice, three of us went to have a dinner at this yammi soba noodle restanrant, which was famous for soba noodles in Japan.

c4b914ce.jpg


An ordinary view through this small window placed just above the floor makes it look different and beautiful.

蕎麦屋から見た景色 

046fac80.jpg


Egg Slices Made of Soup and Eggs
I would recommend this to you...

8691574f.jpg


Horse Radish
When you eat it, its taste comes deeply in your tongue and stomach in a few different layers.

b6d7a83e.jpg


Oden

6b6a6e35.jpg

(*^ー^)ノ

Soba-gaki
This soba-gaki actually tasted much better than I expected. It was my first time I had ever eaten this. Its texture is not as sticky as omochi (rice cake) made of rice, and it feels smooth and soft with a delicate flavor of soba. This is one of the best foods to eat in the middle of winter.

dc106efc.jpg


Wasabi - cleans your system. 

f8f48c5c.jpg


On top of soba-gaki, I put wasabi and pieces of nori. Yam!

3b4adf1c.jpg


 Fried Soba Noodle
It is crispy. Just bite it.

8143d8a8.jpg



 

At Goma-Soba-no Himitsu (At the Secret of Sesami-seeds Soba)

ed81acbd.jpg


We had such a nice soba dinner, and departed from the friends for home.

At first, when I started to go to this group of singing and acting, singing in a chorus would not be so interesting, but in fact, the more I practice with them, the more interesting it becomes, especially because the songs written and composed are for anti-nuclear energy and peace. I think that it wold be great for these songs to be spreaded throughout Japan and make more people become aware of anti-nuclear activities and peace.

At the end of this diary, I just would like to say that Maitreya Rael, the last messenger chosen by the Elohim (= those who came down from the sky), like the culture, way of our respecting the others, foods, etc. of Japan, because in many areas, you can find some traces of the civilization of the Elohim.

Maitreya Rael says that it is only Paradism that can save the humanity from self-destruction by nuclear weapons in World War 3.



(*^ー^)ノ

Soba-gaki


Soba-gaki is the meal cooked from soba powder, which is not in the form of noodles, but rather cakes like in rice cakes. You make this by adding hot or cold water to the powder, and heat it as you stir it quickly into gruel until it becomes solid.

At production areas of soba noodle, because it is so easy to make this, even children make it for afternoon snacks. It is usually eaten by cutting a small piece off the soba-gaki (soba cake), and dip it in a soup or soy sauce to eat.




Amazing huge cloaked UFO next to Mercury MUST SEE!!!
水星の横に現れた太陽フレアに覆われた巨大UFO!



これほど大きなUFO、みたこと誰もないでしょうね。これが、もし地球の真横に洗われたら私たちの地球の政府はどのように対処するのでしょうか?おそらく、対処の仕方がわからないと言うのが正直なところでしょう。
Have you ever seen such a gigantic UFO before? Probably, no one has ever seen it. But please wonder who and why they appear over there next to Mercury near the sun, where it would appear so clearly to us, when it is hit by the solar flare. What is their message to us?


じつは、1973年にフランスの火山口でラエルという人が宇宙人エロヒムという人達の一人に遭遇して彼らからのメッセージを人類に広げるように公式に依頼されていました。それによると、エロヒムはちきゅうに25000年前に訪れ、遺伝子を合成して生命を科学的に創造する実験を始めたそうです。
そして、13000年前に私たちの人類を、エロヒムの姿形に似せて遺伝子を合成して実験室のなかで創造しました。つまり、私たちの創造者は宇宙人エロヒムだったのです。文字通り、私達は彼らに非常によく似ているそうです。弥勒菩薩ラエルから直接聞いたのですが。
When I was 17 years old, about 28 years before, I found one book in a Japanese bookstore titled "Bible and Extra-terrestrials", which is now published as "The Messages given by Extra-terrestrials" in Japanese. This book explains who these extra-terrestrials are, and why they have been visiting the earth for so long. They came to the earth 25000 years ago, and began to create life synthetically from DNA's in a laboratory. Then, their scientists started to have a desire to create humans in their image. They finally created humans in their image from synthesized DNA's in a laboratory 13000 years ago. Our resemblance to the Elohim in figure is so striking! I learned all this from Maitreya Rael in his seminars held in Japan and Australia. Since then, my life has changed dramatically.


彼らがこの太陽系で私たちの観測機器に観測される様に姿を表しているのは何故だと思いますでしょうか?
Why do you think this gigantic UFO appeared next to Mercury? What do the people in the craft want to tell us?


エロヒムのメッセージを読んでみて、考えてみましょう・・・
Shall we read the books of the messages written by Maitreya Rael to discover the reason why....


無料で以下のサイトから電子ブックがダウンロード出来ます。
You can download the books for free from the following sites ;
Japanese(日本語); http://ja.rael.org/download.php?list.11
English(英語); http://www.rael.org/download.php?list.2


人類は宇宙人エロヒムの姿形に似せて遺伝子を合成して実験室のなかで創造された。
Humanity were created by the Elohim in their image from synthesized DNA's in laboratories.

私達の未来は、私達の愛と知性と行動にかかっています。
Our future is up to our love, intelligence, and actions to start revolution to change our societies to a world of Paradism.






↑このページのトップヘ