楽園主義に向かって進む!〜Head toward Paradism...弥勒菩薩ラエルの教えと共に

世界で起きている諸問題、機密情報、戦争に関する問題など取り扱って行きたいです。世界が平和になるように私達が考えていくべき事柄を主に取り上げたいです。時にはリラックスタイム的な話題も入れて。

タグ:STAP細胞

DAILY NEWS 18 May 2016

Why would scientists want to build human genomes from scratch?
科学者たちは、なぜ、人ゲノムをゼロから作りたいのだろうか?



https://www.newscientist.com/article/2088703-why-would-scientists-want-to-build-human-genomes-from-scratch/?utm_source=NSNS&utm_medium=SOC&utm_campaign=hoot&cmpid=SOC%7CNSNS%7C2016-GLOBAL-hoot


By Sally Adee

Nothing can stay secret for long. Last week, more than 130 people met at Harvard Medical School to discuss making large genomes from scratch. The meeting was attended by a select group of researchers, lawyers, ethicists, engineers and government representatives. Other scientists and journalists weren’t allowed, and attendees were barred from relaying any information to the media. But details are starting to leak out, and some think they have significant implications.

どんなことでも長い間秘密にすることは出来ません。先週、130人以上の人たちがハーヴァード・メディカル・スクールで大ゲノム(全遺伝子情報)をゼロから作成する事について話し合いました。この会議には、選ばれた研究者や弁護士、倫理学者、技術者、そして、政府の代表者が参加しました。その他の科学者とジャーナリストは参加は許されず、メディアに一切の情報を漏らすことを禁止されました。しかし、その詳細は既に外部に漏れ出し、その情報が重要な異議を持つと考える人達がいます。


The meeting is thought to have discussed plans for a 10-year international research project that aims to design and build a complete human genome.

その会議は、完全な人ゲノム設計と作成を目標にした今後10年間の国際的研究プロジェクトについての計画を話し合ったのだと考えられています。


“This is a natural extension of the human genome sequencing project,” says Paul Freemont of Imperial College London, who says he is “very familiar with the meeting”, but will not disclose whether he attended. Instead of reading the sequence of the three billion letters that comprises the human genome, which the Human Genome Project accomplished in 2003, the plan this time is to write the sequence, synthesising the code chemically.

「これはヒューマン・ゲノム塩基配列の決定プロジェクトが自然に発展したものです。」と、インペリアル・カレッジ・ロンドンのポール・フリーモントが言います。そして、彼はその会議について「非常に詳しい」と言いますが、彼がその会議に参加したかどうかは明らかにしようとしません。今度の計画では、ヒューマン・ゲノムを構成する30億の文字配列を解読するのではなく、その配列を書き、そのコードを化学的に合成します。



Making big genomes
大きなゲノムの作成



Synthetic bacterial genomes have already been created, but the human genome is thousands of times larger, making it much harder to synthesise. The project reportedly plans to make genomes this large, place them in cells, and develop cultured cell lines that run using this designer DNA.

合成バクテリア・ゲノムが既に作成されていますが、ヒューマン・ゲノムはその数千倍もおおきく、ヒューマン・ゲノムを作成するのは更に難しいです。言い伝えによると、そのプロジェクトはこのサイズのゲノムを作成し、細胞の中に挿入し、そして、この設計されたDNAを使って培養細胞株を成長させます。


Freemont says the aim is to synthesise genomes for cells that aren’t involved in reproduction. According to The New York Times, the project will be led by gene-editing pioneer George Church of Harvard University, geneticist Jef Boeke of the Johns Hopkins University School of Medicine in Baltimore, Maryland, and Andrew Hessel of multinational design software firm Autodesk Research.

フリーモントは、この計画の目的は生殖に関係しない細胞のゲノムを合成する事だと言います。ニューヨークタイムズ紙によると、そのプロジエクトは、遺伝子編集の先駆者であるハーバード大学のジョージ・チャーチ、メリーリンド州バルチモアのジョンズ・ホプキンズ大医学部の遺伝学者ジェフ・ボーク、多国籍デザイン・ソフトウェア企業のオートデスク・リサーチのアンドリュー・ヘッセルらにより率いられています。


It remains unclear how the people attending the meeting intend to use such synthetic genome cell lines. Similar work in bacteria by Craig Venter’s team is identifying which genetic sequences are essential to life, and which can be deleted. By piecing together larger genomes, we might learn more about how the more complex cells found in animals, plants and fungi work.

会議に出席している人たちがそのような合成されたゲノム細胞株をどのように利用するのかは不明のままです。クレイグ・ヴェンター・チームによるバクテリアを使った似た研究で、どの遺伝子配列が生命にとって絶対必要なものであり、どれが欠損され得るかを特定しているところです。小さいものを繋いでより大きいゲノムを作ることで、動植物や菌類に見られるより複雑な細胞がどのように機能しているかについて、私たちは更に多くの事を学べるかもしれません。


There might also be medical uses, in fields as diverse as drug screening, gene therapy, vaccine design, regenerative and stem cell medicine, and organ transplants. By building synthetic genomes, it may be possible to tailor therapies to match a person’s genes, or to enhance treatments by adding novel genetic instructions.

例えば、薬剤スクリーニングや遺伝子治療、ワクチン設計、再生医療、幹細胞治療、そして、臓器移植などの幅広い分野で医学的用途があるかもしれません。合成されたゲノムを創りだす事で、人のゲノムにマッチした治療法を調整したり、新しい種類の遺伝子的命令を加えることで治療を充実させる事が可能になるかもしれません。


But Laurie Zoloth at Northwestern University in Evanston, Illinois, who works on the ethics of synthetic biology, says she doesn’t understand why synthetic biology would be the best tool for these kinds of medical applications, when other techniques are easier. “It doesn’t make any sense to go to the trouble of using synthetic biology instead of just editing existing human cells,” says Zoloth.

しかし、米国イリノイ州エヴァンストンのノースウェスタン大学で、合成生物学の道徳規範に取り組んでいるローリー・ゾロスは、他のずっと簡単な技術があるのにもかかわらず、なぜ合成生物学がこれらの類の医学的応用の最良の手段なのかがわからないと言います。「人の細胞を単に編集する代わりに、わざわざ合成生物学を使うというのは全く意味をなさないです。」と、ゾロスは言います。


However there is a benefit to corporations. Synthetic biology, unlike manipulating existing DNA, can be entirely owned. “If you process it in your lab, it is yours, you can patent it,” Zoloth says.

しかし、企業にとっては利益があるのです。合成生物学は、現存するDNAを操作するのとは違い、その全てを所有することが出来ます。「もし、あなたがそれを自分の研究室で行ったら、その特許を取得出来るのです。」と、ゾロスは言います。


Enhancing humans
人を更に良くする



A hint that plans may go even further comes from who’s involved. Autodesk Research, where Hessel is a biotechnology research scientist, is primarily a computer-aided design software company. Its leading role in this project at first seems odd, but the firm does have an established interest in synthetic biology, and could be aiming to design genomes that will produce new chemicals and enhance human characteristics and capabilities.

誰がこの計画に参加しているのかを見ると、それが更に先を行くかもしれない事が推測できます。ヘッセルはバイオテクノロジー研究の科学者で勤務するオートデスク・リサーチは、主としてコンピュータを使ったデザイン・ソフトウェア会社です。このプロジェクトでのこの企業の指導的役割は、最初、奇妙に見えますが、この会社は合成生物学に関して既得権益をもっており、もしかすると、新しい化学物質を生産したり、人の特質や能力を更に良くするゲノムを設計するのを目指しているのかもしれません。


Synthetic biologist Drew Endy of Stanford University decided not to attend the meeting and has spoken publicly about his concerns. He thinks the meeting was held not in order to discuss the ethics of such a project, but instead to rubber stamp approval. “It became apparent that the event was not about discussing whether to pursue the project, but rather to conscript others,” he told New Scientist. “Should something so monumental be organised and launched in such a fashion?”

スタンフォード大学の合成生物学者のドリュー・エンディーは、その会議に参加しない事に決め、その会議について幾つかの懸念点を公的に話しました。その会議はそのようなプロジェクトの倫理観について議論するために開催されたのではなく、深く考えずに承認の判を押すために開催されたのだと、彼は考えています。「そのイベントはこのプロジェクトを続行するかどうかを議論するためのものでなはく、他の人達を徴収するためのものだったのです。」と、彼はニュー・サイエンティストに言いました。「それほど重要な事がそのようなやり方で計画され開始されるべきでしょうか?」


So why has it all been kept so secret? There could be a rather simple answer. The announcement of the project is expected to be linked to the publication of a paper co-authored by Church in a major scientific journal. The press may have been barred so as to stick to the journal’s embargo policy.

それでは、この計画はなぜこのように秘密にされ続けるのでしょうか?
むしろ簡単な答えがあり得ます。そのプロジェクトの発表は、主要な科学雑誌で教会により共同執筆された論文の公開に関連付けられていると思われます。マスコミは、ジャーナルの抑圧政策に忠実であるために除外されたのかも知れません。

★ ★ ★
ブロガーの意見:

地球には沢山のUFOが開いてしているのは事実だが、彼らが実は宇宙人エロヒムであると言った人がいる。その人の名前はラエル

彼の話によると、人類は実はエロヒムの科学者により実験室の中で科学的に遺伝子を合成して創造されたと言う。しかも、エロヒムの姿形に似せて作られたのだ。だから、私たちが鏡の中の自分をみている時、それは、私たちの姿を通してエロヒムの姿を観ているのと同じになる。

そして、ラエルはこういう・・・「人類の科学者も、もしかすると、エロヒムがしたのと同じように、別の惑星に行ってそこで人を遺伝子を合成して科学的に創造するかもしれない」と。

地球人の科学者達がもう、その段階にまで来ている事をしると非常にスリルと感動を覚える。

楽園主義に入る時がもうすぐそこまで来ているように思う。

その時には人の価値観は180度変わるだろう。

全ての仕事がなくなり、銀行と貨幣がなくなり、科学の力で全ての生活必需品などを作れるようになり、人々は無料で自分の家を持てるようになる。
自分の時間を自分を高めたり、好きな事をしたり、愛しあったり、ぼーっとする時間につかえる。

そして、科学的知識など全て勉強せずに脳にインプット出来るようになるのだ。

その時に一番大切なことは、愛と幸せだろう。






この記事読んでみて、ひょっとして、アメリカ政府が裏から手を回してSTAP細胞の特許を盗んだ結果の研究結果かな?と思いましたが・・・

私は今でもSTAP細胞は実在すると思います。

マスコミの小保方さんの攻撃の仕方が異様でした。

そして、STAP細胞は玄米乳酸菌で刺激を与えて作られたという情報がネットで飛び交ってるようです。この真偽のほどは?

私は玄米を使い玄米乳酸菌水を自家製で作って飲んでいます。情報によると、これが体内で自然のSTAP細胞を作り出すそうです。









FBのTakushi Tokunagaさんからの転載です



ご本人の希望もあり、削除される前にどんどん拡散してください



読者皆さんで実践して健康になりましょう (以下転載記事)



実話、STAP細胞は、簡単に御家庭で作れるのです。

もともと熊本大学で研究され、理研に委ねられたそうで、素になった培養液は「玄米乳酸菌」。
小保方さんは、偶然的に(言われるままに)その培養液でのSTAP細胞分裂に成功する。
そんなもの作られては、医薬品業界の一大事!あわてて封印されましたが、現在某アメリカ薬品会社が特許出願したとの事で、全てが利権がらみ。

そこで今、ひそかなブームと成っている「玄米乳酸菌」、要するに酵素体の菌で、これを飲むことで自然に体内のSTAP細胞を活性化し若がえり、細胞の再生化が活発になります。
...

(玄米乳酸菌のレシピ)
  • 材料…無農薬玄米 1合
  • 天然水 1.5 L.
  • 天然粗塩 15 g
  • 黒砂糖 45 g


(作り方)
  1. 水 0.5 L に玄米 1合を入れ、1日ひなたに置く。
  2. 1.に塩 15 gと残りの水 1 Lを入れ、1日ひなたに置く。
  3. 2.に黒糖45 gを入れ、3~5日間ひなたに置く。


さあ~これだけで、不老長寿ドリンクの出来上がり。
僕は、THE STAPと呼んでいますが、あんまり長生きしても後輩のみなさんに申し訳ない時代で、この乳酸菌、50ccと豆乳200ccを合わせて、1~2日常温で置くと、STAP豆乳ヨーグルトの出来上がり。

金さん銀さんも夢じゃない!
100まで生きて100万円もらいましょう…いろんなレシピがあるようですので検索してください。

酵素は、フリーエネルギーです。
特に稲魂パワーは、No.1!

昔、研究していた真菰ドリンクもStap細胞なんだと解明。

時には良い事、お伝えしたいと思い書きました。
「今日は、楽しい…ひな祭り」㊗️

も一度「STAP細胞は、作れます!」拡散お願いします。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1519998938246895&set=a.1473241046256018.1073741828.100007104103822&type=1&theater
←*残念ながらご本人の投稿が削除されてしまっている可能性がありますが、それだけに高い信憑性を裏付けていると思います。
もっと見る

URL:http://ameblo.jp/riraku-core-t/entry-11993957542.html



どうも、STAP細胞はあるようですね・・・。思ったとおりです。

熊本大学の教授の乳酸菌の話は知ってました。これがやはりきっかけだったんですね。
凄い。

アメリカのやることはいつも汚い。

私も是非、この乳酸菌のジュース創ってみたいですね。

取り敢えず、作るまでは市販の乳酸菌ヨーグルトジュースを飲みしたよ。ちょっと違うのかもしれないけど、、、



小保方さんが魔巣ゴミに徹底的に叩かれている中で、政府は何もせずただ見ているように見受けられますが、ただ単に魔巣ゴミだけの勝手な暴走とは捉えにくく、そこには検察審議会と言われるものがやらせていると言う情報があります。(情報元:国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」)
検察審議会は、小沢一郎に対しても偽の情報を新聞に流したりして、小沢一郎に総理大臣にならせないようにしたと言われています。

◆小野寺氏のメールマガジンからの引用

私の見たところ、
この小保方さん攻撃をしかけているのは
小沢一郎えん罪事件、植草一秀痴漢えん罪事件、
佐藤優えん罪事件、鈴木宗男えん罪事件などをしかけたのと
同じ存在である。
ブラックPRと小沢一郎をはめる謀略を行おうとしている疑惑がある検察審査会
http://www.asyura2.com/10/senkyo84/msg/756.html
検察審査会 小沢一郎氏「起訴相当」と議決←小野寺氏の予想通り、やはりそうきたか
http://blog.goo.ne.jp/pat521215/e/0598704240c451346dc29b26160ff573

<十字架にかけられたオザワイチロウ 亡国のダダと暗黒卿シス帝国の逆襲><機密費疑惑>
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/147.html


小保方さんの発見した万能細胞STAP細胞は、ほとんどの病気を治癒可能、完治可能にする画期的な発見です。それを善に使えば、多くの人達を幸せにします。医療の従来のやり方を完全に覆すものです。
そして、その技術を発見した科学者やその科学者の属する企業には巨大な利権があり、その企業や国が莫大な利益を得ることができます。そこに多国籍企業家達が目をつけないはずはありません。

彼らシオニスト系銀行家たち(世界の人口の1%のエリート層)は、製薬会社を所有し、人々の病気を更に悪化されるような薬剤を多く製造し販売しています。また、一般には彼らが人工的に新ウィルスを作ってアジアを中心としてばらまいているとも言われています。彼らは人々を病気にして、それを治す新薬と偽って更に病状を悪化させる副作用のある薬を製造し、販売して、金儲けをしてきているのです。彼らがこの万能細胞を日本から発展させないようにしたいと思っているのは恐らく事実ではないかと思います。もし、この万能細胞が小保方さんから発展すれば、利権は理研に入る事になり、その国日本が繁栄していくでしょう。日本から世界中にこの技術が提供されていくわけです。アメリカは経済的に既に奈落のそこであり、後進国へと落ちていくしかありません。

この状況で、日本政府の立つ位置がどこなのかというのが非常に気になるところです。私の予測としては、恐らく人工地震でシオニスト系銀行家たちから脅されて依頼、日本政治家達は彼らが怖くて仕方なく、彼らの言うとおりにせざるを得ないのではないかと考えています。今でも政治家がアメリカの言うとおりにしているのは、恐らく、アメリカが今後も人工地震を日本に起こしていく計画が有り、日本政府のトップにそのことを知らせているからだと思います。その証拠に、日本の組織に水素爆弾を造らせているという情報もある本にかかれています。(※この人工地震について書いたことは私個人の考えであることを明記しておきます。)
人工地震について書くと、科学的に証明されていないことについて書くのはけしからんと言う人達がいますが、実は、人工地震は既に科学的に起こすことが可能であることが立証されています。
問題は、日本政府が事実の情報をきちんと市民に公開しないことにあります。特定秘密保護法案が最悪の法案なのです。


ツイッター分析:小保方氏会見への応援・支持、批判の2倍に
2014年04月14日

この記事で、一般大衆が小保方さんの『新たな万能細胞「STAP細胞」の論文に不正があるとされた問題で、画像の捏造(ねつぞう)や改ざんをしたとされる理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)についてのツイッターなどでの(市民の)論評』について書かれていますが、これに着目すると「小保方さんを応援するツイート」が16%、小保方さんを批判するツイート」が7%となるようです。

市民は小保方さんの味方をする人のほうが多くなってきています。いつまでも、魔巣ゴミに騙されていはいませんね。

この万能細胞を市民のために発展させていくための最良の政治形態を人類を科学的に創造した宇宙人エロヒムの最後の預言者・弥勒菩薩ラエルが提案されています。彼の著書「天才政治」という本の中に具体的にかかれています。

天才政治とは・・・?

天才政治を実現するには、今の政治家を選出する方法を変えなくてはいけません。
選挙(多数決)によるものではなく、市民の知性の高さを科学的に計測して、最も知性が高い人々に政治を行う役割を与えるようにしなくてはいけないのではないかと思います。その知性を科学的に計測する方法が発見されるのは、そんなに遠い未来の話ではないと思います。

それが実現されるまでは、小保方さんを市民が応援していき、その結果、政府が小保方さんの研究の支援を政策の中で実現するようにしていかなくてはいけないと思います。




↑このページのトップヘ